iStock-1039546272_e
Image by happyphoton/iStock

 行方不明、失踪は世界のどこかで毎日のように発生している。無事に戻ってくる人がいる一方で、再会することが叶わず、行方を知ることができない家族も多い。

 そんな場合、消えてしまった人が最後に残した言葉が、強烈に記憶に焼きつけられるのも無理もない。その言葉に特別な意味付けをしてしまうものなのだ。

 実際にその言葉は、行方不明者のその後の運命のヒントが隠されているのか?何かの前兆だったのか?それとも何の意味も持たないものなのかは、本人が戻ってこない限りはわからない。

 ここでは、突然いなくなってしまった5人の人々が、911(緊急通報)のオペレーターや、同僚、友人、家族に残した最後の言葉を見ていこう。
スポンサードリンク

1. "追われているんです。何人もに"


lost-474124_640_e
Image by ambroo from Pixabay

 マイケル・"マイク"・マクレーンは、2019年4月20日の夜、アメリカ・ニューハンプシャー州ナシ
ュアにあるトロピカルラウンジ・ナイトクラブで夜を過ごしていた。29歳のマイクはクラブで友だちと楽しんでいて、人生を捨てる理由など何もなかったように見えた。

 その夜、クラブでふたりの女性の間で喧嘩が起こった。事態はエスカレートして、ふたりは店の外に出て、野次馬がまわりを取り囲んだ。

 マイクは片方の女性を知っていたので止めに入った。だが、警察が呼ばれて群集は散り散りになったのを最後に、マイクの姿が見えなくなった

 翌21日の午前2時少し前に、マイクから上司のところに電話があり、こう言ったという。「追われているです。何人もに

 上司はすぐに折り返しの電話をしたが、もうマイクが出ることはなかった。そのとき以来、マイクの行方は知れない。

 マイクの家族は、イースターにも妹の誕生日にも彼からの電話がなかったので、なにか悪いことが起こったことに気づいた。

 マイクは例のナイトクラブを徒歩で離れ、その店から数ブロック行ったところにあるマクドナルドから電話をかけていることがわかっている。

 その時刻はちょうど、上司が彼からの電話を受けた時刻と一致していた。だがそれ以外は、なんの足取りもない。クレジットカードも使われていなければ、ソーシャルメディアへの投稿もなし。いまだにマイクは行方不明のままだ。


2. ”今夕食を作っているところだ”


iStock-1178294667_e
Image by monkeybusinessimages/iStock

 ウィル・チェルザン(58)は、シックス・フラッグス・マジック・マウンテン(カリフォルニア州のテーマパーク)で長年勤務し、スポーツ観戦、コカコーラのビンの収集、料理を楽しむごく普通の男だった。

 2017年1月26日、ウィルはカリフォルニア州サンタクラリタの自宅で、甥と一緒にテレビでゴルフを観て過ごした。甥が帰った後、ウィルは夕食を作り始めた。

 午後4時半頃、妻のリンダが外から電話してきたとき、ウィルは「夕食を作っているところだ」と言った。その後、5時頃に再びリンダが電話すると、ウィルは上機嫌でチキンが焼けたと言った。しかし、リンダが6時頃に家に帰ってくると、ウィルの姿はどこにもなかった

 夕食はできていて、オーブンの火も消されていた。ウィルのコート、カギ、サイフなどもみんなそのままあった。サイフの中身もなくなっていなかった。飼い犬も家にいて、ウィルのトラックも外に停まったままだった。

 謎めいた手がかりがいくつか出てきた。2017年2月、ウィルの血液が家の中で見つかった。隣家の監視カメラには、午後5時過ぎに白いSUVがウィルのガレージに向かってバックで入ってくるところが映っていた。

 そしてほんの数分後には、SUVは走り去っている。警察によると、この車は家族のものだということだったが、こうした手がかりは解決にはつながらなかった。

 2017年5月、ウィルの甥の名が重要参考人としてあげられたが、甥は捜査に協力し、逮捕はされなかった。

 2018年12月、ウィルの自宅からそう遠くないバレンシアから人間の頭蓋骨が発見されたが、この頭蓋骨はウィルのものではなく、まるで無関係だった。

 そして今も、ウィルがどうなったのかまったくわかっていない。


3.” あとで折り返すわ”


iStock-544481340_e
Image by EvgeniiAnd/iStock

 オーストラリア、ゴールドコーストで小学校教師をしていたマリオン・バーターは、ごく普通の幸せな生活を送っていた。それが暗転したのは、90年代半ばにマリオンが3度目の結婚に終止符を打ったときだった。

 その数年後の1997年、マリオンは突如自宅を売り払い、イギリスへ旅に出た。

 その後、音沙汰がなく、7月31日に初めてマリオンからのメッセージが、娘のサリー・レイドンの留守電に入った。

 後でまた公衆電話から電話してきて、今、ケントのタンブリッジウェルズにいて、老婦人たちとスコーンとお茶をしながらいい時間を楽しんでいると言っていた。

 会話の途中で、お金を投入しているチャリンチャリンという音が聞こえていたが、追加のコインが切れてしまったのか、電話を切らざるをえなくなった。「あとで折り返すわ」それがサリーが聞いたマリオンの最後の言葉だった。

 当時、51歳だったマリオンは、それっきり行方不明になっている。

 電話の会話がわずかにずれて遅れていたことから、確かにマリオンはイギリスにいたとサリーは確信している。

 1997年10月、さらにおかしなことが起きた。マリオンの銀行口座から数千ドルが引き出されたのだ。

 引き出された場所は、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州バイロン・ベイだったが、現地の警察が調べても、マリオン本人の痕跡は見つけられなかった。いまだにマリオンの行方は知れない。


4.”愛してるよ、親父”


gloves-454561_640_e
Image by Kelsey Vere from Pixabay

 25歳のチェース・アラン・ラッキーは、アマチュアソフトボールチームのメンバーだった。2017年6月30日、チェースは試合に出ていて、それを父親のクレイグが観戦していた。その日に息子に言われた言葉は、クレイグにとって決して忘れられないものになった。

 「愛してるよ、親父」 まさか、この言葉が息子チェースの最後の言葉になるとは思いもしなかったのだ。

 翌日、チェースがヒューストンにある自分のアパートの外を飼い犬を連れて歩いているのを目撃されたのを最後に、それ以来、チェースも犬も姿を消した。チェースのアパートから盗まれた物はなく、車もそのままだった。

 ごくごく普通の暮らしをしていたチェースの失踪は、なんらかの事件に巻き込まれた可能性が疑われた。詳細はほとんど公表されていないが、チェースの友人の何人かが違法行為が絡んでいるようだった。

 しかし、逮捕者は出ず、2年が過ぎた現在も、チェースと犬の行方は知れない。


5. "チャンスがあるうちに話しておきたい"


forest-438432_640_e
Image by SplitShire from Pixabay

 2018年夏、マシュー・ウィーバーは、両親の住むカリフォルニア州シミバレーの実家から、ロスのグラナダヒルズのアパートに引っ越した。

 送電線の作業員として働く21歳のマシューの生活は順調で、世界中を旅する計画をたてていたが、その夢はこの失踪とは関係ないようだ。

 同年8月9日、マシューは父親に知人の女性と出かけると言って、午後9時半頃にその女性を迎えに行き、翌10日の明け方、彼女を家に送り届けた。この間、ふたりは個人的な話をしたという。

 その後、マシューはサンタ・モニカ山脈のトパンガへ向かい、美しい日の出の写真をスナップチャットに投稿して、ハイキングコースに入ったと思われた。

 数時間後、そのマシューの女友だちは、奇妙なメールを受け取った。「おかしなことが起こっている。チャンスがあるうちに話しておきたい」 しかし、それ以降、マシューからの連絡はなかった

 スナップチャットや通話履歴から、マシューが最後にいた場所は、ロサス・アウトルックの近くだった。8月11日午前1時半、付近を通りかかったハイカーたちが助けを求める叫び声を聞いて、911(緊急通報)に連絡した。

 同じ頃、カリフォルニア・ハイウェイパトロールの警官も、「彼は銃を持っている!」という誰かの叫び声を聞いている。

 マシューの車がハイキングコースの近くで見つかったが、車のキーが発見されたのは2019年の1月。車があった場所から7メートル半ほどのところで、ハイカーたちによって発見された。

 同月、高解像度ドローンで付近を撮影した写真によって、マシューのものと思われる野球帽と引き裂かれたTシャツが見つかった。こうした手がかりがいくつかあったにもかかわらず、マシューはいまだに戻ってこない。

written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
ミステリーが加速する。謎めいた10の集団失踪事件


ゾクゾクしてモヤっとする。後味が悪い奇妙な7つの未解決事件と現象


22年間未解決だった行方不明の事件がグーグルアースで解明。池の中から白骨化した遺体が発見される(アメリカ)


靴を履いた人間の足が次々に流れ着く未解決ミステリー。カナダ側のセイリッシュ海で13本目の足が発見される


カナダを舞台に繰り広げられている奇怪な10の未解決ミステリー

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 20:38
  • ID:9YzAiFVy0 #

ああ、窓に! 窓に!

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 20:42
  • ID:pY0SM9.30 #

ユニコーンの折り紙

3

3. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 20:51
  • ID:TvNWBgI50 #

どれも事件に巻き込まれたんだなという感想しかでてこない

4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 20:57
  • ID:9TtMLb2v0 #

氾濫した「川の様子を見てくる」コレ絶対やめろよ!

いつまでたっても無くならないベタベタのアクシデント。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 20:58
  • ID:amvHyVG10 #

こういう話を聞くと監視カメラガン積みの超監視社会も必要だと思う
足跡を辿れなくなるのが早すぎる

6

6. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 21:09
  • ID:XPhkZ6Sh0 #

管理人の失踪騒ぎがあった
オカルト&怖い話まとめブログがあるらしい。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 21:38
  • ID:hgAKGYOJ0 #

いくつかは「最後に残した意味深な言葉」ってゆうより、普通の会話の後に何らかの事件に巻き込まれただけでは。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 21:41
  • ID:JSLd690O0 #

※2
そ、それはどういう意味があるの?

9

9. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 21:52
  • ID:JujVJzqY0 #

犯罪はもちろん怖いんだけどなんか行方不明ってちょっと違う恐怖を感じる
真相がわかればそうでもないケースもあるだろうけど、わかるまでの間の心配してる人の不安とか考えてしまう。結局わからないままのこともあるしね…

10

10. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 21:53
  • ID:iOy6U92o0 #

※6
個人サイトの黎明期の頃、都市伝説サイトの管理人は失踪するってジンクスみたいのがあったよ。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 22:03
  • ID:Q5tx5Olq0 #

どれも事件に巻き込まれたんだろうけど、同じ数だけ捕まっていない犯人がいると思うと怖い

12

12. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 22:09
  • ID:.F9TEWDv0 #

話を聞くだけで、怖いとか悲しいとかじゃなくて、ただただ苦痛に近い不安感が押し寄せてくる。
失踪者の周囲の人へのシンパシーかもしれないし、単に未解決のことに脳がスッキリしないストレスかもしれないけど。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 22:14
  • ID:DhHCwUpI0 #

どれもこれも事件性の臭いするな

14

14. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 22:20
  • ID:thZpo9BR0 #

友人2人が今も行方不明だ。
一人は25年以上前に、もう一人は10年ちょっと前に。
片方は実家暮らしだったがある日会社に行ったと思ったら出社しておらず、それっきり。
もう一人は一人暮しだったが現場主任だし勤務態度も真面目で有能、でもやはりある日突然連絡が取れなくなり、家の中はそのままに行方不明。
どっちの友人も連絡を欠かさない、明るくて優しく友人も多かった。
心当たりは皆で全部あたった、警察にも届けが出てる。
でも全く見つからん…思い出すとやはり辛い…

15

15. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 23:17
  • ID:HzlEw9zX0 #

死体が見つからなければ、あるいは警察が「事件性がある」と判断しなければ、事件は事件になることすらなく忘れられていくんだな
実際、殺人「事件」になっていない殺人ってたくさんあるんだろうな

16

16. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 23:30
  • ID:k0.2034R0 #

事件に見せかけて借金から逃げただけっていうパターンもあるんだろうなと思う

17

17. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 00:01
  • ID:4wb14hEk0 #

>>2
ヘビーレイン・・?

18

18. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 00:02
  • ID:4wb14hEk0 #

>>4
畑の様子をみてくるもフラグ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 00:12
  • ID:cw8YpISQ0 #

この任務が終わったら
彼女にプロポーズするんだ

20

20. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 00:19
  • ID:L1WlVjBz0 #

>>18
田んぼも追加で

21

21. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 00:21
  • ID:L1WlVjBz0 #

たまに特別番組で失踪者探しとか、記憶喪失の人が「私を知ってる人、教えて下さい」みたいなのやってるけど、そういう可能性もゼロじゃないよね。事件、事故、突然の異常。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 01:11
  • ID:p86EyMvX0 #

こういう出来事がドラマ「コールドケース」とか「CSI」とか「クリミナルマインド」の元ネタになるんだろうな…

犯罪に巻き込まれて亡くなったり負傷したりするのが悲劇なのは言うまでもないけど、原因不明の失踪って身近な人達は本当につらいだろうな
大切な人がどこでどうしているのかどころか、生死すらわからないなんて
某国の拉致被害者のご家族もだけど、自分がもしそういう立場だったらとか考えると、希望と絶望行ったり来たりでどんな心持ちで日々生きたらいいのか想像もつかない
ずっと正気でいられる自信ないわ

23

23. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 01:18
  • ID:XUrBU28t0 #

こういうほぼ捜索不可能な行方不明を発見する手法が確立される日が来るのだろうか

24

24. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 01:33
  • ID:z.7j8mfz0 #

寝る前に見るんじゃなかった

25

25. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 01:51
  • ID:H5FgqSDv0 #

3.は、三度も結婚と離婚をした人間の人生が、平穏無事で済むとは思えない。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 03:42
  • ID:8dNKuy4Y0 #

犬まで消えてるやんけ

27

27. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 05:52
  • ID:7wb1HjKX0 #

※4
一昨年の台風の通過の翌日、増水した川を見物しに来た老夫婦に説教した事があるw 自分は死なないと思ってるらしい。しかし「そう言う人が毎年死んでます。気付いてないと思いますが、知らない内に呼ばれてるんですよ、去年の犠牲者に。さっきからその人が横に立ってるんですが、あっ、これ黙ってた方がよかったですかね」と言ったら、秒で帰っていったw

28

28. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 05:57
  • ID:RrVMoH.v0 #

>>4
波(船)の様子を見てくるも追加オネシャス

29

29. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 06:53
  • ID:ENjNQrHA0 #

>>4
もうすぐ台風来るんだよな...

30

30. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 07:05
  • ID:G9X7E6UW0 #

こういうも例の中には突発的な事故で人知れず…等も有るのかも知れないが、本人が『追われている』なんて言っていたら、もう事件関連しか連想できない。中には本人の心理的な疾病が原因だった…なんて例も有るのかな?でも大概そういうのは、生活している内に周りの人も知る事になるよね?捕まえてみたら、既に何十人という人を〇していた…なんて犯人も実際に捕まっているのだから、当然の様に見付からずに犯行を重ねている人物も一定数は世の中に居る事になる。運が悪ければ自分も被害者に成り得る…という事かな?

31

31. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 07:20
  • ID:f0O3gqha0 #

※11
既に逮捕済みだが供述してないので知られてない可能性もある

32

32. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 09:12
  • ID:ho6ADvRw0 #

>>3
自殺かも知らん

33

33. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 09:59
  • ID:ufqA.rI60 #

>>14
辛いね…
どこにいるんだろう、、

34

34. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 11:15
  • ID:oVXimrC.0 #

※2
ブレードランナー?

35

35. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 11:28
  • ID:G9X7E6UW0 #

※31
現行犯逮捕や、操作結果から逮捕に至ったが、実は別件で余罪が多数有るのだが、本人が自供していない…というのは当然有るだろうね。外国の場合には神の前での供述になるので、もし事実と違う事を言うと、あの世に行った時にかえって罪が重くなる…という考え方が有るので、余罪の追及もし易いかも知れんが、それでも自分が死刑になるか瀬戸際の場合には余罪は自供しないかもね。日本人は宗教的な理由からの自供は少ない様に思うし

36

36. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 11:44
  • ID:XpfQmaha0 #

1と5はただの統失だと思う。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 12:41
  • ID:0mow92Rn0 #

頭蓋骨は誰だったんだ

38

38. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 14:03
  • ID:2LsV.6s50 #

一番最初の追われてるやつだけ妙に苦しく切ない気持ちになる

39

39. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 15:17
  • ID:H6Xvhqwj0 #

※2
「私は好きにした、君らも好きにしろ」プラス、折り鶴。

40

40. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 16:06
  • ID:kkI31gxZ0 #

雨の日に田んぼを見てくるとかな

41

41. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 18:49
  • ID:2VhK3y5W0 #

※34
正解、同志よ

42

42. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 20:02
  • ID:G9X7E6UW0 #

※6
当サイトのパ〇モたんは、多分大丈夫だと思う。
そういう世界とは御友達みたいだから…、
又は大好きな動物ネタで中和されているのかも?
これも一種の人徳かも知れん?

43

43. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 20:39
  • ID:CovCdsVK0 #

台風が近づいているので湘南の海でサーフィンも

44

44. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 21:24
  • ID:tAnAqDry0 #

思ったよりも、サイコパスが多いんだね。
連れ去りでしょ。

45

45. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 21:48
  • ID:GA.dkYrN0 #

※27
まてまて、お前もそこ(増水した川)におったんか?

46

46. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 22:51
  • ID:G9X7E6UW0 #

※45
そうだね。説教された相手が霊だった…なんて話も有るね?

47

47. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 23:20
  • ID:fduBz.qp0 #

※2
子持ちの鳥口

あ、痛たたたっ、わかもと4つ飲んで寝る。

48

48. 匿名処理班

  • 2019年10月11日 23:52
  • ID:Hn5S7WFX0 #

ネットのmapで見つかった池に沈んだ車から
20年前の行方不明者見つかったとのニュースもあったし
もしかしたら、後になって見つかる人も居るかもしれない

49

49. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 00:02
  • ID:re41Dwqf0 #

※20
何で行くんだよと毎回思っていたら近年
用水の不具合で他人の田んぼに被害でるとつるし上げを喰らうからと知って
農業が衰退するわけだと納得したわ

50

50. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 03:04
  • ID:EBEcX.we0 #

拉致被害者の名簿に名前が載ってた人が日本国内で発見されたが、行方不明だった事に対して事件性は無いと発表された人が複数人いたけど、結局何だったの?。

51

51. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 18:21
  • ID:c5MgOeg.0 #

「マイクさん・・・あんたまさか、・・・喉を引っ掻いたりてたりは・・・しないでしょうね・・・?」

52

52. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 18:23
  • ID:c5MgOeg.0 #

>>20

ボケた爺さんに「田んぼ大丈夫?」と声をかける農家の闇。

53

53. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 19:48
  • ID:vl.znxjr0 #

※49
そらぁ畑が水没するとその年の収入がゼロになるからな
お前、笑って許せるか?

54

54. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 02:30
  • ID:lTHiyW9I0 #

>>25
同じこと思った。熱しやすく冷めやすい恋愛観なだけで、ある意味それだけ結婚にこじつける魅力はあるんだろうから充実はしてたのかもしれんがw

55

55. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 02:31
  • ID:lTHiyW9I0 #

>>35
さいばんを

56

56. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 02:33
  • ID:lTHiyW9I0 #

>>35
判決が出るまですでに出された死刑を執行できないから、引き延ばすために余罪を少しずつ自供する悪知恵のある犯罪者もいるんだよな。一つの犯行を自供してから起訴、判決確定まで数日で終わるなんてことがないから。

57

57. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 02:34
  • ID:lTHiyW9I0 #

>>37
それな

58

58. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 07:36
  • ID:iiSorKtu0 #

※5
でもね、本当の事件の黒幕はその画像を自在に以下略

59

59. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 16:49
  • ID:GuyQd5Qk0 #

※53
田んぼの話なのになんで畑の話してんだよ
それはともかく、収入がゼロになんてならんよ
なぜなら不作に備えて、農家はほぼ強制で保険に入るから

60

60. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 19:49
  • ID:qd.uyKnL0 #

※59
その保険も良いか悪いか、イエスか農家。

61

61. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 21:10
  • ID:0IA6VigJ0 #

>>26
せめてワンコは返してやってほしい

62

62. 匿名処理班

  • 2019年10月14日 03:48
  • ID:XGyneVBE0 #

うん…まぁ、なんにせよ田舎の農家は闇深いってことで…
土地という意味でもメンタル的な意味でも

年とってなおそんなしんどそな世界で暮らさなきゃいけないとは……

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク