cover_e
PhotoMIX-Company/pixabay

 困っている人や動物に優しくしている誰かの姿を見ると、「世の中、まだまだ捨てたもんじゃない」「人間っていいな」と、つい嬉しくなってしまう。

 ひとりの親切な行いが誰かの目に触れることで、親切の連鎖となっていく社会は優しい。

 今から4年ほど前にも、アメリカのシカゴのとある地域でそんな優しい世界が広がっていた。

 盲目のシカに毎日付き添う少年を見ていた地域住民たち。少年の親切に惹かれた彼らもまた、親切の一歩を踏み出した。
スポンサードリンク

毎日シカに付き添って歩く少年


 2015年9月、Redditに少年とシカの後ろ姿の写真が投稿された。

deer_e
image credit:Reddit

 実はこのシカは、盲目なのだそうだ。

 近所のアパートの住民の話によると、彼らはこの少年(当時10歳)が学校へ行く前、毎日シカと一緒に歩き、芝生のある場所まで連れて行く姿を目にしていたという。

 目の不自由なシカが、ちゃんと毎日餌にありつけるようにという少年の思いやりの行為だった。

 この写真を投稿したBluecollarclassicist さんもまた、少年とシカの姿を直接目撃し、少年の優しい心遣いに感動した。この投稿はまたたく間に拡散し、多くのユーザーらが少年に感心の声を寄せ、大きな反響を呼んだ。

・なんて優しい少年なんだ。

・盲目のシカって犬に襲われたりしないのかな。

・私だったら、シカが盲目だったら気になって気になってなんにも手につかなくなっちゃう。

・でも、盲目だったら車に撥ねられる可能性もあるし、全ての生き物を生かすべきだとは自分は思わないな…。

・少年は本当に優しい子なんだと思うけど、このシカには保護団体の助けが必要だと思う。


地域の野生生物保護団体がシカを保護


 Bluecollarclassicist さんは、多くのユーザーが感じていたように盲目のシカにはもっと助けが必要だと思った。そこで、地元の野生生物保護団体に連絡し、相談した。

 するとスタッフらは、シカを安全に保護することを申し出てくれたという。

deer3_e
image credit:Paws Planet

 後日、Bluecollarclassicist さんは、このようにRedditを更新した。

動物管理局じゃなく、保護団体スタッフがシカを獣医院へ連れて行ってくれることになったんだ。

その後は、シカはタグ付けされて、管理された森林保護区へ運ばれることになるだろうということだった。でも、スタッフによるとシカはとても従順だそうで、ゆくゆくは承認された農場か、触れ合い動物園に預けることになるかもしれないということだった。


少年の親切を見た周りも、親切行為に参加


 少年と話をしたBluecollarclassicist さんは、少年がシカに付き添って毎日歩いて、まださほど日数が経っていなかったことを知った。

 少年は、シカに名前こそ付けていなかったが、保護団体に引き取られていく姿を見て、シカの今後をとても気にかけていたという。

 そんな姿を見たBluecollarclassicist さんと地域の住民たちは、少年とシカの写真をフレームに入れて少年にプレゼントすることにした。

 更に、もし今後少年がシカに会いたいと思うようなら、いつでもシカが保護されている野生生物保護区へ連れて行ってあげると申し出るつもりだということを、BluecollarclassicistさんはRedditで綴った。

deer2_e
image credit:Paws Planet

 目の不自由な動物を助けようと、自分にできることを考えて、救いの手を差し伸べた少年は真のヒーローだといえよう。

 しかしここには、少年の姿を見た周りの人も親切行為に参加するという優しい地域社会が存在していた。

 当時のRedditには、少年のストーリーを投稿したBluecollarclassicist さんに対しても、称賛の声が寄せられた。

References:Paws Planetなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
「今日も会いにきましたよ〜」、「よっしゃ首しめたる」毎朝の密会を楽しむ、猫と野生の鹿の奇跡の関係


これどうしよう?膝枕で爆睡する野生のシカの甘えん坊っぷり


大好きだからすぐにわかるもん。盲目で聴覚障害を持つ犬。ニオイや振動でお父さんの帰りを真っ先に感知して出迎える。


盲目の年老いたゾウに音楽を。ピアノでクラシックの生演奏を行ったところ、感動の反応が...(タイ)


彼が心を開くまで。盲目の猫に毎日本を読み聞かせた19歳の少年。そしてついに心が通じ合う仲に(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2019年08月29日 11:46
  • ID:IgtwYw9w0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 11:47
  • ID:CSz.dPk00 #

引き離してしまうのがかわいそう

3

3. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 12:02
  • ID:IURoR6Dt0 #

彼(彼女?)の心に見える景色が少年の優しさで満ちていることを願う

4

4. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 12:10
  • ID:dc8rXF2u0 #

チッ、なんだクソ
目から汁が

5

5. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 12:13
  • ID:813ZjfjH0 #

白内障なら手術でレンズいれたら見えるようにはなるがな

それよりも、少年に会って日がたっていないようだが、
盲目の状態でどうやって生活していたのだろう?

飼われていたのを少年が譲り受けたのか?

それが一番不思議だ

6

6.

  • 2019年08月29日 12:14
  • ID:7ESKPzEP0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 12:20
  • ID:LAxWC9lZ0 #

いつでも少年を保護施設に連れて行ってあげるってのが、日本にはないだろうなーと思うわ

8

8. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 12:46
  • ID:GZ.wKMi10 #

>>5
先天性白内障で、見えていなかった時期が長かった場合、せっかく目を手術しても脳が反応しなくて見えないこともあるようだよ。
他にも、目の形状や体の他の症状などによっては、手術のリスクが高いこともある。
何より、野生動物を捕まえて全身麻酔で手術して、その後リハビリや定期的な検診もして…となると凄く大変なんじゃないかな。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 13:06
  • ID:5GiG3MIs0 #

アメリカで最も大きな動物保護団体の一つは、彼らが保護した犬猫の9割以上が実は殺処分されてた事実が知られて大きな話題になったことがあった

どちらにしても保健所にいっていれば処分されてしまうが、莫大な寄付金を集めた団体が多くの人のお金を集めてその金で処分していたということ

この少年がこの鹿が保護団体の手に渡っても安心できずに不安がっていたのはアメリカのこういう社会背景に根拠のあることなんだよね


10

10. VIP屑野郎

  • 2019年08月29日 13:20
  • ID:9Dn2cyXq0 #

優しい世界。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 13:38
  • ID:XOQ7VA.50 #

無限なものは世の中にいくつかある。
優しさはそのひとつだ。

と、俺は思ってる。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 13:43
  • ID:xLilJkCZ0 #

5年後の今、どうしてるかな?
少年は再会したかな。
シカさん元気かな。

13

13.

  • 2019年08月29日 13:59
  • ID:2dAqV.kC0 #
14

14.

  • 2019年08月29日 14:27
  • ID:VeNkBIvw0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 14:59
  • ID:ibltSFc10 #

人は怒りの感情でも動くけど優しさで動くほうがずっといいね

16

16. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 15:12
  • ID:EPSMLMrD0 #

やさしさの連鎖いいなあ
ぼっくんもやさしい人間になりたいんご

17

17. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 16:23
  • ID:uu..5.GF0 #

bluecollarclassicistさんが心惹かれたのがこの少年の姿であったためにズームアップされシェアされたたという成り行きのようで、地域の人たちもこの迷い鹿は気にかけていたようですね。安全や食事など複数の方が気を配っていたと後に知ったとbluecollarclassicistさんの投稿からは読み取れます。観察者がいないところには別の人や別のストーリーもあるのでしょうね。

イリノイのNRDS(日本語だと環境天然資源省みたいな感じ)が認証した鹿のリハビリを行えるグループが迷い鹿を連れてゆく際の少年は
He just wanted her to be ok and was relieved to know she would be safe.
(彼はちょうど彼女が大丈夫であることを望み、彼女が無事であることを知ってホッとしました:グーグル翻訳)
とbluecollarclassicistさんの記述にありますので、表面上は不安や嘆きなど強い執着や動揺はみられなかったみたい。野生生物との関係に配慮できる賢い少年であったようですね。このとき周辺住人のいくらかは様子をうかがうか集まったかしていたらしく、少年と鹿の別れを心配する気持ちは密かに共通していたのかもしれません。。

bluecollarclassicistさんの投稿原文はこの記事の少年と鹿の写真下にある「image credit:Reddit」リンクから読むことができます。「Sort by BEST」で並んでいるなら一番上に表示されるのですぐ見つかるでしょう。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 16:53
  • ID:OqrbW2En0 #

優しい人達
優しい記事
いつもありがとう
癒される〜

19

19. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 17:12
  • ID:D.Xkc.BZ0 #

人間同士の愛も大切だけど、動物を愛する気持ちをもっと育みたいね。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 19:00
  • ID:qsZFTboV0 #

ほっこりする一方で野生生物にどこまで手を貸して良いのかと考えてしまう

21

21. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 22:47
  • ID:MFZ91aac0 #

ジャッピングワールドではありえない世界やなぁw
ゲラゲラゲラゲラwwwwwwwww

22

22. 匿名処理班

  • 2019年08月29日 23:02
  • ID:qEZmVzPK0 #

鹿に寄り添ってくれてありがとう、オリゴ糖

23

23. 匿名処理班

  • 2019年08月30日 03:14
  • ID:BJY1H11A0 #

人に馴れてるなら保護施設というか、動物園のふれあいコーナーみたいなところも良いような気がするな

24

24. 匿名処理班

  • 2019年08月30日 09:32
  • ID:hldWmf6q0 #

※7 確かに。でももし少年が勇気を出して何名かに相談したら、
誰かしら協力してくれそうだ。

25

25. 匿名処理班

  • 2019年08月31日 20:58
  • ID:CXxgm8Ji0 #

どちらも幸せになりますように

26

26. 匿名処理班

  • 2019年09月01日 22:35
  • ID:KQDPkE3v0 #

>>23
でも見えない状態でキーキーうるさい子供らが押し寄せてくるなんてストレスかも。穏やかなのはたまたま住民が親切で目が見えないことを把握してのことだったから、怖さを知らないだけじゃないかな。野犬に狙われたり粗野な人間に追いかけられたり罠にハマったり、そんな危険な目に幸い遭わずにいられたんだろう。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年09月02日 08:54
  • ID:YRXLg7Kw0 #

可愛がってた生き物を
引き離された少年を思うと複雑‥。
シカにとっても安全なのは良いけど
シカは喜んでるのかな‥

助けてる様で助けられてる事もある
今‥私が同じ状況なので
感情移入してしまう ごめんなさい

28

28. 匿名処理班

  • 2019年09月06日 22:21
  • ID:eTNTpBRL0 #

最近、涙もろくなった。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年09月08日 00:58
  • ID:LPgTSMyq0 #

この少年は天使やなあ

30

30.

  • 2019年09月13日 00:44
  • ID:x3dUGNQz0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 13:56
  • ID:UNQuRiq30 #

どういう出会い方をしたんだろうか?
いきなり触ると驚くだろうし、エサをあげたのかな?

32

32. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 14:04
  • ID:af3B3FCd0 #

盲目の鹿は人に保護される前に生き残れただけでもかなりの豪運持ちだね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク