fantasy-landscape-1481192_640_e

 火星を人が住めるような環境に変えてしまうというのは、昔から描かれてきた夢だ。

 このSFの話を現実に持ち出したのは、アメリカの天文学者カール・セーガンが初めだ。1971年に彼は、火星の北極の氷を溶かして炭酸ガスを発生させ、その温室効果で温暖な気候を作り出そうという、「惑星エンジニアリング」を提唱した。

 このアイデアは多くの研究者や未来学者をいたく刺激した。だがよくわからなかったのは、はたして火星に地球と同等の気圧を作り出せるくらいの温室効果ガスと水が存在するか? ということだった。

 2018年、NASAから助成を受けた米コロラド大学ボルダー校とノーザンアリゾナ大学の研究者によって、火星で利用可能な資源をすべて使ったとしても、気圧は地球の7パーセント程度にしかならないことが発表された。

 つまり、このやり方では火星を人が住める場所にはできないわけだ。でもそこで諦めたら試合終了。研究者らは新たなる方法を考え出した。ある物質を使って火星の大気の状態を地球に近づければよいと。

 うん、まだまだ火星ロマンは終わっていないぞ。
スポンサードリンク

シリカエアロゲルで火星の空を覆うという発想


 いったんは終わったかのように見えた火星移住への道だが、その夢を再び蘇らせるような今回の研究は、米ハーバード大学、NASAジェット推進研究所、英エディンバラ大学の研究者が考え出したアイディアである。

 シリカエアロゲル(ゲル中に含まれる溶媒を超臨界乾燥により気体に置換した多孔性の物質、断熱素材として使用される)を使って地球大気の温室効果を模倣すれば、地域的になら火星を居住可能にできるかもしれないというのだ。 

 モデルを使った実験の結果からは、厚さ2、3センチのシリカエアロゲルの天幕を張れば、植物が光合成できるだけの光を取り込みつつ、有害な紫外線は遮断し、しかも水の融点を超えるくらいまでその下の気温を上げられることが確認された。 

 「地域的アプローチならば、火星全体の大気を改変するよりもずっと実現性が高いでしょう」とハーバード大学のロビン・ワーズワース准教授は話す。しかも従来のアイデアとは違い、既存の素材と技術を使って実験できるという利点もあるという。

 「火星は地球に次いで太陽系で一番居住可能な惑星ですが、それでもほとんどの生命にとっては過酷な世界です。人が住める小さな区域を作り出すやり方ならば、制御可能かつ拡張可能な手段で火星をトランスフォームさせることができます」とNASAジェット推進研究所のローラ・ケルバー氏は説明する。

mars-1326108_640_e
GooKingSword from Pixaba

火星の氷の下の自然現象がヒント


 ヒントになったのは、火星で起きているある自然現象だ。

 地球の極地にある水でできた氷冠とは違い、火星のものは水と二酸化炭素でできている。凍った二酸化炭素は、気体のときと同様、日光を通過させるのだが、そのときに熱を蓄積する。そのために夏になると、その温室効果によって、火星の氷冠の下に部分的に暖かいところを出現させるのだ。

1_e
Harvard SEAS

 研究チームはこの現象を模倣できる素材はないものかと考えた。それは熱伝導率が最小でありながら、光をできるだけ通すものでなければならない。

 そしてたどり着いたのが史上最強の断熱素材の1つ、シリカエアロゲルだ。


「凍った煙」シリカエアロゲル


 その透明な見た目から「凍った煙」や「個体の煙」とも呼ばれることもあるシリカエアロゲルは、きわめて密度の低い個体で、90〜98パーセントが空気で構成されている。

 そのために光を通過させるが、それでいて相互に結合した二酸化ケイ素のナノレイヤーが放射線と干渉し、熱の伝導を大幅に低下させる。

 「これならば、大量のエネルギーや面倒なメンテナンスなしで、長期的に区画を温めておくことができます」とケルバー氏はいう。

 火星の表面を模したモデルによる実験では、シリカエアロゲルを薄く張ることで、火星の中緯度の平均気温を地球に似た気温にまで上げられることが確認された。

 「大きな範囲を覆うために別の技術や物理がいるようなこともありません。ただシリカエアロゲルで地表を覆うだけで、その下の気温を水が液体でいられるくらいまで上げられます」とワーズワース准教授は話す。

mars-11606_640_e
火星の北極 WikiImages from Pixabay

未来の火星にはドーム型居住区が並ぶ?


 ということは、火星の居住区はドーム型スタジアムのような感じになるということだろうか? なんとなくだが、未来の火星での生活がおぼろげながら見えてきた気がする。

 今後研究チームは、シリカエアロゲルを南極やチリのドライバレーで実験してみる予定だそうだ。そこは地球上でありながら、火星に似た気候の場所だ。

 なおワーズワース准教授は、火星を人間の住める惑星に変えることについて、惑星保護という哲学的・倫理的問題が生じるだろうとも指摘する。

 人間の都合で火星の環境を勝手に変えていいものか? という疑問だろう。

 しかも万が一、火星にもともと生命が存在しているとすれば、この問題はいっそう複雑なものになるかもしれない。「うちの土地になにしてくれとんじゃ〜!」っと火星人がご立腹になってしまったらちょっともう、スターウォーズが勃発しちゃうのかも?

 この研究は『Nature Astronomy』(7月15日付)で発表された。

References:Silica aerogel could heat the surface of Mars enough to sustain life/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
いるとすれば地下だ。火星の地下に生命体が大量に存在する可能性が示唆される(アメリカ地球物理学連合)


いるとすれば地下だ。火星の地下に生命体が大量に存在する可能性が示唆される(アメリカ地球物理学連合)


人類は火星で生き残れるのか?最大の難関は宇宙放射線。そのリスクは未知数(世界研究)


光が届かない地底で光合成するシアノバクテリアが発見される。生存メカニズムの解明が地球外生命体発見の鍵に?


火星に入植するうえで鍵となる10種の先端技術は何か?

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 09:33
  • ID:CHou0nHS0 #

半透明なドーム状の居住区域と草すら生えぬ荒涼とした大地…。まさにSFの世界

2

2. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 09:43
  • ID:xPnPpVHV0 #

興味はあるけど現段階では住みたくはないなぁ。
せめてベネツィアをコピーした都市がある某惑星の入植初期ぐらいテラフォーミングされてれば行きたいとは思うけど。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 09:59
  • ID:E0An4Hzi0 #

火星の土は酸化鉄で赤いのは有名だけど、過酸化水素と過酸化塩素で覆われた地面だよ
それに、温暖化したとしても低い大気圧はどうしようもない
農業を始めるにしても窒素が絶望的に少ない
人間がそのまま住める環境にまで改良化するよりも、地下に穴掘って都市空間とする方がいいと思う

4

4. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:01
  • ID:QYhpNvgL0 #

温室効果っていうか、物理的な正真正銘の温室じゃねーか

5

5. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:02
  • ID:O4FPfnHL0 #

地球上にだって極地や海底みたいに住めない場所がたくさんあることを考えると、こういうのって途方もない話に感じるんだよね。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:04
  • ID:zoDt9.R30 #

創造科学における大洪水前の氷の天蓋で覆われた地球みたいなもんか

7

7. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:12
  • ID:4.o6BrBv0 #

20年くらい前にやったシムアース思い出すなぁ・・・
確か最初にCO2発生させる装置置いて気温をあったかくするんだったかな
設置するバランス失敗すると画面真っ赤(熱すぎて)になって終了しちゃうんだよねぇ(うろ覚えw)w

8

8. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:21
  • ID:GHQylCLV0 #

地球のような磁気のバリアがないから大気形成は無理だと聞いた。
磁気バリアってのは地殻にある液体の鉄の対流で起こる磁気のこと。
オーロラは地球に地磁気がある証。それが火星にはないから
いくら温室効果ガスをばら撒いても太陽風で吹き飛ばされる。
つまり結論からして土台無理

9

9. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:24
  • ID:0bO8.mpR0 #

行ったら最後戻ってはこれない

10

10. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:30
  • ID:2ZiWdVCc0 #

火星の位置に金星があったらもっと面白かったのに。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:36
  • ID:EN7Y1BDx0 #

火星全体を覆う砂嵐はどうするんだい?

12

12. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 10:54
  • ID:2X.MuZtu0 #

アステロイドベルトにある
大量の隕石ではなく
彗星のほうを大量に
投下したほうがいいかもね
そうすれば大量の水を含んだ
彗星の成分で大気を作れて
火星の二酸化炭素も蒸発して
温暖化効果で一気に温まる
でも酸素が無いから問題だろうな

13

13. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 11:06
  • ID:fh0oR.mk0 #

地球外どころか、家の外にすら出たくない俺には火星移住計画なんて実現不可能だ

14

14. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 11:14
  • ID:dQVpRuM50 #

地球にいる黒いアレ「俺らに任せてくれ。漫画のようにはならんよ」

15

15. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 11:19
  • ID:wskQZxbx0 #

これも一種の環境破壊だと思うけどね

16

16. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 11:25
  • ID:gwVK1EyY0 #

それに対し宮崎駿は言うのであった。
アフリカを緑化できてから言えと。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 11:57
  • ID:VgYZtcDQ0 #

サハラ砂漠やオーストラリア砂漠を居住可能にする方が難易度もコストも低そうだな。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 12:22
  • ID:NTgVXL.J0 #

環境破壊!
火星の自然を守れ!

19

19. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 12:23
  • ID:zoDt9.R30 #

※17
地球に大質量隕石が落ちたら、無意味
惑星レベルの保険は必要

20

20. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 12:25
  • ID:6PlmoDjP0 #

人間の都合で他の惑星を変えるのは非常に良くない

地球を異星人に変えられても良いのか?

住んでる地球さえ環境破壊する野蛮な地球人は宇宙に進出するな

火星侵略絶対反対



21

21. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 12:37
  • ID:1CpiOyQU0 #

>>8
惑星全体の大気を改変するのは現実的ではないし、倫理的問題も含んでいるから、その代わり区域を限定して居住空間を作るとしたらこういう方法がある、というのがこの記事の主旨なのでは?

22

22.

  • 2019年07月19日 12:57
  • ID:cewzRMQT0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 13:05
  • ID:72Y9AnU50 #

火星のそのドームのことは definitely terra-lized area →すなわち、デフテラ領域と呼ばれる

民明書房刊、火星の歴史より

24

24. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 13:53
  • ID:sODhLtDI0 #

※20
同感。
倫理的に悪いから良くないことだよね。
良くない事はやっちゃだめ。なぜなら倫理的に悪いことだから。
ダメったらダメ!

25

25. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 14:15
  • ID:HYMqZitx0 #

※8
NASAの計画で磁気衛星を飛ばして太陽風から保護しようというのがある
ガチでテラフォーミングやる気ならその時にそれも投入するだろう

26

26. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 15:41
  • ID:Mc0OnrPF0 #

キャロル&チューズデイの世界

27

27. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 15:47
  • ID:h6DFHNpV0 #

人間が住める様に星の環境を変えるのってどうなんでしょうね
自然で現状となってるその星の姿を自分の都合で作り変えるってのはもう
個人的にはやったれ食物連鎖の頂点が環境を変えるのは自然の常、捕食対象を絶滅させ移動とは思うけど
自然保護を謳う人々的には禁忌も超えてそうなアレだけど、生物が居なければ環境なんてないも同じなのかね

28

28. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 16:20
  • ID:h6DFHNpV0 #

※20 言わんとすることは分かるが何故人類が侵攻しなければ異星人が地球侵攻をしないでくれる前提で話してる?
それと環境の認識と視点が悪い、仮に核戦争を起こして生物を全て絶滅させても星の寿命には欠片も影響しない。
地表が水と酸素が豊富な生物の楽園でも無酸素の砂漠でも惑星視点でばどうでもいい、それに価値を見出してるのは生物だけ
君は星を舐め過ぎ、他の星からやってきて肌にホコリが付いた程度で環境を変えた何て烏滸がましい
何より発生した生物が環境を変えるのが自然と言う物だよ、酸素濃度を高め環境を汚染した植物たちは根絶やしにするべきか?誰の目線で?

29

29. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 16:43
  • ID:Sb6Cufxr0 #

まず大前提で、シリカエアロゲルを発泡スチロール並みに安く使える量産技術を確立してくれ。
地球上の過酷環境の居住適合化(都市スラムの環境改善もちろん含む)で火星までいく必要がなくなるってオチにはなるだろうけどね、それで。

30

30. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 17:22
  • ID:1TRVOqJi0 #

何もいない場所への移住を環境破壊ってどういう主張なのかね
その主張が通るなら地球で新しく家やマンション建てる方がよっぽど環境破壊よ
過度な保護精神は結局自分が死ぬしかなくなる

31

31. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 17:54
  • ID:CHou0nHS0 #

※28
「生物多様性」の延長線上の話だと思いますよ。我々は惑星ではなく有機生命体なので、有機生命体基準で考えるべきかと。
それと「自然」に関する認識が極めて短絡的かつ攻撃的かとおもわれます。なぜ「人工」という単語が存在するか調べてみては?

最後に、悪質な侵略宇宙人が存在するとして、我々もその悪質な侵略宇宙人と同等の行動を他者にしてもいい、という証左にはなりえません。血を吐きながら続ける哀しいマラソンをしたいなら話は別ですが。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 19:28
  • ID:SmbMbFZy0 #

火星じゃないが、ちょうど昨日変な夢を観たから、チラシのウラ代わりに書き残して置く…。夢なので根拠とかは全く無い。
冒頭に‥まず何度も言われたのは…この世界を「0と1」で現すなら、特異点は「2」らしい(なんか普通てか、捻りが無い)。
そして、かつて人類?は月に住んでた様で、地球には基本的に干渉せず、ただ俯瞰的に観察している感じだったそう。
…ここからは誰なのかも分からない、とある個人からの視点に切り替わる。断片的で短いけどまぁ、夢だしね…。

―月―のとある建物の中、デスク毎にコンピューター端末が並ぶ‥景観は普通に企業のオフィスのような感じ、結構広い。自分の端末が視界に入ったが、現代の地球のPCに比べると大分色気の無いモノクロ(黒い画面に白い文字が羅列)の画面に、端末からは何らかのデータが印字された紙状の物が更新毎に出て来る(自分はそれをこまめにチェックしている)。左隣には薄らデカいオーディオコンポ(?)の様な見た目の機械。
業務としては、コミュニティのインフラ的なものを維持・管理している模様。
場の空気はどこか閑散としている(人は疎ら、まとまりは無く各自が任意で休憩、騙し騙しただ時間を過ごす者もいる)。
そんな中、突如全体の端末に膨大なデータが送り込まれる、ウイルス? 場は騒然とした…全ての回線を無効にし端末の電源を切るが動作は止まらず、上記のコンポ(?)にデータが集積していく…。
続く

33

33. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 19:29
  • ID:SmbMbFZy0 #

続き
そこに痩せた小柄な老人(偉い人?)が現れ、コンポに手をかざす‥するとデータが視覚化され、何か音も聞こえてくる。よくわからないが、大分乱れている様子。
それは徐々に纏まっていき、一つのエネルギー体の様なものになっている。老人はそれを必死に制御しようとしているのか、興奮気味に何か話している…とにかく凄まじいエネルギー量らしい。
エネルギー体は球状になっていく‥色も途中までは白っぽかったが、今は正面は白く側面になるにつれて赤黒くなっている。言葉では言い表せないが、とにかく美しい。こんなに綺麗なモノが存在するのかと感嘆すると同時に‥音が鳴り響いた。
特異点に達した‥のではなく、特異点がそれを迎えた、迎えに来た…そう捉えたのはその音が"返事"なのだと嫌でもそう直感せざるを得なかったからだ。
音と共に全てが止まった…。
まるで月が"静寂"という概念に強制的に支配され、変質していく様な…ここはもう駄目らしい。

自分含め8人が地球に降りた。
土地一つ一つに特別な木(2m弱)があり、そこに異様な形の実が複数実っている…その実を採る事でその土地での何らかの権利が得られる様だ。
出来る限り多くの実を採る為に方々を渡っていると、面識の無い者とかち合った…恐らく他のコミュニティの者達も降りて来たのだろう。まぁ実の取り合いで争う事は無く基本的に早い者勝ちだ。結果的に同じ木を別のコミュニティと割け合う形となる土地もあった。

歯切れが悪いが夢はここで終わっている。

34

34. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 19:40
  • ID:RJBtf1wM0 #

どうやって穴を掘るという難問はあるけど地下都市になるだろうね

35

35. 匿名処理班

  • 2019年07月19日 22:38
  • ID:huUkxN8P0 #

※20
環境破壊や人口爆発などで、いずれ地球が人類の住める場所ではなくなる可能性もある。それは判りますよね?

現在の技術では到底実現不可能だが、いずれやってくる危機に備えるべく、基礎理論の検討だけでもスタートしておくべき、という発想のもとテラフォーミングの研究が始まったはず。

また、広大な宇宙空間へ進出するための最初の足がかりとして、近隣の惑星をまずターゲットとしている。

これが、あなたのいう「火星侵略」に当たるかどうか?

仮に、火星に現在別の知的生命が文明を築いているならば、これの意に反して占領しようとする行為は間違いなく「侵略」だろう。逆にこれが地球なら当然「異星人に環境を変えられる」ことに、誰もが首を縦に振らないと思う。

しかし過去何度もの探査の結果、火星には文明はおろか生命の痕跡すらみつかっていない。人類の非常事態における緊急避難先として、この「隣の空き家」を検討することは、野蛮な発想だとは思えませんが。

そして将来環境破壊が克服されたとして、今度は、地球が本来持っていた自然のサイクル〜例えば極端な寒冷化〜が本気で牙を剥いた時、火星への一里塚を築いた祖先を「野蛮だった」と蔑むか、「先見の明があった」と尊ぶか。

あるいは、あなたの意見が世論として合意形成され、すでに宇宙進出は「過去の遺物」になっており、いずれ為す術もなく絶滅の道を辿るか。

36

36. 匿名処理班

  • 2019年07月20日 03:57
  • ID:lj6r0LdB0 #

シリカエアロゲルを調べたが、1圓△燭蝪桔円近くするのか
大量生産すればコスト減が見込めるかもしれないけど、
現状では地表を覆うほどの量を用意するのは非現実的だな

37

37. 匿名処理班

  • 2019年07月20日 12:16
  • ID:ClhfywmZ0 #

すげえ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク