0_e1
1967 Epee Duel Deffere vs. Ribiere / youtube

 「決闘」は時代や国により異なるものの、一般的には2人の人間が事前に決められた同一の条件のもと、生命を賭して戦うこと果し合いのことだ。

 その歴史は古く、6世紀頃から制度として存在し、裁判で決着がつかない場合、被害者が被告人に決闘を申し込む決闘裁判が行われていた。
 
 正式な制度としての決闘裁判は15世紀までに廃れたが、その後もヨーロッパでは私闘としての決闘が行われていた。フランスでは20世紀はじめまで、決闘はごく普通に行われ、その結果が新聞に掲載されたほどだ。


 この映像は、1967年にフランスで行われた決闘を録画したものである。映像で残されたものとしては最も古いものとされている。
スポンサードリンク


1967 Epee Duel Deffere vs. Ribiere

当時のマルセイユ市長と若手議員による決闘


 当時マルセイユ市長で、社会党の大統領候補だったガストン・デフェールが、議会で発言していたとき、若手の議員のルネ・リビエールが席で「間抜け!」とヤジを飛ばし始めた。

 「だまれ、くそやろう!」デフェールが叫び返し、それがきっかけでリビエールがエペ(フェンシングの剣)を使った決闘をデフェールに挑んだのがこの決闘である。

 エペは、伝統的なフェンシングで用いられていた決闘用の武器に最も近い剣である。決闘用の剣は、相手を死に至らしめるというよりは、最初にはっきりと傷を負わせて流血させるために、上からの圧力で開発された。

 リビエールより12歳年上だったデフェールは、切れ味の悪い剣での決闘を持ちかけたが、リビエールは最初に血を流させるために鋭い剣を要求した。リビエールが最初に出血したが、決闘をやめようとしなかった。だが、再び攻撃を受けて、立会人がやめさせた。

 デフェールはそののち、1981年〜1984年にフランソワ・ミッテランの元で内務大臣を務め、1986年5月7日、75歳でごく普通に亡くなった。リビエールは、クリスマスの日に76歳で亡くなった。

 ふたりは、フランスで最後に決闘した者同士として、常にセットで語り継がれている。


決闘の歴史


 決闘の歴史は古く、その起源は遥かわたしたちのDNAにまでさかのぼる。剣や銃を使う正式な決闘は、中世の決闘裁判から発展し、さらに古くはヴァイキング時代の争いを解決する手段であるホルムギャング(決闘の意)のような古い習わしだった。

 ヨーロッパ、アメリカ、カナダでは、決闘は名誉を回復するための行為でもあった。当事者間の立場というものがなにより重要で、ときに命にかかわる結果、つまり死を招くまでエスカレートすることもあった。

1_e1
アレクサンダー・ハミルトンとアーロン・バーの決闘(1804年) / wikimedia commons

 幸いなことに、この習慣は現代ではすたれている。日本では、決闘罪ニ関スル件(1889年制定)により、決闘は禁じられている。

 カナダでの最後の決闘は、1833年のこと。ロバート・ライアンという男が、地元の学校教師をめぐって、ジョン・ウィルソンに決闘を申し込んだが、ウィルソンがライアンを殺して、その学校教師と結婚した。

 イギリスでの最後の決闘は1852年、ふたりのフランス人政治亡命者フレデリック・コルネとエマニュエル・バーテルミーの間で行われた。バーテルミーがコルネを殺し、その罪で絞首刑になった。

 アメリカでは1859年が最後。奴隷制に賛成する元カリフォルニア州首席裁判官デヴィッド・テリーが、奴隷廃止論者の上院議員デヴィッド・ブロデリックを殺した。

 テリーは逮捕されたが、この件は棄却された。ふたりが9メートル離れて立った場所は、今や歴史的な名所となっている。使用されたピストルは1998年にオークションにかけられて、3万4500ドルで落札された。

References:The last duel in Europe, and it was filmed/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
学校では教えてくれない欧米のダークな16の歴史的事実


今に生まれて本当によかった。かつてのヨーロッパが悪臭に満ち溢れていた6つの理由。


ヨーロッパで誕生し、アメリカの見世物小屋で大人気を博した「首なし女」と「蜘蛛女」


全ては美しさの為。ヨーロッパの貴族階級の女性がつけていた割とホラーな仮面「ダヴェントリー・マスク」


猫を投げ捨てる習慣から始まった...後ろ暗い歴史があるベルギー伝統の猫祭り「カッテンストゥッツ」

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年11月17日 22:51
  • ID:xdPamuFr0 #

こんな時でも犬は可愛い

2

2. 匿名処理班

  • 2019年11月17日 23:19
  • ID:CURruskz0 #

当人たちは大真面目なのかもしれないが側から見るとなんともアホっぽくみえるな

3

3. 匿名処理班

  • 2019年11月17日 23:24
  • ID:Y.eg8JGc0 #

ん、最後の決闘なら最も古くかつ最も新しいんだな。貴重。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年11月17日 23:32
  • ID:.k9jUB5H0 #

「で、殿中でござる!殿中でござる!」

5

5. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 00:20
  • ID:N74HAjjN0 #

誰も気がついてないだろ?
この剣がぶつかる音は後から絵に合わせて載せてるだけだぜ?マイクなんてないだろ?

6

6. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 00:32
  • ID:4QdccHEr0 #

現代の政治家にも、発言で揉めたら流血必死の命がけのプレッシャーがあっていいかも知れん。災害の視察でも助けが必要な現地民より〇〇先生の身体が大事になったのは、何で( ̄▽ ̄;)だろう?
守るべきは政治の信念であろうに、しょっちゅう変える先生方に真剣で決闘するほどの気概があるのか?
選挙で選ぶ参考までに見てみたいと思う。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 00:36
  • ID:3kFsYYC10 #

内枠は色々時代に合わせつつ大枠で今でも大日本帝国憲法から決闘罪が引き継がれていて今でも適用されることがあるなんて言うのも面白いというか。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 00:56
  • ID:Dzyz82LX0 #

決闘。手袋をビシッと当てて決闘するのどこだっけ? 英だっけ?(・・;) フェンシングっぽいの映画であるよね

9

9. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 01:00
  • ID:hEL081q30 #

※2
決闘に「最初に血を流した方が負け」というルールがあったから
手をまっすぐ伸ばして剣を持つスタイルになっていて、
これは日本人から見ると腰が入ってなくて格好悪く見えるんだよね

尚そのルールが出来る前は失血死で死ぬまでやりあって
共倒れというパターンが多かった模様

10

10. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 01:32
  • ID:hEL081q30 #

※7
最近の適用はなんと10月で逮捕者が出てる
現在ではタイマンの喧嘩を取り締まる法律として機能しているらしい

11

11. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 01:47
  • ID:R.5X1pb50 #

※9
へーへー 勉強になった
前から「こんな殺傷力の無さそうな武器でどうやって相手を倒したんだろう」って常々思ってたんだわ
ちまちまつついて出血させて死なせるのか、なんか嫌な殺し方だなあ
おなじ剣の戦いで雌雄を決するにしても日本刀での戦い方とだいぶ違う

12

12. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 01:59
  • ID:vsd.sreN0 #

「最古の人物写真」とかもカラパイアで見た気がする
風景写真にたまたま写った詳細不明の靴磨き屋っていうやつ

13

13.

  • 2019年11月18日 02:02
  • ID:szJPO3O80 #
14

14. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 02:07
  • ID:CG8DUYBl0 #

え?NHKの映像の世紀(古い方)で、それ以前の決闘の映像を見たけど

15

15. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 02:32
  • ID:MUTxrhKs0 #

ちょうど生まれた年だわ(笑)
親の仇とかなら解らんでもないが…
命のやり取りなんて物騒な 叩いて被ってじゃんけんポンとかではアカンのか?✊✋

16

16.

  • 2019年11月18日 02:47
  • ID:.g8Eq02s0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 08:33
  • ID:NVcBcaCt0 #

運動能力の高い若手が有利かと思っていたのに、
年上が押してて意外。勝ってるし。
案外、後天的な努力や胆力がモノをいうシステムなのかしらね?

18

18. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 08:59
  • ID:2HIuNk9l0 #

有名な数学者、ガロアも決闘で亡くなったんだっけ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 10:07
  • ID:7.0ItiO.0 #

何十年も昔子供のころテレビの面白映像特集で古いカラーの決闘映像観た
やっぱり小手で勝敗つけてた

20

20. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 10:08
  • ID:znhGmwHd0 #

>>5
1923年にはトーキーの短編映画が公開されてますがな。

21

21. 安房守

  • 2019年11月18日 10:36
  • ID:qWYQkQ8S0 #

NHKドキュメント。1996年?放送された「映像の20世紀」の第1集 20世紀の幕開け
〜カメラは歴史の断片をとらえ始めた〜 のパリの雑踏で行われる直前の決闘が映像と言う事で言えば一番古いと思う。

ただドキュメントの方は決闘中ではなく、決闘前の映像ですが。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 10:44
  • ID:iTCVqDz30 #

無声なら1902年あたりのリアル決闘も動画はあるよ。フランスのやつ

23

23. 安房守

  • 2019年11月18日 11:16
  • ID:qWYQkQ8S0 #

日本では決闘に関する法律が(1889年制定)明治時代にはできていた。

決闘禁止に関する法が出来た以降も廃れたわけではない。明治・大正・昭和(戦中まで)はやくざの個人的な仇討から、下は尋常小学校内のガキ大将の縄張り争い。戦後から今日まで少年同士の所謂「タイマン」。

法律は既に時代にそぐわず、風化したわけではなく、時折この法律で検挙されるパターンがある。

同じく法律で教育における体罰禁止の法律は、1879年の教育令により明文化され、1890年、1900年、1941年に禁止を発している。ただ当時は父兄が強く教師は弱い立場で拳骨どころではなかった。体罰の日常化しだしたのは、戦中の軍隊経験者等の復職。それらの教育を受けてきた者たちが、しつけ=体罰と取り違えている節もなくはない。

双方の法律は前者は、細々ながら未だ効力があり。後者はかなり前から明文化されていたが、時代にそぐわない等で、やっとその法律が近年日の目を見たり、色々であるなと。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 11:24
  • ID:ViQPe5ow0 #

日本では割と最近中学生二人が河川敷で決闘して捕まって記事になったよ
嘘みたいな話だが決闘のあと仲良くなって一緒に遊んでるらしいw

25

25. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 11:53
  • ID:XDtTClTs0 #

ロシアの詩人・プーシキンも若くして決闘で亡くなった。
手袋で頬をびしっとはたくのは、侮辱の意を伝えるお作法。
ひっぱたかれた方は決闘を申し込まないと恥だった。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 14:14
  • ID:n1i5F0bR0 #

こういう名誉と誇りの為に戦う気概は社会の為にも必要だと思う
特に男には

27

27. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 15:16
  • ID:5CVbtbFR0 #

>>23
江戸時代でも役所の届出無しにやれば犯罪だったぞ

28

28. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 15:48
  • ID:38fTfEIv0 #

>>6
いやいや、命のやり取りをしたらいかんがな。
まず、政治家のなり手が減るわw
ただでさえ有能な人がなかなかいないのに!

29

29.

  • 2019年11月18日 16:48
  • ID:MX.WswXO0 #
30

30. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 17:36
  • ID:NtVNjBuw0 #

ネチネチ陰湿なパワハラセクハラはいくらコンプライアンスとか横文字使ってもなくならないし、決闘の方がいい。
だけど決闘は、国家間なら戦争で決着をつけようという話だし核兵器の出現しちゃった現代では人類滅亡と同じになっちゃったからな。

なら戦争もルールと仲裁国を決めて堂々とやればいいかというと、そう簡単にもいかない。
だいたい決闘だってハムレットみたいにこっそりと剣先に毒を仕込むとか致命的なルール違反は昔からあった。
違反だ卑怯だリメンバーと後から糾弾してみても、戯曲や国威発揚にはなるかもしれないけど手遅れだ。死んだ人は帰らない

とにかく、可能なら決闘を申し込みたい卑怯な上司や同僚がネチャネチャとまわりにいっぱいいて疲れるよ(予告とかではないです。念の為)

31

31. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 19:06
  • ID:lvZox1Bb0 #

※18
使われた武器は銃だけどな。
剣での決闘は『三銃士』で出てるから古い時代の決闘法だと思ってて、まさか二〇世紀に入っても剣で行なわれてたとは思わなかった

32

32. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 19:28
  • ID:eMIge3420 #

FINワロタ

33

33.

  • 2019年11月18日 20:08
  • ID:TjEZfHDI0 #
34

34. 安房守

  • 2019年11月18日 20:42
  • ID:e7JsKCBu0 #

※27良く武士の特権に切り捨て御免があったとされますが、徳川綱吉以後は罰の対象になったと言いますからね。

35

35. 安房守

  • 2019年11月18日 20:59
  • ID:e7JsKCBu0 #

文章の反映がもう少し早ければ、コメントのダブりが無かったのに思う・・・。

36

36. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 21:06
  • ID:loiZzWZp0 #

>>30

普通の卑怯な人は決闘を怖がって職場でおとなしくなるかもしれないけど代わりに会社の管理職や経営者がみんな元暴走族とかになりそうだな・・・。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 22:38
  • ID:loiZzWZp0 #

>>28

高学歴エリートが決闘で死ぬリスクを避けて選挙に出馬しなくなる一方で次々と立候補する元暴走族・・。

選挙ポスターがモヒカン頭の顔写真が埋め尽くされる世紀末社会・・。

うん、いまの方がマシだね!

38

38. 匿名処理班

  • 2019年11月18日 23:13
  • ID:jOB0z71q0 #

ラ・セーヌの星 の主題歌が脳内再生

39

39. 匿名処理班

  • 2019年11月19日 01:22
  • ID:uHQRAAOC0 #

>>37
モヒカン頭は選挙なんてかったるい事しないだろう(笑) 投票もしないから成立せんわい。ラオウかケンシロウか二択で1票で終わる。
この二人ぐらい気概があれば……

40

40. 匿名処理班

  • 2019年11月19日 04:32
  • ID:X6BW6yeK0 #

一方日本では決闘者(読み仮名:デュエリスト)たちがカードでデュエルをしている

41

41. 匿名処理班

  • 2019年11月19日 08:47
  • ID:SFaTSLMr0 #

※27
許可が出ても相手が逃げ回ったりして時間がかかるケースも多く
成功率は数パーセント、最長で53年越しの仇討ちもあるらしい。

※34
「切り捨て御免」は武士が平民から無礼を受けた場合、
その場で切り捨ててよいという法律なので
決闘とは違いまっせ

42

42. 匿名処理班

  • 2019年11月19日 18:51
  • ID:mnH54jvU0 #

以外と最近だね

43

43. ・・・

  • 2019年11月19日 22:51
  • ID:g9YOLHdY0 #

昔のオリンピックの射撃種目に「決闘」があったよね
上半身を鎧と手甲とフルフェイスのヘルメットで固めて、回転式拳銃に蝋の弾丸を詰めて撃ち合うという…

44

44. 匿名処理班

  • 2019年11月20日 18:36
  • ID:OIXAqDQm0 #

あ、うちのギルドは狩り専なんでPvPはやってないっす

45

45. 匿名処理班

  • 2019年11月21日 10:17
  • ID:a1eojQEF0 #

※11
ちまちまつついて、ってのが小刻みに出血を強いて相手の戦力を奪うって意味なら、日本の剣術にも似たような考え方はあるぞ。相手が振り下ろした手首にちょいと刃をあてて籠手紐や動脈をかすめ切るとか。
古流の技をもっと調べてみるとよい。

あと、この形の剣の殺傷力をバカにすべきではないな。
ちまちまやってるように見えるのは、下手すると一手で死にかねないからよ。この剣に体重乗せて突いたら、鎖帷子くらいは簡単に貫いて臓器を破壊できる。ついでに剣身が軽くて早いから、防御の理屈を知らないと受け切れない。
乱戦に向かない分、1対1の戦闘に特化してて、個人的には正直、本身のこれとやりあうのは御免だわ。

46

46. 匿名処理班

  • 2019年11月21日 19:53
  • ID:9MWKOCqY0 #

>>45
切る事も出来るタイマン特化した優秀な武器ですよねコレ。

47

47. 匿名処理班

  • 2019年11月22日 07:03
  • ID:9SLV7DQM0 #

>>2
本人達
「素手でのケンカも恐ろしくて出来ない様なお前に言われてもねぇ、この場に呼ばれたら泣いて逃げるんだろ?」
こんな感じか?(⌒‐⌒)

48

48.

  • 2019年11月22日 07:12
  • ID:9SLV7DQM0 #
49

49. 匿名処理班

  • 2019年11月22日 07:15
  • ID:9SLV7DQM0 #

>>39
サウザーは?
ドイツに居たときに一回決闘したこと有るよ。
片手と足を縛られて、もう片手に鉄パイプみたいなのを持って、上から振り下ろしてどちらかが倒れるまで殴り続けるの。

50

50. 匿名処理班

  • 2019年11月22日 07:16
  • ID:9SLV7DQM0 #

>>15本来政治とは命懸けでやるもの!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク