iStock-904801560_e
Kwhisky/iStock

 史上最悪の原発事故と言われている1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故では、大量の放射性物質が大気中に放出され、事故対応にあたった作業員や付近の住民に大勢の被爆者を出す結果となった。

 一部の人たちは、ほんの数分のうちに致死量を超える放射性物質を吸収し、数ヶ月のうちに死亡。また数年をかけて長く後遺症に苦しんだ人たちもいた。決して忘れてはいけない、人類全体への教訓だ。
 
 この事例が示すように、人は放射線に対してまったく無力だ。急性の放射線障害に対する治療は限られたものしかなく、しかもそれらは特定の元素やアイソトープにしか効かない。

 特に原子炉で一般に使われているウランは厄介で、骨や腎臓に蓄積され、周囲を破壊し続ける。だが今回研究発表された化合物は、ウランを安全かつ効果的に体外に排出させることがマウス実験で明らかになったという。
スポンサードリンク

放射性物質を除去するキレート剤


 放射性中毒の治療には「キレート剤」という化合物を用いる。

 キレート剤自体は特に目新しいものではなく、血液、植物、石鹸など、そこいらじゅうに含まれている。なにせビタミンB12自体がキレート剤だったりするくらいだ。

 これには電荷を持つ金属分子と結合する性質があり、放射線中毒の治療薬として使えば、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムといった放射性金属と結合して、尿や便として体外に排出する手助けをしてくれる。


厄介なウラン


 だが原子力発電所の原子炉で一般に使われているウランだけは別だった。これを効果的かつ安全に排出してくれるキレート剤がなかなか見つからないのだ。

 従来発見されていたいくつかのキレート剤は、ウランを取り除くことができたとしても、腎臓、肝臓、脾臓といった臓器に深刻な副作用を引き起こしてしまうものだった。

 あるいは、そうした副作用がないものであれば、特に骨や腎臓に含まれるウランの除去効果の点で今ひとつだったりと、思うように行かなかった。

 特に最後の点は重要なことだ。なぜなら排出されない放射性物質は、結局そのままそこに残ってしまうからだ。ウランのほとんどは骨や腎臓に蓄積されるのだが、そこにある限りは周囲を破壊し、がんを生じさせる。

iStock-1127114238_e
kasezo/iStock

ウランを安全かつ効果的に排出できるキレート剤が開発される


だが『Nature Communications』(6月25日付)で発表された化合物を使えば、ウランによる放射線中毒はいずれ治療可能になるかもしれない。

 中国科学院大学、東呉大学、コロンビア大学の研究チームが開発したのは、「5LIO-1-Cm-3,2-HOPO」という化合物だ。

 マウスによる実験では、これまでのウラン向けキレート剤の欠点を克服し、ウランを安全かつ効果的に体外に排出させることができた。

 マウスをウランに暴露させ、その3分後に新型キレート剤を注射すると、腎臓では84パーセント、骨では43パーセント、ウラン濃度が低下した。

 経口で投与した場合でも、それより効果は落ちるが、腎臓と骨でそれぞれ63パーセントと35パーセント低下した。

 また暴露直後ではなく、6・12・24時間にキレート剤を投与した場合でも、腎臓では60パーセント以上、骨でも最大40パーセントのウランが除去された。

iStock-1024064880_e
Rawf8/iStock

将来有望な研究に期待


 あくまでマウスによる実験であるが、将来有望な結果だ。原子力発電所の是非はさておき、今現実に稼働し、そこで作業する人や周辺で暮らしている人がいる。

 そうした人たちが少しでも安心できるよう、またいざというときに危険な目に遭わないよう、きちんとした治療法が確立されることを期待したい。

References:Nature Communications/ written by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
チェルノブイリで育った放射線を好む菌類、宇宙ステーションへと運ばれる


原発事故があったチェルノブイリに今、観光客が押し寄せている。アメリカのテレビ番組がきっかけで(ウクライナ)


人類は火星で生き残れるのか?最大の難関は宇宙放射線。そのリスクは未知数(世界研究)


放射線を放つウランを観察できる霧箱


飛行機に乗るとどれくらい放射線を浴びるのだろう?NASAがその測定結果を明かす

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 09:35
  • ID:5gLyMyNF0 #

半減期が何万年もあるような放射性物質も一瞬で無害化するような技術がいずれ開発されるかもしれない

2

2. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 09:42
  • ID:B2QPheTW0 #

クマムシは通常の
500倍の放射線浴びても
生きてるらしい
なんか特殊なたんぱく質が
DNAを保護するんだとか
ひょっとしたらこの記事に
出てる化合物と化学組成が
似てるのかもね

もしも薬で対放射線耐性が
えられたら凄い事になるな
火星有人探査も夢じゃない

3

3.

  • 2019年07月06日 09:54
  • ID:WtN9Sf8.0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 10:17
  • ID:CqRFWoOi0 #

あ〜、放射性「物質」だから、物質自体を排出できるってことか
でも胃腸を通って便(や尿)に排出できるのはわかるけど
骨までってよくわからん

5

5. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 10:31
  • ID:qsygXnR20 #

キレートとはカニのはさみのこと。
キレート剤とは、カニのはさみのように特定の物質をつかんで離さない化合物のこと。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 10:36
  • ID:C4HP8CE50 #

Radawayだ!!

7

7. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 10:37
  • ID:OTKLZoAv0 #

トイレに気をつけないと排出された放射線物質に別の人が曝露されそう

8

8. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 11:00
  • ID:zCwsmQy60 #

ゲームのFalloutのアイテムだね

9

9. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 11:38
  • ID:QdU764VX0 #

骨や腎臓からできる薬品って…それ、本末転倒だろ!とか勘違いしちゃったよ!

10

10.

  • 2019年07月06日 11:42
  • ID:9EcxJFzF0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 11:54
  • ID:GYZkmnvD0 #

ウランちゃんはアトムより怖い

12

12. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 12:18
  • ID:3ojs.y2q0 #

RADAWAYやん

13

13. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 12:18
  • ID:R7LZvzTq0 #

※1
「核変換技術」
加速器を用いて、高レベル放射性廃棄物に含まれる放射性物質の半減期を短縮し、減量化を図る技術として研究はされているけど、一旦人体に取り込まれた核種を狙い撃ちにできるかどうか・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 12:25
  • ID:M58wdqrD0 #

※6
バラモンが体内を走り回るような感覚がするのだろうw

15

15. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 12:28
  • ID:.2wJL.Tf0 #

※7
中和してから排出じゃなくて単なる排出であればまさに指摘の通りの問題が生じるよね
排出された廃棄物にはいまだ効果が残っているから、排出から処理までの過程において再被ばく、二次被ばくなんてことも・・・
まぁオイラみたいな素人が考えるまでもないか

16

16. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 12:38
  • ID:GYZkmnvD0 #

※5
キレートレモンの味は俺を放さない

17

17.

  • 2019年07月06日 12:58
  • ID:zIqP6Cjj0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 13:03
  • ID:VQHYHdKa0 #

こんなもん開発されたら、逆に核戦争が現実化する。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 13:36
  • ID:CqRFWoOi0 #

※7
ウランはα線だから紙一枚でもあれば遮られる
衣服があれば無問題
体内にある時がとても怖い

20

20. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 17:28
  • ID:GLfVDiPT0 #

キレート剤を飲んだ後、数日間の排泄物は、別に処理した方がよさそうだね。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 18:45
  • ID:R5mNlf500 #

ウランよりもセシウムとかストロンチウムのキレート剤を発明して欲しい

22

22. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 21:29
  • ID:ofKKHwgz0 #

内容よりも中国と台湾が共同で研究してるのが意外だった
わりとよくあること?

23

23. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 21:50
  • ID:maRZMlRQ0 #

※2 暖っかいんだから〜 (敢えて今!颯爽と)

24

24. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 23:10
  • ID:ODOoMgwZ0 #

※7
立ちションは全身に飛沫を浴びるからヤバイいな

25

25. 匿名処理班

  • 2019年07月06日 23:43
  • ID:vfrrEi.90 #

>>4
キレート剤はただ胃腸を通るんじゃなく、一度体内に吸収されて、血液や細胞の中で金属を吸着して排出される。
だからこそなるべく無害なものじゃないと肝臓や腎臓に負担がかかる。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年07月07日 01:21
  • ID:IxiyDAdT0 #

※2
記事の化合物は体内のウランと結合して効果的に体外へ排出してくれるものだから、クマムシのDNAを保護してるなんらかの物質とは関係はないだろう
あとクマムシが放射線に強いのはそもそも細胞分裂が少ない生きるのにDNAがさほど関係ないというのもある

27

27. 匿名処理班

  • 2019年07月07日 01:53
  • ID:LOeo0H1q0 #

一歩一歩だね
このまま人類文明が300年も在り続け、発展していったならば
その頃には宇宙は身近なものになってるだろう

28

28. 匿名処理班

  • 2019年07月07日 02:23
  • ID:KzJ5VT4s0 #

日本の奇跡じゃなくて日本以外の奇跡か

29

29. 匿名処理班

  • 2019年07月07日 22:47
  • ID:XZc4TAg70 #

※16
レモンジーナ亡き今、これしかないもんな

30

30. 匿名処理班

  • 2019年07月08日 12:34
  • ID:nyFb9m0g0 #

hirochingさんのサイエンス系記事はマジ勉強になる。

31

31. 匿名処理班

  • 2019年07月08日 22:16
  • ID:JIJlJlIU0 #

>人は放射線に対してまったく無力だ。
>放射線中毒の治療薬として使えば、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムといった放射性金属と結合
>ウランによる放射線中毒はいずれ治療可能になるかもしれない。

どうして放射性物質とか放射能とか言わず放射線と言うのですか?

32

32. 匿名処理班

  • 2019年07月08日 22:19
  • ID:JIJlJlIU0 #

体内から放射性物質を除去しても、被曝して傷ついた遺伝子が元に戻るわけではありません。今後のためであることは分かるが、福島の事故で被害を受けた身としては、こういうことは原発事故の直後にでも言ってほしかった。

33

33. 匿名処理班

  • 2019年07月10日 22:57
  • ID:b8gEtSHU0 #

※11
ジェッターマルスの弟はメルチ(メルト)だから
もっと怖い

34

34. 匿名処理班

  • 2019年07月14日 19:38
  • ID:kHprBATA0 #

※21
セシウムにはプルシアンブルー、ストロンチウムにはアルギン酸ナトリウムが既にキレート剤として使用されてるよ
事前に調べましょう

35

35. 匿名処理班

  • 2019年07月14日 19:41
  • ID:kHprBATA0 #

※32
遺伝子には自己修復能力があるよ
それにそんな事を言い出したら、それこそ広島長崎だの冷戦時代の核実験が頻発してた頃から我々は被曝してるから今更感が強い

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク