iStock-900883876_e

 いるのかいないのか、できればいてほしい伝説のUMA、ネッシーロマンス。

 1934年に大々的に話題となったネッシー写真はフェイクであったことが判明するも、まだその夢とロマンを捨てきれない人々は世界中に多く存在する。

 それは科学者たちだって例外ではない。昨年、ニュージーランド・オタゴ大学の研究チームがネス湖のDNA調査を開始したことはカラパイアでも取り上げたが(関連記事)、その調査結果の一部が報告されたようだ。

 研究者らは「ネッシーが存在しないとは断定できない」と、ポジティブな調査結果を匂わせる発言をしているという。
スポンサードリンク

ネス湖の3つの異なる深さから水のサンプルを採取


 ニール・ゲンメル教授率いる研究チームは、去年6月に2週間ほどかけて、ネス湖の3つの異なる深さから水のサンプルを採取した。

 湖に暮らす生物が残したとされる微量の皮膚や鱗、羽毛や毛皮、更に糞便などを収集し、それらをニュージーランド、オーストラリア、デンマーク、フランスの各研究所で分析した。

 ゲンメル教授によると、DNA検査では水中に生息していた3,000種類ほどの微生物とともに、15種類の魚が検出されたという。

 これまでにも、ネッシーは古代に生息していた首長のプレシオサウルス(魚類と爬虫類の中間的生物といわれる)の生き残り、もしくはチョウザメや巨大ナマズという仮説があった。最近ではヨーロッパオオナマズ説が発表されたばかりだ。

・ネス湖に巨大生物は存在するよ、怪獣じゃないけどね。「ネッシーの正体は巨大ナマズ」説を唱える研究者(スコットランド) : カラパイア

 教授らは、今回このデータを使用して、ネッシーの性質に関する一般的な仮説を検証した。


3_e4
Image by Greg Montani from Pixabay

ネッシーが存在しないとは断定できないとの結論


 今回の研究で、ポジティブな手ごたえを得ることができたのか、ゲンメル教授は次のように話している。

主要なネッシー仮説をそれぞれ1つずつ検証したところ、言えるのは「3つは正しくないが1つは正しいと言えるかもしれない」ということです。

我々が、ネッシーの存在を否定することは決してありません。しかし、証拠が見つからなければ何も証明することができません。

我々にできるのは、発見したことを説明することだけです。目的としては、ネス湖の生物多様性をある程度詳細に文書化することであり、それを達成したと言えるでしょう。

もっと深いミステリーがあるかどうか…
それは、あなたが何をどこまで信じるかによりますね。


 ちなみに、今年に入ってからも6件のネッシー目撃情報が寄せられているという。このネッシー伝説がスコットランドにもたらす経済効果は、毎年およそ61億円とも言われている。

 年間何十万人もの観光客がこの神話のモンスターとの出会いを求めてやってくるのだ。

・ネス湖のネッシー、その経済効果は年間61億円(スコットランド) : カラパイア

 なお、この研究のすべての結果発表は速くて来月、遅くても今年中にはなされるとのことだ。

References:Loch Ness monster 'might be real' as scientists make 'surprising' discovery - Mirror Online/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ネス湖の怪獣「ネッシー」にロマンを求めて。科学者らがネス湖に存在するDNA調査を開始予定(ニュージーランド研究)


今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される


ネス湖に巨大生物は存在するよ、怪獣じゃないけどね。「ネッシーの正体は巨大ナマズ」説を唱える研究者(スコットランド)


ネッシーなんかい?ネス湖を悠々と泳ぐ巨大生物をとらえた約10分にもおよぶ長編映像


ネス湖のネッシー、その経済効果は年間61億円(スコットランド)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 20:49
  • ID:cWaemNyX0 #

「ネッシーがいないとは断定できない」(いるとは言っていない)

2

2. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 20:54
  • ID:BexOXb6b0 #

元祖で最も有名なネッシー写真の発表者が
遺言で嘘でしたって家族に残して逝ったのが
つい最近やろ
なんで発信元が捏造カミングアウトしたのに
未だに「いる」とか妄言吐けるんだ?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 20:56
  • ID:1D.h5Dhd0 #

ネッシーや雪男がいなくなったらつまらない世界になるだろうね

4

4. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 20:56
  • ID:2kex2DoK0 #

信じる方が楽しい🎵

5

5. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 20:58
  • ID:WY2M5MXG0 #

ネッシーが居ないという証拠はないのでネッシーはいる!

6

6. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:01
  • ID:lEFAUTkK0 #

水全部抜け

7

7. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:02
  • ID:MMR1JxSp0 #

まともな科学者は、既存の知識から推論して確実に明らかってわけでもない事象に、
確認してない事を断言するようなことしないからな。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:02
  • ID:VEmlLhRH0 #

嘘だろうと何だろうと地元にとっては貴重は観光資源だもんね

9

9. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:03
  • ID:smKE0t2x0 #

何をネッシーと呼んでいたかによる、ってことでは。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:21
  • ID:bMtk1Chj0 #

>>2
wikiくらいみてからコメントしろ。
お前のコメントはかなり恥ずかしいぞw

11

11. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:21
  • ID:4UITa0p40 #

※2
実を言うとネッシーが有名になったのはあの写真だけど
ネス湖に巨大生物がいるという伝承や目撃談そのものはその数百年以上前からある(最古のは6世紀)
ていうかそもそもその伝説があるからこそ偽写真作ったんだから

12

12. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:22
  • ID:039Gd6IY0 #

>>1
つまりネッシーの存在の確定は不能だがネッシーの注目は資金運用には役立つのだな

13

13. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:27
  • ID:039Gd6IY0 #

>>2
最初に投稿された写真が嘘でもその後出てきたネッシーではない巨大生物にネッシーの名前を与えるのは簡単だから

実在が確認されない生物と混同を避けるように名前を付けるようには出来ていないのだ

14

14. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:29
  • ID:OIILJ6.r0 #

熱心に探してるんだな

15

15. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:30
  • ID:039Gd6IY0 #

>>3
イタズラ投稿の文化は残るが更に発展して実在する専門家の名前を使う事も予測されるのでそれはそれで面白いと思うよ

16

16. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:31
  • ID:039Gd6IY0 #

>>6
環境破壊だな

17

17. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:33
  • ID:039Gd6IY0 #

>>9
変わった流木ですね…

18

18. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:35
  • ID:oR5w81NF0 #

全く関係無いけど、このネッシー系列記事のTOP画像、ブラキオサウルスを使ったコラだよね
海生爬虫類の首長竜ネタのネッシーなのに、陸上恐竜のブラキオサウルスのコラってのはどうなんだろ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:35
  • ID:dX73kTUC0 #

悪魔の証明やん。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:39
  • ID:0GlUWzEA0 #

※2
その写真撮影時期より以前に伝記や古い絵に出てきたりしていて
他にも目撃例とかある。
それを茶化すために撮った捏造写真が有名になっただけ。
一番有名な写真が偽物だからっていないという証拠にはならない。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:43
  • ID:klqA32z.0 #

※1
意味深でもなんでもないよね。
明確な証拠がない限り、基本的に科学は「存在しない」とは断言しない。
例えばネス湖の水全部抜いても発見できなかったら、断言するかもしれない。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:45
  • ID:I4jBiJ2B0 #

>ネッシーが存在しないとは断定できない

ネッシーの否定は観光資源が無くなることを意味するからね…?

23

23. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 21:57
  • ID:XObNcg2q0 #

そりゃ悪魔の証明にしかならんし

24

24. 通りすがり

  • 2019年06月09日 21:58
  • ID:039Gd6IY0 #

>>20
実在しない物を証明する事は困難

数学では可能でも
有無を問う場面では0は普遍的な初期化状態として扱われる

確認されると崩れるのだが

25

25. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 22:11
  • ID:akDQr4OX0 #

家の近くの湖にはこの手の話は何もない
ネッシーの正体が何であれ不思議に思える生物の目撃例があるのは間違いない

26

26. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 22:14
  • ID:F7jy.pTl0 #

案外ネス湖とつながってる別の湖にいるUMAが正体だったりしてな
あそこ別の湖や海とつながってるって話があるし

27

27. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 22:39
  • ID:4UITa0p40 #

※24
※2が言われてるのはネッシー自体は1934年の有名な写真によって突然創作されたものでは無くそれ以前から伝承のある存在という指摘で
存在しないものを証明することは困難の話とは無関係かと思われます

個人的には科学者が「否定しきれない」というのはネッシーの正体は常識的にありえる範囲で巨大に成長する種類の魚(ナマズやチョウザメ等)がネス湖に生息しているのではと推測する仮説のことに関してでは?と思いますね

28

28. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 22:41
  • ID:0IsPXdDs0 #

※6
それでも「海につながる穴から逃げた、その穴は水抜き中にふさがれた」だの言いだすぞ

29

29. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 23:18
  • ID:hVkpWf8L0 #

原文は知らないけどここで訳された文を読むと、肯定派とか観光関係者に配慮してこういう言い方になった感じに見える

30

30. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 23:21
  • ID:eeJxWh1w0 #

ネッシーは生物とは限らないかも...
なんてなー

31

31. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 23:26
  • ID:NdVZ.HHz0 #

科学者の「ないとは断定できない」って言い回しは「ほぼ100%ない」って意味だぞ。

32

32. 通りすがり

  • 2019年06月09日 23:37
  • ID:039Gd6IY0 #

>>27
実際にあり得る範囲での答えを期待してる人も珍しいと思うのだが
過去の伝説に基づいて行ったイタズラならそれは確かに重要なのだが


あり得ない
しかし もしも実在したらそれだけで常識が崩れるぐらいの実物の存在が期待される
ナマズならナマズで良いが10メートル越えて欲しい

メートル法での大台の桁に上がれない様だと世界最大級の3メートルに届いたナマズでもそれではない感じがする

「そこにはそんな物は居ないハズだ」
そう叫べる物が欲しい
私は永遠にそいつじゃ無いと言い続けたい

33

33. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 23:38
  • ID:fW5gPhjM0 #

その仮説ってなんなん?中身なくね

34

34. 匿名処理班

  • 2019年06月09日 23:39
  • ID:agcYvvJK0 #

しかし所謂『外科医の写真』ってのは凄いよなぁ
気の利いたエイプリルフールジョークのつもりで撮った写真が
数多のプロカメラマンの作品より世の中に影響を与えてるんだもん。

こういう一枚の写真が…ってのは心躍る浪漫があるね

35

35. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 00:19
  • ID:GBqD91fB0 #

そりゃいないって断言したら観光来なくなっちゃうからね。

36

36. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 00:27
  • ID:ktILhae10 #

ネッシー観光事業の為の優しい嘘

37

37. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 00:38
  • ID:XMYq2o.k0 #

ソナーとかでなんとかならんのかね
当然とっくにやってるだろうが

38

38. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 01:17
  • ID:ptB6zqC.0 #

いるいないの議論とは関係ないけど1枚目とか2枚目とかの画像が、歳を重ねるごとにだんだん恐くなってきてる
なんとなく遠い昔に見たことあるような薄気味悪さとか、
誰もいない湖でなんとなく目撃してしまいそうというか、なんというかすごく不安になる

39

39.

  • 2019年06月10日 01:32
  • ID:O5bYVzh.0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 01:35
  • ID:dFasQuLb0 #

ゴリラ、パンダもほんの100年ちょい前まで未確認生物だったし、21世紀になってダイオウイカの生体の記録に成功した例もあるのでネス湖に何らかの巨大生物が居ても不思議じゃ無い・・・まぁ否定するよりロマンがあった方が良いじゃない!

41

41. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 04:20
  • ID:b9YTuZ4h0 #

ダイオウイカは発見されるまでUMA扱いだったよね
ネッシーが首長竜の生き残りとは言えんが何らかの巨大生物だったら楽しい

42

42. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 06:52
  • ID:hs0iom9R0 #

80年前から何の進歩もないんですね、研究者さん

43

43. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 07:20
  • ID:Uk6cUmGg0 #

数年前にネッシーはワシが若い頃に仲間たちといたずらで
撮ったものだって死に際に懺悔したとかしなかったとか。
そういうニュースがあった気がするけど。

44

44. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 08:44
  • ID:20RH6bzj0 #

ネッシーいるってこと!?やったーーー!

45

45. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 08:55
  • ID:dAr7o6rH0 #

※11
巨大生物=恐竜の生き残り、とは限らないけどね…
寧ろ巨大化したナマズやウナギの方が可能性が高いかな

46

46. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 09:36
  • ID:vSWEoRKs0 #

※6
水深200m以上あって、グレートブリテン島で最大の湖だけどね。

47

47. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 10:01
  • ID:LrImOD2.0 #

>>2
未知の生物の目撃記録自体は千年以上前からあるからでしょう
写真で世界的に有名になっただけですね

48

48. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 11:03
  • ID:oqzO0Kp60 #

そもそものネッシー像がわかってない以上、もし見つかったそれをネッシーと判断するかにすべてがかかってる気がするな

49

49. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 11:04
  • ID:nXsaNoHb0 #

カルト宗教が神やら仏云々言うのと同じ理屈じゃん。

50

50. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 11:53
  • ID:tXf7YyWe0 #

※2
産婦人科医の写真か?あれ同じ方法で地元メディアが再現を試みたが
その方法では絶対撮れないことがわかってる

51

51. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 12:02
  • ID:.s16qnAq0 #

そりゃ「存在しないと断言する」なんて言ったらそいつは科学者じゃない

52

52. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 12:34
  • ID:znczm4fJ0 #

ソナーでの探索もやってるけど、はっきり捉えることが出来て無い
一部はゴースト(虚像)だったりもした

53

53. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 13:28
  • ID:c1dxB6GF0 #

もうほとんどネッシーっていう社会現象って総括して考えたほうがいいんだろうな
科学とか生物とかも含めた社会、文化の現象みたいな
あーでもなんか別の言い方とか概念があった気がするな…
まあピンクユニコーンでもティーポットでも何でもいいけど

54

54. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 14:31
  • ID:na7s4IgP0 #

ネッシーを熱心に探している人達こそ、ねっしーだったんだ!!
な、なんだってー!

55

55. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 18:11
  • ID:T6zEmk0o0 #

目撃証言や写真は沢山寄せられているのに物的証拠はさっぱり見つからないし捕獲もされない
これって幽霊なんじゃ?
古代生物が現代まで生き延びてるではなく、いつまでも成仏できない古代生物の幽霊と考えると色々しっくりくるような気がするな

56

56. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 19:23
  • ID:chvMxpw20 #

ネッシーはタコだって緊急検証!シリーズで言ってた!

57

57. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 19:28
  • ID:GxQYXZnG0 #

生物統計学的に言えば「いない」と結論付けても良いんだけどね。
生息しているプランクトンとか魚の数から大型爬虫類が生息できる数を統計的に算出すると、大型爬虫類が生息できるのは、せいぜい数匹が限度とのこと。これでは個体数を維持することが不可能。だから、統計学的に考えていない可能性が非常に高い。映像が出ようが写真が出ようが、そっちが間違っていると言い切っても問題ない。
生命科学者は数学出来ないから舐められるんだよ。

58

58. 通りすがり

  • 2019年06月10日 20:31
  • ID:pF3fZXYT0 #

>>31
始める前に学者さんは何を探そうとしていたのかを聞くと正直に答えるかもしれん
例えば
「金を受け取れるなら調査には参加するが調査対象は調査前から居るとは思って居ない」とか
このへんの調査は闇を吐かせるには効果的だったのだと思うが
今回の焦点は子供のような純粋な心の持ち主の為に行動する為の物なのだろう

59

59. 通りすがり

  • 2019年06月10日 20:42
  • ID:pF3fZXYT0 #

>>37
ソナーは魚群探知機に利用されている
海の船には多いが川を昇る事が可能なケースは珍しい
加えてソナーの設置場所は泡の少ない船底が望ましい為に船に致命的なダメージを与える大手術になる

しかし現代のソナーは生物の形をはっきりと写し出せるほど成功な画像を出せない

胎児を見るのにも使われて建物のヒビを見るのにも使われるが距離が伸びると画像ははっきりしない

上に書いた私のような素人でも見つけられる問題点を突破する人間が一人でも居れば濁った水の中でも湖底に居る生き物の姿を鮮明に写し出せるが技術の進歩を待とう

60

60. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 22:26
  • ID:fRckyHXS0 #

>>28
でもガチでネス湖の地下に無数のトンネルあるし、それが正しくないとは言えんでしょ。

61

61. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 22:28
  • ID:fRckyHXS0 #

>>43
それが外科医の写真てやつ。ネッシー写真では一番有名になった。

62

62. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 22:29
  • ID:fRckyHXS0 #

>>57
数多の生物学者が既に突っ込んでるぞ。

63

63. 匿名処理班

  • 2019年06月10日 22:43
  • ID:3z7K35o60 #

※57
それと、陸水学的常識として湖は深い場所ほど貧酸素状態になるから、人間が探索出来ないほど深い場所に巨大な生物がいるって言うのは無理があるしね
まあ、よく言われる海生爬虫類ではなく水中呼吸生物だった場合の話だけど

現地で水深による酸素濃度の分布差とか調べて欲しいところだわ

64

64. 匿名処理班

  • 2019年06月12日 00:07
  • ID:tARYEX0t0 #

恐竜の生き残り以外の可能性とかあってもしょうがないだろうに

65

65. 匿名処理班

  • 2019年06月12日 02:15
  • ID:Hb.rjTv20 #

※64
んなこたぁないだろ。タリモンストラム・グレガリウム説もロマンあるし(脊椎動物なのが判明して否定されたけど)、
ユングの普遍的シンボルの投影説も興味深い

66

66.

  • 2019年06月14日 15:05
  • ID:8Edyo3sg0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク