iStock-1077780126_e
photo by istock

 有史以来、人類を惹きつけてやまなかった疑問がある。この地球と呼ばれる星の外の世界には、どのような生命がいるのだろうか?

 オリンポスの神々であれ、スタートレックのクリンゴン人であれ、これまで人がいくども繰り返してきたテーマだ。

 科学によって宇宙についての理解が進むにつれて、今や地球外生命体発見のニュースも半ば期待できるようになった。

 はたして、それは神々しい神のような姿だろうか?
 それともグロテスクなクリーチャーであろうか?

 だが研究者が予測する、いつの日か私たちが目撃するかもしれない生命体の姿形は、一般のイメージとはかなり異なっているかもしれない。

 知的であろうがなかろうが、地球では不可能な形態が、ほかの惑星では存在し得るのである。ここでは、そうした科学的にはあり得るであろう地球外生命体の可能性を見ていこう。
スポンサードリンク

10. シリコン生命体


1_e1
References:livescience / image credit:Elizabeth Ruck

 地球のほとんどの生命は炭素を基に作られているが、それとよく似た構造と化学特性を持っているのがシリコンである。

 炭素の原子と分子が形成する複雑なチェーンは、DNAという生物プログラムを内包できるくらい大きい。

 コンピューターチップに用いられるシリコンもまた、適切な条件が整いさえすれば、独自のDNAを有機的に形成できる可能性がある。
 
 しかも地球には生体構造にシリコンを利用した生物の事例まである。

 特に知られているのは珪藻という藻類である。珪藻は海で毎年60億メートルトンものシリコンを利用しつつ、地球の酸素の2割を作り出している。

 したがって、ほかの惑星における生命の初期段階にシリコン生命体が誕生し、その星の大気を酸素に変えて、生命のさらなる進化を支えるということもあり得る話なのだ。


9. ヒ素生命体


2_e2
References:newscientist/ iimage credit:wikimedia

 ヒ素は代表的な毒物である。しかし、科学は、その毒物が複雑な生体分子に組み込まれることもまったくあり得ると考えている。

 ヒ素生命体の論拠は、その化学特性が地球の生命が持つDNAの主要な部品であるリンと似ていることだ。

 それどころか、現在リンがDNAの中で果たす役割を、初期の地球ではヒ素が担っていたと示唆する研究もある。

 微生物が海の岩石からリンを吸い取れるようになる以前の生命の初期段階において、熱水噴出孔の近くに住む生命にとって、ヒ素はずっと身近なものであった。

 高度な生命にとってはヒ素よりもリンのほうが効率的な化学物質であるが、初期の単純な生命にとってはヒ素で十分だったはずだ。

 このように考えると、異星の海にヒ素生命体が潜んでいる可能性は十分ある得るのだ。


8. アンモニア生命体


3_e2
References:daviddarling/ image credit:istock

 地球の生命にとって水は不可欠だ。生物の中におけるほぼあらゆる化学反応に溶媒となる水が必要だからだ。この点において、人間だろうと、目に見えない微生物だろうと変わりない。

 だが、水の代わりがあるという説がある。

 生命が水以外の物質で存在するためには、その物質が液体でいれる温度の範囲が非常に広いか、その環境において年間を通してほとんど気温が変化しないかのどちらかが必要になる。

 たとえば水が液体で存在できるのは0〜100度であり、100度の範囲がある。

 一方、アンモニアはマイナス77.7〜マイナス33.3度で、44.4度というかなり広い範囲で液体のまま存在できる。

 それでは生命には寒すぎると思うかもしれない。だが、地球よりはゆっくりだったとしても、必要な化学反応はきちんと生じるだろう。

 化学反応の溶媒にアンモニアを利用する生命は、水を利用する生命よりは代謝が遅く、進化もゆっくりだろうが、寿命は長いことだろう。


7. メタン生命体


4_e0
References:sciencemag/ image credit:istock

 土星の衛星タイタンのような場所では、水よりもメタンのほうが豊富だ。

 コンピューターモデルが示すのは、メタンを利用する生命なら、極端な低温下や酸素がない環境でも生存できるだろうということだ。

 それによると、マイナス180度の液体メタンの中でもきちんと機能するような細胞壁があり得るのだという。

 タイタンの海に細胞膜を作れる窒素、炭素、水素分子が存在するという事実に加えて、低温でも機能できる細胞壁があるということは、凍えるようなメタンの海でも生命が存在し得るということだ。

 アンモニア生命体と同じく、メタン生命体は地球の生命よりもずっと活動が鈍いだろう。メタンの海は液体であるために凍えるような温度でなければならず、そこでの進化や代謝はゆっくりなものになるはずだ。


6. 炭素生命体


5_e
References:smithsonianmag/ image credit:pixaboy

 炭素生命体は我々が知る唯一の生命体の種類であり我々のことである。したがって条件が整いさえすれば、ほかの惑星にも存在し得るだろう。

 これが存在する惑星は、酸素と液体の水で生命を支えることができるし、生命を誕生させるための化学物質や化学反応についても想像ができる。

 なにしろ我々という証拠があるのだから。

 これはほかの惑星にいる炭素生命体が、地球の生物にそっくりだということではない。星の環境はそれぞれ異なるのだから、進化でそれに適応した結果、互いの姿が劇的に異なるということだって考えられる。

 それは地球上の多種多様な生物を見てもわかるだろう。地球では、凍えるような海から活火山の火口や地下の断層にまで英物が存在するのだ。

 こうした極端な環境に生息する地球の生物は、常識では生存不能だろうと思える場所も含め、さまざまな惑星に生命が存在できるかもしれないという証拠である。


5. ハイブリッド生命体


6_e
References:sciencedirect/ image credit:istock

 仮に地球上とはまったく違う基盤の上に生命が誕生できるのだとすれば、それを組み合わせてみてもいいだろう。

 たとえば基本はシリコンでありながら、炭素やヒ素を含み、水の代わりにアンモニアを利用してもいいではないか。

 シリコンと炭素は互いに結びつく。シリコンと酸素、炭素と酸素、シリコンとフッ化物もしかり。

 ゆえに、これらの分子が反応して、DNAのように情報を保存・伝達する複雑なチェーンが形成されることもあり得る。

 また、ある生命が炭素といった元素を基盤として用い、ほかの生命がシリコンのような別の元素を利用するような生物圏が発生することもあり得る。

 つまり生物単体が複数の元素に基づくのではなく、生物圏全体が複数の元素で成り立つ可能性もあるということだ。


4. プラズマ生命体


7_e
References:sciencedaily/ image credit:pixaboy

 まさにSFのような話だ。

 宇宙に存在し得る条件をモデル化した2007年の研究では、プラズマと塵は生命とでもいうべき振る舞いをすることがわかった。

 それはプラズマと塵の分極化によって、固体粒子の小さな二重らせんすら形成するかもしれないのだ。

 さらにすごいのは、この二重らせんがDNAのような有機分子を思わせるものに変化するということだ。そうなると分裂や複製したり、進化することすらできる。

 塵の雲やプラズマが豊富にある星と星の間隙には、非有機物によって形成された存在がいるかもしれない。

 そして進化を重ねることで、それが感覚を持つことだって考えられるだろう。


3. 天体生命体


8_e
References:sci-news/ image credit:NASA

  現時点ではまだ、星や銀河それ自体が生命を宿すとは考えられていないが、有機化合物を持つ生命が、近くの星やその構造の助けにより母星の外側に誕生する可能性は示されている。

 アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計によって、メタノール、ジメチルエーテル、ギ酸メチル(いずれも有機生命には不可欠)といった複雑な有機分子が、大マゼラン雲の中の2つの星雲で見つかったのだ。

 このことは、時間と適切な条件さえあれば、化合物からやがては自己複製分子が形成され、星雲の中で生きる生命の基礎になるかもしれないということだ。

 さらに時間が経てば、より複雑な生体構造も生まれるかもしれない。

 しかし地球のように重力が働かない場所で進化するわけだから、それがどのような姿をしているのか想像もつかない。


2. パンスペルミア仮説


9_e
References:astrobiology/ image credit:istock

 パンスペルミア仮説とは、かつて生命が存在した惑星に隕石が激しく衝突し、それによって宇宙に生命が撒き散らされたという説だ。

 これによると、ある惑星で暮らしていた微生物は、塵、デブリ、小惑星、彗星といったものに乗って宇宙のさまざまな場所に運ばれていく。

 こうした現象が起こるには、生命が長期間にわたり強烈な力や超高温・超低温に耐えることができなければならない。

 そもそも隕石の衝突によって拡散されるというのだから、そのときの熱や衝撃に耐えなければならないし、そこを生き延びたとしてもその後の気の遠くなるような時間を極寒の宇宙空間で生きねばならないのだ。

 じつは地球にはそのような生存能力を持つ生き物がいる。極限微生物という生物で、高温や低温に耐え、紫外線や強い力でも死ぬことがない。

 それは原始的な生命でしかないが、ほかの生き物なら死んでしまうような環境でも生き抜く比類なきたくましさがある。

 したがって、隕石の衝突で生命が宇宙に撒き散らされるというのはあり得る話なのだ。


1. やはり我々は孤独なのか?


10_e
References:m.phys./ image credit:istock

 残念ながら、地球が唯一の生命が存在する惑星という可能性もある。

 宇宙は広大であり、光の速さには限界がある。ゆえに我々が地球以外の場所に生命が存在するのかどうかを知ることすら永遠にできない可能性もある。

 そして今のところ、観測可能な宇宙の範囲において、地球外に生命が存在するという証拠は発見されていない。とはいえ、宇宙はまだたったの138億歳でしかない。

 これはとてつもなく長い時間に思えるかもしれない。だが推定では、宇宙は熱死(自由熱エネルギーがない状態)を1兆から100兆年の間のどこかの時点で迎えるとされている。
 
 つまり最悪のケースであってすらも、この宇宙ではその寿命のたった1.38パーセントが経過したにすぎないということになる。最良のケースなら0.01パーセントだ。

 もしかしたら地球は生命が誕生した最初の星なのかもしれない。そうだとしたって、将来的にはほかにもさまざまな場所に生命が宿る可能性がある。

 命が生まれるための時間はまだまだ宇宙に残されているのである。
 夢とロマンは持ち続けることにしよう、そうしよう。

written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
NASAの宇宙飛行士が地球外生命体の有機物を見ていた可能性!?


いろんなのがいるぞおい!目撃者の証言によって明らかとなった高度に進化した15のエイリアン種族とその人物像


すでにこんな決まりがあった。地球外生命体と接触した際の10の法や規制、決まり事。


地球外生命体の痕跡は見つかるか?2020年、火星の古代湖跡にNASAの火星探査機がついに着陸予定


もし人間に寄生するタイプの地球外生命体がいるとしたらどんな生物なのだろう?人間はどうなってしまうのか?(※ゾンビアリ出演中)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 20:48
  • ID:QDbobHnH0 #

10と2を見て、自分の心がとても汚れていることを実感しました。

2

2. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 20:59
  • ID:BldZYIA.0 #

生命なんて人類が発見できないだけで、実は宇宙ではありふれた存在なのかもしれない

3

3. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:03
  • ID:RGcJqxDr0 #

※1
生命を感じたんやな(励まし)

4

4. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:03
  • ID:hTHxFr5l0 #

シリコン生命体はSF小説で見たことある!
電気生命体とかもあるかもしれないよね。
宇宙の規模考えると地球以外にも何ぞ生命体が存在すると考えた方が自然だけど、接近遭遇できるかどうかはまた別だよね

5

5. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:06
  • ID:Hi5Pkatl0 #

腕が何本あるとかある器官で外界を認識するとかみたいな
ただの空想の産物はどうでもいいけど、こういうのはすごく好き
BLAME!

6

6. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:07
  • ID:eCp.r1WG0 #

地球外生命体を見つけるのだとしたら、シリコン生命体みたいな地球の生物をちょっとひねった程度のものじゃなくて、最低でもプラズマ生命体とか、もっと派手に銀河一つで生命体としてふるまっているとか、人間の想像をはるかに凌駕するものであってほしいな。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:18
  • ID:v1cOWXq50 #

有り得ない事など無い、か…

8

8. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:41
  • ID:biO81JMX0 #

もしこの世界がシミュレーションだとしたら、こういうモデルの考察すら無意味だろう。という事でレッツ位相化(イーガン脳)

さておき、どれも興味を惹かれる説だけど、孤独だけはありたくないな。
今の人類の存在はどうとでも、ただでさえ銀河と銀河の距離は広がり続けてるんだから……

9

9. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 21:54
  • ID:bu7ZLtpe0 #

ブラックホールの蒸発まで視野に入れた宇宙の寿命(ビッグウィンパー)は、10の100乗年、と考えられています。

100兆年ならば最後の赤色矮星が死に絶える頃。どのみちギリギリ生命が存在しうるのはそれまででしょう(赤色矮星の惑星に生命が存在できると仮定して)。

太陽のような恒星はとうに絶滅しているから、地球と同型の生命に限って言えば、もっと早く存在できなくなります。それでもまだまだ遠い未来の話だから、色々なパターンの生命型が、これから発生する可能性は大いにありますね。いつかそんな生命とコンタクトが取れる日が来るのかな。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 22:08
  • ID:cCK7vkPt0 #

※7
悪魔の証明と同じ理屈だからな

なんとでもいえる

11

11. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 22:10
  • ID:BHIDgajw0 #

生命の定義は、代謝、成長、増殖が最低条件で、あと外界との隔離(細胞膜など)、DNAを加える人もいる(後者は地球生物として追加される条件)。

スタートレック(以下ST)では、蟻に似た社会性のシリコン生物を治す話、二作目では自動掘削機が「命令を拒んだり自己犠牲」を見せて生物として認められる回がある(火や鍾乳石、結晶も除く条件にも触れてた)。
あと6作目かな?プラズマ生命体を拷問にかけて殺すのも…
アシモフは科学の解説本で「低音世界の生物として『脂肪生物』をあげていた。

おそらく炭素を珪素、燐を砒素、あるいは蛋白質を脂肪に置き換えた生物は居ると思う。
それ以上、プラズマ生命とかだと、存在さえ観測できないかも(そういえばキャプテン・フューチャーでプラズマ化して太陽の観測をする友人に戻るよう説得する話しが…なんだSFの世界でほとんど書かれてるじゃん)。

12

12. 通りすがり

  • 2019年03月23日 22:13
  • ID:Vm6q.NCP0 #

プラズマで出来た生命体が居るとしたら現代の航空機よりも素早く移動出来るとしてもおかしくない

向こうから接触してくる確立が高そうだが

太陽風に煽られて近づいて来れないとか
磁気圏に衝突して死んでしまうとか

色々面白そうだ

13

13. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 22:22
  • ID:9tKtDglv0 #

天体生命体って宇宙の大いなる意思ってやつだな。これが神か・・・。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 22:25
  • ID:nSSmRWAB0 #

イーガンのディアスポラで肉体を棄ててサーバー内で生きるようになったソフトウェア化した人間やAI達が
地球外生命を求めて宇宙に旅立った先で出会った意外な”生命”が面白かった

15

15. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 22:55
  • ID:D8qBj5Sd0 #

命の定義が曖昧なんじゃないかな
我々は地球型生命体ってだけで、この中だと
天体型生命体とかは普通にありそう

16

16. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 23:20
  • ID:v5VEigHu0 #

日本人は長いこと、日本というのが地球のごく一部であることを知らなかったのだし。
地球人が宇宙の中で同じ立場にあってもおかしくないと思うのだ。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 00:32
  • ID:17UR1ogd0 #

知的生命体じゃないとなあ…

18

18. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 00:32
  • ID:YDRpRqzU0 #

宇宙人が居ても共存できそうにないな
ヒ素生命体とかアンモニア生命体に隣に座られたら…

19

19. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 00:54
  • ID:IcNzvDe30 #

情報生命体

20

20. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 01:55
  • ID:5G7HGJA10 #

ちょっと前に、炭素とケイ素は似ているように見えて電子の振る舞いか何かに差があることが分かったため、炭素みたいに多様な有機化合物を形成するのは難しい、みたいな研究出てたような。
まあだからって即、ケイ素生物はあり得ないとは結論できないかもしれないけど。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 02:29
  • ID:qZ.oyxkc0 #

珪素生物、ガウナ、情報統合思念体

22

22. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 02:56
  • ID:.5WT.77S0 #

生命体が存在するにはアミノ酸といったDNA情報を構築する有機化合物が必須なわけで、仮に炭素・酸素・窒素を省いた他の元素でDNA情報を構築できたとしても、それを知的生命体にまで進化されられるのかと問われると難しいんじゃないかと思う。
恒星が放つ諸々の電磁波から生命体を守る大気を構築する元素も必須だし。
惑星の重力と元素の原子核の釣り合いってだいぶ重要だと思うんだよね。
惑星の資源が豊かじゃないと生命体の必須元素がなくて微小生物も形成できないだろうし。
やっぱ炭素・酸素あたりはないと生きられないんじゃないかなぁ。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 03:21
  • ID:voxDaKni0 #

※1
わかる(共感

それはそうと、銀河鉄道999を思い出した

24

24. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 03:58
  • ID:VC.Vumbh0 #

酸素ではなくフッ素を呼吸する生命体、ってSF小説ありましたな。子どものころ読んでびっくりした覚えがある。

25

25. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 08:01
  • ID:rXE.wJzh0 #

UFOとは、プラズマ生命体だったのだよ!

な、なんだっt

26

26. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 10:14
  • ID:JoZ8DCvV0 #

お互いのタイムスケールの違いや、認識の違いで、もしかしたら出会っていても、すれ違っているかもね。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 10:29
  • ID:eyitBttD0 #

1と2は生命種なの?

28

28. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 11:27
  • ID:veKaYDve0 #

単に定義の問題かも知らんけど、人間が「生命」と定義したのではない形の生命というのもあるかも知らんよね。
実は遥か以前からそういったもので宇宙空間は満ち溢れていた!とかね。
すぐ目の前にあっても、ただ人間が気がつかないだけだった・・・とか。
手塚治虫の火の鳥でも、そんな可能性の描写があったような。
コスモゾーンだっけか?

29

29. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 11:38
  • ID:sGnwX.h10 #

project2501

30

30. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 11:46
  • ID:UPG6m2RB0 #

メートルトンってなんぞ

31

31. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 15:48
  • ID:Skrf76mn0 #

孤独でもいいけどね
そのかわり地球がパンドラの箱になったとしたら面白い。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 16:18
  • ID:k9aTHMlM0 #

>>21
情報統合思念体が実在してくれたら長門を量産してもらおう

33

33. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 16:54
  • ID:jZ.eSmcz0 #

たしかARMSがシリコン生命体をモデルにした話だったっけかな?
力が欲しければ、くれてやるッ!!!!

34

34. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 18:16
  • ID:aPmDAanB0 #

高度な科学技術を進歩させた知的生命体が、自分たちで人工生命体を生み出し、進化してゆくという可能性もある。異なる星の生命体同士のハイブリットも考えられる。宇宙の生命体の歴史は、もっと複雑でややこしいかもしれない。

35

35. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 20:37
  • ID:9bsWnBPd0 #

プラズマ生命体は面白いな

36

36. 匿名処理班

  • 2019年03月24日 22:37
  • ID:6h4Op8v.0 #

待っているだけじゃつまらない
こちらから探しに行くんだ

37

37. 匿名処理班

  • 2019年03月25日 00:23
  • ID:qomBuCeI0 #

実は「太陽を含めた「恒星」はそれ自体が「プラズマ生命体」だった」。とかいうSFって昔無かったっけか?

恒星の中に潜む「恒星生物」は長谷川祐一のマップスに出てたけど。

「恒星そのものが生命体だった」とか言う話しもあったような気がする。

38

38. 匿名処理班

  • 2019年03月25日 00:43
  • ID:qPtKQ.W20 #

シリコン生命体はスタートレックで初めて見た。名前はホルタ。スポックが無理にコンタクトを試みて昏倒するシーンが印象的。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年03月25日 12:54
  • ID:B6LqpA0u0 #

天体生命体
スカブコーラルか

40

40. 匿名処理班

  • 2019年03月25日 21:14
  • ID:SQoelJBw0 #

意識を持たない宇宙人に出会っても意思の疎通ができない

41

41. 匿名処理班

  • 2019年03月26日 21:16
  • ID:J9XxgZmi0 #

NH2---COOHという地球上の生物の基本ユニットを知っておくと前半は理解しやすいぞ。同価電子数の元素入れ替えの話だ。アミノ酸も、それが繋がったタンパク質もN末端からC末端の腕を持っている。この並び順をDNAの塩基配列が決定している。

42

42. 匿名処理班

  • 2019年03月26日 22:56
  • ID:cn2qx5Qs0 #

シリコン生命体を見てガンダムooの無機質生命体ELSが思い浮かんだ
いや、あれとは別物か…

43

43. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 01:49
  • ID:kmgPS40F0 #

※30
ヤードポンド法にも「トン」はあるから、メートル法であることを明示しただけでは?

44

44. 匿名処理班

  • 2019年04月04日 15:47
  • ID:uDAlV0MG0 #

想像を遥に超える宇宙のデカさだよ、いない訳ないじゃないか。
遠すぎて会えない、広すぎて会えないだけだよ

45

45. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 07:47
  • ID:cPrWllAt0 #

サンダーはデカンダーを太陽風で吹き飛ばしていたが、太陽風より手塚治虫が素手で殴った方が強いと思いました

46

46.

  • 2019年06月15日 23:40
  • ID:M6YPpLIU0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2019年08月10日 14:10
  • ID:JaUs0wVr0 #

人生の長さに比べて人類の歴史はとてつもなく長いし、人類の歴史に比べて地球の生命の歴史はとてつもなく長い。ところが、地球の生命の歴史は地球の年齢のかなりを占めるし、宇宙の年齢は地球の年齢の3倍くらいしかない。
地球の生命がこの宇宙最初の生命体だと聞いても驚かない。
ただ、宇宙は初期であればあるほどいろいろなイベントが凝縮している。初期には生命活動とは比べものにならないくらい凄いことがいろいろ起こり、終わったのだろう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク