wolves-2178126_640_e

 死が両者を分かつまで。動物界にはオスとメスを結びつける共通の愛の絆があるようだ。

 新たに発表された研究では、脊椎動物に見られる一夫一婦制を定める普遍的なコードがあるという証拠を提示している。

 つまり哺乳類、鳥類、両生類、魚類など、種の垣根を超えて一夫一婦制を定める分子が組み込まれているということだ。
 
スポンサードリンク

オスとメスのつがいができる仕組みは遺伝子に組み込まれていた


 この研究は一夫一婦制を定める神経および分子の基本原理の謎に回答したものだ。

 動物界には一夫一婦制をとる動物たちがいることは昔から知られていたが、それがどのようにして生じているのかは不明だった。

 ちなみに動物界で一夫多妻制をとっているのは、オオカミ、プレーリーハタネズミ、ペンギン、アホウドリ、チョウチンアンコウ、ディクディク、背赤サラマンダー、ウチワシュモクザメ、タヌキ、ハクトウワシやクロコンドル、キマダラコガネグモなど、哺乳類から両生類、魚類、鳥類、クモ、節足動物まで多岐にわたる。

 アメリカ・テキサス大学オースティン校のハンス・ホフマン教授らは、一夫一婦制か非一夫一婦制のいずれかの生態を持つさまざまな種の繁殖年齢に達したオスの前脳と中脳の組織を検査した。

 ここから、つがいを作るという行動がじつは遺伝子に根ざしているのだということが明らかになった。

the-cap-1747145_640_e


一夫一婦制とは何か?


 注意しなければならないのは、一夫一婦制という行動には単一の統一された定義がないことだ。

 このような社会的行動は種や個体によってさまざまな形をとるために、ただ一つの定義に収まるものではないのである。 

 そのためにホフマン教授らは、特定の行動上の特徴があった場合に一夫一婦制とみなすことにした。

 その特徴とは、

・オス1匹とメス1匹がつがいになる
・両親が子供の世話にかかわる
・子供に危険が迫った場合、両親がその防衛に当たる

 という3つで、これらの条件に当てはまる場合、その動物は一夫一婦制を営んでいるとみなされた。

 したがってお互いがお互いしか受け入れないことは条件ではない。平たく言えば、人間のように浮気をしても一夫一婦制の条件を満たしているというわけだ。

wolf-1388558_640_e


一夫一婦制は学習や記憶などに関連する遺伝子によって決められる


 つがいになり協力して子供を守る動物には、共通する遺伝子発現のパターンがあった。

 それは神経の発達、シナプス活動、学習、記憶、認知機能に関連する24種の遺伝子のパターンで、5つの一夫一婦制グループでこれらの遺伝子が似たような状態にあることが確認された。

 それらのグループの脳ではこれらの遺伝子が、非一夫一婦制のグループに比べて「強く発現しているか、あまり発現していないか」のどちらかだったのだ。

 これらの遺伝子が学習や記憶といった機能に関係している理由については、現時点では確たることは分からない。

 しかしホフマン教授の考えでは、つがいを形成し、子育てをするといった行動が可能になるには、社会的行動の基礎にある認知プロセスの変化が必要になるからだという。

 つまりある個体がつがいを形成するには、自分のパートナーを認識し、一緒にいることが嬉しいと感じられなければならない。

 それには「神経とシナプスの可塑性や学習あるいは記憶に関係するプロセスが必要」になると考えられるのだ。

iStock-178480565_e


人間もまた進化の産物


 全体論的な概念として一夫一婦制の原因を理解することは、それが人間社会で普通に見られる理由の解明にもつながる。

 一夫一婦制の鳥やげっ歯類につがいを作る遺伝子があるのと同じように、我々自身の脳でもそれらの遺伝子が発現している可能性が高い。

 一夫一婦制はそれぞれの系統群(共通の祖先を持つ生物グループのこと)が独自に進化せてきたものだ。系統群を超えてどのようにこの生物学的プロセスが進化してきたのか知ることができれば、我々自身の出自についても理解を進めることができるだろう。

 「この発見から、人間もまた進化の産物であることを思い出させられた」とホフマン教授は語っている。

この研究は『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載された。

References:There May Be A Genetic Basis For Monogamy, Says Study | IFLScience/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
不倫は文化です。世界不倫大国トップ10


毎年14,000kmの距離を飛んで会いに来る。飛べない彼女への愛を貫き16年。コウノトリカップルの純愛物語


7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?


嫁の数は120人!重婚が違法なタイで120人の妻を持つ男性、密告により逮捕される。


今度はオーストラリアで。同性愛ペンギンカップル、愛情深くダミーの卵ちゃんと育てられることを証明して本物の卵が与えられる


男性は絶滅してしまうのか?劣化するY染色体問題に対し二分する科学者の見解

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 09:41
  • ID:5OAXvMs70 #

論文としては強引すぎる

2

2. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 09:49
  • ID:c.LRZKg.0 #

ライオンは〜? 狼は〜?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 09:55
  • ID:a.1AAk6o0 #

>ちなみに動物界で一夫多妻制をとっているのは、オオカミ、プレーリーハタネズミ、ペンギン、アホウドリ、チョウチンアンコウ、ディクディク、背赤サラマンダー、ウチワシュモクザメ、タヌキ、ハクトウワシやクロコンドル、キマダラコガネグモなど、哺乳類から両生類、魚類、鳥類、クモ、節足動物まで多岐にわたる。
↑ここで挙げられてるの一夫一婦制の動物ばかりでは

4

4.

  • 2019年01月27日 09:59
  • ID:1b9Ac2I40 #
5

5.

  • 2019年01月27日 10:00
  • ID:1b9Ac2I40 #
6

6.

  • 2019年01月27日 10:00
  • ID:1b9Ac2I40 #
7

7.

  • 2019年01月27日 10:01
  • ID:1b9Ac2I40 #
8

8.

  • 2019年01月27日 10:01
  • ID:1b9Ac2I40 #
9

9. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 10:10
  • ID:njNMNJuI0 #

結論ありき研究の予感!!

10

10. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 10:12
  • ID:H6Cv8gcy0 #

おしどり夫婦と喩えに使われるオシドリは、全然一夫一婦制ではなく他の鳥の方が一夫一婦制を貫くのが多い。
これ豆な。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 10:19
  • ID:P7tfNyIl0 #

一夫多妻の方がいいと思う
男の中でも一部の優れた個体が亭主になって、
複数の女にローテーションで子供を産ませて協力しあって子育てするようにしたり、男に対して不満があれば女同士で結託して抗議なり離婚なりすれば良い
ライオンの群れ見ててふと思っただけだけど

12

12. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:07
  • ID:s24RKAGA0 #

相変わらず訳が雑
「この発見から、人間もまた進化の産物であることを思い出させられた」なんて言ってないぞ
PNASの元の論文からの訳じゃないと思うんで記事にある
"we certainly would speculate that the kind of gene expression patterns… might [show up] in humans as well."の訳だと思うけど
これは「人間に関しても勿論そういう遺伝子発現のパターンが見られるかもしれないと推則する」
ってこと

13

13. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:10
  • ID:.k4mnjku0 #

で、人間の遺伝子はどっちに属するんでしょうか
一番重要な事だと思うが判明したとしてもやっぱ安易に発表出来んのかな

14

14. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:25
  • ID:n84HZOOu0 #

うちは一夫無妻制ですけど。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:28
  • ID:M4KW5bQx0 #

一夫一婦 一妻多夫 一夫多妻 多妻多夫 人間は個体差で向き不向きがあるし 地勢とか状況で結婚制度が変わってきた どれが正しいなんてないけど どの結婚制度でも強制されるのが一番よくないことだと思う

16

16. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:33
  • ID:Wqof69vL0 #

一夫多妻か、そうでないかは、群れで生活するか、そうでないかが大きく影響していると個人的には思う

17

17. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:45
  • ID:6GCiOYLJ0 #

※11
でも、それだと雄側の遺伝子に対して致命傷を与えるウイスルや病原菌が発生した時、子供たちが一斉に疾患もちになっちゃう危険性が出てこないか?
多様性を持たせるなら一夫一婦制の方が効率的にもいい気がするけど

18

18. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:47
  • ID:pphg1DAy0 #

※11
何故多夫一妻はダメなのかね?
優れた女の個体が多数の男を囲ったって良いだろ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 11:58
  • ID:LehOzw.g0 #

人類においては一夫一妻制がもっとも古い婚姻形態なんじゃないか(史上確認されてる一夫多妻制は一夫一妻制より新しいし、原始乱婚は存在してた証拠がない)というのは結構前から言われてることで、それなら一夫一妻を良しとする遺伝的要因が人類以前から存在していて他の種とも共有してる可能性は十分ある
なお、そういう研究を発表したからといって「だから人間は一夫一妻制でなければならない」と言ってるわけではないので誤解なきように

20

20. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:09
  • ID:WS86KjJ90 #

※15
根本にある素質って事でしょ
人間は他の動物とは異なり知能を使い、「状況を変える能力」を有しているからな
病気が蔓延したり生活水準が低くて子供が育つ確率が低けりゃ一夫多妻制のグループを作り生き残ろうとする
DNA的にも一夫一妻制で子供をたくさん産むより一夫多妻制で同じ人数生んだ方がバリエーションが増えるし良い事ずくめ(問題は独占欲が満たせないってだけ)

21

21.

  • 2019年01月27日 13:11
  • ID:Wqof69vL0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:18
  • ID:Wbb9JCr80 #

人間は一夫一婦ではないとおもうけど、夫が子育てにかかわらない人多いと思うわ。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:28
  • ID:FmtZIH2G0 #

5つのグループで共通していたってことは例外もあったんだよね
その上で共通点が「強く発現しているか、あまり発現していないか」のどちらか、とか胡散臭いとしか言えない研究だな

犯人は20代から30代もしくは40代から50代みたいな研究

24

24. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:28
  • ID:Kc6TiRFL0 #

一夫多妻は遺伝子の多様的にまずいのと、
旦那の収入が無くなったら妻子全てが共倒れになるのがね。現代はただでさえ1人2人の教育費にひいひいしてるのに、
自分が居なくなっても複数の妻子が暮らしていける程の収入がある人はほんの一握りでしょ。
ライオンはオスが交代すると先代のオスの子供を殺してしまうし

25

25. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:38
  • ID:YVXIh0sM0 #

人間の男は子育てをしないし
大事なときに守ってもくれないので
一夫一婦制には当てはまらないですね!
(ガソリン)

26

26. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 13:52
  • ID:PsvysQ9D0 #

※18
人間と言う動物の繁殖形態からしてオスの個体数に対して繁殖効率が悪すぎるし、メス一体への負担が大きすぎる。

一妻多夫制の人間社会もあるにはあるが、どちらかと言うとただの乱交社会になっている場合がほとんどだゾ。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 14:23
  • ID:ImfUi8cf0 #

ヒトは一夫一妻だと思ってた
一夫多妻の場合オス同士の争いに敗れれば子孫残せないし、普通は一夫で大勢養えない

28

28. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 14:44
  • ID:ZpHNFEF90 #

※17
さらに多様性を持たせるなら一夫一婦と限らず、一度の出産ごとに男女ともパートナーを替える方がいい。

でも出産後に長い社会生活を営む上で、父母が長年固定である事も人間社会では重要な要因となるので一夫一婦制が多いのかもしれない。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 14:50
  • ID:t.SQUVB60 #

※27
チンパンジーに人間は近いわけでそれと比較すると 多妻多夫制が近いね
ちなみに 雌もはたらくからね
一方的に養ってもらう なんて考えしてるバカな雌はおいだされるよ

※26 一妻多夫というのもあれは単純にいろんな男と関係持ってる女性ってだけの場合が多いね

この記事じたい インチキというか 単純に動物ごとに脳の発達が違うというだけで
それが一夫一妻制を示す 根拠もなく

そもそもアフリカのほうでも一夫多妻制の文化はある
人というか ある程度自由な権利を認めるべきだとは思うよ

もちろん当事者の合意があってだけどね


30

30. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 14:58
  • ID:IY5ZflyK0 #

※18
子供を作るのに、女の方が負荷が高いんですわ。
オスみたいにタレを押し込んで終わりくらいの負荷なら、一妻多夫もアリかもね。
たいていは、卵(卵胎生なら受精で終わるけど、妊娠だったりするとさらに体内で育てる)を作るということで、エネルギーを相当つぎ込まないといけないのよ。
 
個人的には、一夫一妻制は弱いオスのためにある制度ではないかと想像してます。

31

31. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 15:01
  • ID:nIZqdh9I0 #

ライオンは婿入り型だし、メスたちの性格がキツいとかなり肩身狭そう。ライオンのメスたち、基本的に近い血縁で幼なじみで戦友だもの。

一夫一妻も一夫多妻もそれ以外の夫婦も、最初から幸福が約束されるようなもんじゃない。人生ともにするパートナーってそういうもんだ。

※11 これだけ科学が発展した現代であっても、ヒトはそう都合よくすぐ妊娠しないし、妊娠したら必ず無事に生まれる訳でもないのよ……。
そのローテーション妊娠出産システムだと順番待ちの長さと順番の入れ替えできっと揉める。遺産とか口出ししてくる親類の問題抜きに考えてもそうなる。そこまでめんどくさいことをうまく当人たちだけでこなせる有能な男女って、世界に何人いるんだ……?もし順番管理に外部者呼んだら、そっちが変な権力持っちゃうだろうし。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 15:15
  • ID:Uc2rsY720 #

※10
いやオシドリは毎年相手を替えるだけで同時に相手が沢山いるわけじゃない
ただ>オス1匹とメス1匹がつがいになる 以外の条件には当てはまらないみたいだけど
オシドリ夫婦はいつも一緒に行動してるオシドリを見て
仲のよい夫婦をそう言うようになっただけ

33

33. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 15:36
  • ID:QZWliCDi0 #

乱交で子供は女が育てるのが原始的だけど、男が協力する方が安全で繁栄できるという学習でそうなってるってだけだよね。姉妹同士で協力するライオンみたいなのは遺伝子的にやばいし。
人間はむしろ協力もしないし、男一人じゃ妻子を養う経済力も無いし、この研究からは外れてないか?

34

34. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 17:41
  • ID:2BIYcKrQ0 #

人間はキリスト教文化圏だと一夫一妻が多いけど、違う文化圏だとでないところは必ずしもそうではないんじゃなかった?
人間は一夫多妻寄りだと思ってたけど違うの?

35

35. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 18:25
  • ID:Wq4CTKyf0 #

>>30
合ってるけど注意しなければいけないのは弱いオスの為にあるというのは結果論だという事
弱いオスでも世帯を持ち運営できる状況になるのが国家経済にとって望ましかった時代だったからそうなったというのが真相

あと一夫多妻制が多様性的に不味いってコメントあるけどそれは安直過ぎ
多様性という言葉を皮相的にしか捉えきれてない現代にありふれた誤謬

36

36.

  • 2019年01月27日 18:47
  • ID:.HTNpEwE0 #
37

37. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 18:49
  • ID:Wq4CTKyf0 #

生物学的意味での一夫一妻と社会的、社会契約的な意味での一夫一妻は全く違う(最も重要な点に置いて、という意味)事に留意すべき
記事でも言及してあるけどハッキリ言って混同を避けるには全く不十分だし、頓珍漢なコメントが書き込まれるのは上の事情を考慮すれば当然かな
読めば分かるじゃんとか言わないでね、注釈は多くの人に適切な形で理解させる為につけられてないと意味ないって話だから
タイトル見た時に生物学的な方かな?って思うリテラシー持ってるのは普通でしょってスタンスが賢いと思ってるなら余りにも残念な知性
まあ元記事の書き方がアレってお話

38

38. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 18:53
  • ID:IBtz4Jl20 #

※18
一妻多夫という地域はあるよ。
環境がすごく厳しいところだったり、戦争で男が殆どいなくなったりした場合。
どっちも生きるのが大変なので全員で子供を守らないと村が滅びる。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 19:01
  • ID:avj.bztH0 #

どうも結論ありきで書いてるような気がする

40

40. 匿名処理班

  • 2019年01月27日 19:37
  • ID:my0Ozo2C0 #

人間はこの遺伝子が壊れてる奴とそうで無い奴がいるのか

41

41.

  • 2019年01月27日 23:17
  • ID:0B4ltFrB0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 01:51
  • ID:I5XPqvVG0 #

子供が健やかに育てられるなら一夫多妻でもいいと思うけど、子供の事を考えたら一夫一妻でずっと同じパートナーが良いよね、理想論だけど
つまり子供がいても浮気を繰り返す人は遺伝子から原始的って事?

43

43. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 02:09
  • ID:pQ.WNyTS0 #

※38
戦争で男が少なくなると一夫多妻にならない?イスラム教がそういった理由だったと思う
未亡人救済としての理由が強かったはず

ところで、「一夫では多数を養えない」って意見があるけど、養えない男は結婚自体できないんだからこれは別に問題にならないのでは…
多様性については組み合わせを考えるとメリットが有るのは※20が言う通り。遺伝子の多様性の懸念は婚姻形態の問題にならん
そして「独占欲が満たせないから一夫一妻性になる」ってのが結構ミソで、これが上記の研究でDNA的、本能的、進化論的に証明されたかもしれないって話だ

44

44. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 02:43
  • ID:XmFUaHzt0 #

※24
哺乳類の多くはハーレムを作る。
多くの場合、それは上手く機能する。

人間にそれが上手く機能し辛いのは寿命が長いからだ。
2.3年でボスが交代するなら、メスは継続的に最有力の遺伝子を確保し続けられる。

45

45. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 02:46
  • ID:mOaoIMbr0 #

人間の結婚制度が気になる人がちらほらいるので、現在の学者の見解を。
生物学者は(睾丸の大きさや性的二型の違いから「上位は一夫多妻の一夫一妻制」、文化人類学者は「世界の地域の7割は一夫多妻制、ただし人口がもっとも多いのは一夫一妻制」と言っている。

一夫多妻について、これでいいじゃんって言う人いるけれども、ごく限られた男しか不可能な上に女性の人権や発言権は大きく低下するため、個人的には未来のない制度だと思うな。(なぜ女性の人権が低下するかというと、女性が複数になると他の男から防衛するために女の一か所に囲っておく必要が生じるため。女性の意志関係なく閉じ込めておくことと、行動を極端に制限するためには人権をはぎ取り女性のみに強い貞操観念を植え付ける以外に方法がなくなる、後宮やお妾さんが相当)

46

46.

  • 2019年01月28日 03:05
  • ID:TjMFVY9H0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 03:18
  • ID:XmFUaHzt0 #

※22
それは、労働の対価ととして得た収入によって育児環境を整えているのを、育児に関わっているとは言えないと言っているの?

48

48. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 09:15
  • ID:xmqFzvOl0 #

"ちなみに動物界で一夫多妻制をとっているのは"の箇所の「一夫多妻制」は「一夫一婦制」の誤りでは?

49

49. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 11:40
  • ID:55V3Hewp0 #

そもそも人間って野生環境下で本当に一夫一妻制か?

50

50. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 18:06
  • ID:TbFZlaR30 #

※18
一妻多夫の生物も少ないながら存在するよ。
代表的なとこだと、ガラパゴスノスリとか。

雄がなわばりを持っていてメスをむかい入れるんだけど、縄張りの質が悪くて1羽の雄だと子供たちのエサを賄いきれないので複数の雄で1羽の雌を囲い込む。
上等な縄張りを持つ雄の場合は一夫一妻になるんだって。

51

51.

  • 2019年01月28日 18:34
  • ID:wWBjlbW50 #
52

52. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 20:28
  • ID:0fN6k52x0 #

個人的にはその遺伝子をもったパートナーを紹介して欲しいわ

53

53. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 23:03
  • ID:5TVyWV.o0 #

米欄でまことしやかに「男不要・価値は低い」論を述べてるのいるけど、嘘くさいもんばっか。ほんとに根拠あんの?
他の哺乳類と比べても「雌の骨盤からくる産道の小ささ」と「胎児の頭の大きさ」からくる出産期前後の雌の無防備さ、赤ん坊から母親が目を離せるまでの期間の長さ、などから考えて、人間は夫となる雄の協力を必要としてる。ってNHkスペシャルの番組とかでやってなかったっけ?

54

54. 匿名処理班

  • 2019年01月28日 23:07
  • ID:9emO5Nlw0 #

>>23
この書き方じゃそういう誤解を招くよね。
元論文に書いてあるけど、調べたのはシロアシネズミ属、ハタネズミ属、鳴禽類、ヤドクガエル、シクリッドのクセノティラピア属の5グループ。んでそれぞれ一夫一妻vs非一夫一妻の種で比べて、認知や記憶に関わる(つまり社会性に関わる)神経系ペプチドの遺伝子発現のオンかオフの仕方が5グループ全ての一夫一妻側で一致したってこと。
これはほ乳類、両生類、鳥類、魚類という幅広い脊椎動物で、個別に現れた一夫一妻制に、相同の遺伝子基盤が存在していることを示すってこと。
当然、ヒトについては推測の域だし、ましてやこの結果が一夫一妻などの婚姻制度に関する良い悪いについて影響を与えるものではないから、安心して良い。

55

55. 匿名処理班

  • 2019年01月30日 01:39
  • ID:E19Q4qyW0 #

※17
多様性を最大化するには一夫一妻制がいいけど、まずは母子が生存しなくちゃならんからな。
食糧を確保し多数の妻子を危険から保護できるくらい強い雄なんて少数派。その数少ない優良物件を、複数の雌で共有する一夫多妻制のほうが、雌とその子の全体的な生存率は高かろう。

56

56. 匿名処理班

  • 2019年02月08日 03:16
  • ID:9SNRrZUc0 #

多妻多夫がいいんじゃないかしら
一夫多妻だと例えば男1女6の場合、女性六人全員が同時に妊娠出産子育て中の状態になったとき男1だと協力しようにも体が足りないだろう
一妻多夫でもいいかもしれないけど男6女1だと余っちゃいそうで勿体無いかな
まー母親は自分の子供が誰か明確だけど(双子などの場合そうとも言い切れんが)父親がわかんないってなるかもだけど
父親はみーんな自分の子供だと思って複数成人男女で協力し合って子供達を育てていくのいいんじゃないかしら

57

57.

  • 2019年02月08日 21:30
  • ID:nhfh8vch0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク