calmed

 ロサンゼルスの子どもたちが遊び場で見つけたそれは、どこかの家から捨てられた古い敷物か何かのように見えた。ゴミだらけで、大分汚れている。だけど、よくよく見てみると。

 これは犬だよ! …死んでる?
 生きてるよ!ほら、動く!

 とまあ、こんな感じで子供たちは犬を発見したのである。

 だけど、この犬どうしよう?

 うずくまっている犬を遠巻きにしながら、子どもたちは相談した。そして一本のメールを送ったのである。
スポンサードリンク


When kids found this dog, they thought he was dead!

助けが来た!


 子供たちからのメールを受け取ったのは、"Hope for Paws" の二人組、エルダッドさんとロレータさんだ。

 二人が到着した時には、子供たちは犬に食べ物と水を与え、近くで見守っていた。その甲斐あってか、犬の方も、人間をあまり恐れてはいないようだった。簡単に近寄ることができたのである。

children
image credit: Hope for Paws/YouTube

犬を捕まえるのは簡単だったけれど


 その犬を捕まえること自体は、一瞬のことだった。犬に話しかけながら近寄ったロレータさんが、手にしたリードを犬の首にかける。

caught
image credit: Hope for Paws/YouTube

 輪になったそのリードは一発で犬をとらえた。

 犬は恐怖からパニック状態になってしばし暴れたものの、そのうちに、危害を加えられないことを悟って落ち着いた。

calmed
image credit: Hope for Paws/YouTube

子供たちはいくつかの保護施設にメールを送ったのだが・・・


 見ていた子供たちもホッとして、二人に話しかけてきた。「あなたたちが来てくれて本当によかった!」

 実はこの子供たち、他にもいくつかの団体に連絡をとっていたのである。

 ところがその応対はとても冷たく「ああ、その犬を保護するためには、とてもたくさんの寄付をしてもらう必要がありますね」とか「4日後には安楽死させますよ」というものがほとんどだったという。

 「私たちはそれ(安楽死)はしないわ」とロレータさん。

we_dont
image credit: Hope for Paws/YouTube

 二人はもうしばらく、犬が完全に落ち着くまで待ってから、連れて帰った。この犬には、ノブという名がつけられた。


ダニだらけだった小犬


 帰ったらまずはダニ退治だ。毛の長いノブの身体を丁寧にチェックして、何百というダニを取り除いていく。ダニが咬んでいた痕には血がにじむが、ノブは大人しくしている。

ticks
image credit: Hope for Paws/YouTube

 その後は毛を短く刈って、シャンプーだ。

trimming
image credit: Hope for Paws/YouTube

 すっかり清潔になり、一晩ぐっすりと眠ったノブは、ちぎれんばかりに尻尾を振る、陽気な甘えん坊の犬になっていた。

cheerful
image credit: Hope for Paws/YouTube

 犬の友達もできたし。

friends
image credit: Hope for Paws/YouTube

 そして、 "Smooth Pooch" という団体が、ノブに新しい家庭を見つけてくれた。ノブは今、新しい家族と幸せに暮らしている。

thanks
困っている犬を見て "Hope for Paws" に連絡してくれた子どもたちへ、特別の感謝を。
image credit: Hope for Paws/YouTube

References: The Epoch Times など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
Hope For Paws〜「もう大丈夫だよ、いっしょに行こう!」飼い主が亡くなって野良犬となってしまった犬の保護作戦


Hope For Paws〜煙突の中から救出された子猫、高速道路で保護された子猫といっしょに新しい家族のもとへ


お腹いっぱいご飯を食べてね!1度に2匹の捨て犬を保護した日〜Hope For Paws


砂漠に捨てられていた2匹の犬を発見した男性。犬を仲間に加え全米横断冒険の旅へ(アメリカ)


犬失踪ミステリー。飛行機内から消えた犬に何が起きたのか?6日間砂漠の中で生き延び奇跡の生還(チリ)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 11:46
  • ID:hDoUlDtk0 #

こういう動画を見るたびに思うことがあります。 大金使った動画のユーチューバーさん
動画1本ぶんのお金をこういうワンちゃんのために「寄付してみた」でもなんでもいいのでやってくれませんか

私は金持ちはでないので少々しか出来ないのが歯がゆい 

2

2. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 11:47
  • ID:TuApjMtA0 #

Hope for Pawsと二人の子供たちに感謝します。


そして最悪な対応した団体名は晒すべき。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 11:52
  • ID:y2M3c.H90 #

※1 金額の問題じゃないよ、気持ちの問題。1人でも多くの人が少しの寄付をするだけで大きな資金となる。

 ユーチューバーとか稼いでいる人は、実は裏で寄付しているかもしれない。表立ってそれを言うと角が立つのでこっそり寄付しているっていう人はたくさんいると思う。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 11:54
  • ID:AgNDIjCT0 #

甘え方とか見てると一度は普通に愛されて飼われていたんだろうに、何で捨てるかな…

5

5. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 11:56
  • ID:llLAa4010 #

寄付してます〜アピールすると今度は売名だ!って批判する連中が出てくる
そういうとこは人間の醜い所だね
クマ射殺に批判する奴とか

6

6. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 12:02
  • ID:JYrc.j600 #

新年早々泣いた…そして、笑った。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 12:06
  • ID:KDzHrnom0 #

毛の癖がすごいんじゃ!

8

8.

  • 2019年01月06日 13:27
  • ID:QfDmXWP30 #
9

9. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 14:10
  • ID:rcdAR50u0 #

子供のころ、一緒に遊んでて「こいつ賢いなー」と思ってしまう子っていたよね、今回の件では「保護施設にメールしよう」って判断できた子みたいに、ああいう子ってたぶん死ぬまで賢いんだろうね。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 14:13
  • ID:fCd94gPs0 #

この団体とても素敵なんだけど、なぜ毎回「まず首輪をかけてから」なのかがいつも疑問。
そのまま抱っこ出来そうな雰囲気の子にも、首輪を〜だからよく逃げられてる(最終的には捕まえてるけど)し。抱っこしたら暴れて逃げるってタイプの子もいるからなんだろうけど、アニマルエイドの捕まえ方の方が効率的な気がしてならないんだよね…。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 15:40
  • ID:BHKkyRm.0 #

>>10
保護犬って大体が虐待をうけてたりで警戒心が強いので、もし逃げられてからではすべてが遅いから…。
逃げた先に車があったら?捕まえられなくて見失ってしまったら?
だから先に確保します。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 15:40
  • ID:N6OkHA.g0 #

>>7
ノブ違いwww

13

13. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 16:04
  • ID:HQYCNGS40 #

今回の一件は聡明な子供達と善意ある大人達のおかげでまた一匹の天使が救われた。結論だけ言うとこれが全てなんだが
「ああ、その犬を保護するためには、とてもたくさんの寄付をしてもらう必要がありますね」、「4日後には安楽死させますよ」
上記の戯言をほざいた団体は今すぐ全世界に晒せ。自分なら二度と連絡するか!と怒鳴り散らして晒し者にするわ。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 17:59
  • ID:yt6BDEMa0 #

※1
他人を頼るな

大金も儲けてる人が羨ましいから難癖つけてるだけだろうが

自分が寄付のユーチューバーをやれよ

15

15. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 18:59
  • ID:sj.RfBJ40 #

>>10
犬を飼ったことあるけど、犬はかなりすばしっこいよ。
大人しくしているように見えても、一瞬のすきをついて逃げることもあるし、抱っこしている時にいきなり大暴れしてするっと抜けてしまうこともある。
そこはプロの人に任せたらいいと思う。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 19:17
  • ID:pb5vUuD70 #

野良猫なら、うちの子にした(`・ω・´)


尚、現在はこたつでのびーんの模様

17

17. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 20:15
  • ID:BOBg.Xui0 #

※10
>そのまま抱っこ出来そうな雰囲気の子にも
雰囲気と現実は違ったりするからねぇ

18

18. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 20:22
  • ID:jxjDwGE60 #

Nobuとエルダッドさんとロレータさん
そして行動した子供たちに幸あれ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 20:49
  • ID:QQMm8qbS0 #

※10
この団体も最初に動画上げ始めたころは首輪をつけないで捕まえてたけど、途中から使用するようになった。
おそらく逃げられて不幸な出来事があったりして今の形になったんじゃないかな?

20

20. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 20:56
  • ID:OSPjo4KU0 #

「その犬を保護するためには、とてもたくさんの寄付をしてもらう必要がありますね」?
「4日後には安楽死させますよ」?

お前ら二度と保護施設なんて名乗るんじゃねえぞ

21

21. 匿名処理班

  • 2019年01月06日 22:13
  • ID:jSMCbJTm0 #

某県の某愛護団体も非情に冷たい対応だったのを思い出した
断るにしてももっと別の言い方があるだろうと

22

22. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 00:10
  • ID:nrbgeUhA0 #

こういうの日本でも捨てた人間わかるようにというか、もっと法的に罰則があるようにしてほしい。その人の倫理観とか生活事情とかいろいろ調査するとか問題ある人は簡単に飼えなくするべき。そして簡単に捨てられないようにするべき。
あと高齢者がペット買う場合ももっと規定をきつくしてほしい

23

23. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 08:27
  • ID:eEYjgDYx0 #

※10
一見どんなにおとなしそうでも瀕死に見えても
動物は追い詰められるとすさまじい瞬発力を発揮するのよ
彼らを安全に保護するため使っているのであって
「ヒモで繋ぐのは可哀想」なんてのは動物の事何も考えてない

動物を飼わない人に限ってちょっとしたことで「かわいそうかわいそう」って言うんだが一体どういう感覚なんだろうな

24

24. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 08:56
  • ID:xW7yG9Jv0 #

子供なのに行動力があって凄いね!
普通だったら警察に連絡する位しか思いつかないもん。
わざわざペットレスキューを探すにも時間がかかるし、そうしてまで複数の施設に連絡したのだから‼︎‼︎

25

25. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 09:36
  • ID:MbreR0Vn0 #

※1
ヒカキンさん宛にそういうこと言う人いたけどなんて返したと思う?探してごらん

26

26. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 13:14
  • ID:r57q6bgX0 #

他の団体は冷たい酷いって、瀕死の犬抱えた子供たちが思うのはわかるけど
寄付がなくて保護した動物をどう養うのか、次々持ち込まれる動物を無限に養えるのか
憤るのもよいけど少し考えてみて欲しいね

27

27. 匿名処理班

  • 2019年01月07日 16:21
  • ID:1Ycv6Qye0 #

※5
熊射殺に反対するのが何か関係あるの?
八つ当たりもいい加減にしたら?

28

28. 匿名処理班

  • 2019年01月08日 10:29
  • ID:S7yCq1kR0 #

※5
クマ射殺は、完全に人間側の都合すぎるだろ。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年01月08日 12:09
  • ID:16X2.xSK0 #

昔世界まる見えで登場したレゲエ犬とあだ名された犬を思い出した。

30

30. 匿名処理班

  • 2019年01月09日 02:24
  • ID:lPtV0SWP0 #

記事の内容から滅多に見ないコメント欄にきたら
記事が台無しになるコメントあって失敗。
コメントへ(読んだら不快になる)コメントだけで終わらせないで
プラスで記事に対するコメントも書けばいいのに。

子供達が嫌な対応されても諦めずに行動してくれて
救われた命。子供達、よく頑張ったね。

31

31. 匿名処理班

  • 2019年01月09日 18:25
  • ID:pyvW.GvE0 #

他の団体には冷たくされたと悪者扱いにしてるが、ちゃんと説明はあったと思うよ
子犬一匹保護して身体を見て洗って獣医に見せてってすごく時間も金もかかるし感染症リスクもある
もちろん来てくれた保護団体は尊敬されるべきだが、来てくれない団体=冷たい!ひどい!で済ませるのも何だかなあ

32

32. 匿名処理班

  • 2019年01月10日 04:57
  • ID:nXMrPFaz0 #

保護と関係ない話だけど、こういう映像を見ていつも思うのが、日本の一般的な家は人間も犬や猫も植物もリラックスるできる環境に設計されて作られていない。それは土地が狭いからではなく、狭いからこそ十分にシンプルかつ活用できる設計にしなければいけない。職場の欧米人が言ってたけど、昔の家ならともなく、日本の家はローンを組んで住む価値のない家だと。買うなら1500万の中古物件を全て自分でリフォームすれば別だけど、日本人は空間の使い方がかなり下手だとね。

33

33. 匿名処理班

  • 2019年01月10日 21:01
  • ID:9BUHE.yr0 #

こういう悲劇を防ぐには、ペットを飼うことを免許制にしたり、罰則を重くしたりするのが一番だよ。
この記事のように救われる犬なんて1000匹に1匹ぐらいなのだろうからね。
これは自動車も一緒で、結局、重大事故のほとんどは自動車が起こしている。統計を見ればわかるが自動車の蔓延と共に重大事故は増えている。重大事故の元凶は自動車。
だからノルウェー首都オスロは自家用自動車=マイカーの公道走行違法化を進めているほどだよ。

34

34.

  • 2019年01月19日 12:14
  • ID:.Giw0kUw0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク