top

 運にまつわる興味深い実話はさまざまな形で語り継がれているが、戦争中にコインに命を救われた兵士の話が海外メディアで取り上げられている。

 かつて海外掲示板で大反響を呼んだそのエピソードは、兵士のひ孫が明かしたものだ。

 そのユーザーによると、幸運だった彼の曽祖父は第一次世界大戦中に敵兵に撃たれたにもかかわらず、胸ポケットのコインのおかげで命拾いしたという。

 曽祖父の身代わりになったやコインや彼がしたためた手紙や日記。それらは現在でも家族にとって大切な品として代々受け継がれているという。
スポンサードリンク

銃弾を逃れた曽祖父のコインを受け継ぐひ孫


 当時ベルギーの兵士だったオプタティオス・バイセンは、ジャケットの胸ポケットに入れていた複数のコインによって銃弾を逃れた。

コインに命を救われたオプタティオス・バイセン
d2_e
image credit:Vincent Buyssens

 そのひ孫にあたるユーザーのヴィンセント・バイセンは、かつて海外掲示板にその奇跡のコインの写真を投稿している。

i2_e
image credit:reddit

 ヴィンセントは、現在ベルギーのアントウェルペンに住んでいる。このコインは曽祖父が戦時中に書いた手記や日記と一緒に父親から譲り受けたものだ。


戦争中に起きたコインの奇跡


 その出来事は1914年にベルギーのレブベーケで起きた。

 だがヴィンセントは、実は皮肉なことに曽祖父が狙われるきっかけとなったのもそのコインだったと語る。

 その年の9月、ドイツ兵を偵察していたオプタティオスは、胸ポケットのコインの音で居場所がばれて撃たれてしまった。

 が、その銃弾はなんと重なっていたコインに当たってそれた。おかげで彼は命を落とさなかったのだ。

d1_e
image credit:Vincent Buyssens

 狙われる原因とも思えるコインに救われるとはなかなか奇妙な話だが、偵察の際に音が出るものを持ったままだったオプタティオスの失敗をコインがフォローしたともいえそうだ。

 受け取り方はいろいろあるが、本人は複雑な心境だったかもしれない。それでもコインが銃弾を防いだのは事実であり、結果死なずに済んだのは何よりだ。


死体を装い敵から逃れ、手紙で家族に報告


 「曽祖父はとても幸運でした。死をもたらしたはずの弾丸をコインが跳ね返してくれたおかげで生き延びたんですから」

コインの中には弾丸で縁が溶けたらしいものも
d5_e
image credit:Vincent Buyssens

 またその直後、撃ったドイツ兵が確認のためか、倒れたオプタティオスの頭を蹴った。しかし彼はとっさに死体のふりをしてごまかしたという。

 「そしてドイツ兵が消えた後、曽祖父は傷ついた仲間と一緒に安全な場所まではって行ったんです」

 またヴィンセントは、最近見つかった曽祖父の手紙も明かしている。それはまさにこの出来事を報告する内容で、当時の家族にとって1年ぶりの連絡だった。

d6_e
image credit:Vincent Buyssens

亡き曽祖父の日記で事実を確認


 オプタティオスは第一次世界大戦後に息子とイギリスに住み、第二次世界大戦の後にアントウェルペンに戻ってきたという。

 その後は1958年に寿命を迎えて故人に。ヴィンセントが生まれる前のことだ。

 「数年前にその話を初めて聞いたときは、耳を疑いました。でも父と祖父の話や、曽祖父が残した日記を読んで事実だとわかりました。以来、その出来事は私にとって忘れられない話になりました」


強運な曽祖父の話をクリスマスイブに


 以前ヴィンセントがこのコインの画像を掲示板でシェアしたとき「君もコインに命を救われたんだな」という声があった。

 そのコインが曽祖父だけでなく、子孫まで救ったという意見だ。

d8_e
image credit:Vincent Buyssens

 一方で疑う人もいたが、詳しいヴィンセントの説明に最後は感謝を示し、すごい話だと言ってくれた。

 このエピソードは大反響となり、13万以上もの好評を博した。そして多くのユーザーが彼の曽祖父の運に驚嘆した。

i3_e
image credit:reddit

 欧米では毎年11月11日を第一次世界大戦の休戦記念日と定めており、戦没者を悼む習慣があるという。特に今年は終戦から100年が経った節目の年として、かつての戦争を振り返る式典などが各地で行われた。

 海外掲示板を席巻したこのコインのエピソードも、当時の逸話として今後語り継がれていくのかもしれない。

・兵士たちの命を救った防弾用具と撃ち込まれた弾丸の爪跡 : カラパイア

References:irishexaminer / dailymailなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
ヘルメットすげぇ!ヘルメットを被っていなかったらと思うとゾっとする26の例


湾岸戦争の際、爆撃を受けた建物の中にあったゲームボーイ


AK-74の弾丸を止めるにはiPhoneが何台必要なのか?やってみた。


何かが彼らに幸運を引き寄せた?驚くべき強運を持った15人の真実の物語


聖杯伝説!?鎧の騎士が持つ剣を抜いて別の場所に差し込むと..ロシアの彫刻師が手掛けた仕掛けコインがすごい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年11月22日 23:15
  • ID:Rwl.1pL20 #

なんでも鑑定団で似た様なの出てたよな?
日露戦争のときにじいちゃんを助けた…みたくな?
価格は0ってなったけど。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年11月22日 23:23
  • ID:R2UVQhWq0 #

こういうのってフィクションだけかと思ってたけど実際にあるにはあるんだねぇ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年11月22日 23:36
  • ID:.dfgDC000 #

あれだけのコインを胸ポケットに・・
昔はポケットが大きかったんだね

4

4. 匿名処理班

  • 2018年11月22日 23:37
  • ID:U.EefoCK0 #

爺さんから聞いた、戦争中の話。
爺さんは3人縦列の真ん中を歩いてた。
正面から撃たれて先頭としんがりが即死で爺さんだけが助かったそうだ。
戦争なんてもう二度と繰り返してはいけないと言っていた爺さんが亡くなってもう30年も経つけど、自分が齢を取る毎にもっと真面目に当時の話を聞いておけば良かったと思う。

5

5. 匿名処理班

  • 2018年11月22日 23:55
  • ID:tZaC1GXv0 #

2100年ごろには「Siriの声で居場所がバレたが、守ってくれたのもiPhoneだった」みたいな記事を見ることになるのだろうか?

6

6. 赤ヴィッツの2036

  • 2018年11月23日 00:28
  • ID:.GN6m0u60 #

怖いな。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 03:33
  • ID:gWtvY5oo0 #

コインが縦に綺麗に重なっていたのは奇妙だなとも思ったけど、戦場では音がしない様に重ねて持っておく習慣があったのだと言われれば、それはそれで納得できる。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 04:51
  • ID:sjmkUyWv0 #

そんな奇跡が起きるくらい大量の弾丸が飛び交ってた。
奇跡的に助かった人の周りには助からなかった夥しい死体があっただろう。
本当によく生きて帰ったね。

※1
著名人でもない限り、他の人にはあまり価値がないだろう。
しかしその人と家族には充分価値がある。
それには値段はつけられないよな。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 07:11
  • ID:Xz5FC0wK0 #

それにしても自分の落ち度をしっかりフォローするってビジネスマンみたいなコインやね
銃弾がこう通って行きました〜って感じの重なり方すごいね

10

10. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 07:34
  • ID:MS8erdDD0 #

アントウェルペンってベルギーじゃないの

11

11. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 08:03
  • ID:0k5guZOk0 #

ドイツ兵は音のした場所を正確に撃ったわけね、そして正確すぎた

12

12. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 08:43
  • ID:BQDNrhxy0 #

胸ポケットの中で「チャリ」ってなった硬貨の音をたよりにほぼ正確に撃ち抜ける人がいるのにも驚き。

13

13. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 08:46
  • ID:O0n9ThkH0 #

コインが6枚…さては真田家の者だな?

冗談はさておき、すごいな……。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 08:54
  • ID:BIVkZ7Aw0 #

ロケットペンダント「あれしきで幸運?笑止!


懐中時計「コインごとき若僧、我ら四天王では一番の小物よ」

ライター「次はこの俺様が行こう」

15

15. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 09:17
  • ID:LI7I29qt0 #

俺のポッケには 「味付け海苔」が入ってる

細長くて五枚入りなの 安心安心。

16

16.

  • 2018年11月23日 10:16
  • ID:Fq7XtQuE0 #
17

17.

  • 2018年11月23日 13:10
  • ID:Dqj3tihL0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 15:28
  • ID:WkFAKQax0 #

これで亡き戦友の形見のコインとかだったら100点だったんだけど たぶんタバコのお釣りとかなんだろうなあ

19

19. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 16:26
  • ID:CBS5DrpM0 #

ライフル弾はコイン6枚ぐらい簡単に貫通するけど、斜めに当たると結構薄くても弾丸は逸れるんだよね。避弾経始と言って、拳銃の弾でも、戦車砲弾でもある現象。マジで運が良かったんだな。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 16:45
  • ID:JMUpJoNR0 #

うちのじっちゃまも日露戦の時に身代わりになってくれた手帳持ってたなあ、まあ何十万発も飛び交って何かしらに着弾してるんだから確率的には別段珍しくもないんだろうさ。あとはそこにストーリー性があるかどうかの違いよ

21

21. 匿名処理班

  • 2018年11月23日 17:53
  • ID:BMHzt.Pi0 #

最もつまらない感想をいいます。

「 宝くじでも買えばいいのに、」

22

22. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 00:10
  • ID:9GEiW5YR0 #

海外版の身代わり五拾銭か...

23

23. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 02:25
  • ID:y3on4xEg0 #

500円玉一枚じゃ無理ぽいな
最低でも3枚は要る

24

24. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 08:18
  • ID:TZM.AyrQ0 #

※4
30年くらい前に亡くなった母方の叔父さんはインパール作戦で行軍休憩中に、足を投げ出して座っている股の間に砲弾が落ちたけど不発弾で何事もなく生還したって話をしてた。本人の話しだけで、今となってはホントにあったことかどうかも分からないけどそういう偶然って全くないとは言えないと思う。(おじさんは心底戦争が嫌だったらしく、自分にとって最大の体験となったそのエピソードだけしか話さなかった。いわゆる「白骨街道」の生還者だからいろいろなことを目にしすぎたのだと思う)

25

25. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 09:44
  • ID:zFIg58pv0 #

リアル生存フラグ

26

26. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 12:21
  • ID:uMv0LH880 #

※1
人の命はプライスレス

27

27. 匿名処理班

  • 2018年11月24日 12:39
  • ID:RvC5bEzE0 #

第一次の最前線とか生きるか死ぬかはほぼ運だからなあ...

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク