iStock-868447770_e

 ゲームのいいところは、そのモチーフが現実世界であれ、ファンタジーの世界であれ、さまざまな状況を描き出せることだろう。

 古代ローマを舞台とした『Total War Rome II 』というPCゲームには、女性将軍が登場するのだが、歴史的に「正当」であっても「正確」ではないとして批判を呼んでいる。

 確かに古代ローマ軍には女戦士がいなかったかもしれない。だが古代の戦場で女戦士が戦うことはあったのだ。

 古代の歴史家たちは、さまざまな文化圏に存在した女将軍の衝撃を今に伝えている。
スポンサードリンク

ギリシャ神話に語られるアマゾネス(アマゾーン)


sculpture-2013048_640_e

 古代、女性が戦争に赴くことは、自然の秩序に反することだと伝えられた。ホメロスの叙事詩イーリアスには、古代人が「戦争は男の仕事」と信じていたと述べられている。

 現代の(男性)歴史家の目には、女戦士はいたとしても例外的な存在で、ギリシャ神話に登場する女性だけの部族アマゾネス(アマゾーン)の化身のようなものと映ることも多い。

 この女部族は、少なくとも古代の男たちにとっては逆転した世界を象徴しており、不自然な振る舞いをするやや不安定な人たちとして描かれるのが普通だった。

 それでも、アキレスとアマゾネスの女王ペンテシレイアとの悲恋は、古代の歴史家を魅了した。

 トロイア戦争でトロイア側についたペンテシレイアは、戦争の神アレスの娘である。戦争でアキレスに討たれるが、アキレスはその美しさと勇敢さに恋に落ちて、殺してしまったことを嘆いたという。

 その場面は、大英博物館が所蔵する紀元前6世紀のつぼに描かれているなど、ギリシャやローマのさまざま文学や芸術の題材とされてきた。

1_e8
アマゾンの女王ペンテシレイアを打ちとったアキレスが描かれた壺

 紀元前480年のサラミスの海戦では、古代ギリシャの都市国家ハリカルナッソスの女王カリアのアルテミシアが海軍を率いてペルシアと共に戦った。

 その武勇について、ペルシア王クセルクセスは、「我が男は女となり、我が女は男となった」と称えたと伝えられている。

 ギリシャの歴史家ヘロドトスによれば、世界が逆転した瞬間であったというが、アルテミシアに従った兵士たちにとっては当然のことであった。

 それだけ彼女が戦士として優れており、その指揮によって兵士がいかに鼓舞されたかが窺えるだろう。


クレオパトラの戦う血統


iStock-91740203_e

 ヘレニズムの解釈はいくつかあるのだが、一般には紀元前323年のアレキサンドロス大王の死から紀元前31年のローマによるエジプト制圧までの時代を指す。

 この時代、女性は地中海東部に存在した数々の王国で真の権力者であった。

 この時期の傑出した女王たちは、権力を維持するために個人の軍隊を組織し、必要とあらば戦争を起こすことも厭わなかった。

 彼女たちは、アレキサンドロス大王の後継者となった王や将軍たちの母であり、娘であり、きょうだいであった。

 絶世の美女として伝えられるクレオパトラ7世は、その勇ましいエジプトの女王の系譜の最後を飾った人物だ。

egypt-2824582_640_e

 その時代、戦う女王としての役割は、クレオパトラ・テアやクレオパトラ4世によってとっくに確立されていた。

 クレオパトラ・テアは3人の王の妻となりながら、情け容赦ない混乱の時代を戦った人物で、クレオパトラ4世は夫と離婚し次の夫と結婚するために、持参金がわりに自分の軍を連れて行った女王である。


パルミラの戦士女王


4_e5
image credit:Herbert Gustave Schmalz/CC BY-SA

 それから数世紀を経たパルミラの女王ゼノビアは、3世紀後半の近東地域における混乱に乗じて、勢力を拡大し、戦士女王との異名をとるようになった。

 彼女が自らクレオパトラの後継者を名乗ったのも偶然ではない。ゼノビアは息子の名の下に自軍を率い、侵攻してきたローマに対抗した。

 ギリシャの歴史家ゾシムスによると、ゼノビアは自ら軍を指揮し、各地から大勢の人々が集まったという。

 古代の著述家は、ローマと戦った女性をスキャンダラスに扱ったが、中東地域やイスラムの歴史では伝説的な存在として称えらえている。


ブリタンニアの女王ブーディカ


2_e0

 イケニ族の女王ブーディカは、夫の死に乗じて国を簒奪したローマに対して大規模な反乱を起こした。60年のことだ。歴史家のカッシウス・ディオは次のように述べている。

 「ローマにもたらされたこの荒廃がすべて1人の女によるものという事実が、彼らを大いに恥じ入らせた」

 彼女には、長い赤髪(ディオは金髪と述べている)をたなびかせて戦車で突進するという、直情的なイメージがある。

 そんな彼女について、古代の著述家たちは、ローマが新しく制圧したブリタンニアにいた者たちは、背が高く、苛烈な視線を投げかける彼女に恐れおののいたと記している。また不当な扱いを受け、復讐に燃えた女性とみなされることもあった。

 ブーディカの復讐をもっともよく伝えるタキトゥスは、イケニ族の女たちはしばしば男にまざって戦ったと述べている。

 王国、家族、あるいは子どもの生死がかかるような状況では、女であっても武器を手にし、勇猛果敢に戦ったのだ。

4_e6
image credit:A. Brady/CC BY-SA

 、古代において、女性たちも戦場に立ち、男顔負けの働きを見せていたのだ。

 政治的な混乱や王朝の動乱の時代、そこにはそうした女性たちが常にいた。社会のタガが外れ、必要に迫られたとき、彼女たちは自らのために剣を取る。

 だが古代の男たちは、女と戦うことや女に戦わせることなど考えたがらなかったのも事実である。

References:Warrior women: despite what gamers might believe, the ancient world was full of female fighters/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
2200年前の匈奴の女性戦士の遺体から宝石がちりばめられたベルトのバックルが発見される


先史時代(新石器時代)の女性は異様に腕力が強かった。骨の研究で判明(英研究)


屈強なヴァイキングの戦士、しかも高位軍のリーダー。実は女性だったことがDNA調査で判明(スウェーデン)


そして伝説となったロシア軍の女性兵士。第588夜間戦闘爆撃部隊、スターリングラードの魔女たち


第二次世界大戦中に活躍したロシアのスナイパー女性兵士たちの写真をカラー化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 20:33
  • ID:2.8PJ.hD0 #

バイキングの女戦士の墓も発見されてたね
日本も女性用の鎧が残ってたはず
お家の危機なら女でも戦うでしょ

2

2. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 20:36
  • ID:vj0T5mOM0 #

この女の人たち、どうして石にされてしまったの ?

3

3. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 20:57
  • ID:KHkO6.U30 #

GOTのBrienne of Tarthのファンです

4

4. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 20:59
  • ID:x2lTgkss0 #

※2
硬い意思でロックな生き方をしたからさ

5

5.

  • 2018年10月18日 21:06
  • ID:ZTOBeYGr0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:16
  • ID:8G9mcWpK0 #

夫が戦死とか病死した場合って妻が一旦変わりになって家纏めるみたいなの結構なかったっけ

7

7. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:19
  • ID:sutGrIbl0 #

*2
来たる危機のために体力を温存したり、未来の女性に勇気を与えるためさ。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:24
  • ID:nh.PWn5q0 #

巴御前

9

9.

  • 2018年10月18日 21:26
  • ID:gYOz2zj.0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:31
  • ID:PDk25Xtr0 #

歴史上、実際に戦った女性は1人や2人ではなく、数え上げれば数千人やそれ以上の単位でいるかもしれない。
ただ、現実問題として男の戦士は、その数百倍や数千倍、あるいはそれ以上の数いたわけで、
Total War Rome IIが正当だが正確ではないと批判されたのは、女性将軍が登場することそのものじゃなく、明らかにそんな比率じゃなく女性将軍が登場する(ランダムな10人のうち半分を女性が占めることも多々ある)ってことだから、いくら女性戦士が実際にいたと並び立てても批判への反論にはならないんだよね

同じような理由で戦争映画や戦争ゲームが批判される(黒人兵士や女性兵士が数%しかいなかったはずの舞台で大量に出てくるなど)場合に、当時も黒人や女性が「いた」と主張するのをよく見かけるけど見当違いでしかない
同じような状況で主人公が作中で唯一の黒人や女性兵士として登場するという状況で同じ批判を受けたなら、その論法も妥当だとは思うけどね

11

11. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:34
  • ID:5D9MT.bU0 #

日本も徳川の治世の前は割と女性の当主もいたし、男の跡取りも必ずしも長男じゃなかったね

12

12.

  • 2018年10月18日 21:34
  • ID:y7nMj8ml0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:39
  • ID:a8gi8bYe0 #

日本だと巴御前とか訐藺緝韻箸が有名だよね。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:50
  • ID:4jFj8OFu0 #

ゲルマン諸族には結構な数の女戦士がいたことは
確実だし、古代インドじゃ、王の親衛隊には
女だけの部隊があるのが一般的。教科書にも
出てくるチャンドラグプタ王の王宮護衛兵は
全員が女で、ほとんど裸で剣と貴金属だけを
身に着けていたという記録が残っている。

中世ヨーロッパでは女傭兵なんてのもいたし、
部隊の人手が足りなくなると、酒保の女たちが
方陣に加わって、男と一緒に槍を構える
なんてのもわりとよくあったらしい。

数は少ないけど、戦う女性というのは
いつの時代でも、どこの地域にもいたようです。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:50
  • ID:LE.R4V..0 #

※2
メデューサ「ついカッとなって睨んじゃった」
コカトリス「ついカッとなって石化ガスを...」

16

16. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:51
  • ID:mvCedqDH0 #

ほぼ神話時代のペンテシレイア以外、ぜんぶ将軍ばっかりやん。これなら日本の神功皇后も入れて欲しいところだが、それにしても彼女たちを「女戦士」と表記するのに戸惑いを覚えざるを得ない

淀君とか、ビクトリア女王とか、政治指導者的立場に収まる女性は歴史上決して少なくはないし、彼女たちが時には積極的に戦争という選択肢を考慮していたのも事実だ。ただしこれらはあくまで男性社会における闘争の果たした役割においてであり、彼女たちは女性としてではなく男性社会の指導者として君臨したのだから、とうぜん男性指導者と同じような思考回路で軍事外交政略を考えることになる。一方で戦場の最前線に立って敵兵と干戈を交える女性は、やはり極めて稀だったし、やはり人類史において男性こそが闘争(人間に対しても他の動物種に対しても)の役割をほぼ独占的に担ってきたことは否定できない

アマゾネスならヘロドトスの記した騎馬遊牧民こそ、女性兵が活躍した事例として挙げられよう。こちらもほぼ伝説の類であるといって良いが、ただ遊牧は女性のみの構成員でもまったく問題なく運営でき、かつ騎馬弓兵もまだ戦力として女性が活躍しうる現実味があったのは事実であって、女性のみ、もしくは女性が主体となった遊牧民集団の活躍は想像力を大いに掻き立てる逸話ではあると思う

17

17. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:55
  • ID:davc6DFC0 #

古代は母系社会や女王や女族長も多かったので、
政治や軍の最高司令が女性というのも、
ままある事だった。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 21:58
  • ID:7MIXQv0A0 #

格闘技やスポーツを見てると
ルールのある肉弾戦では絶対に男性に勝てないとわかる
だが実戦は別だから女性でも共に戦うのは可能かもしれない
刃に毒を塗っておけば、かすり傷でも倒せるだろうし

19

19. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:03
  • ID:yU1HclNO0 #

美人で強いのはいいが、ミカサみたいな腹筋バキバキな子はちょっと…💪

20

20. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:04
  • ID:QeJUZdRD0 #

現代だとイスラエルが女性兵士多いね。子を産むと徴兵を免除されるから先進国としては異様なほど出生率が高いという

21

21. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:09
  • ID:3dE1ir1L0 #

鶴姫や甲斐姫、巴御前に佐々木留伊、新島八重、坂本乙女…
日本の戦乙女達も魅力的です。

22

22. ・・・

  • 2018年10月18日 22:14
  • ID:xjWIeot.0 #

古代中国の殷の時代にも、婦好って女の将軍がいたな

23

23. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:31
  • ID:nYR5NqUY0 #

字が小さいです

24

24. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:44
  • ID:BCppVgRL0 #

※22
婦好は高宗武丁王の正妃で、ただの女将軍っていうのとは違うけどね

中国史なら、個人的には梁紅玉が真っ先に出てくるかな

25

25. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:49
  • ID:PSDmZKNI0 #

ほとんど伝説でしか無いのでは?

26

26. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 22:49
  • ID:UzNSVv7g0 #

アーサー王は?

27

27. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 23:01
  • ID:.3B21qpS0 #

※22
中国は歴代王朝にも度々女将軍や武術師範が存在し記録に残ってる
特に記録が詳細で確実性が高いのは秦良玉で
率いた軍の規模が大きくて有名なのが平陽公主
夫婦で戦ったことで知られるのは梁紅玉

28

28.

  • 2018年10月18日 23:13
  • ID:B4BJS8oy0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 23:13
  • ID:cAjdmlrB0 #

名も無き女戦士たちは現代が一番多いんじゃないか

30

30. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 23:14
  • ID:B4BJS8oy0 #

それでも覚悟を決めた女性は強いよね

31

31. 匿名処理班

  • 2018年10月18日 23:56
  • ID:SA8hLYNR0 #

>>25.匿名処理班
>>名も無き女戦士たちは現代が一番多いんじゃないか

ソースは?

32

32. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 00:10
  • ID:e4oUyLB40 #

※18
女性のボクシングとか見てると、時々両者が攻撃一辺倒で、ガードや回避なんかまったく顧みない試合を繰り広げているのを見かけてギョッとすることがある。
男性のボクシングではこういうファイトスタイルはほとんど見かけない。

だから、女性戦士っていざ戦ってみると、むしろ男性よりも後先考えない残虐ファイトを平気でやる可能性はある。

33

33. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 00:17
  • ID:goCxH6cv0 #

怪しいのまで含めてごく一部だけどね

34

34. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 00:40
  • ID:fmPte0aN0 #

孫尚香とその従者がまさにこれにあたるな

35

35. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 01:27
  • ID:asjoVWib0 #

※10
凄く分かる。
自分も同じ意見。

ごく一部の例を挙げて、それがさも全部そうかのように論じるの嫌い。
例の傷跡をタトゥーで隠している人を挙げて、タトゥーは正義みたいな奴とかさ。

特に最近は尖り過ぎたフェミニン系の活動が激しすぎて、これもその活動の一環かもしれないと思うとうんざりする。

36

36. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 01:32
  • ID:ZAjr299.0 #

※32
つい近代にお近くの国で少女からなる部隊があったけど
残虐だったらしいよね;

戦争等でコミュニティの一大事となったら戦うことに性別はないだろうけど
将軍とか軍隊の話題となると組織、その社会の話になるからだろうね
戦う女ってだけなら男装の女海賊や、女に性転換した将軍の話とかもあるし

37

37. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 01:48
  • ID:jSNuU8s00 #

私は個人的にHPで戦う女性を色々書いて(描いて)いるけれど、特殊と言うほどでは無いが矢張り何か「そういうくくり」のある「一ジャンル」ではあるのかなと思っている。

38

38. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 02:20
  • ID:moG9opQY0 #

しずちゃんみたいにそこら辺の男より恵体でテクニックも身に付けているなら負ける男も結構いると思う

39

39. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 02:20
  • ID:KAxCRlPs0 #

なんか皆女戦士好きなんだな。
やけに熱いコメントが多い。

40

40. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 04:23
  • ID:Ug6LDBQg0 #

日ノ本国なら巴御前と静御前に代表されるわな。

41

41.

  • 2018年10月19日 05:08
  • ID:q5WY65lC0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 05:10
  • ID:.gpi33m60 #

※10
ミリタリーや戦史系は少しでも間違えるとマウント取りに来るギークが何故か多いんだよね
日本の軍艦を例にすると〇〇型を〇〇級と言うとアウトだったり
G7魚雷をジーセブン魚雷って呼ぶくせに、12.7センチを5インチと言うと訂正を求めて来る謎のルールがあったり。

43

43. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 05:53
  • ID:rUuAdwk.0 #

鎌倉時代の一級資料の「吾妻鏡」にも女騎の記述があるし元々日本は母系社会だった事も考えると中世初期までは割と普遍的なものだったのかなあと

※17
現代だってイギリス軍の最高司令官はエリザベス女王だよ
もちろん名目的なものではある…と言いつつ事実上の最高指揮官も女性であるメイ首相だけど

44

44. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 07:58
  • ID:vQ164JxD0 #

※29
女性兵士とかだけではなくて、社会進出してる
女性が多い、ってことなんじゃないの?
考えりゃわかると思うが。
「ソースは?」とか・・・プッ


45

45. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 10:49
  • ID:.D9Sp49D0 #

マーガレット・サッチャー
SASが戦うときサッチャーも戦う。
(議会、マスコミ対策などで)
直接武器を執ったわけではないが、挙げられた例だとサッチャーも該当すると思う。

46

46. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 10:51
  • ID:V0ypVjS50 #

※43
米軍でも隷下に80万の兵員を要し陸軍最大の部隊規模を誇る陸軍総軍(FORSCOM)司令官にローラ・リチャードソン中将が就任ます。こちらはまごうことなき実戦部隊の指揮官です。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 12:18
  • ID:4.aPdtzs0 #

古の時代こそ真の男女平等が実現していた…?

48

48. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 12:30
  • ID:CO.CLkw10 #

そりゃ少なからず女将軍もいたし現代だっているけど結局レアケースだよ
それが映画やゲームじゃ誇張されるからリアリティを楽しみたい層から批判されたりする
ごく一部の人たちをもってして誇りを感じるのは自由だけどね
戦略ストラテジーにまでポリコレを持ち込まないでほしいよ

49

49. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 15:01
  • ID:eSIM8nMN0 #

>>39.匿名処理班
>>※29
>>女性兵士とかだけではなくて、社会進出してる
>>女性が多い、ってことなんじゃないの?
>>考えりゃわかると思うが。
>>「ソースは?」とか・・・プッ

結局、ソースは示せず、幼稚な煽り文句しかかけないか、冷笑されたいみたいだな
素直に根拠はありません、思っただけですと描けばいいのになw

こういうコメントを投稿できる人間ってのは、昔の女性は家に閉じこもって社会に出ることはなかったとでも思ってるのかね
なんとも偏見に満ちた思考をしててることで

50

50. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 17:32
  • ID:nxQlUf170 #

※43
フォークランド紛争でイギリスを引っ張ったのは鉄の女サッチャーだったしな。
戦争だけでなく政治手腕も凡俗の男共は及びもしなかった。

51

51. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 17:34
  • ID:s7n28nfo0 #

女性という子供産む人がいなくなったら種族滅びるから戦うべきじゃないとは思う。
日本は数十年戦争してないのに滅びかけてるけどwwwwww

52

52. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 17:51
  • ID:n2K.MnWR0 #

※49
昔の女性が社会に出ていたというソースは?
思っただけですか?

無理ならいいですw

53

53. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 18:03
  • ID:t.TlLJ2R0 #

日本に現存する女性用甲冑は、大三島の鶴姫のな。
全体的に小ぶりで、ウエストがギュッと絞ってあるから男はまず着られない。
巴御前は性能がぶっ壊れてるから大鎧(60kg!)を着ていたのかも知れない。
ガチで戦ったといわれる甲斐姫・訐藺紂小松殿(稲姫)はパパのお下がりを着てたようだ。彼女らの時代はだいたい20kg代まで軽量化に成功していた。

54

54.

  • 2018年10月19日 18:51
  • ID:W4w6aF090 #
55

55. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 19:11
  • ID:Wj9m0Wp70 #

そりゃ人類の半分は女なんだから戦力にしないのはもったいないべ

56

56. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 20:05
  • ID:JjytWFQQ0 #

馬に乗ったら男女差ってあんまり関係ないから騎馬民族なら女性戦士も多かったのかも

57

57.

  • 2018年10月19日 20:06
  • ID:KH1E4sWP0 #
58

58.

  • 2018年10月19日 20:52
  • ID:Y4eaHZ5I0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 20:53
  • ID:kaiys2IS0 #

アマゾネスが騎馬に乗るとアマゾンライダー

60

60. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 21:54
  • ID:8ArjeZ370 #

そもそもトータルウォーシリーズって史実性なんてもとからないんだが

61

61.

  • 2018年10月19日 22:02
  • ID:FHS9e24s0 #
62

62. 匿名処理班

  • 2018年10月19日 22:53
  • ID:8FwJiDho0 #

おばあちゃんもお母さんも「ソース」はブルドック!

どっか よそで やってくれ!!うぜーよ。

63

63. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 06:26
  • ID:B..0ssEu0 #

※56
神話のアマゾネスのモチーフになったとも言われてるスキタイ人も
男も女も馬乗って戦ってたという

64

64. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 08:03
  • ID:jxij8nq30 #

※32
あれは残虐云々とかじゃなく、女性の方が筋肉が少ない割に脂肪が厚いから、
与える攻撃のダメージが低く受けるダメージも低いから、
防御せずに攻撃し続けた方が効率良いからなんだよね
逆に男性同士だと防御しないで攻撃受けると、あっという間にノックアウトしちゃうし、
単純に危険だからしっかり防御し回避する
だから鍛えた男女で交戦すると、女性側は男性側がノーガード状態であってさえ、
素手だとほとんどダメージ与えられなかったりする

65

65. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 10:27
  • ID:J3nPD.jp0 #

※10
結局何が言いたいのか要領を得ないんだけど
記事にしてもここのコメントにしても「女性の戦士は案外思ったより多く、それも昔から居た」ってだけのことで
女戦士が男戦士よりも多く居たなんて唱えてる人は見受けられないし
ましてやゲームの場合は単に女将軍を発生させる割合のスクリプトの設定が妙に大きい数値になってる以上の意味は特に無いと思うけど?
何に対する批判や反論と戦ってるつもりなんですか

66

66. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 10:37
  • ID:J3nPD.jp0 #

※52
女性が政治決定に権力持ってる例は日本の平安〜戦国時代〜安土桃山時代にも
中国にも、西洋にも割りとおりますよね(ソース提示以前に歴史の教科書にすら載ってる基礎教養)
あれらが少数の例外でしかないというなら、そもそも物凄いイレギュラーな存在として
女性が政治的権力を握るという行為自体に反発があってそもそも「起きない」はずなんですよね
どうも近代になってからようやく女性の社会進出と権利が実現され、それ以前は抑圧されていたみたいな認識がよくありますけど
それって20世紀の一部で男性原理主義が流行った限定された時代のものなんですよ
民主主義における投票権や政治参画になぜか女性の権利が盛り込まれてなかったって歪が起きてただけで
それ以前から、産業革命の頃には女工さんが働きに出てますし女性の学者さんや思想家、活動家なんかも存在してます
女性は家庭に押し込まれて外に出る事がなかったってのはデマの類なんです

67

67. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 15:20
  • ID:kEu.eAUe0 #

女性活躍社会などと今の政治家は自慢げに言っているが、女性が辛い現場で活躍しなくても良い社会を本来作るべきなのである。

68

68. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 15:49
  • ID:1lluUrn10 #

日本の場合は結構資料が残ってるね
武将の嫁が甲冑を身に纏って出陣して
少年のようだと言われたり三人仕留めて引き上げてきたとか

69

69. 匿名処理班

  • 2018年10月20日 17:16
  • ID:VRnfdIHT0 #

アメリカは後方支援部隊までなら女性大将まで輩出
日本でも海自は佐官艦長まで輩出

70

70. 匿名処理班

  • 2018年10月21日 08:11
  • ID:qPuOW1Mg0 #

※68
女武芸者という言葉が資料に出てきたり
戦場の跡を発掘すると甲冑と戦傷のある女性の骨が出てきたりして
天下統一まではそこそこの数がいたと考えられてるみたいね

71

71. 匿名処理班

  • 2018年10月21日 08:37
  • ID:KMWp9.VM0 #

※40
静御前は白拍子で戦士じゃないぞ
板額御前と間違えてねえか?

72

72. 匿名処理班

  • 2018年10月21日 16:20
  • ID:LJMTJwqM0 #

ラクシュミー・バーイーをすこれ

73

73. 匿名処理班

  • 2018年10月21日 19:22
  • ID:shj2AOYR0 #

※32
それは絶対にない、戦い方の違いってだけ※64が書いてるけど
一番残酷非道になるのは子供たち、少年少女だね

74

74. 匿名処理班

  • 2018年10月21日 19:34
  • ID:shj2AOYR0 #

※66
話しずれるけど一般人にしても日本において外に男が働きに行くってのも
最近の話でそれに対して女は家にって戦後主婦業が産まれてからの話で
それでも専業主婦は半数を超えたことはないわけだし
元々男女一緒に農業をしていたってのが事実、女は畑仕事に加え家事育児をしてた
現代の男女のイメージは現代のものでしかない
必要があれば男の役割を女がするのは当たり前で珍しいことじゃない

75

75. 匿名処理班

  • 2018年10月28日 23:57
  • ID:1QweHzMn0 #

※10 「女が自尊心を持ってしまわないように、何とか茶々を入れないと」まで読んだ

76

76. 匿名処理班

  • 2018年11月02日 09:26
  • ID:uxdnxOdc0 #

「女というのは恐ろしい…」(CV:大塚明夫)

77

77. 匿名処理班

  • 2018年11月05日 01:03
  • ID:G.uo0TGa0 #

※76
男手が働きに出てってる時に子供を守るのはカーチャンしかいないからね、しょうがないね

78

78. 匿名処理班

  • 2018年11月11日 02:12
  • ID:LyMBekQ60 #

最近だとクルド人の女性部隊とかあるね。

79

79. 匿名処理班

  • 2018年11月15日 08:04
  • ID:dRH4o.xD0 #

イスラエルも女性を徴兵してるし、第二次世界大戦で活躍した女性パイロットや女性スナイパーの話もあるしね。歴史を調べると戦場で活躍した女性兵士や女性指導者の話がそれぞれ各国にあって面白いね。あと兵士じゃないけど、昔ドイツに住んでた時にギャング共をまとめてるトルコ人の女ボスの話をトルコ人から聞いたことある。なんつうか、男顔負けの勇ましい女性というのはリアルにも存在するよ。

80

80. 匿名処理班

  • 2018年11月18日 05:05
  • ID:t9gf9umj0 #

本多忠勝「俺の若い頃は、人手不足になると女だって戦場に駆り出されたものだ。男の中には血の匂いを嗅いだだけで参る奴もいるのに、女は普段から血を見慣れているからいざとなった時は度胸が据わっていた。攻め込まれた時真っ先に突っ込んでいくのも女だった。天正、慶長の武士よりもよっぽど勇ましかった。」
とのこと
あと、日本の戦国時代だと女性は城に詰めてディフェンスにまわってたみたいだね
それと腕力に頼らないで済む火縄銃の部隊も女がいたとか

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク