00_e

 人類の歴史は闘争の歴史でもある。人が人である故に日々、様々な種類の戦いが行われており、人と人の争いが終わることはないだろう。

 だが、本当の窮地に陥った時、救ってくれるのもまた人である。
 時にその身を投げうって、困った人の為に全力を尽くすのも人なのである。

 争いと助け合い。相反する2つの面がオセロの石のようにパタパタとひっくり返したり、ひっくり返されながら生きているのが人という存在なのかもしれない。



スポンサードリンク

1. 真の英雄のハスキー犬たち


000_e
image credit:dogpack

 1925年、ジフテリアの大流行はアラスカのノーム岬の町全体を壊滅させるほどの脅威となった。アラスカはその殺人的な冬の寒さのせいで世界からとりのこされ、病気の治療もままならない地だったので、抗毒素血清が送られることになった。

 全行程674マイル以上(1085キロ)の氷と雪に覆われた道のりを、ハスキー犬による犬ぞりチーム20組でひたすらリレーして届けたのだ。

 当時、血清の有効期限は2日しかなく、一刻の猶予もなかったので、マッシャーのレオンハルト・セパーラは、犬たちに氷河を横断させた。だが、ブリザードが近づいていて、氷が砕けて水面が見えているような場所を、まったく視界のきかないまま何マイルも進むしかなくなった。

 セパーラはナビをチームのリード犬トーゴに託し、トーゴは見事、死と隣り合わせの危険な旅をガイドした。

 そしてついに、ハスキー犬バルト率いるチームが、わずか半日でノームに入り、無事血清を届けることができた。これにより、1万人の命が救われた。


2. スコットランド、ロッカビーの悲劇への忘れえぬ思いやり


1_e18
image credit:Wikipedia

 パンナム103便がテロによって爆破されたのは1988年のことだ。スコットランド、ロッカビーの町には空からその残骸が降り注ぎ、通りに散乱した。

 住民たちは、この便に乗っていた犠牲者たちの衣類など遺留品をきれいにして梱包し、遺族が受け取ることができるようにした。

 市庁舎には、この悲劇を忘れないようにするためのステンドグラスの窓があり、シラキュース大学(犠牲者の多くがここの学生だった)は、ロッカビーの高校卒業生のために客員奨学金制度をつくった。


3. 激戦地で敵軍と共に祝ったクリスマス


eaef3b2b_e

 第一次大戦が始まって初めてのクリスマス(1914年12月)、塹壕戦では地獄のような戦いがくりひろげられていたが、前線の敵味方同士が兵士レベルで非公式に停戦に合意した。

 塹壕線のいたるところで、敵対している者同士が中間地帯に出て行って、互いに贈り物を交換し合い、サッカーの試合をし、普通の仲間同士のようにふるまった。

 鉄条網が張り巡らされ、砲弾の穴があちこちにあく現場で、一緒に声を合わせてクリスマスキャロルを歌ったのだ。

昨日の敵は今日限りの友となる。1914年、ドイツ軍とイギリス軍のクリスマス休戦 : カラパイア


4. 女性戦闘員同士に芽生えた友情


19_e0

 多くの敵を倒したロシアの凄腕スナイパー、リュドミラ・パヴリチェンコは、第二次大戦さなかの1942年、アメリカへ赴いた。アメリカ市民に戦争支援を促すためだ。

 パヴリチェンコはときの大統領夫人エレノア・ルーズベルトと共に全国をまわるツアーに乗り出し、女性戦闘員としての体験を分かち合った。エレノアとリュドミラはすぐにいい友人になった。

 メディアはパヴリチェンコのこうした活動を批判し、物珍しさだけで見ていたが、彼女はシカゴの群衆の前でスピーチした。

 「わたしは25歳で、これまで309人のファシストを殺してきました。男性のみなさん、あなたがたは、ずいぶん長いことわたしの影に隠れてきたと思いませんか?」

 アメリカツアーの後、パヴリチェンコはロシアに戻った。エレノアと再び会えたのはその15年後のこと。

 冷戦のため、パヴリチェンコの行動は制限されていたが、エレノアはモスクワに出向いて、パヴリチェンコの所在を突き止め、ボディガードをうまいことまいて、親友と再会したのだ。

・第二次世界大戦中に活躍したロシアのスナイパー女性兵士たちの写真をカラー化 : カラパイア


5. ボストンのクリスマスツリーにはすばらしい意義がある


20_e
image credit:Wikipedia

 1917年に起きたハリファックスの大爆発で、町のほとんどが破壊されたノヴァスコシアへ、ボストンが救援の手を差し伸べた。

 ボストンはいの一番にこの災害に応えて、汽車で食料や水、医療品を送った。これに対して、ノヴァスコシアの人たちは、1971年以来、ボストンへ毎年木を贈り続けている。この木は、ボストンコモン(ボストン中心にある公園)に植えられ、クリスマスのためにライトアップされている。



6.地震を乗り越えて絆を結んだギリシャとトルコ


25_e

 1999年、ギリシャとトルコは続けざまに大地震を経験し、互いに助けあった。

 両国には非常に長い年月にわたる敵対関係の歴史があるが、この協力が関係を改善するための重要な役割を果たした。

7. 奴隷所有者を支持するより飢饉を選んだランカシャーの人々


12_e
image credit:Wikipedia

 1860年代に深刻な経済危機を引き起こした、アメリカ・ランカシャーの綿花飢饉は、自らが引き起こしたものだった。

 労働者たちが、奴隷労働力を使って生産されたものだとして、南部の州から輸入された綿を使うのを一斉に拒否したのだ。

 アメリカはこのボイコットの意味を認め、ランカシャーの人々にリンカーン像を贈った。


8. 南北戦争時代、その身を投げうって北軍兵士を救った南軍兵士


13_e1
image credit:Wikipedia

 アメリカ南北戦争のとき、のちに"メアリーズ・ハイツの天使"として知られるようになったリチャード・ローランド・カークランドは、南軍の兵士だった。

 フレデリックスバーグの戦いのとき、彼は前線の境界を飛び越えて戦場へ飛び出し、北軍の負傷者や瀕死の兵士を懸命に手当てした。敵兵に水や毛布などを与え、できる限り励ました。

 敵方に銃撃されて命を落とす危険もあったのにだ。だが、北軍側も彼の行為に気づいて、発砲しなかったという。

追記(2018/06/11):一部本文を修正して再送します。
References:Incredible, Real Historical Events That Will Warm Your Heart/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
医学の力でナチスの裏をかき、多くのポーランド人を救った医師たちの物語


自分の命を投げ打って誰かを救おうとした人々の10のストーリー


信念を貫き、驚くべき自己犠牲で行動を起こした勇敢な人々の8つのアメージングストーリー


真のヒーローはあなたのそばに。見知らぬ誰かを助ける人々の映像総集編


スーパーヒーローは現実でもヒーローだった。ヒーロー役を演じた俳優たちは実社会でも人々を救い続けている

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 20:40
  • ID:7FEbipIY0 #

最後の「・いつの時代も「まだまだ世界は捨てたもんじゃない」心温まる歴史上の8つの出来事:カラパイア」って所押すと404エラー吐かれる(;´∀`)

2

2. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 21:05
  • ID:U2vJ0S5W0 #

犬ぞりの話は映画化されてなかったっけ?

3

3. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 21:34
  • ID:TRV5t4e00 #

イギリスに住んでる人のブログで見たんだけど2のロッカビーの町の上空は今でも航空機の飛行禁止なんだって。
それだけ傷が深かったってことなんだろうね。

4

4.

  • 2018年06月11日 21:52
  • ID:I9d2N6EW0 #
5

5.

  • 2018年06月11日 21:58
  • ID:PTwrKBSS0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 22:10
  • ID:xTBySlFS0 #

歴史から学べることは一つ。
人は歴史から学ばない。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 22:11
  • ID:7Z2TOIQu0 #

※3
メーデーとかで事件時のロッカビー見れば、よく解るよ。
家が有った場所が、深い穴になってたりしてるし、地上でも死者が出てるからね。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 22:12
  • ID:aZA8vxjV0 #

犬ぞりの話は本当にすばらしいね。
ハスキーはバカなんて言う奴にたたきつけたいね。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 22:39
  • ID:7Dl.G5IA0 #

7のランカシャーはイギリスじゃなくてアメリカだね。同じ地名があるけどね。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年06月11日 22:41
  • ID:mEUWsXiM0 #

橇犬のトーゴは日本海海戦の東郷平八郎から取った名前と、むーかし学研まんが『イヌのひみつ』で読んだような気がする

11

11. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 00:42
  • ID:E0pkBCQr0 #

やっぱりパヴリチェンコちゃんは能力者だったのね

12

12. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 02:40
  • ID:EyHVxFUn0 #

3って休戦してその後また戦争したの?
一緒に過ごした相手をまた敵と見なして殺すなんてできるのかな・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 09:30
  • ID:5hKMEaIz0 #

3と8
お互いに思いやる心がありながらどうして人間は戦争に進のか
愚かとしか言いようがない

14

14. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 09:51
  • ID:Rz3OWXfo0 #

戦争って一体なんなんだろう。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 10:38
  • ID:sROjWF4K0 #

※12
戦場では意外と普通なことのようで、同じ第一次大戦のガリポリ上陸戦でも英軍がタバコ等を敵陣に投げると、敵のトルコ軍からはお菓子等が投げ返されたりしてる。
第二次大戦の北アフリカ戦線でも、英独双方の衛生兵が同じ包帯所で並んでそれぞれの兵士の手術を行ったり、戦場で治療中の英軍兵士らを発見したドイツ兵が救急箱を手に駆け寄って治療を手伝った話もある。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 10:44
  • ID:TfuQt3DI0 #

※8
任務に忠実なんだよね。でも、犬ぞりで半日で千キロ以上移動できるモノなのか?

17

17. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 13:12
  • ID:sf5hO4840 #

※2
アニメ映画でしたね。
スピルバーグの。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 14:37
  • ID:baQeqcb90 #

※10
学研のひみつシリーズなつかしす
色々あっていくつか読んだけど、科学知識を解り易く解説してくれる良書だった

19

19. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 14:40
  • ID:fjUsjAGH0 #

人間も捨てたもんじゃないなと思うね。
戦争は政治家が外交に失敗して起こしていることだから。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 15:26
  • ID:Id3o4rGe0 #

飢えた人に銅像を送るとは素晴らしいジョークだ…

21

21. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 21:13
  • ID:FAjrwLpj0 #

クリスマス休戦については、当時の戦争当事国の各国政府が戦争は早期に終わる、クリスマスには自宅に帰って戦勝とクリスマスを祝おう!と志願兵を集めた結果、クリスマスになっても終わらない戦争に嫌気が双方の兵士に芽生えていたのも関係するんじゃないかな

22

22. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 22:23
  • ID:nfd.5jBW0 #

創作だけどメタルギアソリッドでスネークがグレイフォックスとの戦いについてその時の心情を語った場面を思い出した
兵士にとって殺し合いはなれるとスポーツみたいな感覚になるのではないか

23

23. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 23:43
  • ID:nMN8fBym0 #

上層の男達が始めた戦争に末端の男達が駆り出されてお互いに56しあい
一日の休戦でお涙頂戴か。
男ってお互いに首絞めあってバカみてぇっすね

24

24. 匿名処理班

  • 2018年06月13日 07:08
  • ID:LeFLau980 #

※8
何も考えてないから、極寒の吹雪の中、他の種の生き物のために身体を拘束されて重い荷物を何十キロ、何百キロも道なき氷原を命をかけて走破しろとか命令されて「やったるぜ!」ってなっちゃうんじゃない?

それでその、他の種の生き物というのはすごく性格が悪いからそれを「こいつらバカだぜww」って言っちゃうんじゃない?

人間は、犬を人類最高の友と呼びながらパピーミルで繁殖させるような生き物だからね。

25

25. 匿名処理班

  • 2018年06月13日 13:21
  • ID:1z36U3Fs0 #

※12
宗教絡みの戦争でなければできるんじゃないか

26

26. 匿名処理班

  • 2018年06月13日 16:41
  • ID:ZVwT9T1Z0 #

※9
やはりアメリカから供給される綿花を、イギリスのランカシャーで製綿していたのでは?
(参考)
"the support that the working people of Manchester gave in their fight for the abolition of slavery during the American Civil War.......By supporting the union under President Lincoln at a time when there was an economic blockade of the southern states the Lancashire cotton workers were denied access to raw cotton which caused considerable unemployment throughout the cotton industry."
マンチェスターのHPより。このころはマンチェスターもランカシャーの一部だったらしい。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年06月13日 18:33
  • ID:VexI8pAV0 #

戦場で聖夜を祝い合うって、いい話ではあるんだろうけど切なすぎるよな
いくら戦ってるとはいえ、やっぱり兵士は生身の人間なんだよな…と思わずにはいられない。

28

28. 匿名処理班

  • 2018年06月14日 09:51
  • ID:fMZ.eh9P0 #

※12
戦争をするのは兵士だが、戦争をさせるのは兵士ではない。

29

29. 匿名C処理班

  • 2018年06月16日 22:31
  • ID:3Wabpnrn0 #

戦争中の一時休戦は日本でも普通にあったみたいだよ。
戦国時代の話で農民が報酬目当で参加して、敵軍に親戚縁者や別の合戦で知り合った人と戦うフリをしたり、お偉いさんに見つからないように交代で休憩したり、うまいことやってたって。

30

30. 匿名処理班

  • 2018年06月20日 10:45
  • ID:SOf7fh5R0 #

人間も捨てたもんじゃないなって記事読んでコメ欄いったらこれだよ。なんか文句いいたがるんなんなの…もっとこう、悪いとこあるのは当然だけど、いいとこも素直に見ようよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク