00_e

 人は一人でいるときと、集団でいるとき、なぜかその行動が変わってしまう。実に理性的に論理的に考えているつもりでも、実際には何かに影響を受けている。

 そればかりか、人に押し付けられたバイヤスがいつのまにか自分に染み付き、それに寄せるような人格を形成してしまったりするのだ。「あなたはこういうタイプ」と言われ続けると、本当にそのタイプになるような行動を無意識にとってしまう。

 そこに人間心理の謎と興味深さがある。

 前回に引き続き、7つの心理・社会実験の結果を見ながら、人間の心の謎について迫っていこう。
 

スポンサードリンク

1. マシュマロテスト実験
(子どもの自制心と将来の社会的成果の関連性を調査)


9_e
article source:wikipedia

 心理学者ウォルター・ミシェルが1960年代末から70年代初頭に実施した、子どもの自制心や我慢に関する研究である。

 4〜6歳の子供に、椅子のそばにあるテーブルの上におやつ(通常はマシュマロ、ときおりクッキーやプレッツェル)が置かれている部屋に入ってもらった。子供はおやつを食べても構わないのだが、15分誘惑に負けず手をつけずにいられたら、2つ目のおやつをもらえると約束された。

 すると目を手で覆って背を向けおやつを見ないようにする子、机を蹴る子、お下げ髪を引っ張る子、ぬいぐるみのようにマシュマロを撫でる子、人がいなくなった途端に食べ始める子がいた。


The Marshmallow Test

 600人以上の子供で実験をした結果、即座に食べ始めた子は少数派だった。また我慢を試みた子のうち、誘惑に打ち勝ち2つ目のおやつをもらえたのは3分の1だった。またその成否に最も影響した要因は年齢であった。

 追跡研究では、2つ目のマシュマロをもらえた子(自制心のある子)は、その後の人生も上手くいく傾向が判明した(大学進学適性試験、学歴、BMIなどで計測)。


2. 偽の合意実験
(人はみな自分と同じことを考えていると信じ込むことを証明)


10_e7
article source:Persuasive Litigator

 研究者は、大学生に「ジョーズで食べよう」というお店の宣伝が記載された大きなサンドイッチボードを身につけて、キャンパスを30分歩いてもらえるか頼んだ。

 次いで、学生にこれを着ることに同意する人は自分以外に何人いると思うか推測してもらった。すると同意した学生は、ほとんどの学生が同意するだろうと答え、拒否した学生は、ほとんどの学生が拒否するだろうと回答した。

 つまり学生は自分がジョーズの宣伝に協力するかどうかに関わらず、他人も自分と同じ選択をするだろうと考えていたのである。

 これを心理学で「偽の合意効果」という。我々は大部分の人が自分に同意し、同じように行動するだろうと考えているのだ。


3. 透明ゴリラ実験
(集中しているとそこにあるものが見えなくなる)


11_e3
article source:theinvisiblegorilla

 白いシャツを着た3人と黒いシャツを着た3人がバスケットボールをパスし合う短い動画を観るよう指示されたとしよう。その間、あなたは黙って白いシャツの人が出したパスの本数を数えなければならない。

 すると途中でゴリラが登場し、中央でカメラの方向を見ると、胸をドラミングして、また姿を消す。この間9秒である。

 おそらくほとんどの人が直感的にイエスと答えるだろう。そんな目立つものを見逃すはずがない、と。だがハーバード大学で数年前に行なわれた実験では、半数もの人がゴリラに気がつかなかった。まるでゴリラが透明だったかのようだ。


 下の映像がその時のものだ。目的は、白いシャツの人が出したパスの本数をきちんと数え、正しい答えを出しすこと。それを前提で見てほしい。


selective attention test

 ここから2つのことが分かる。1つは、我々は思っている以上に周囲の出来事の多くを見逃しているということ。もう1つは、それほど多くのことを見逃している事実に我々は気がついていないということだ。


4. ホーソン効果実験
(物理的条件よりも配慮が生産性により影響を与える)


12_e4
article source:The Economist

 ホーソン効果とは、1955年にヘンリー・ランズバーガーが提唱したものだ。その実験のもともとの目的は、物理的条件が生産性に与える影響を知ることだった。

 被験者となったのは、ホーソン工場の作業員2グループだ。初日、一方のみのグループの作業場の照明を劇的に改善した。すると照明が改善された側のグループの生産性が劇的に向上した。

 そのグループの作業環境は、その後も変更され(労働時間、休憩時間など)、いずれの場合も生産性が向上した。何と照明を再び暗くした場合であっても向上したのである。

 変更を繰り返し、作業環境が最初の状態に戻った後でも、そのグループの生産性は工場内で最高のものに達しており、欠勤も激減した。

 ここから、作業員の生産性に影響を与えているのは、物理的条件の変化ではなく、むしろ彼らの作業環境に対してきちんと配慮がなされており、人から気にかけられているという感覚であった。

 このグループの作業員は自分たちが選ばれたことに喜び、重要感を感じていた。その結果、生産性が向上したのだ。この効果は、実験において、ただ研究されているというだけで被験者の行動が変化することを示唆している。


5. モンスター実験
(吃音はレッテルにより症状が悪化することを証明)


13_e4
article source:spring

 これはウェンデル・ジョンソン博士による実験で、吃音(きつおん:言葉につまってしまったり、スムーズに発話ができない、どもるなどの症状)の原因に関する従来の理論の誤りを明らかにすることが目的だった。

 1930年代、吃音の原因は器質性・遺伝性であるとされていた。もしそうなら、吃音を持って生まれた子にはほとんどなす術がないということになる。

 しかしジョンソン博士は、吃音というレッテルが症状を悪化させると考えていた。場合によっては正常な子まで吃音になる可能性もあった。実験はそれを証明するためのものだ。

 被験者として22人の若い孤児を集め、2つのグループに分けた。1つ目は「正常な話者」グループ、2つ目は「吃音」グループである。なお吃音グループであっても、実際に吃音だった子供は半分だけであった。

 実験中、正常な話者グループは肯定され励まされたのだが、この実験を悪名高いものにしたのは吃音グループに対する扱いであった。

 こちらのグループは吃音に意識が向くよう仕向けられた。吃音について講義され、単語を繰り返さないよう特に注意せよと指導された。

 孤児院の教師やスタッフらは、そうしたことを知らされずに吃音のレッテルを強化するために募集された人たちで、吃音グループの全員が本当に吃音であると説明されていた。

 この結果、吃音グループの正常な子6人のうち5人で吃音が生じるようになった。またもともと吃音だった子5人のうち3人の症状が悪化した。一方、正常な話者グループの子で実験によって吃音が悪化したのは1人だけであった。

 研究者は実験の影響力を強さを悟り、子供たちの回復を試みたが無駄であった。吃音とレッテルを貼られた孤児たちへのダメージは恒久的で、彼らはその後の人生でずっと吃音と付き合っていかねばならなくなった。

 目的は善意のものであっても、明らかに倫理的な問題のある実験である。2001年、実験が行われたアイオワ大学は正式に謝罪を表明している。


6. 「傍観者効果」の概念が生まれたキティ・ジェノヴィーズ事件


14_e4
article source:Psychology Today

 これは実験ではなく、キティ・ジェノヴィーズという女性が殺された殺人事件なのだが、その観察から「傍観者効果」という概念が提唱されることになった。

 傍観者効果は、例え緊急事態であっても自分以外に周囲に他人がいると、人は率先して行動をしようとしなくなる現象をいう。

 1964年、ジェノヴィーズはニューヨークの自宅アパートの表で刺殺された。犯行当時、周囲に人がいたのだが、助けようとした者はおらず、また警察に通報した者もいなかった。

 社会心理学者のビブ・ラタネとジョン・ダーリーによると、傍観者効果は、他の人が積極的に行動しないので、事態は緊急性を要しないと考える「多元的無知」、もう1つは、他の人と同調することで責任や非難が分散されると考える「責任分散」、もし行動を起こした場合、その結果に対して周囲からのネガティブな評価がくるのを恐れる「評価懸念」という3つの要因が関係しているという。


7. ボボ人形実験
(人間の行動原理は遺伝的なのか?社会的模倣なのか?)


15_e2
article source:explorable

 1961年にアルバート・バンデューラが行なった実験。人間のあらゆる行動が遺伝的要因ではなく、社会的模倣によって学習されたものだという彼の仮説を検証するために行われた。

 子供が模範である大人の行動を真似することを証明するために、被験者である子供は3つのグループに分けられた。

 1つのグループには、大人がボボ人形に暴行する場面を見せた。2つ目のグループには、大人がボボ人形で普通に遊ぶ場面を見せた。対照群である3つ目のグループには、大人の様子を見せなかった。

 その後、子供たちをボボ人形などのオモチャが置かれた部屋に入ってもらった。子供には、オモチャが他の子供のものであり、それで遊んではいけないと告げた。これはフラストレーションを感じさせるためのものだ。


Bandura's Bobo Doll Experiment

 すると暴行を見た子供はボボ人形に同様の行為を行うことが多かったが、他のグループの子はそうした攻撃性を示さなかった。また暴行を見たグループの中でも、特に男の子はそれを真似する傾向が強かった。

All translated by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
やっぱ見た目なのか。外見が良い人ほど知的に見える「魅力ハロー効果」(スコットランド研究)


ロシアとアメリカ、道端でうずくまっている人に対する人々の反応を比較する社会実験


いい人ほど人を傷つける?礼儀正しい人ほど暴力的で破壊的な一面を秘めている(フランス研究)


同調圧力に関する社会実験。皆と違っていても自分一人だけ正しい答えを選べるか?


専門家も首をかしげる世にも奇妙な精神疾患、脳疾患15の症例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 20:47
  • ID:hgb9WKZ90 #

つまり粗暴な両親の子供は、その両親に育てられたら将来粗暴な人間になるってことだよね

2

2. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 20:49
  • ID:IekLmfus0 #

傍観者効果で有名の有名事件は2007年に発生したサンダーバード号レ〇プ事件
40人乗客がいたけれどだれも通報しなかった

3

3. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 22:04
  • ID:7E16BQ.m0 #

6. 「傍観者効果」
都会の人は冷たい、とよく言われるのはこれのせいだと思う。
自分も一度炎天下の歩道で倒れて手を着いたまま動けなくなってしまった事があるけど、周りをぞろぞろ人が歩いてるにもかかわらず見てるだけで誰一人声を掛けてくれなかった。
これがもし誰もいなくて人が倒れてる所にたまたま一人で通りかかったとしたらまずみんな声を掛けると思う。

4

4. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 22:14
  • ID:0YVm69BF0 #

申し訳ないって思いがあるのかわからんね。

5

5. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 22:31
  • ID:FCky.zjM0 #

1.のマシュマロテスト、自制心のある子を成功者にしたいのなら、我慢したときに絶対に2個マシュマロを与えること。

あとで条件を変えられたら、明日の1,000円より今日の100円な人間になる。

うん、自分がそうw

6

6. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 22:35
  • ID:JZdOab380 #

ウォッチメンのロールシャッハ氏がヒーロー始める一因になった事件も傍観者効果でしたね

7

7. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 23:18
  • ID:BNbyrC.x0 #

>>3偽の合意実験のとうりになったね

8

8. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 23:27
  • ID:6Qu8sAC60 #

>ホーソン効果
QC活動なんていらんかったんや

9

9. 匿名処理班

  • 2017年12月15日 23:51
  • ID:2R8FIeou0 #

透明ゴリラ実験って言葉がパワーワード過ぎるwwwww

10

10. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 00:31
  • ID:0V4.wmA00 #

ただし皆がそうなるわけではない

11

11. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 00:54
  • ID:SEhBhGiy0 #

やっぱ環境的な要因ってものすごくデカいんだな
吃音の実験は特に興味深い

12

12. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 01:54
  • ID:8G7ASkCg0 #

乱暴な行為を子供が真似するやつが本当だとすると憂鬱だ
でも取り違えられた赤ちゃんの事件をみると絶対ではなさそう
貧乏な家庭の子供はお金持ちの家で育ってもいい子にはならなかった
逆にお金持ちの子は貧乏でもいい子に育った
これはこれで育ちじゃなく生まれで人は決まってるってことで暗い気持ちになるけど

13

13. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 02:44
  • ID:hsPVn5kT0 #

マシュマロテストはTEDで見ました。
一人、マシュマロの中だけくり抜いて食べた子がいて(つまり偽装した)、すごく可笑しかった。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 02:59
  • ID:9QY.arul0 #

※3
あなたが男性あるいは女性なら不細工ってことはないかな?
私は不細工女だ。体調悪くて倒れても誰もなにもしてくれない。世の中そんなものだと思っていた。
だがある日渋谷駅で友人(美人)が体調を崩し座り込んだときは(隣に私という友人がいるにもかかわらず)大量の男性が大勢集まってきて、あれこれ面倒見はじめた。
私は美人が普段どんな扱いを受けているのを始めて知り、眼から大きな鱗がボロボロ取れたぞ。
その何とか効果てのは若い美人のときは外れるんだ。

15

15.

  • 2017年12月16日 03:10
  • ID:2NNUB8U60 #
16

16. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 03:19
  • ID:htMGvBLu0 #

吃音の実験の被害は善意でのものだろうか?結果の予測つけてそれを証明するために実験するのでしょうに。
矯正できると信じていた点では善意だということか。
疫学実験に似ている。胸糞悪いです。

17

17. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 03:21
  • ID:QgnL3cZs0 #

こういう心理実験の記事をみると僕は、アイヒマン裁判のことをいつも思い出すんだ。
どうしたら人間は、思い描いた理想像に近づけるんだろう?
ともあれ、こうした記事はそれを考えるいいきっかけをくれてる気がする。
「信じるのは己の信じる正義のみ!」とか、「自分で見たものだけを信じる!」とか、某アニメの主人公みたいなことは、とても上司の前で言えないし、TPOで態度を変えないと空気読めない奴め!って総スカンくらう世の中だから、尚のことちゃんと考えなくちゃ!って思いました。(心の中でね!…もっとも日頃、自分の言ったことすら信じてないんだからそら、無理だわな…)

18

18. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 03:26
  • ID:.KqhiLH70 #

5. モンスター実験
(吃音はレッテルにより症状が悪化することを証明)

この実験で吃音でなかった子どもが吃音になり
しかも研究者が回復を試みたのにも関わらず恒久的に吃音と向き合っていかなくてはならなくなった事に衝撃を受けた

人生のほんのひと時に受けただけのレッテルが人生にここまで影響を与えるとは・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 05:29
  • ID:6hhhRZEh0 #

東京で信号待ちしていたら、大学生のスクーターが砂利で滑ってほんの目の前ですっころび、鞄の中身をぶちまけたことがあった
咄嗟ににいちゃん大丈夫かと駆け寄って、ぶちまけた教科書やら拾ってあげつつふと後ろを振り返ると、そこにいた20人ほど誰一人として動くことなく信号待ちを続けていた
転んだ大学生は擦り傷を少し作った程度だとは言え、微動だにしないその集団を見てマジかよ東京人と肌が薄ら寒くなった思い出

20

20. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 11:07
  • ID:1K4Db30U0 #

※5
それも追加実験してもらいたいね
約束されたご褒美を貰えなかった子供達がその後どうなるのか。

せっかくの子供の資質を親が歪めてしまう可能性の実験もすべきだ

21

21. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 12:13
  • ID:.PIgTqQ00 #

>特に男の子はそれを真似する傾向が強かった
つまり行為そのものは遺伝的にインプットされたものじゃないけど、性格的な攻撃性は遺伝的に持ち得ているということだな

22

22. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 12:16
  • ID:vPmKzETz0 #

(なぜ被験者がこの実験している奴に実験していると思わないのか。あと心理なんて10年もすれば変わるからな。つまりこの実験は科学っぽいことを言って憂晴らしのルサンチマンだからな。)

23

23. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 13:17
  • ID:ysGmrgKy0 #

パス回しゴリラの動画、なぜか「ちくわ大明神」「誰だ今の」のコピペを思い出してしまう

24

24. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 13:29
  • ID:Fg6TgBC20 #

6の傍観者効果については事件自体が捏造なんじゃないかって話がある。「超ヤバイ経済学」スティーブン レヴェット著に詳しい。参考まで

25

25. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 16:38
  • ID:9QY.arul0 #

吃音実験に関連するかどうかわからんが

子供のころ兄がよくふざけて吃音のふりをして遊んでいた。
母が「ドモリのふりをすると本当になっちゃうんだよ」と叱りつけた。
吃音ごっこをしているうちに本当になってしまった子を見たことがあるんだって。
ワリト簡単におきてしまう疾患なのかもね。
子供の脳は脆弱なので正しく導くことが大人の務めだ。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 17:52
  • ID:wdXuZ08P0 #

ゴリラの動画は前に見たことある。

錯覚の動画とだけ聞いていて
パスの回数を錯覚なんかでごまかされないゾ!
と意気込んで数えてたんだが、
本当に、ゴリラが出てきたことなんか気が付かなかった。

種明かし後は、
どうみてもゴリラに気が付かないなんて出来なくなっていた。
不思議。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 18:02
  • ID:CuQFUpsx0 #

2番は、サイレントマジョリティとかでアンケ結果を覆したアレか

28

28. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 19:32
  • ID:4cDe8J1X0 #

英国王のスピーチって映画でどもりを克服する話が有った。
大きな雑音下では(自分の声が聞こえなければ)どもらなかったので、これを突破口にして克服してた。
全員に当てはまる話ではないだろうけど。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年12月16日 20:31
  • ID:wdadyhOS0 #

※13
頭よすぎて震える

30

30. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 01:13
  • ID:ZNoi7R.T0 #

モンスター実験、自分は「励まされたグループからも1人は悪化した」ことが興味深いな。
多くの子は励まされると治るけど、それじゃダメな子もいるんだよなって。
そしてレッテル貼られた子達がその後ずっと治らなかったことを考えると…
一度深く傷付いたら、もう治せなくなってしまうこともあるんだろうね。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 01:33
  • ID:ryXzmg0i0 #

※12
あれは逆に、生育環境の影響が大きいと思った。

長男のために誂えた上等の産着が
粗末な物に変わって返ってきたことを
母親はずっと不審に思っていて
「あの子だけ(うちの子とは)違う気がする」
とか漏らしていたそうだし、兄弟の中で一人だけ
顔立ちが似ていないのにも違和感を持たれていた。
金持ちの跡継ぎという責任を負う立場にありながら
事ある毎にそういう疑いの目をチクチク向けられて育てば、
そりゃ当然に親兄弟への反感も湧くだろう。

一方で、貧乏な家の末っ子として育った方は
今でも高齢になった兄の家へ時々食べ物を持って行ってたり、
金銭的には恵まれてないながらも
家族は仲良く暮らしてきた感じだった。

32

32. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 03:26
  • ID:Zt.dbm810 #

自分はゴリラに気付いたよ。
なんでゴリラが出てくるのかからかわれてるのか全くわからん、なんか間違ったものを見てるのかとか色々考えちゃって、パスの回数とかすっ飛んでしまった。

自分は子供のころからこの手のものにまず騙されることがない。
みんなで決めたことでも「〇〇だから嫌だ」といって周囲を白けさせる人間だった。
中学時代の教師も「この子の変わった点」として親に説明していたそうだ。
アスペ気味なのと関係があるのかな?

世にネットができてからだけど、前から評価をえていたものについて掲示板上で次々矛盾点を上げ始めて、今ではそちらにたいする批判がかなり強くなった。
批判してる多くの人が自分が指摘した点をあげている(つまり世論を自分が作ったと自負してる)
空気を読む能力がないことは別な意味で面白い。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 08:08
  • ID:MUts.Icu0 #

ホーソン効果おもしろいね。
自分自身にこれを仕掛けることは難しいけれど、他人に気にかけられている、重要視されていると、思えるとやる気が湧いてくるのは経験上知っていた。
これに名前が付いていたということは、確かな仕組みと、効果があるってことだ。
人間のパフォーマンスは気持ちで変わるんだなぁ。
オリンピック選手もメンタルトレーニングするわけだ。それは別かw

34

34. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 11:35
  • ID:boQdz.jA0 #

※14
ご友人はそばに※14さんがいてくれて心強かったと思うよ。善良な男性諸君には悪いけど、渋谷駅を一人で移動中に体調崩して座り込んだら見ず知らずの大量の男性が大勢集まってくるの想像するとちょっとこわい。

35

35. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 16:49
  • ID:lESLWUFt0 #

※13
ははは。
その子は将来、政治家か官僚だな

36

36. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 19:22
  • ID:TSd3rbV10 #

※7 貴方も偽の合意実験の通りになってるよ。ププ。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年12月17日 19:25
  • ID:TSd3rbV10 #

※14
横にあなたがいたからたくさん人が寄ってきたんですよ。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年12月18日 13:20
  • ID:icW8Lgdv0 #

※32
マイナス評価多いけど、いい線いってる考えだと思う

39

39.

  • 2017年12月18日 17:48
  • ID:EvSENp5I0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2017年12月18日 21:19
  • ID:0Z.Wod0b0 #

※32
私とちょっと似てるかもしれない。
小さい頃から他の子と物の見方、考え方が違って、そのせいで周りから変な目で見られたりいじめられたりしてコンプレックスになっていたけれど、大学院を卒業する時、研究室のボスに「あなたの一番素晴らしいところは、他人と違った視点で物事を見られるところ」と言われて、私はこれで良かったんだ! とやっと救われた気がした。
みんながみんな同じように考えていたら、ゴリラどころかもっと重大なことに誰も気づかないかもしれないし、倒れている人を誰も助けず見殺しにしてしまうかもしれない。私もあなたも、きっと今のままでいいんだよ。

41

41. 匿名処理班

  • 2017年12月19日 17:37
  • ID:KXuwR7WP0 #

※3
助けてもらえなかったのは傍観者効果だろうね
ただ都会の人間が冷たいってのはスルースキルないと都会で暮らしていけないからだそうだ
逆に田舎の人間が陰険ってのも直接的な表現だと問題がおこるからだろうね
※14
あー目的のある親切ねwしゃーないwでも美人は男が寄ってくることでトラブル多いし
色々大変そう。全員と付き合うわけじゃないから寄って来てもあんまり意味ないし
好きなファッションできない場合もあるからね色っぽいファッションはとても出来ないという

42

42. 匿名処理班

  • 2017年12月21日 03:15
  • ID:N093wfrg0 #

※32
多分悪く聞こえる言い方になってるだろうけど
「指示されたことは無視して自分のしたい行動を選択する」
というタイプの人なんだね

「みんなで決めたのでこうしましょう」→「嫌です、こうしたいです」
「錯覚にだまされないように注意深くパスの回数を数えろ」→「嫌です、他の部分も見ます」

43

43. 匿名処理班

  • 2017年12月25日 12:08
  • ID:qV4bkF1b0 #

※32
その"掲示板"においては普通のキャラだし空気読めてるんだろ
だから意見が認められる
自己顕示欲を露わにしてるが、同じようなことをして同じように思ってる奴も多いだろうな
結局は、ほとんどただの視点やスタンス、価値観の違いであって、空気を読む能力なんて実在しないだろう

情緒より論理を重視する傾向、他者より自分を重視する傾向が強い みたいには言えるだろうが、アスペ・自閉症者だけが独特な意見を言えるわけでもない
大抵の人は、無意識的にではあるが、ただ時と場合によってスタンスを変えてるだけである
この言い方は嫌いだが、本当に頭のいい人はそれをもっと上手く使い分けられるのだろう

コミュ力のなさ、他者への興味のなさ、自己中心的な態度を自負してるような人間が、何を求めてか堂々と人前に出てくるのは不思議な話だな。矛盾とも言える

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク