0_e3

 働きアリはみんなが必ず働いているわけではない。実際には働かないでさぼっている「怠けアリ」が存在する。

 2015年、米アリゾナ大学の調査によって、アリの巣の働きアリのかなりの数が1日の大部分を何もせずサボって過ごしていることがすでに判明していた。

 研究室で飼育しているアリの巣の観察からは、季節・アリの巣・種で違いがありつつも、なんと平均40パーセントもの個体がほとんど働かないことが分かっている。

 こうした傾向はアリだけでなく、ほかの昆虫やミツバチにおいてすら見られるという。だがそれにはこんな理由があるのだそうだ。
スポンサードリンク

働いていないアリは予備の労働力だった


 『PLOS ONE』に掲載された最新の研究では、ダニエル・シャルボノー(Daniel Charbonneau)氏らはそうした怠けアリが予備労働力であることを証明した。

 活発さが上位20パーセントの働きアリを取り除いてから1週間もすると、これまで怠け者だったアリが働き出し、失われた労働力の埋め合わせをしたのである。


仮説はあったが実際に確認されたのは今回がはじめて


 怠けアリについては、産卵のときに消費する生き餌説など諸説あり、労働力の控えではないかという可能性もかねてから疑われていた。しかし実際にそれが確認されたのは今回が初めてのことだ。

 観察にあたってシャルボノー氏は、アリの頭・胸部に点を1つ、腹部に点を2つマークし、その色と位置で個体を識別した。

0_e3
マーキングされたアリ image credit:Daniel Charbonneau

 研究室で観察されたアリは、北米に生息する茶色の小さなアリ”Temnothorax rugatulus”という種で、その巣は高地に作られる。

 自然環境における観察はほとんどされておらず、この種の生活史はほとんど分かっていない。そのため自然における働きアリがどの程度の頻度で入れ替わっているのかも不明だ。

 しかし5年以上の寿命があり、越冬中に雪で命を落とす個体がいることを考えると、それほど時間はかからないだろうとシャルボノー氏は推測する。


2_e2
人工巣の中のアリ image credit:Matt Velazquez


怠けアリ・散歩アリ・調達アリ・保育アリの4つに区分される


 アリを撮影した映像からは、「怠けアリ(lazy ant)」、ほとんどの時間巣の中をウロウロしている「散歩アリ(walker)」、餌や建材となる小石を集めるなど外部の仕事をこなす「調達アリ(forager)」、子供の面倒を見る「保育アリ(nurse)」の区分があることが分かった。

 怠けアリの場合、ほかのアリよりも腹部が膨張している傾向にあり、それが生き餌という役割を担っている可能性もあるという。ただし、それが原因であるのか、それとも怠惰な生活の結果であるのかどうかはまだ確かめられていない。

1_e3
巣の中で働くアリ image credit:Matt Velazquez


怠けアリが働きアリになっても働きアリが怠けアリになることはない


 なお不活発さで上位20パーセントの怠けアリを取り除いてみたが、働きアリが彼らに入れ替わるということはなかった。つまり怠けアリが働きアリになることはあっても、その逆はないようだ。

 シャルボノー氏の推測では、子供のアリは体力がないため怠けアリとしてゆっくり過ごし、働きアリが死んだタイミングでそれを補うのではないかとのことだ。

via:journals.plos / physなど

 怠けアリが働きアリになっても働きアリが怠けアリになることはない...なんかすごい哲学的な深い言葉を突きつけられた感があるが、働きアリに関しては北海道大学の長谷川英祐博士も様々な研究を行っており、働くアリだけのグループにしても働かない個体が現れることを確認している。でもそれって今回の研究の「働きアリが怠けアリになることはない」とは矛盾しているようだね。

働くアリだけのグループにしても働かない個体が現れることが証明される(北大研究)

 社会生活を営むという上で人間社会ともリンクするアリ。こういった研究は新たな事実が判明しこれまで正しいとされていたことが塗り替えられていくのは通例なので、現在は労働備蓄要因であり、自宅を絶賛警備中のニートたちは今後の研究結果を見守っていくといいと思うんだ。

あわせて読みたい
働くアリだけのグループにしても働かない個体が現れることが証明される(北大研究)


働かないアリの方が働きアリより長生きする。それでも働きアリは過労死するまで働き続ける。(琉球大学研究)


「なまけアリ」の存在の重要性が確認される。「はたらきアリ」だけだと集団破滅


世界初の「遺伝子改変アリ」で、その複雑な昆虫社会の進化を解き明かす(米研究)


アリの脳を書き換えて行動を変化させることに成功。将来的には人間にも応用可能と科学者(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:03
  • ID:91Fr8jZX0 #

過労死する奴はどうあっても過労死するのか…(絶望)

2

2. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:04
  • ID:xShItHw60 #

ニートは正当化された

3

3. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:13
  • ID:4Zd.IvvE0 #

× 働きアリの約40%はまったく働らいていないが、それにはこんな理由があった(米研究)

○ 働きアリの約40%はまったく働いていないが、それにはこんな理由があった(米研究)

4

4. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:17
  • ID:eofjUWbK0 #

明日から本気出す(必要になれば)

5

5.

  • 2017年09月15日 09:18
  • ID:I4tiBRw40 #
6

6. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:22
  • ID:6Z8TW6JU0 #

一方、日本は全ての社員を働かせた。

7

7. ワニさん

  • 2017年09月15日 09:25
  • ID:YCFyrLLi0 #

 恐らくアリさんにもアリっこ関係が難しい問題があるのワニじゃろうね

8

8. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:34
  • ID:OrMCRyK20 #

巣の外に食べ物を取りに行っている時に、突然の大雨などで、働いてるアリが全滅しかねない災難が発生したとする。全てのアリが働いてると、働きアリが全滅し、結果として巣全体の滅亡につながる。
怠けアリがいると、働きに出てるアリが全滅したとしても、最低限の働き手は確保しておける。
というリスク管理の一環じゃなかったっけ?

9

9. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:44
  • ID:BND8Fh020 #

怠けアリの腹が出てるとかw

10

10. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:47
  • ID:SQtx.Fwo0 #

見た目が変わらない相変異みたいなもんかな?

11

11. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:47
  • ID:EYn2JB2E0 #

いつか俺が本気を出しさえすれば、働き蟻には、すぐなれる。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:49
  • ID:x.NN66dH0 #

いまさら働き蟻に戻れる気がしないのですが……

13

13. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:51
  • ID:apxP2fAi0 #

生き餌説ってなに。怖い…

北大のを読んでみたら年齢も関係ないってあるから、論文の内容からするとこっちの方が詳細に調べてると思う。アリの種類にもよるだろうけど、多分怠けアリを取り除いてどれぐらい期間をあけて調べたかで結果が違ってる気がする。つまり怠けアリから頑張りアリへの転換には、社会復帰のための時間が必要。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 09:58
  • ID:V1D.nx8s0 #

※3
ゲームのデバッグのバイト思い出したw
細かいトコよく見てるね^_^

15

15. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:04
  • ID:FpZM6puP0 #

余力を引き出せないのは社会が未熟だから

16

16. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:05
  • ID:SXYQAZum0 #

アリですら終身雇用なのに…

17

17.

  • 2017年09月15日 10:09
  • ID:fVbpBApA0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:11
  • ID:h4aFtNlK0 #

つまり尻に火がつけばニートも働き出すってことだな
人間がアリ化しているだけの事だったのか

※6 壊れて働けなくなったら他を雇えばいいのよ
予備を置く必要が無いだけ

19

19. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:14
  • ID:GGnGvGRc0 #

すべからくの使い方が盛大に間違ってる
×すべて
○ぜひとも

20

20. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:18
  • ID:.Qm9ArHo0 #

減らすんじゃなく足せば怠けアリ率増えそう

21

21. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:24
  • ID:oFwyzxvP0 #

> 働きアリはみんながすべからく働いているわけではない。

すべからく(須く)は『全て』と言う意味ではないですよ.

22

22. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:28
  • ID:RIPksfJP0 #

群れで一つの生命体だからな
動物の体のなかの白血球だって全部フル稼働はしていない
でも消耗したら活動してないやつも作業に参加する
何があっても働きたくない人間のナマポやニートを正当化させるような存在ではない

23

23. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:35
  • ID:UouwiK1B0 #

一億総活躍w→予備労力なし
少子高齢化→予備労力なし
移民で労力を賄おう→ヒアリでも交配させるの?

もう壊滅カウントダウンじゃないですかー

24

24. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:41
  • ID:Xu0erjSU0 #

今の日本は働き者のアリが消えても、怠けアリが働き出すとは思えない。
経営が悪い、管理が悪い、社会が悪い、
(与えられた)餌が労働に見合ってないーって言いながら死滅しそう。

25

25.

  • 2017年09月15日 10:44
  • ID:ppUdGbvE0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:52
  • ID:W9beM9GH0 #

アリ一匹一匹にマーキングして行動を追跡したのか。すごく根気のいる研究だと思う。こういう研究がもっと評価されてほしい。

27

27.

  • 2017年09月15日 10:52
  • ID:7YYb2N910 #
28

28. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:56
  • ID:ttfljX7d0 #

怠け蟻が減っても働き蟻から転向しないってのは予備兵力はあくまでも予備って事であって、
単純に、巣の中で働き蟻の総数が決まってるから、働き蟻が減ると予備兵力である怠け蟻が働き蟻に転向するってことなんじゃね

29

29. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:57
  • ID:L8tABTQG0 #

”働き”アリならすべからく(当然)働いてるんだと思ってたら違いますよ
って意味でなんら間違ってないと思いますが

30

30. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 10:58
  • ID:vt74RMVH0 #

※19 ※21
ここに、「正確だけど中身のない話」と「多少ちがっても自分で補正できておもしろい話」があります。あなたはどちらを取りますか?

結果はいまさら大人が言わんでもよろしかろう、と愚考いたします。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:03
  • ID:jR1vY5JE0 #

シャルボノー氏が研究で使ったアリと北海道大学の研究で使ったアリは同じ種類のアリなんだろうか?

32

32. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:06
  • ID:KbVhBUBG0 #

働けど働けど我が生活楽にならざりじっと手を見る
〜石川啄木〜

33

33. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:06
  • ID:MQ1X9oF00 #

働かないアリはどやって生きてる?
奴らの社会は、ベーシックインカムなのか。

34

34. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:16
  • ID:h6UAPu6o0 #

※21
「当然」の意味で使ったんじゃないの

35

35. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:24
  • ID:aCajC.8N0 #

いやニート関係なくねw
そうじゃなくてこの40%って、人間で言えばとっくに労働力になり得るのにそれを猶予されている10歳前後〜20歳前後の若者たちに相当するんでしょ。働きアリが寿命や自然環境で死んだときにより若い世代に交代するという仮説なわけだから
人間のように定年があるかどうかは謎だし雄雌の役割こそ大きく違えど、幼体を除く残りの部分の40%が労働を猶予されているというのは人間社会にも通じると思うね。まぁニートもそのうちの一部と言えばそうなんだが

で、怠けアリだけを20%取り除いても必要な仕事量は変わらないんだから働きアリが減ることは無いし、働きアリだけを抽出すればその群れの規模に応じて必要な仕事量と予備労働力として確保できる人数が決まるんだから怠けアリに変貌する奴らもいる。設定されている条件が違うだけで何も矛盾してないと思うが

しかしこれって化物語のオーディオコメンタリーの話にようやく研究成果が追いついてきたってことで良いんだよね?

36

36. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:26
  • ID:rMyDgk4w0 #

※21
横から失礼
こういうことか。
 
[副]《動詞「す」に推量の助動詞「べし」の付いた「すべし」のク語法から。漢文訓読による語》多くは下に「べし」を伴って、ある事をぜひともしなければならないという気持ちを表す。当然。ぜひとも。「学生は須く学問を本分とすべきである」
 
自分も誤用してた。
ありがとうございます。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:32
  • ID:vzgtzO.j0 #

アリは集団で1つの個だけど
人は一人で1つの個

人の細胞のひとつひとつの働き=アリの集団

38

38. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:34
  • ID:enLWZ94C0 #

アリやハチといった社会性昆虫というのは、集団で1生命体なんだよ。

人間の場合、ご飯を買いに行く途中に雨を降ったら、途中変更して、雨対策を判断できるけど、

アリの場合は、ご飯を取りに行く指令と、雨対策への指令は別々だから。
だから、タイムラグの予備役として待機してるアリが存在してる。

39

39. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:35
  • ID:MAFZrqX10 #

働きアリが怠けアリになるかどうかの点については
長谷川博士の研究では働きアリだけにしたのに対し
シャルボノー氏は怠けアリを20%しか取り除かなかった事の違いがあるから
その差が出てるのかもしれない

40

40. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:37
  • ID:3c0zoWod0 #

即時待機の蟻。働いてないかも知れないが、遊んでもいない。

41

41. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:38
  • ID:Ks8vbAaC0 #

散歩アリは巣の見回りとかをしているのだろうか
見回りアリとかの方が名前が合う気がする

42

42. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:43
  • ID:Up.ATri40 #

ブラック企業か年中戦争してる感じだな死んだら次の奴隷を入れればいい社会的に洗脳して一度仕事をしたら辞めれなく死ぬまで続けなくてはならない40%の中に司令官や社長とか偉いさんがいるかもなw

43

43.

  • 2017年09月15日 11:53
  • ID:RgdQ8naN0 #
44

44. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 11:58
  • ID:tZTAyvMA0 #

研究結果を見守っていくといいと思うんだ。
って最後急にフレンドリーな感じになった。

45

45. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:05
  • ID:dkaPlLJI0 #

※6
君、大企業を知らないね・・・

46

46.

  • 2017年09月15日 12:06
  • ID:dkaPlLJI0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:14
  • ID:GjVVv6L70 #

アリはほとんどが同じ遺伝子の個体だからこういうことが成り立つのであって、人では成り立たないからニートの言い訳には使えないぞ

48

48. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:17
  • ID:6IjUjwyw0 #

怠け者はメタボ。人間と同じだなー
働き者のメタボもいるが…

49

49. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:26
  • ID:zwQ3f2Wd0 #

人体の細胞でもすべてが常に活動してるわけじゃないし・・エネルギーの効率が悪くなる。
というわけで、明日から本気出す

50

50. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:27
  • ID:Er37GvMM0 #

モラトリアム期間みたいなものなのかね

51

51. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:31
  • ID:dTLs4q.z0 #

きっと36協定まもれって、労基所がうるさいんだろ

52

52. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:39
  • ID:fkDulamK0 #

※2
家族が働けなくなったときニートが代わりに働き、家を支えることができればね…

53

53. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:52
  • ID:IFaF8jHA0 #

線虫の研究で、動き回って餌を探す個体と動かずに餌を待つ個体の違いは発現している遺伝子が違うという話があったが、それと似たようなものかな?
外の環境で遺伝子のスイッチがはいるなら面白い

54

54. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 12:59
  • ID:iewtEFWk0 #

※30
比較するもんが間違っとるよ。
間違いが正されたらつまらなくなるなんてないわさ。
比べるべきは「正確で面白い話」と「間違いがあって読者が補正する必要のある面白い話」だ。

どっちを選ぶかなんてわかりきってるね。

間違いなんて誰でもおかすものなんだから、自分で見落としたものについてはひとに注意してもらって修正するほうがいいだろ。
指摘したヒトが煽り目的でバカにしてるならともかく、まっとうな注意を煩がると向上しないぞ。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 13:16
  • ID:iewtEFWk0 #

※31
違う種類だよ。
長谷川先生のはCamponotus nipponicusで、この研究はTemnothorax rugatulus。
だからどっちかが間違ってるって話じゃない。

大雑把にたとえるなら、トラの研究とチーターの研究を比較するようなもんだ。
どっちもネコ科だから共通点も多いが、別の生態を持つ別の動物だ。

56

56. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 13:16
  • ID:sibVMACa0 #

つまりアリの巣は4割の不労者を抱えるだけの余裕を持っている、と
食料危機が起こって巣の存続の危機になっても4割をキープしておくのだろうか
そこが気になる

57

57. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 13:19
  • ID:iewtEFWk0 #

※39
そもそも蟻の種類が亜科レベルで違う。

58

58. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 13:25
  • ID:uCj9qxF40 #

すげぇな。
沢山の群れで意思は一つのようだね。
宇宙から来た機械説っぽい

59

59. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 13:59
  • ID:xw.jEWFQ0 #

そりゃいくら今ニートやってるやつでも飲み食いに困るレベルになったら動くだろ
現状で生活が崩れることがないからずっとニートなんだろ

60

60.

  • 2017年09月15日 14:00
  • ID:Hh1FamcL0 #
61

61.

  • 2017年09月15日 14:05
  • ID:H3elNhrc0 #
62

62. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 14:18
  • ID:cauefWBI0 #

最近は、非致命的な問題を指摘して越に入るのがトレンディなのか。

63

63.

  • 2017年09月15日 14:34
  • ID:6Z8TW6JU0 #
64

64. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 14:44
  • ID:tsW1sfMN0 #

※56
食料危機が起こったらその4割が食料になるから問題ないのかも

65

65. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 15:00
  • ID:knSb3CXP0 #

アリですら予備労働力を備えてるのに日本企業ときたら…

66

66. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 15:35
  • ID:wof.6vZj0 #

引きこもりもニートも時がくれば自動的にスイッチが入って働くようになるんだね。
種全体の視点でみればそういうことなんだろう。

67

67. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 16:13
  • ID:F3FRecNB0 #

※35
残念ながら定年などないのだ……そういう面ではかなり真っ黒

68

68. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 16:23
  • ID:5ksxpOVw0 #

蟻は個人の技術や知識が仕事にあまり影響しないが、人間はそうじゃないしニートに価値はない
刺身の上にタンポポ乗せる仕事が人手不足になれば別だろうけどな

69

69. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 16:41
  • ID:sa57cQLF0 #

そう、私はまだ動くべきではないのだ。

70

70. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 16:41
  • ID:QcJAHtpr0 #

引きこもりではないニート(精神疾患ではない
真性怠け者)ばっかり何十人も集めて山奥の廃屋に放置する実験をしたら、いつの間にか廃屋を修理し、料理を作り、洗濯をし、畑仕事を始め、自分の将来を考え始め・・・
ラストでただ1人最後まで何もしなかった主人公が「実験の成果」として表彰される短編漫画あったわ。

71

71. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 16:55
  • ID:VZJpoA5b0 #

働く人は怠ける人になれる。怠ける人が働く人になるとは限らない。

怠け者の言い訳で、蟻の話を持ち出す奴がいるけど使えなくなったな(笑)

72

72. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 17:10
  • ID:xnCEvSUC0 #

つまりアリは自分たちの所属している組織全体が、
今どういう状況にあるのかを正確に理解しているっていうこと?

ただの個にしか過ぎないアリが、
どうやって組織全体に起こる不具合を認識しているのだろう。

もしかしたら、最前線で働くアリの中に、
全体に向けて指令をだすアリがいるんじゃないか?

73

73. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 17:19
  • ID:i1SGEl0P0 #

彼らは全員家族

74

74. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 17:36
  • ID:taJ8l0er0 #

そうか、オレは予備だったのか。

75

75. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 17:38
  • ID:SNPanm7F0 #

効率の良さには種類がある
経済的な効率はその中の一つだけど、他にも沢山の物差しがある
マクドの高校生バイトが一人汗だくで店を700円で切り盛りして
そこに並ぶ50人は何もすることがなくぼーっと待ち続ける
これは経済的には効率が良いんだろう
でもこれが親戚の集まりなら、おばちゃん連中がお茶を用意し揚げ物を作り、
オッサンが机を動かし子供は座布団を並べてあっという間に50人皆でごはんを囲める
今の日本の「ケエザイ」の効率重視は他の物差しで見ると効率が悪い事もある

一握りの人が儲けを出すための効率
移民、原発、ブラック企業。
社長は儲けても社会全体で見ると迷惑、マイナスだったりする
悪だと言う気はないけど、あまりにもその力が強すぎると感じてる
たぶんこのアリは絶滅しないし、日本人は絶滅する。そう感じてる

76

76. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 17:51
  • ID:wut7xfpK0 #

「 一億総活躍社会 」って、死の行進に見えるね。戦時中の「 一億玉砕 」とほほ同じ意味だろうね。つまり今は戦時中で、破滅に向かっているということだね。

77

77. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 18:02
  • ID:vcDo.kkr0 #

※15
社会が成熟するほど余力を持つようになるんだよ

78

78. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 18:18
  • ID:ozxplP3x0 #

これNHKでやってたよ!

働く蟻だけを集めても、全く同じ結果になるって実証済みだから

79

79. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 20:20
  • ID:dxKoCD8n0 #

※68
首都圏ではそういう仕事も普通に人手不足なんで来てください

80

80. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 20:29
  • ID:6mO.X3Xe0 #

米3

働きアリの約40%はまったく働いていないが、それにはこんな理由があった(米研究)

アリの約40%はまったく働いていないが、それにはこんな理由があった(米研究)


働きアリは働いてるから、働きアリなのでは?
この記事の言葉の使い方的には。

81

81.

  • 2017年09月15日 21:11
  • ID:r18NcMGY0 #
82

82. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:16
  • ID:Fav4DV1w0 #

一部の自然界の法則が人間にも当てはまると考えるのは安直過ぎないか?
しかも働きアリといってもこの種だけの特徴かもしれない。第一5年生き延びるアリとなると珍しいのでは?
怠けアリの事例からニートの存在を正当化することは出来ないと思う。
野生動物は生き延びるために捕食する。
人間は野生を捨て捕食の代わりに社会性を手に入れて生き延びている。社会性を捨てたニートは生き延びる権利を自ら放棄していることと同義だと思うが反論出来るだろうか?

83

83. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:21
  • ID:uqtHfs950 #

怠けアリなんていない あれはムードメーカーである
盛り立て役といったところか
その手法は
・自らが怠けることにより「ああはなりたくねぇな」と他者を発奮させる
(自ら うつけ者を演じることで優越感に浸った他者は悦に入ってバカみたいに働くようになる)
・場の雰囲気づくりをする(このサイトのコメント欄のように)
つまり「働かずして勝つ」これが「大ニート論」である

84

84. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 22:29
  • ID:.43HUtRG0 #

普通に予備だろうな、虫はロボみたいに条件に沿って動くから
各業務についてるのアリのフェロモンの認識数が一定以下と検知した個体から代わりにその業務に就くとかじゃね?
つか代わりに働き出すってことは周囲監視を怠ってないわけだから怠けてないよな

85

85.

  • 2017年09月15日 22:42
  • ID:aAdK9.Uj0 #
86

86. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 22:50
  • ID:MQzTxYrz0 #

※68
菊なwデイジーなw殺菌なwタンポポてww
まあ黄色いからオッケィ(いいのか?

87

87.

  • 2017年09月15日 23:29
  • ID:VsAUR75P0 #
88

88. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 00:18
  • ID:c8s77.n00 #

この記事に励まされた 😃

89

89. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 02:40
  • ID:YsEdAk2O0 #

違う あれはコメンテーターだ(勿論ジョーク)

90

90.

  • 2017年09月16日 02:57
  • ID:idvNToFR0 #
91

91. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 03:30
  • ID:2Pb5yV3z0 #

※72
テレパシーでネットワーク構築してるといわれても逆に納得できるくらい、組織立って動いてるからなあ……
この辺は人間なんか目じゃないチームワークだよ

92

92. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 04:51
  • ID:H4y2XxQT0 #

お前らの存在理由が確定される

93

93. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 06:02
  • ID:mmjZC0lc0 #

キリギリスの様に生きて、アリの様に死ぬ。

94

94. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 08:32
  • ID:ttftBug60 #

現代社会では高齢者がなかなか現役を引退しないから
怠け蟻が働き蟻になるタイミングを逃しているのかな

95

95. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 12:51
  • ID:prnTjM4Z0 #

※94
働けよ(怒)

96

96. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 13:01
  • ID:4.fXcKFv0 #

※80 3は送り仮名の話してるみたいだけど?「働く」と「働らく」

97

97. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 14:49
  • ID:Y.RnSt6K0 #

疲労抜きしないと命中率下がるやん。大破進軍ダメ絶対。

98

98. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 17:37
  • ID:41vLoymX0 #

働いたら負けかなと思ってるw

99

99. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 18:53
  • ID:uoI.18Ab0 #

若いアリが怠けグループだとすると、ニートというよりモラトリアムじゃね
いずれにしろ、日本人より楽そうな社会生活してて裏山

100

100. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 20:27
  • ID:xTUQHE9Y0 #

もう働きアリになってしもうた

101

101. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 00:40
  • ID:lwSy74mL0 #

単に交代制なんじゃないのか?

102

102. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 23:06
  • ID:X1JNAZu40 #

日和見アリと名付けよう

103

103. 匿名処理班

  • 2017年09月18日 02:32
  • ID:BR27TFA80 #

宇宙人「とある種族をスタバとかいうところで観察していたんだが、エプロンつけて働いてるやつはほんの一割で、のこりの九割はコーヒー飲んでだらけてるだけの怠け者だったぞ」

104

104. 匿名処理班

  • 2017年09月18日 07:49
  • ID:Xj9FbCWE0 #

とてもわかる…自分より働く人がいたらなんかもうその人に任せるし、自分より消極的な人しかいない場合は自分が仕方なくリーダーになって指揮をとる。温存してる訳ではないけど、温存してるって事にしとこう

105

105. 匿名処理班

  • 2017年09月19日 09:08
  • ID:HPRo4evS0 #

なんとなくそうなった個体群が生き残ってるというだけ。
なぜ生き残れたかを考えるべきで、なぜそうなっているのかを考えるのは意味がないというか、よくある意味の後付けでしかない。

106

106. 匿名処理班

  • 2017年09月19日 15:23
  • ID:GzDz7f6J0 #

本当はシフト制で40%は休みやぞ

107

107. 匿名処理班

  • 2017年09月22日 10:46
  • ID:0yPx6x860 #

経営者「閃いた、上位20%の働きアリばかり集めればいい」

108

108. 匿名処理班

  • 2017年09月23日 20:20
  • ID:w.beaIt40 #

ミツバチのオスは働かないし唯一の役目は交尾のみ
巣の中で働きバチ(メス)がとってきた餌を食べるだけの穀潰し
故に餌が足りない時期になると真っ先に巣から追い出されるらしい

109

109. 匿名処理班

  • 2017年09月24日 13:16
  • ID:mpOYfnYW0 #

ある種のアリの話なのに、それをヒトに当てはめるのはやめましょうよ。ライフスタイルが根本的に違う生き物どうし比較してもしょうがない。

110

110. 匿名処理班

  • 2017年09月26日 16:50
  • ID:aQZZu4kx0 #

社会性昆虫では普通。アリは地中性なのでよくわかってなかったのが判ってきてるだけ。西洋ミツバチでよーく調べられてる。その変形に過ぎない。ぶっちゃけ残存寿命が短い順で危険な仕事をして、若い方がより安全で予備的な仕事をする。西洋ミツバチなら、外敵に真っ先に襲われる偵察要員→餌や巣材集め→門番→巣内労働(巣作り)→子育て→掃除→ニート(羽化し立て)。アリほど寿命は長くない(40日ぐらいしかないのが普通)のでニート期間はあるかないか。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク