00_e

 働き盛りの時、「今はそのときじゃないけど将来的に子どもは欲しい」そう願うビジネスウーマンは多い。アメリカのフェイスブックやアップルは、福利厚生の一環としてそういった女性を対象とし、2014年より卵子凍結保存給付金制度(卵子凍結の資金援助)を設けている。

 現在では、グーグルやウーバー、ヤフーなど、少なくとも12社以上のIT企業が同様のサービスを提供しているという。

 卵子だけではない。ヤフーでは2016年より、卵子だけでなく精子や胚の凍結保存及び解凍にかかる費用も補償しているそうだ。

 だが一方で、この制度は「女性は子供をもうける時期を遅らせることでキャリアに集中するべきだ」というメッセージにも受け止められるという批判もある。
スポンサードリンク

卵子凍結保存とは?


 卵子凍結保存は1回最低でも100万円はかかる。卵巣から卵子を外科的に摘出し、冷凍保存して将来的な利用に備えるという手続きだ。

 30代後半から40代の女性にとって自然な妊娠は難しい場合があるが、研究ではその方法なら50代でも赤ちゃんを授かることが可能であると示唆されている。


IT企業が福利厚生として資金援助


 卵子凍結保存に対する金銭的な支援制度を設けたのは、ハイテク企業としてはフェイスブックが始めてだ。アップル社もこれに追随し、今ではグーグルからウーバーやヤフー、インテルやeBayまでいくつもの企業がこうした制度を有している。

 IT企業は素晴らしい福利厚生を提供することで有名だ。美味しい食事やマッサージ、クリーニングといったサービスは、優秀な社員を引き寄せるためのものだ。

 また大抵は男性が多い職場であるために、女性が働きやすい環境作りも急務となっている。卵子凍結保存などを支援する制度は才能ある優秀な女性社員を雇い、働き続けてもらうために必要な手段なのである。


0_e19

IT企業から一般企業へ広がる動き


 サンフランシスコのダウンタウンのとあるビルの2階に、シリコンバレーで働く人々を顧客に持つIT企業ご用達の診療所スプリング・ファーティリティがある。

 白いおしゃれな待合室には、グーグル、フェイスブック、ヤフーといった企業で働く女性が座っており、患者数はますます増えているという。

 同診療所のピーター・クラツキー医師によると、ここでは体外受精から卵子凍結保存など、1ヶ月で90パーセントの処置を完了することができるという。患者は多忙であり、そのスケジュールに合わせた処置が必要なのだ。

 スプリング・ファーティリティの患者のほとんどはプロジニー社の紹介である。同社はIT企業で働く女性にアドバイスを与えるコンシェルジュのようなサービスを提供しており、企業と診療所の橋渡しをしている。

 プロジニー社ヘルスケア部門の責任者カリン・アジュマニ氏は、こうした先進的なプログラムを率先して取り入れたのはIT企業だが、今では他の業界も注目していると説明する。

 プロジニー社の社員の半分は最早IT企業を担当していない。まだ卵子凍結保存が実験的な技術とみなされていた2013年以前の状況を考えれば驚くべきことだという。

 アメリカでは従業員500名以上の企業の5パーセントが卵子凍結保存に関する制度を備えているそうだ。

1_e18

卵子冷凍に関する情報サイトが登場


 フェイスブック社とアップル社が卵子凍結保存制度の導入を発表して間もなく、サンフランシスコでは2つのイノベーションが起こった。

 卵子冷凍カクテルパーティ「#LetsChill」と「ガールズ・ナイトアウト」だ。どちらも女性に妊娠に関する情報を提供し、卵子凍結保存に対する偏見をなくすことを目的としている。

 アップル社やフェイスブック社の取り組みによって、今やこの技術がお茶の間でも話されるようになったのである。


卵子凍結保存に対する批判も


 しかし、こうした動向に懸念を示す人々もいる。「卵子凍結保存は女性に仕事に集中し、子供を作るのは後回しにしろとでも言っているかのようだ」と反対派は主張する。彼らによると、IT企業は良好なワークライフバランスの形成に注力すべきであり、必要なのは妊娠を遅らせることではなく、子育て支援なのだという。

 最近、アップル社が新社屋を公開したが、多方面から施設内に託児所がないという指摘がなされた。

 女性が卵子凍結保存に踏み切る理由は様々だ。キャリアを優先したい人もいるだろうし、病気を理由とする人もいる。


卵子凍結保存をする女性の本当の理由:
仕事優先というよりも現状パートナーがいないから


 2013年のアメリカ生殖医療協会の報告書によると、卵子凍結保存を行なった女性の80パーセントはパートナーがいないことを理由に挙げている。一方、職場環境の問題を理由にしたのは19パーセントのみである。

via:Egg freezing, so hot right now

 子供は欲しい。でもパートナーがいない。ならばまだ元気なうちに卵子を保存したい。そう願う女性もいるだろう。愛すべき人が見つかればその人との子どもをその時に産むことは可能だし、そして今の技術ならばパートナーがいなくても、精子バンクを利用して子供を生み育むことも可能である。

 あまり実感していなかったが、21世紀の技術進歩ってすごいところに来ているんだな。

あわせて読みたい
ジオエンジニアリングからキメラ、死者の復活まで、人が神の領域へと踏み込んでしまった10の科学プロジェクト


人類の終焉はデザイナーズベイビーによってもたらされる。子供の遺伝子操作によって人類の新種が誕生する可能性


人類が神にとって代わるとき。次世代の成長産業は人間を神にアップグレードするビジネス


ブラックマーケット裏事情。高値売買される15の人間や動物の生体パーツ


大丈夫なのか?アメリカでヒトと動物の遺伝子を組み合わせる「キメラ」研究が解禁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 20:42
  • ID:yvC8xkHu0 #

>>だが一方で、この制度は「女性は子供をもうける時期を遅らせることでキャリアに集中するべきだ」というメッセージにも受け止められるという批判もある。

別にキャリアウーマンじゃないけど若いときの卵子が保存出来てそれができるならいいと思ったんだけどな。
いつ自分が事故や病気になって婚期逃したとか妊娠不可能の体になったとか。なんて状況がくるか分からないんだし。それは男性にもいえるよね。
自分のタイミングで妊娠選べる世界のほうがいいなと思えるし(個人的にそう思ってね?)

2

2. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 20:54
  • ID:kb4ZdSwu0 #

本来は20代の体が元気な時に子を産むのが自然的で
わざわざ高齢人工妊娠に頼るようにする企業方針って変だ
それに50代で仮に人工妊娠できたとして、子が成人するのに
70代。ただでさえ50代でも体力劣ってるのに70代まで
育てる自信あるのか。最悪育つ前に親が寿命でくたばっても
不思議じゃないぜ

3

3. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 20:56
  • ID:iCmfsw430 #

社員の福利厚生っていうよりも素晴らしい開発者の遺伝子情報を解析して
数百年後まで優秀な開発者を安定供給するためのプロジェクトなんじゃねーかなと

4

4. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:14
  • ID:tjpw8qDI0 #

これって冷凍保存するときには社員でも、解凍したくなった時に
なんらかの理由で離職してたりした場合はどうなるんだろう?
自分持ち?元の会社持ち?それとも(同様の制度のある転職先なら)転職先持ち?

5

5. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:21
  • ID:T5W72z0z0 #

ええやん
卵しも精しも誰でも冷凍保存出来る時代が来ればいいのにね

6

6. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:21
  • ID:U1vs2WN40 #

内容よりすっごい雑な画像に引き込まれてしまった…

個人的にはいい事だと思うよ
若くして産むと卵子も母体も若いけど経済的不安が付きまとう
高齢で産むと金はあっても障害リスクと体力の限界がある
なら障害リスクだけでも減らせる手段を取るのはアリじゃないか?
教育資金も知識情報もティーンのデキ婚よりは余裕があるだろうしね

7

7. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:22
  • ID:HpYD9kYX0 #

とはいっても実際30代のような働き盛りに子供を持ったらキャリアに悪影響が出やすいのは事実だからな
忙しくて家政婦任せか放ったらかしの母親より50代でもキャリアを積んだ母親に育てられるほうが子供も幸せなんじゃないか

8

8. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:29
  • ID:7115owkO0 #

本能まるっと無視してる感じが近未来的で面白い。

9

9. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:34
  • ID:fMeoCadf0 #

実際子供を作るとなったら、代理母を使えばいいと思ってんのかな。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:43
  • ID:IHj0NHZO0 #

もっと生きやすい社会にするためにこう言ったオプションを増やすのは大賛成。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:49
  • ID:dtzOGc8X0 #

40前に体外受精の凍結卵子を数回戻した経験あるけど、着床したのに全部流れたよ。せーりかーって速さで。
結局、天然で出産出来ましたが。
若い卵子だからといって、絶対に出産にいたれるとは限らないと思うけど。
受精卵より凍結難しいんじゃなかったか?

12

12. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 21:57
  • ID:Oe64jLZa0 #

うちも数年前まで年間管理費を払って
卵子凍結保存してましたよ。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年06月08日 23:39
  • ID:wyX1ANvd0 #

どうせなら子供欲しいのに出来ない夫婦に譲れる制度も作れば良さそう

14

14. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 00:09
  • ID:u6z0R31z0 #

※2
>ただでさえ50代でも体力劣ってるのに70代まで育てる自信あるのか。最悪育つ前に親が寿命でくたばっても不思議じゃないぜ

マイナス評価ついてるけど、まさにこれ。自分は27の時に子供生まれて今45だけど、ホントに若いうちに子供作っといて良かったと思ってる。
年取ってから子供産むなら、体力や気力や健康をお金で補完できるだけの経済力がないとダメ。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 02:14
  • ID:8mF30F6y0 #

※8
安定した生活の上で育児をしたいのは本能ではないのかな?
私はこのサービスはやらないだろうけど、それは私自身特別優秀な才能もお金も無いから選択肢として選べないだけで、「安定した財産、健康、自ら望んだ伴侶を持っての子育て」は女性としては喉から手が出るほど欲しい。どれも蔑ろにしたく無いっていうのが自分の一女性としての素直な欲望だし、それを叶えられる立場にいる人達には叶えて欲しいと思う。誰もみんな望みを叶えるためにキャリアを積んでるんでしょ?

産まれた頃には高齢っていうなら、二次性徴期から卵子を保管出来て、その間にキャリアを積む体制が出来るのが最高っていうのが一女性としての自分の意見だけど、そんな体制は世紀を跨がないと実現しないだろうな…。
私も彼氏探さなきゃ…

16

16. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 02:34
  • ID:cybO.hzM0 #

何をしても女性差別に結びつける勢力がいることは残念です

17

17. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 05:08
  • ID:edqlx02.0 #

固定観念イクナイ!!
体外でもお手軽に保存出来るんなら保存しといて貰えば良いじゃない!
本当に、この世の中何が有るか分からないんだから!
例えば、いきなり卵巣がんになってしまったとしたら、将来はいずれまだ見ぬ素敵なパートナーとの我が子を、と望んでいたその患者女性にとっては、卵子を保存しているかしていないかで、マジで180°も未来像が変わるでしょ?そうでしょ?

卵子という希望を、予期せぬ事態に備えて予備軍として切り札として、残して措くと考えれば良いんだよな

18

18. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 06:07
  • ID:.T.iNVMC0 #

いい制度だと思う。若い時の卵子が凍結してあればキャリアに集中できる。
妊娠できづらくなるのはやはり卵子の劣化が大きな問題で
不妊治療を受けている人のほとんどが「年齢」らしいので(自分も含む)。
一年でも、1日でも若ければ妊娠の可能性は格段に上がる、と
自分自身IVFドクターに何度も言われたこと。
(米在住です)

※13
アメリカでは凍結した卵子を解凍して受精させて、
受精卵として体内へ戻す時に余ったそのほかの受精卵を
研究用に役立てるか、ドナーエッグとして役立てるか等々いろいろ確認されるから
卵子についても同じかと。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 09:11
  • ID:07LraT0K0 #

若い時に妊娠出産を選択しても生涯賃金が変わらないようにする方法、何かないかな〜。働きながら産みながらなんて、マリアテレジアさんじゃないからムリよー。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 10:52
  • ID:x24ujzFb0 #

こういうのにすぐ批判する層ってなんなんだろな
色んな人生があるんだし、使いたい人が選択すればいいだけの話で、全ての女性・夫婦にこれを使うべきって強制してるわけでもないのに

21

21. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 12:56
  • ID:PZnV4DJB0 #

社会をよくすることも、保険(保存)をかけることもどっちも今から取り組むといいでしょう!

22

22. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 14:30
  • ID:4S31Phv30 #

何やっても差別なんじゃないのかこれ

23

23. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 14:57
  • ID:89Jde68i0 #

「育児しやすい方向こそ支援すべき」っていっても
高給IT企業に就職するような女性が、一番若くエネルギッシュな時に
2年は仕事から離れなきゃならない妊娠を望むのかどうかだよ
つーか両方支援すりゃいいじゃん?ウィンウィンじゃん?
どうして白か黒しかないんだろうねえ

24

24. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 15:33
  • ID:z4gvnGNK0 #

卵凍結をするなら、種の凍結も男性側はしないと。種は劣化しにくいと思ってる男多過ぎ。
他には上の※にもあったけど母体が健康で体力が無ければ卵だけ若くても子育てする体力が厳しい。
病気になる事もある。高齢出産になる年齢ってのは人間の身体が色々ガタが出始める時期なんだよ。
卵子凍結で可能性を広げるのも良いがそれなら体のケアも欠かさないようにしなければ。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 15:52
  • ID:wmOxW2h.0 #

※8
人間は生物学的には18歳前後が一番体力があるそうなので、15で元服してっていう昔の制度の方が生物学的には正しかった(平均寿命が今よりずっと短かったってのもあるけど)
社会制度的には現代のシステムが合っているけれど、生物学的には現代ですら本能無視ではないかと

26

26. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 18:24
  • ID:Scg5fy2W0 #

企業がすべきなのは、女性が働きながら子供を産んで育てられる環境を作ることでしょ。利益優先で、まるで人を自分の思い通りに働かせるロボットか何かのように考えているようで不快だな。子育てには体力的にも精神的にも適した時期があるでしょ。そこをずらしてしまうことは、子供の発達にとっても不幸なことかもしれないね。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 19:07
  • ID:H.jyhxad0 #

※2
私も同じ意見
親は自分の都合だからどうでもいいけど、
子供は成人する頃には親の老後や別れを考えなくてはならない
兄弟が居てもたいへんなのに、もし一人っ子だったらとうてい耐えられないわ

28

28. 匿名処理班

  • 2017年06月09日 20:35
  • ID:an6ylS6H0 #

※2
体力は衰えてるが、その代りに子育てに必要な潤沢な資金はありそうだ。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 11:23
  • ID:8yOTuJZQ0 #

パートナーがいないんじゃなくてパートナーを見つける時間を取らせて貰えないんじゃないかな

30

30. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 12:28
  • ID:.Wu.1Mm50 #

体力も頭の柔軟性も、ピークは働き盛りの若い時。だからこそ!そのピークに子育てをするという選択もある。
自分にもっと子供の気持ちを察する柔軟性があれば!遊びにとことん付き合える体力があれば!自分以上の存在になるかも知れない、可能性の塊を前にしたら私はそんな事を思ったよ。
子育て以上に「私にしか出来ない仕事」なんてものは無い。と、おじさんは思っとるで。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年06月11日 05:16
  • ID:GPqktBHJ0 #

日本もやればいいのに
卵も種も老化に伴い劣化することが分っていて
女も男も働かないといけない社会なんだから

32

32.

  • 2017年06月21日 13:01
  • ID:MhpGKADv0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク