top

 米テキサス州のある町で、木の枝にしがみついたまま降りられなくなっていた子猫がいた。発見した女性は母猫がでてくるだろうとしばらく様子をみていたが現れることはなかった。

 そこで木から降ろし一旦保護した。生後1か月の小さなオス猫、トゥーカはその後、保護した女性の友人、タリン・チョケットさんの家で飼われることに。

 タリンさんの家には心優しきゴールデンレトリーバーのブレイディがいる。ブレイディはこの子猫を我が子のように育て上げ、それから2年、トゥーカはまるで犬のように犬らしく育っているという。
 
スポンサードリンク

top

木の枝にしがみついていた子猫


 木の枝にしがみついたまま降りられなくなっていた子猫を保護したのはタリンさんの友人だ。数日間面倒をみていたが、これ以上生後1か月の小さな子猫をつきっきりで世話する時間がとれなかった。

 そこに名乗り出たのはタリンさんだ。子猫をトゥーカと名づけ引き取ることにした。

d3_e
image credit:instagram

小さな友人に興味津々のブレイディ


 家に来たトゥーカは新しい環境を怖がり、最初はずっと隠れっぱなしだった。タリンさんはガラス戸で仕切られた心地よい部屋をトゥーカ専用スペースとし、彼が安心するのを待つことにした。
 
 一方、先住犬のブレイディは小さなトゥーカに興味津々。すぐにガラスの向こうの子猫に釘付けになった。大小あらゆる生き物を愛し、出会った相手とは誰とでも親友になりたい彼はもういてもたってもいられなかった。

m3_e
image credit:instagram

 とはいえゴールデンレトリーバーであるブレイディは、当時のトゥーカにとっては巨大な恐怖の対象でしかなかった。トゥーカはわずか500グラムしかなく2匹の体格は差がありすぎたのだ。

m2_e
image credit:instagram

 だがブレイディは我慢強かった。来る日も来る日もガラスの向こうを眺め、決して脅かしたりはせず、小さな友だちが自分を好きになってくれるのを根気強く待ちつづけたのだ。

 こうしておよそ1週間が過ぎ、2匹はとうとう直に顔を合わせた。するとトゥーカは自らブレイディの大きな鼻先におそるおそるキス!もちろんブレイディは大喜び!彼らはあっという間に仲良くなった。

m4_e
image credit:instagram

親子から兄弟、相棒になっていった2匹


 初めの頃、小さかったトゥーカはブレイディに甘え、ブレイディも母親のように優しく彼を慈しんでいた。その後トゥーカの成長につれ2匹の関係も変化。ブレイディはトゥーカの頼れる兄となり、唯一無二の相棒にもなっていった。

m5_e
image credit:instagram

m7_e
image credit:instagram

m9_e
image credit:instagram

ブレイディさんの犬的指導始まる


 トゥーカが大きくなりたくましくなってくると、ブレイディは彼にさまざまなことを教えた。家の周りに張ってあるロープのことやボウルで水を飲む方法、皿をきれいになめる方法も伝授した。

 賢いトゥーカはそれらをすぐにマスター。彼は用意された猫用ボウルではなく、ブレイディの大きなボウルから水を飲むようになった。それは今も変わらない習慣だ。

d1_e
image credit:instagram

 さらに2匹は悪友を兼ねた共犯者にもなった。トゥーカがキッチンカウンターから食べ物を落とすことを覚えると、ブレイディはお菓子の盗み食いができるようになった。

 大好きな遊びはかくれんぼと追いかけっこ。トゥーカはいつも敏捷な動きでブレイディを翻弄して楽してたのしむのだ。

半年ぐらい前はブレイディに見守られてたトゥーカ

 こうして彼らが出会ってから2年が過ぎ、彼らはいよいよ離れがたい関係になっている。その仲の良さたるやタリンさんも驚くほどだ。

m12_e
image credit:instagram

 トゥーカはブレイディが散歩から戻ると、すぐに彼の匂いをチェック。そして犬の友だちに会っていたのを嗅ぎつけると、やきもちを焼いてブレイディの足に抱きつき独り占めのポーズをとったりする。

外でブレイディがお友だちと会ったりすると・・・
d2_e
image credit:instagram

こんな独占ポーズをとっちゃうトゥーカさん
m11_e
image credit:instagram

犬っぽくてもいいじゃない。仲良しな2匹


 トゥーカは自分を猫ではなくブレイディの兄弟犬だと思っている。これまで他の猫を目にしたことがない彼は犬のように考え、犬のような声を出そうとするユニークな犬風猫に成長したという。

m14_e


 ちょっと変わった猫に育ったトゥーカさんだが、彼自身もブレイディさんもそんなことはお構いなしだ。ガラス戸が無くなったあの日から、2匹はこの上なく幸せに過ごしているのだから。

via:lovemeowvia:thedodo・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
なんてかわいい子猫ちゃん!母性本能が一気に点火、誰よりも子猫を愛するボクサー犬の子育て日記


お腹の大きな猫がやってきて7匹の子猫を出産。父親役をかって出たのは犬だった。


犬派とか猫派とか、そんな垣根いらないっしょ。だって犬と猫、こんなに仲良しなんだもの


完全なる犬化が進んでいたようだ。ハスキーのお母さんに助けられた子猫、ロージーの今


みなしご子猫が母の面影を求めて迷い込んだのはハスキー犬の懐だった。


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 12:15
  • ID:agMrnG.o0 #

NNN「犬の元にも派遣した成功例」

2

2. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 12:17
  • ID:ONNexQxX0 #

犬、爽やかに見つめる。(はあ〜子猫カワイいよ好きになってくで〜)

3

3. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 12:49
  • ID:ALlr8KHL0 #

ブレイディ、はい、猫チェック!

4

4. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 12:57
  • ID:1KyFHYmB0 #

愛情深い!2匹の幸せを祈るよ。

実は昔ウチにもいました、猫を育てた柴犬(♀)が。
その柴犬自身が牛舎で生まれて牛や猫と一緒に暮らしていたから、育たないかもというくらい小さくて弱っていた子猫を受け入れるのに抵抗なかったみたいで。
犬に育てられた猫の方は立派に犬っぽく育ったという…あれは楽しいコンビだったな。

5

5. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 13:08
  • ID:AGSTDusr0 #

優しい目をした犬だなあ。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 13:27
  • ID:axe4Qtlz0 #

幸せだなあ

7

7. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 13:37
  • ID:3ocz4hG70 #

ニヤニヤしてしまう

8

8. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 14:17
  • ID:6AFMzuus0 #

ワンコ優しいなぁ(*´-`)
異種仲良しエピソードは読んでると泣けてくる。

9

9. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 14:23
  • ID:rLfolTNz0 #

種が違っても子は親に似るんだな

10

10. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 16:40
  • ID:J4QYT.Q20 #

ハスキーに育てられてハスキーそっくりになった猫を考えると
この子もいずれ立派なゴールデンレトリバー猫になるのだろう

11

11. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 17:16
  • ID:bT2CK2mN0 #

種族の違いなど小さな欠点に過ぎないのれす

12

12. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 17:48
  • ID:R2bQcKXC0 #

カワイイなあ…

こういうの見ると涙出てくるわ。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 19:32
  • ID:pj5zZGTG0 #

どちらとも可愛すぎてたまらん。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年04月24日 19:59
  • ID:GeGCDKj30 #

悲しい話じゃないのに、泣けて泣けて鼻まで出た。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 07:22
  • ID:X75QGJ9U0 #

なんか犬っぽくねぇよなぁ?

16

16. 匿名処理班

  • 2017年04月25日 13:12
  • ID:SoqLmjPj0 #

ブレイディの足に抱きついてるトゥーカの姿が堪らなく可愛い

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク