4_e38

 科学者はいつの世でも体を張っていたようだ。体を張って死の直前の意識がなくなるまで、その記録を克明につづり続けた。

 イリノイ州シカゴ出身のカール・P・シュミット博士(1890年6月19日〜1957年9月26日)は、フィールド自然史博物館の主任学芸員も務めた高名なヘビの研究者だった。ある日彼は、鑑定を依頼された猛毒ヘビのブームスラングに噛まれた。なんとシュミット博士は、自分の身体に起きている症状を詳細に記録しながら、そのまま命を落としている。

 ここで紹介する動画はそんなシュミット博士の物語である。
スポンサードリンク


Diary of A Snakebite Death

 シカゴ・デイリー・トリビューン誌 1957年10月3日

「蛇の専門家カール・P・シュミット博士が蛇に噛まれ、死に向かいながらも毒の影響を克明に記す」

1_e49

 以下は、好奇心のせいで治療が遅れ、命を落とした科学者の日記である。

 リンカーン公園動物園がフィールド自然史博物館に依頼された30インチ(76cm)の蛇の命名が非常に困難であると判明。

 アフリカの蛇であり、特徴的な頭の形状、斜めの鱗、明るい色のパターンを有しているため、難しいはずがなかった。だが、ブームスラングと分類するための決め手がない。肛板が分かれていないのだ。それでもその行動は間違いなくブームスラングであることを証明していた。

5_e29

1957年9月25日

 ブームスラングである可能性を議論していた時、不用意にそれを持ち上げると、サッと左手の親指を噛まれてしまった。口は大きく開かれ、後ろの、右の牙だけが3mmほど食い込んだようだ。

24_e0

・午後4時30分〜5時50分
 電車で家に帰る途中、吐きはしなかったが、酷く気分が悪かった。

・午後5時30分〜6時30分
 身体が震え、熱は38.7度ある。5時半頃、口内の粘膜から出血が始まる。ほとんどが歯茎からだ。

・午後8時30分
 トーストを2切れ食べる。

・午後9時〜12時
 熟睡。

・午前0時20分
 ほぼ血尿だが、量は少ない。

・午前4時30分〜6時30分
 水を一杯飲むと、気分が悪くなり吐く。中身は消化不良の夕食だ。かなりスッキリして、6時30分まで眠る。

1957年9月26日

・午前6時30分
体温36.7度。朝食はシリアル、エッグトースト、りんごソース、コーヒー。
尿は出ず、3時間ごとに28gほどの血尿。口と鼻から出血が続いているが、それほど酷くはない。

12_e12

- 日記はここで終わっている。 -

 9月26日午後1時30分、昼食後に嘔吐。呼ばれた妻により、汗まみれの状態を発見される。会話や返事はできず、妻が医師に連絡をとった。応急処置をしながら搬送し、3時に病院に到着。呼吸麻痺による死亡が確認された。享年67歳。

13_e11


ブームスラングの毒について

 ブームスラングの毒は急速に効果を発揮する。鳥ならば0.0006mgで1分以内に死亡する。播種性血管内凝固症候群を起こすため体内に大量の血栓ができ、出血により死に至らせる。シュミット博士は噛まれてから死亡するまで24時間かかっている。

16_e9

シュミット博士の解剖報告書

 目から出血あり、肺から出血あり、腎臓から出血あり、心臓から出血あり、脳から出血あり。

20_e6

 シカゴ・デイリー・トリビュート紙によれば、シュミット博士は死亡する1時間前に医者を呼ぶか聞かれて、症状を台無しにされたくないと断ったそうだ。好奇心は科学者をも殺すのだろうか?

 同紙によれば、博士は毒が致死量だとは考えていなかったようだ。また、専門家である博士はブームスラング毒の解毒剤がアフリカでしか入手できないことも知っていた。

25_e

 結局、シュミット博士はなぜ死んだのか?

 解剖報告書は、死因は蛇の毒だとしている。だが、他にもリスクはあった…科学者というリスクだ。博士は毒を過小評価していたか、あるいは解毒剤が手に入らないため死を覚悟していたのかもしれない。

 いずれにせよ、病院には行かず、その経過を克明に記した。そして、科学者として発見の可能性を最期まで冷静に見つめたのだ。

 死に瀕すれば、ほとんどの人間はそこから身を引くだろう。だが、シュミット博士は未知の現象に飛び込んで行ったのだ。

27_e
translated hiroching / edited by parumo

▼あわせて読みたい
科学者が体を張って実験。刺されたら痛い虫ランキング10(昆虫出演中)


科学者がまた体を張った。350万年前の細菌を自らに注射し病気知らずの屈強な体を手に入れたと主張(ロシア)


自らの血を使った黒いプリンを食べる。血液に関する科学番組で体を張るのモズリー医師


自分の命を投げ打って誰かを救おうとした人々の10のストーリー


野生の熊と暮らすことに命を賭けた68歳の元学校教師



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2015年11月20日 20:36
  • ID:ieI0JwKu0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:43
  • ID:AYUbCjYI0 #

好奇心で死んだのなら科学者といえども愚かだ
解毒剤が手に入らないと知った上での判断ならば立派な専門家だと思う

3

3. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:44
  • ID:4RE.sFwO0 #

それでもやっぱり死んだらあかんと思う

4

4.

  • 2015年11月20日 20:44
  • ID:XrMG7ydz0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:45
  • ID:cGjMsQLL0 #

学者ってどこか浮き世離れしてる人が多いが、自らの死と言う根源的な恐怖すら凌駕する探究心!
バカだなぁと呆れつつもこういう一途さがカッコ良いんだよなぁ…

6

6.

  • 2015年11月20日 20:49
  • ID:kM9vJqbR0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:51
  • ID:vNFIyMPG0 #

>医者を呼ぶか聞かれて、症状を台無しにされたくないと断った

凄い・・・狂気を感じる

8

8. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:53
  • ID:EBuGF.Mt0 #

なんとかと紙一重、、、

9

9. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:53
  • ID:REi4Jsjo0 #

解毒剤を用意出来ない環境に持ち込むなよ…

10

10. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:54
  • ID:aX5YNAiL0 #

爬虫類学界のプリニウスだなぁ…。

11

11. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 20:56
  • ID:znEFf0UT0 #

宇宙空間に飛び出して、生身だとどうなるか実験出来るなら宇宙に行きたい

12

12.

  • 2015年11月20日 20:56
  • ID:.nLaVuYE0 #
13

13.

  • 2015年11月20日 21:03
  • ID:h5GSGDkq0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:04
  • ID:68wrQjwM0 #

ちょっとかっこいいと思ってしまった。
科学者のこういうところが好きだけど、でもこういう人は生きて研究を続けて欲しかったな。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:06
  • ID:l6P4dufj0 #

俺も毒蛇(ヤマカガシ)に何度か噛まれたことがあるが血が出るだけだった

16

16. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:17
  • ID:yssMOkxl0 #

勿体無い
メモは他覚的な症状しか書いてない
知りたいのは自覚症状だ
痛みはあるのか?
精神症状はどうなのか?
呼吸の苦しさはどんなものなのだ?

17

17. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:22
  • ID:CQuULnL00 #

ブラックホールに飛び込むがごときその勇気!
私は敬意を表するっ!!!

18

18. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:30
  • ID:wPg9PtAw0 #

なんつーか偉い野郎だな。

19

19. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:33
  • ID:Ck2IU32M0 #

※15
ヤマカガシの毒牙は短いうえに奥歯にあるから、さっと噛まれた程度じゃ平気ってことも多いらしいからね

20

20. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:38
  • ID:KLb2a6dP0 #

※15
毒牙が届いてなかったのかも。
ヤマカガシは毒牙が奥の方だから深く噛み付かれなければ毒は入ってこない。


21

21. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:45
  • ID:qCspyGAz0 #

えええええ…ここまで度胸が据わった人なら、すぐに噛まれた場所をナイフで周囲の肉ごとざっくり切り取ってでもしたらなんとか助かったんじゃないの…

22

22. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:47
  • ID:0I8d.CDV0 #

食事を忘れるほど研究に没頭するってのの到達点だな
こんな科学者に憧れる
自分の研究とか、知識とかに誇りをもっていたんだろうね

23

23. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:51
  • ID:uJTHc8BT0 #

かゆい
うま

24

24. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:58
  • ID:NxfcMYwa0 #

はるか昔から一定数こういう人がいるから科学が発展したのだから、尊敬する。

25

25. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 21:59
  • ID:rASQ2oNO0 #

母方の叔母は、マムシを捕まえては竹に張り付けて自然乾燥。それを薬局に150円程度で売っていた。小遣い稼ぎらしいがショボいw

26

26. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:00
  • ID:VLR4iwhh0 #

※16
そうだよね。
症状の変化を克明に記録して欲しかったな。

…と、とある事情で自分の指を針が貫通した時、しっかり観察してしまった自分が言ってみるw

27

27. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:01
  • ID:OeolVdfJ0 #

死の寸前もこういうふうに堂々としていたい、美しい散りざまだと思う

28

28. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:03
  • ID:Y5u.ye8P0 #

ナミヘビ科で後牙類
ヤマカガシっぽいやつなのねん

29

29. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:07
  • ID:pLgln.8C0 #

良くも悪くも、凄いと感じる
死の恐怖すら超えたモノ

30

30. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:16
  • ID:fwuzHraz0 #

究極の精神力だな

31

31. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:20
  • ID:mtrHAoYR0 #

平然と生活してるのが怖すぎる...

32

32. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:22
  • ID:SqdFzem.0 #

科学者ってこう大なり小なりどこかしらブッ飛んでなきゃなれない・やれない職種な気がする

33

33. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:24
  • ID:H8EFML6i0 #

毒蛇に噛まれたらちょっとでも死ぬんだね。よくわかったよ、ありがとうシュミット博士。

34

34.

  • 2015年11月20日 22:32
  • ID:X6RiS.aD0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:45
  • ID:53idK6ty0 #

意地なのか冥利なのか
それにしても毒が怖すぎる

36

36. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 22:51
  • ID:MszeMgY00 #

※15
毒牙に噛まれていなかったのならよいけれど、ヤマカガシは結構危険だよ
本当に血が出るだけ、というか血が止まらなくなる。
ちょっとしたかすり傷でも止めようがなくて失血死する

…と昔、小学生のころ担任の先生が話していたなぁ

37

37. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 23:05
  • ID:uIhkgz0P0 #

歴史に名を残した時点で科学者として最高の栄誉だろう

38

38. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 23:33
  • ID:YjiAVyQU0 #

…あんた、アホや(誉め言葉)

39

39. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 23:42
  • ID:IhakkXTW0 #

テレビに出てたフルーツしか食べない人もいつか死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしてる

40

40. 匿名処理班

  • 2015年11月20日 23:57
  • ID:xFbndGqw0 #

よくわからんが、やっぱ親指噛まれたぐらいなら、死にはしないと思ってたんじゃ?

41

41. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 00:07
  • ID:u9UzHad50 #

僕たちが立っているここは
数多の愚か者達の屍の上なんだと思わされる
(人類も人類以前も、成果を残せたのなんて
ほんの一握りだろう)

42

42. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 00:09
  • ID:1bv39Ifi0 #

あたまの中で『あっ!』っと思ったときと、実際に言葉になった間に
彼のあたまの中ではどれほどの思考がなされたのだろうか。
手を切り落とすリスクと蛇毒の研究がすすむメリットを天秤に掛けたのかもしれん。

43

43. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 00:10
  • ID:RkEJdV.F0 #

我々にできることは、こうした先人たちの犠牲から少しでも多くを学ぶことだな

44

44. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 00:29
  • ID:IfJVkEMJ0 #

確かギロチンで首を切られた場合いつまで意識があるか確かめるために
死ぬまでまばたきし続けた医者(科学者?)もいたよな

45

45. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 00:41
  • ID:Bo8dGN2c0 #

毒を食らわば皿まで

46

46. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 01:13
  • ID:.8hMbBvY0 #

研究者としては本望だろうけど。
家族は迷惑!遺される気持ちを考えろよ。
でも、多額の保険金をかけてくれてれば許すかもね。

47

47. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 01:39
  • ID:282qCGFi0 #

バカなことを大真面目に、尋常ならざる精神力でもって
やり遂げた人間に対して「バカなことを」などと
不粋な指摘をするのは、バカのすること。
毒蛇に咬まれて死ぬまでの、症状の変化を記録する
という過程に於いて、結果的に死んでしまっただけのこと。
「バカが治ってよかったね」とでも言っておけばよい。

48

48. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 01:55
  • ID:LNAZ6b8Z0 #

解毒薬はなくてもなにかしら治療できたろうに
好奇心のために人殺しも辞さない科学者もいるんだろうな

49

49. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 01:58
  • ID:ZOeix.y3O #

何で普通にご飯なんて食べてるのよー!即病院に行けば良かったのに

50

50. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 02:03
  • ID:BkmE5EPq0 #

※46
うーん、保険金あれば生活は困らないけど
いなくなっちゃったらもう会えないんだよね

ただ学者然り、作家然り業界をリードするような人は
仕事への情熱でパワフル余って家族が迷惑こうむるパターンもあるから
家族感情としては正直どうなんだろう?

51

51. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 02:09
  • ID:HMOt84A00 #

研究者本人が死んだら元も子もないだろう

52

52. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 02:27
  • ID:TA00bGZP0 #

※21
人の体はハムや豆腐みたいな固体とは違って血管が無数に走ってるからね。
しかも血液は結構な速さで巡ってるから血清が無いと対処が出来ない。

53

53. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 02:28
  • ID:cEsawYl50 #

生きろ そなたは美しい

54

54. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 02:39
  • ID:ZL1aJRIm0 #

この方は多くの爬虫類の学名にその名を捧げられています。
そういえばメルテンスモニターに名が残るメルテンス博士も、ルイジアナコーンスネークのスロウィンスキー博士も毒蛇に噛まれて死んでます。
爬虫類学者と結婚する方には覚悟が必要なのかも。

55

55.

  • 2015年11月21日 02:49
  • ID:PLTzdSj40 #
56

56. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 04:39
  • ID:5r4lls050 #

ググったらブームスラングは大人しい種な上に、ヤマカガシみたいに奥歯に毒牙があってあまり噛まれた記録がなかったらしい。博士の記録が世界初の死亡例になるとか。
不用意に噛まれてるし、やっぱ過小評価してたのかな…

57

57. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 05:12
  • ID:j.X2U4ev0 #

血清はナマモノなので希少で猛毒な蛇の場合は在庫が無かったりすると諦めるしか無いからねぇ。日本でも血清を持っている施設や病院は限られるので、パトカーやヘリで運んだりする模様。ちなみに群馬には蛇研の施設があって、貴重な毒蛇を研究や血清作成のために飼育、展示しているので、興味があれば調べてみるといいよ。

58

58. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 06:59
  • ID:hAitPsfk0 #

この話はホメオパシーの本でも見た気がする。

59

59. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 08:39
  • ID:COobD0ck0 #

薬が効くのは知識として知っていても、それが脳や体にどう作用するのか
実際に体験してみたいという好奇心は知能指数の高い人ほど強いんだろうね。
全身麻酔で手術すると患者は肉や骨を切り刻んだにもかかわらずケロッとしてる
本当にそうなんだろうか?手術中も痛みがあるんじゃないか?と疑ってしまう医師も多いんじゃないかな?
麻酔科医も精神科医も、必要ない薬を後学の為に自分に処方して服用したりするのかな?
全身麻酔については自分も手術を受けるまで本当に痛くないか怖くてたまらなかった。
でも実際に手術台の上で左手の甲に点滴されると、ピリピリした物が肩まで上がってきて
ああこれが麻酔なのかと思ってると肩に来た瞬間風船がしぼむように自然にブラックアウトして
2時間後目覚めたときには完全に無痛で手術が終わってた。人生の謎がひとつ解けて
自分としては満足したよ。
人工呼吸器を口にねじこまれてたせいで、上の前歯に違和感が残ってるけどね。
同じように、死ぬ瞬間の現象に興味を持ってしまう学者も居るんじゃないかな・・って思う。

60

60. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 09:01
  • ID:4JBEJVlg0 #

出来ればギリギリまで試してみたかったのかも。
書いてあるように、致死量ではないと考えた結果かな。

61

61.

  • 2015年11月21日 10:42
  • ID:vJl4DG6Q0 #
62

62. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 12:02
  • ID:mE85zXrU0 #

ヤマカガシが毒蛇と認識され始めたのは本当に最近のことだし、博士はナミヘビ科であるブームスラングに致死性の猛毒があるってのが信じられなかったのかもね。若しくは身をもって知りたかったか。いずれにせよコブラ科やクサリヘビ科のヘビではこうはならなかったと思う。

63

63. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 12:13
  • ID:N.TxkVxw0 #

※2
そう思うだろうけど、大抵の発明や発見ていうのはこういう奇人・変人の実績に
よる所が大きい、患者の観察やコメントでは判らないことを客観的に観るのは
もう自分でやるしかない。
例えば潜水具の開発は酸素量が重要なんだけど何度も死にそうになりながら
深度と酸素量の関係で出る症状を体感してメモして残した人がいたから技術が確立
して今に至ってる。
好奇心とか探究心で死ぬのは愚かなことじゃない、それを遺さないことが一番愚か、
この人達にしてみれば自分の体はこれ以上ない最高の被験者なんだよ。

64

64. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 12:20
  • ID:Jyx1LEzG0 #

解毒剤をアフリカに取りに行く間に症状の変化を見ればよかったのに
・・・着いた頃には冷たくなってるか

65

65. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 12:48
  • ID:56ACf.o30 #

ずいぶん勉強したな・・・
まるで蛇博士だ

66

66. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 14:18
  • ID:rGDbDjr60 #

死ぬとは思わなかったんだろ。 命の危機より研究者魂が勝ってしまった。

67

67. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 14:35
  • ID:jmHcyiOb0 #

過小評価してただけなら息も絶え絶えに「台無しになるから治療はパス…」なんて言えないだろう
てか祈祷師や占い師なら致死量かそうでないか、片方の可能性のみ論じるんだろうけどどちらも想定するのが研究者だ

68

68. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 16:10
  • ID:lo9QBZQy0 #

光クラブ事件の首謀者が、最後に青酸カリ自殺をする時に、
服毒してからの実況を紙に書き残そうとしたけど、
飲んでから1分もせずに判読不能になって死んでしまってるから、
ドラマとかの飲んですぐにウッとなって倒れる描写もあながち間違ってないんだと感じた。

69

69. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 17:41
  • ID:hexD.RwK0 #

今みたいに気軽に動画を録れる世の中を見て天国で悔しがってるかもね

70

70. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 20:04
  • ID:P4ihRe5t0 #

自分の扱いがこうなわけだから、他人の扱いがどうなるか……怖いと思わんか?
科学者にはそういうところあるからな
気を付けろ

71

71. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 20:44
  • ID:cVx4wIPG0 #

※63
63の言うとおり。
彼は、尊敬すべき学者。

72

72. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 21:47
  • ID:BhVtgmfo0 #

本能を凌駕する意志か。
死んでしまったら遺志だが。

73

73. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 21:53
  • ID:oN.QSvQo0 #

青酸カリは甘い。
ってのを書き残した科学者が居たような。

74

74.

  • 2015年11月21日 22:45
  • ID:vdLDLYIc0 #
75

75. 匿名処理班

  • 2015年11月21日 22:50
  • ID:ZL1aJRIm0 #

※56
※56
ちょっと誤解を生みそうなので。
ブームスラングはいわゆる後牙類と呼ばれている蛇なんですが、「口の後方に牙がある」ではなく、「前顎骨の後方に牙がある」なんです。前顎骨が短い場合は、牙の位置も顎の前よりになるわけです。本種と近縁種の場合、だいたい眼球の真下あたりの歯が毒牙です。だからがっぷり深く噛まれなくても牙が刺さることはあるんです。

76

76.

  • 2015年11月22日 03:56
  • ID:8q.VaHFh0 #
77

77.

  • 2015年11月22日 04:14
  • ID:XbKhEvPG0 #
78

78. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 07:20
  • ID:6Z250vv60 #

脳に血栓は怖いわなぁ

79

79.

  • 2015年11月22日 08:17
  • ID:eG0a5nVh0 #
80

80. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 13:08
  • ID:SnKphV.Q0 #

家族がいるなら死は自分一人のものじゃない
好奇心と探究心は立派だけど周りの人のことも考えないとダメだよ

81

81. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 13:12
  • ID:vHoLXzcZ0 #

「だから」人柱には、たとえどれだけバカだろうと敬意を持たねばならんのだ

82

82. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 14:02
  • ID:d.f29IvE0 #

飯食ったりコーヒー飲む暇があるなら病院に行けよ

83

83. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 18:40
  • ID:5XyNJ8dp0 #

こういう死に方見ると、ある種のバカじゃないと何事も発展しないのかもな…下手に知識ぶるよりは…

勿論初めて聞いたけど、この人のお陰でヘビ関係について何らかの影響はあったんでしょ。

84

84. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 19:50
  • ID:Hbr99aIo0 #

もし何かの貢献になるなら喜んで身を差し出すわ

85

85. 匿名処理班

  • 2015年11月22日 21:42
  • ID:y5Gpo5e70 #

そもそも血清無しでなんか治療法あんのかね
そこらの奴よりよっぽど毒について詳しそうだしまさか死ぬほどとは思ってなかったんとちゃうかなぁ

86

86. 匿名処理班

  • 2015年11月23日 10:00
  • ID:8iZ.YJjR0 #

※81
人柱をホメたたえると、犠牲が正当化されるからダメ

87

87.

  • 2015年11月24日 00:52
  • ID:9NGRXSG20 #
88

88. 匿名処理班

  • 2015年11月24日 14:26
  • ID:Rw.bKOcY0 #

悪性の脳腫瘍になった脳外科医が手術したのだけどね 
『術後、患者が痛がると「我慢してください」といってたのだが これほど痛いとは知らなかった』とかいてたのを思い出した。
結局死んだんだけどねその人。

89

89. 匿名処理班

  • 2015年11月24日 16:03
  • ID:2X..w9J60 #

狂ってるな。想像したらちょっと震えた

90

90. 匿名処理班

  • 2015年11月24日 20:28
  • ID:2kb3oca.0 #

こういう観察なら、実験で同じ体重のサルでもやれるのでは?

91

91. 匿名処理班

  • 2015年11月24日 20:38
  • ID:e8euw5gE0 #

猿が文字を書ける前提なのかな?

92

92.

  • 2015年11月27日 18:10
  • ID:ARW.lome0 #
93

93. 匿名処理班

  • 2015年11月27日 19:59
  • ID:82YI0TUI0 #

研究者自身が体験した事を書き残したのだから、間違いなく貴重なデータではあるんだよな
だけどできれば生きながらえて研究を続けて欲しかった

94

94. 匿名処理班

  • 2015年11月27日 21:27
  • ID:T7ztpM7s0 #

血清無いから病院行っても仕方ないこと知ってたんでしょ

95

95. 匿名処理班

  • 2015年12月02日 02:15
  • ID:WTlx3cor0 #

生物の研究には終わりなんてないし、研究者って時間がいくらあっても足りないからね。
研究狂いなら、なおのこと生きようとするほうが自然な気がするんだけど。
専門家だし死ぬ可能性は考えていたと思うけれど、死の実感が沸かないまま、好奇心のままに症状をみてたのかな。

96

96.

  • 2015年12月04日 01:09
  • ID:v6tkKLKJ0 #
97

97. 匿名処理班

  • 2015年12月21日 21:31
  • ID:o1Jv1NWD0 #

※88
それと同じように普段我慢してくださいと言ってる胃カメラを体験してみたことがある。
やり方をよく知っててどのタイミングで飲み込めばいいのかとかわかってたからか、あまり苦しくはなかった。
胃潰瘍も癌もなけりゃヘリコバクターピロリもいなかったが、終わった後にやたら屁が出たので時々ネタにしている。

98

98. 匿名処理班

  • 2016年02月12日 09:40
  • ID:gq5UWVP50 #

イヤー。この科学者は、2015年位まで長生きしたらいいのになぁ。猛毒蛇に噛まれて指溶けて、細胞壊死までして最後には死ぬとは、67歳は早すぎだった。
これは、凄い体験だろう。二度とこの体験をしなくていい人類に生まれ代われればいいでしょう。猛毒蛇にも縁もないけど。やっぱりバカとも縁もないように。

99

99. 匿名処理班

  • 2016年10月21日 23:56
  • ID:GTc3Ul8S0 #

うーん、科学者としては凄いと思うけど、人としては尊敬できんなw家族さえいなけりゃ好きにすればいいと思うが…こういう人は結婚しなきゃ良いのに。まぁ、奥さんはそういうところに惹かれたのかもしれんけどさ。
まぁ、好きか嫌いかで言えば好きな人間だけどw

100

100. 匿名処理班

  • 2017年04月14日 14:13
  • ID:h3jdQsk80 #

自身を実験対象とした科学者の逸話を集めた人体実験の歴史という本があるので興味がある人は一読してみるといいかも

101

101. 匿名処理班

  • 2017年04月14日 20:53
  • ID:MhgocxLV0 #

意思は本能を凌駕する。
人間とは、かくも恐ろしい生き物よ。

102

102. 匿名処理班

  • 2017年04月15日 22:08
  • ID:xeGrM4EQ0 #

まさに好奇心は猫を殺す
こういう極まった人嫌いじゃないわ

103

103. 匿名処理班

  • 2017年05月06日 11:21
  • ID:CuaaMwtZ0 #

記事本文にも指摘があるけど、これはやはり
「死を覚悟で学問に身を奉じた」というより
「まさか死ぬほどとは思っていなかった」という判断ミスもあるんじゃないかなぁ…。

日記を読む限り、食事した、寝た、大したことはない、
みたいな比較的余裕ぶっこいてる感じがする。
タイトルでは「死の直前まで〜」とあるけど、
本人の記録が残っているのは前半のうちだけで
症状が酷くなったであろう後半は記せてない。
死の1時間前に〜の部分は、昔の新聞って
物語仕立てのこういう創作誇張は結構あるから鵜呑みにはできない。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク