no title

 人体を使った実験は、いつの時代でも論議を呼ぶ。人体についてより詳細な情報を得られる一方、そこに倫理的な問題が立ちはだかる。高度な知能をもつ人間として、人体をできるだけ傷つけずに実験が行われれるのが理想的なのだが、かつては同じ種である人間が、人間をただの実験材料としてしかみなさない恐ろしい人体実験や治療と称した手術が行われていたという事実がある。

 海外サイトにて、過去に行われていた10の人体実験に関しての特集記事があったので見てみることにしよう。

スポンサードリンク

10.精神障害を治療すると内臓除去手術

1_e14

 ドクター・ヘンリー・コットンは、地域の伝染病が精神障害の原因だと信じていた。1907年、トレントンの精神病院の院長になると、外科的細菌学と称した治療法を始め、患者の承諾なしに何千回もの外科手術を行った。まず、歯や扁桃を取り、エスカレートして病気の原因だとする内臓まで取り除いた。自分自身や妻やふたりの息子の歯も抜いてしまった。

 コットンは自分の治療なら高い確率で患者を治療できると主張したが、その主張は治療法があまりにもひどいという非難への反論となっていった。例えば、彼は49人の患者が結腸切除によって亡くなったことを正当化し、彼らは手術する前からすでに末期の精神障害に苦しんでいたのだと主張した。独自に調査をすると、コットンが手術の結果を相当誇張していることがわかった。1933年、コットンが亡くなると、精神病院での手術は中止され、彼の自説は忘れ去れていった。そのやり方が異常だったことは確かだが、彼が患者を治そうと努力していたことだけは確かだと言えよう。



9.麻酔なしで女性の性器を切除

2_e14

 J・マリオン・シムズは、アメリカの婦人科学の先駆者として多くの尊敬を集めているが、1840年代にアフリカ系アメリカ人の奴隷女性に多くの外科手術を行った。3年に渡って、膀胱と膣の間に異常な痩孔(ろうこう)ができてしまう膀胱膣痩の外科的治療に取り組み、麻酔なしで手術を行った。アナルーシャという女性は、30回もの手術に耐え、やっと治癒したという。

 シムズが行った恐ろしい手術はこれだけではない。口が開きにくくなる開口障害に苦しむ子供の奴隷を治そうと、靴屋の使う錐を使って、無理やり頭蓋を動かして調整したのだ。



8.不本意な腺ペスト

3_e14

 フィリピンの生物学科学研究所所長のリチャード・ストロングは、マニラの刑務所の囚人に何度か接種をして、コレラ菌のワクチンを作ろうとしていた。1906年の実験で、彼は誤ってコレラワクチンではなく、腺ペスト菌を注射してしまい、13人が死んだ。政府の調査が入り、ペストの血清がコレラの血清のビンと取り換えられていたことがわかった。

 この大失敗にストロングはしばらく息をひそめていたが、6年後、今度は囚人たちに脚気治療のための接種を行い始めた。何人かの患者が死に、生き残った者もタバコ数パックで埋め合わせされただけだった。のちにニュルンベルグ裁判のときに、ナチの戦犯たちはストロングのおぞましい実験を引き合いに出して、自分たちの残酷な研究を正当化しようとした。



7.熱湯をかけられた奴隷

4_e12

 治療というより拷問と言ったほうがいいかもしれない。1840年代、ドクター・ウォルター・ジョーンズは、チフス性肺炎を治すのに熱湯が効くと薦め、数ヶ月に渡って、この病に苦しむたくさんの奴隷に治療を施した。

 ジョーンズはある25歳の男性について詳しく報告している。男性を裸にして腹ばいにさせ、背中から5ガロンの熱湯をかけるという。もちろん、男性の苦しみは終わりになるはずはなかった。この治療は4時間おきに続けなくてはならず、毛細血管の循環が回復するのに効果があるのだと説明した。ジョーンズはこの治療で多くの患者が治癒したと主張しているが、決して証明できない主張だ。


6.脳に直接電流を流す

5_e12

 1847年、シンシナティの医師ドクター・ロバーツ・バーソローは、脳内にできた瘍に苦しむメアリー・ラファティという患者の脳に直接電流を流した。メアリーの脳に直接電極を刺して、さまざまな強さの電流を流して反応をみた。実験は4日間で8回繰り返された。最初はメアリーは大丈夫そうだったが、実験が進むにつれ、激しく震えるようになり、昏睡状態になって、まもなく死んだ。

 この結果に対する反発があまりに激しく、バーソローは同じ場所で仕事を続けることができなくなったが、フィラデルフィアに引っ越し、結局、ジェファーソン医科大学で教鞭をとることになった。運のいいマッドサイエンティストである。


5.精巣移植

6_e11

 カリフォルニア州サンクエンティンの刑務所で、1913〜1951年まで医長を務めていたレオ・スタンレーはとんでもない持論の持ち主だった。犯罪を犯した男は、男性ホルモンのテストステロンの数値が低いので、この値を上げれば、犯罪が減るというものだ。その持論を検証する為、スタンリーは死刑になったばかりの犯罪者の精巣を囚人に移植するという奇怪な手術を行った。

 刑務所での死刑は年に3回ほどしか行われないので、有効な精巣が手に入らないため、スタンリーはさまざまな動物の精巣を液化して囚人の皮膚に注射した。1922年までにスタンリーは600人以上の囚人に手術を行い、成功をおさめたという。ある年老いたカフカス人の囚人は、アフリカ系アメリカ人の精巣を移植された後、とても精力的になったという。



4.子どもへのショック療法とLSD

7_e10

 米国の精神科医ローレッタ・ベンダーは、ベンダーゲシュタルトテスト(簡単な図形を模写させるテスト)の考案したことで知られているが、物議をかもすいくつかの研究にも関与していた。1940年代、ベルビュー病院の精神科医として、ベンダーは子供の統合失調症の治療のために、98人の小児科の患者に毎日ショック療法を行った。

 ベンダーによれば、ショック療法は成功し、症状がぶり返したのはほんの一握りの子供だけだったという。さらに彼女は子供たちにLSDやシロシビンのような幻覚を起こす薬を何週間も大人と同じ用量与えた。表立っては明らかになっていないが、悪名高きCIAのMKウルトラ計画(洗脳実験)から、ベンダーは資金を得ていたと言われている。



3.グアテマラ梅毒実験

8_e10

 2010年、非人道的な梅毒実験の事実が明らかになった。忌まわしいタスキーギ実験を研究していた教授が、同じ保健機関がグアテマラでも似たような実験を行っていた事実をすっぱぬいたのだ。このため、ホワイトハウスは慌てて調査委員会をたちあげるはめになり、1946年に米政府の息のかかった研究者が実験のために1300人のグアテマラ人を意図的に梅毒に感染させたことがわかった。

 感染患者へのペニシリン治療の効果をみるため、この実験は2年間続いた。研究者たちは売春婦に金を払って病気を広めさせ、何も知らない兵士や囚人、精神障害患者たちが梅毒に感染した。この実験で83人が死んだ。この恐ろしい一大スクープのせいで、オバマ大統領はグアテマラ大統領と国民に個人的に謝罪することになった。



2.皮膚硬化実験

9_e10

 1960年代、アメリカの皮膚科学者アルバート・クリグマンは、米軍の援助を受け、ホルムスバーグ刑務所の囚人たちを使って、肌を硬くする人体実験を行った。理論的には肌を硬化させれば、戦地で兵士が刺激性の化学物質から皮膚を守ることができるというのだ。クリグマンはさまざまな化学薬品をクリームに混ぜて囚人に使わせたが、得られた結果は永久に残る傷痕と痛みだけだった。

 製薬会社もクリグマンに金を払って、囚人たちを実験台にして自社製品をテストしていた。被験者は実験の目的や副作用については詳しく知らされず、報酬をもらって実験に参加した。多くは肌が水ぶくれになったり、火傷のようにただれたりした。それでもクリグマンは非情にも囚人たちは人間ではなく、ただの実験台の皮膚としてしか見ていなかった。

 ついに世間が騒ぎ出し、調査の手が入って、クリグマンは実験を中止せざるをえなくなり、実験結果もすべて破棄した。実験台にされた囚人たちは補償されることなかったが、クリグマンはのちににきびに効くレチンAを開発して裕福になった。人生は不公平である。



1.子どもへの脊髄穿刺(髄液を採取すること)実験

10_e8

 特に神経や脊髄障害を処置するときに脊髄穿刺が必要なこともあるが、太い針を脊髄に刺して髄液を採取するやり方は激しい痛みを伴うことも確かだ。1896年、小児科医のアーサー・ウェントワースは幼い女の子に脊髄穿刺をする間、少女が痛みに身を縮めるのに気づいたのに構わずに続けた。当時はこの処置に痛みはないと信じられていたのだ。彼は29人の幼児にこの処置をした。

 ついにウェントワースは、一時的に痛みがあったとしても、この処置が病気の診断に非常に役立つという結論に達したが、賛否両論だった。すばらしいことだと称賛する者もいれば、人体実験以外のなにものでもないと非難する者もいた。実験に対する社会の怒りが大きくなって、ウェントワースはハーバード医大の教師の職を退くことになった。

via:listverse・原文翻訳:konohazuku


▼あわせて読みたい
【動画】1960年に米空軍基地で行われた航空機の座席振動人体実験


自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち(アメリカ)


マッドサイエンスな狂科学者たちを描いた1950年代コミックブックの挿絵ギャラリー


有名な科学者たちにまつわる10の都市伝説(逸話)




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 20:51
  • ID:B5U.qMMb0 #

事前に知らされてないってのはキツイな…

2

2. ロボトミー

  • 2013年11月28日 21:08
  • ID:fGKhAnXh0 #

男の前頭葉を削除する。東大医学部の台(ウテナ)教授が100人に施行した。問題なのは台は脳外科ではなかった。精神科医が気に入らない患者の頭を削った。

3

3. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 21:35
  • ID:q.6iUAXf0 #

ロボトミーがないのは有名すぎるから?

4

4. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 21:40
  • ID:pCD2EuEE0 #

やっぱり死刑囚とか凶悪犯罪者は人体実験に使うべきだ
医学の発展と犯罪抑止に大きな効果が期待できる

5

5. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 21:42
  • ID:Jdw3RwAO0 #

9.麻酔なしで女性の性器を切除
麻酔なしと言うわけではないが、現代にも麻酔に耐性がある人もいる(昏睡状態にはなるが感覚ははっきりある)ので、全身麻酔をする前に病院の方で麻酔に耐性があるか調べてから麻酔をして欲しい。ヤダよ。激痛の中、体が身動き一つ取れない状態でほじくられるとか

6

6. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 21:45
  • ID:MaCLEP1t0 #

ロボトミー手術がないのは有名すぎて触れるまでもないってことなのかな
そして3を見たとき2010年ってとこだけ見てこれヤベエって思ったけど実験自体は60年以上も前の話だったのね

7

7. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 21:55
  • ID:uzC4ZZ2t0 #

タイトル読むだけで断念したの初めてです
なんかストーリーを考えてしまう……患者の心情とかね

8

8. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:12
  • ID:5idNClvZ0 #

お腹が痛い時に見る記事じゃなかった…

9

9. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:15
  • ID:YTmXmEPK0 #

精神病治療目的のフルトンのロボトミー手術はないんだ。

10

10. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:17
  • ID:Xlf7QWSB0 #

動物実験はこれよりひどいよ。毛皮も。

11

11. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:23
  • ID:OPlxn6X.0 #

100年前に生存してなくてつくづく良かった!
実験台にされなくても医療技術が拷問並みだろうだったからね

12

12. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:28
  • ID:H6lQbjWX0 #

ゾッとする
グアテマラ梅毒実験なんてつい最近なんだな
こんなことが現代の先進国で行われてたって怖すぎます

13

13. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:46
  • ID:yPSFTsf.0 #

ロボトミーかとおもったらなかった

14

14. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 22:51
  • ID:EuzsO.ND0 #

昔の人たちのおかげで今のペインコントロールの技術があると思うと感謝しきれない

15

15. みあきち

  • 2013年11月28日 23:36
  • ID:eaJjpqkI0 #

医学の進歩にかこつけたサディストどもの宴なのか、研究以外は視野狭窄の輩か、とにかく1番目の「内臓除去」を読んでる途中で「地獄への道は善意で敷き詰められている」という語を思い出した。

16

16. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 23:51
  • ID:TEOEK4M20 #

MADドクター一覧ってよりも、ただただ人一倍虚栄心だけが肥大化した俗悪千万な腐れ外道供の博覧会じゃねえか(苦笑

17

17. 匿名処理班

  • 2013年11月28日 23:54
  • ID:7wgDKrXy0 #

ほとんどは実験目的と言うよりは、その治療法に効果があると確信しての行動に思える
こういう盲信じみた自信がどこからくるのか、彼らで実験してみたら分かるのだろうか?

18

18. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 00:04
  • ID:H6KcqwVf0 #

全部マッドだが10はまさに本人が病気だろっていう…

19

19. ある製薬会社の元研究者

  • 2013年11月29日 00:23
  • ID:T0BXaGt90 #

今でも知らないうちに薬やワクチンなんかで実験されてるよ
医療関係者は金と自分達の地位しか考えてない人が多い

20

20. bboll

  • 2013年11月29日 00:37
  • ID:qm.CUoH30 #

ロボトミーとかじゃないんだ...

21

21. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 00:43
  • ID:3J.I70Ml0 #

ブルドッグソースっておいしいよね

22

22. fajro Dio

  • 2013年11月29日 00:54
  • ID:J.EwMkhi0 #

多くのマッドサイエンティストは「〜は…であるはず」「〜は…に違いない」という重度の認知障害に取り憑かれているな。
「治療が必要なのはドクター、貴方の方だ。」ってやつかな?

23

23. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 01:10
  • ID:F42InDVk0 #

トレパネーションの記事だろうと思って開いたら
そんなレベルじゃないものだらけだった
こう言う内容って文字だけなのに、カラダがゾワゾワってなる(主に局部)

24

24. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 01:14
  • ID:pY.2Wzlz0 #

現代の倫理観を引き合いに出すからマッドに見えるだけで、当時は医者も患者も必死だったんだよ
たとえば精神病の治療なんて、脳みそをひっかきだすロボトミー手術が開発されたのが1930年代半ば。これは1949年にノーベル賞を授与されてる。それまでは精神病患者をおとなしくさせるだけでも難しかったんだ。現代では内臓を取り出すことはないかもしれないけど、薬漬けにして動けなくさせたり、独居房に縛り付けて監禁するくらいのことはされてる。どこまでが許されることなんだろうかね。
他にもある。
1840年代にはまともな全身麻酔自体存在しなかった。
脳への電極刺激は1949年にペンフィールドが行って記憶のありかが脳のどの領域にあるかを証明している。現代でも脳深部刺激療法なんてのが行われている。
テストステロンは発見されたのが1935年だから、精巣に活性物質が存在してその機能を調べるという、当時では最先端の研究だった。
脊髄穿刺は現代もさまざまな病気の検査に使われている。痛みはひどいかもしれないが、当時の技術で幼児に麻酔をかける方が危険だ。
今許されていることだって、時がたてば笑われたり、眉を顰められることもあるだろう。自由や理想を語ることが悪だったように、その逆だって十分ありうることだ。

25

25. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 01:24
  • ID:xzufVRAs0 #

ドン引きするような話ばかりだな・・・
俺は二歳の時に心臓の病気を手術して治してもらって、今は何の不自由も無く健康な生活送ってるんで医者という職業が素晴らしいものであることを信じて疑わないのだけれども、反面、命を取り扱うという重大事を生業にしていると、紙一重のズレで何かが大きく狂ってしまうこともあるのかもしれないとも思うなぁ。

26

26. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 01:37
  • ID:NIzklnWS0 #

イカれてるの一言に尽きる。
でも確かにイカれてるが、毒キノコを最初に食べた人と同様にこうした実験があったからこそ今の裕福な現実があることを忘れちゃいけない気がする。

27

27. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 09:32
  • ID:TNzJ1V1c0 #

あああおぞましい…

28

28. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 09:51
  • ID:a3sZljdA0 #

9.麻酔なしで女性の性器を切除
医療行為とは別にこういう風習アフリカとか中東でなかった?
女性の貞操を守るための習慣とか言って。
なんかのドキュメンタリーで見たけど吐き気した。

29

29. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 10:41
  • ID:LQnxZPEK0 #

こういった飛びぬけて実験的な試みが出来る人間は良くも悪くもサイコパスの傾向があるんだろうね。
結果的に有効な治療法を見つけることが出来た医師は名医として賞賛を浴びることになるだろうが、そうでない医師はこんな風に糾弾される。
これらが倫理的に許されざることだとしても、恐らく現在使われている治療法の中にもこういった残酷な人体実験から見出されたものがあるんだろうね。
医療の恩恵を受けている以上、感情だけで非難してよいのか……
難しい問題だと思う。

30

30. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 10:57
  • ID:HqY1JA4q0 #

今新しい鬱病や精神疾患がわらわら増えて診断法やら薬やらが出てるけど
数年・数十年後どうなってるのか見物だね
まあ科学には犠牲がつきもの
「人間を使うのは酷い!」→「動物を使うのは酷い!」から
今は生きた物を使わない“優しい”実験が流行っているがこれもどうなることやら
囚人は実験に用いて良いって法律でもできないもんかね?
強殺犯は外科の、放火やらの精神的異常者は投薬の、性犯罪者は性病の・・・
てな具合にね

31

31. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 12:19
  • ID:sAi.92jU0 #

世の中やったもん勝ちなんだな。
悪い事をしたら
地獄に落ちるなんて嘘。
死んだら皆、平等に消えるだけだ。
なら…、
罪でも、やったほうがいい。

32

32. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 12:47
  • ID:.gfwhxW.0 #

麻酔なしで女性の性器を切除って1840年麻酔なんて殆ど確立されてないはずだから当時としては普通のことでないの?

33

33. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 12:57
  • ID:w712gxAu0 #

腰椎穿刺は仕方なくない?髄膜炎の診断には欠かせないし、たまに神経に触れてしまった時に痛みが走るのも仕方ない。一概にマッドサイエンティストみたいに扱うのもどうかなあ…

34

34. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 12:57
  • ID:xf0m3a670 #

うわああああああああ

35

35. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 14:18
  • ID:LuM1jrzw0 #

アナルーシャに感激

36

36. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 14:29
  • ID:T2hmvr6p0 #

読んでる間タマヒュンしっぱなしだった

37

37. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 14:55
  • ID:.0auCEFF0 #

うん、女性器切除は行われて"いた"じゃなくて"いる"だね
無麻酔で不潔な場所と器具…

38

38. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 15:19
  • ID:sbJP5J210 #

※30
アフリカの風習は、通称FGM
女子割礼。本で読んだのは石で切り取って
その辺に捨ててた。死ぬ人もいる(感染症、出血多量など)。
これをしないと結婚できない/純潔の象徴
/女性の性感を失わせる(コントロールする)
膣口を小さく縫ってしまうバージョンもあって、それは
トイレのたびにさえ、つらくてたまらないらしい。

39

39. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 15:33
  • ID:uLWWsPHj0 #

※36
結果的に有用な方法だったというだけで、当時は他の治療法と同じく人体実験的な手探りだったということだろう

40

40. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 18:37
  • ID:glQxlLpH0 #

人間の大脳の側頭葉シルヴィウス裂に電流を流すと幽体離脱が体験できる
局部麻酔で手術するためリアルタイムで自分が宙に浮いて手術風景が天井から全て見物できるようになるそうだ

41

41. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 18:45
  • ID:5qSJ3zIj0 #

このような実験があったから
判ったことも多いってのがネック。

42

42. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 20:52
  • ID:phCwuvLX0 #

ロボトミーが入っていないとは

43

43. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 21:32
  • ID:iLuS.Rm50 #

グアテマラ梅毒実験。アンブレラ社もびっくりだぜ。

44

44. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 21:35
  • ID:6Abzv2.B0 #

特定秘密保護法案が成立したから、
日本政府もマスコミにスクープされることなく
機密扱いで人体実験が可能になるな。

45

45. 匿名処理班

  • 2013年11月29日 23:27
  • ID:1oUM4wzQ0 #

何年か後には、現在の治療法もこういわれるかもしれない
また、現在異常と思われる手段が有効とされているかもしれない

46

46. 匿名処理班

  • 2013年11月30日 00:16
  • ID:4Vuh.fwv0 #

旧aperture scienceあたりなら嬉々として継続しそう

47

47. 匿名処理班

  • 2013年11月30日 14:00
  • ID:PNB5eqC80 #

九大だったかの生体解剖実験以上のものはないだろ
こんなものは比較にならない

48

48. 匿名処理班

  • 2013年11月30日 18:09
  • ID:lKezDuTI0 #

精巣の実験だけ、何かいい結果が出てるんですけど。

49

49. 匿名処理班

  • 2013年11月30日 22:00
  • ID:E2fztzJW0 #

シロシビン俺にも投与してくんないかな

50

50. 匿名処理班

  • 2013年12月01日 00:41
  • ID:shaAupiv0 #

>ある年老いたカフカス人の囚人は、アフリカ系アメリカ人の精巣を移植された後、とても精力的になったという。
ジジイが精力的になってもねえ・・

51

51. 匿名処理班

  • 2013年12月01日 13:37
  • ID:2SE49N3D0 #

アナルーシャ・・・

52

52. 匿名処理班

  • 2013年12月01日 16:49
  • ID:Gbf00CYv0 #

ソ連時代ロシアが、真空のチャンバーの中に生身の人間を突っ込んだ、実験。

53

53. 匿名処理班

  • 2013年12月02日 18:09
  • ID:hqYNVCwk0 #

プルトニウム注射ってのもあったな

54

54. 匿名処理班

  • 2013年12月02日 23:11
  • ID:dc52H7OH0 #

被験者に塩分濃度の高い水のみを与え続けるいわゆる海水実験も怖い
あと性差はその者が育った環境によって決定するという自説を証明するために、男の子として産まれた子を女の子として育て続けたが、最終的には心神を患わせ自殺に追い込んでしまった・という実験とか

55

55. 匿名処理班

  • 2013年12月03日 00:58
  • ID:SrhMJTdl0 #

※49
それは無理。
まず特定に分類されない。
今から変わったことするから、これ秘密にするね!
っていう法律ではないですよ。
マスメディアの嘘にだまされないで下さいね。

56

56. 匿名処理班

  • 2014年01月03日 03:47
  • ID:62MZP.nQ0 #

今日安全性が確立されてる外科手術なんてどれもこれも、マジキチなのばっかりだぜ?
やり方には問題があったとしても、真実を追い求めた先駆者達の足跡を目を逸らすことなく見つめ、前に進むべきだと思う。

57

57. 匿名処理班

  • 2014年01月04日 20:35
  • ID:MEbJaVXJ0 #

軍隊の人体実験は実は今でも貴重なデータとして扱われている
人間は低温でどのくらい持つかとか、毒ガスの致死量とかね
当時の日本の軍医も捕虜は死ぬ運命なので人権なんて思っていないし
国の役に立つため、むしろ有効と考えていたんだよね

58

58. 匿名処理班

  • 2014年04月25日 02:46
  • ID:V.HRbYBo0 #

自分たちの利益のためならどんなに恐ろしい苦痛でも与えてやる。
自分たちの利益のためならクズ野郎のことなんざ知ったこっちゃない。
そういう考えがマッドだ

59

59. 匿名処理班

  • 2015年03月22日 19:56
  • ID:BEwinAoS0 #

脊髄に針を刺してどうする。脊髄は中枢神経だ。
腰椎穿刺だろ。

60

60. 匿名処理班

  • 2015年06月26日 06:27
  • ID:WKo.VzRq0 #

※4さんへ そんな貴方が 冤罪で死刑囚になることは絶対にあり得ないんでしょうか?
あり得ないんでしょうねぇ、そんなに自信がおありなんですもの?この日本だけでもどれだけ冤罪で死刑囚にされてた人がいたのか知らないのですかね、 BAKA?、(ボーと安心な日本で生きてこれたからって過去にどれだけ冤罪やら悲劇が起こったか分かってない頭平和ボケ)2013年書き込みだから多分 稚拙さに気づくことなく今後も生きてくだろうけれど、憎しみで物を考えて犯罪者を憎むだけじゃ犯罪は消えないです、犯罪に至るまで過程があるだろが
君には是非に冤罪で死刑囚になって、そして人類の未来のために実験体になってもらいとう存じます

61

61. 匿名処理班

  • 2016年04月05日 17:29
  • ID:xVk94n7w0 #

自分も60さんに賛同です。騙されて犯人される人はたくさんいると思います。
また騙されて本人の承諾無しに実験台にされるのは、その人の人生を考えてないと思います。
進化という名の金儲けならご自分の体でやってください。自分の身を削るからこそお金を得られるわけで、他人の体で金儲けは許されないですわ。

62

62. 匿名処理

  • 2016年08月23日 20:11
  • ID:CQGm5LdT0 #

倫理に反する者を人体実験に使っていいと思う

63

63. 匿名処理班

  • 2016年09月22日 16:25
  • ID:g.Acy.Pt0 #

倫理に反する者は作り出せる駄目なんです。
だから冤罪という言葉があるんです。
人体実験をされたらその人の本来持っている能力を落とされて更正という道も閉ざされるんです。
進化のためならば、自分の体を提供したらいかがでしょうか?自分は五体満足で他人の体で実験はやめてもらいたい。
そのかわり見返りとしてお金を頂けばいいと思います。
犯罪者は更正させるのが法の目的だと思います。

64

64. 匿名処理班

  • 2016年10月23日 22:17
  • ID:VlGSiMvY0 #

これ、アメリカはよく人権上とか人道上とか恥ずかしげもなく他国に要求迫れるよな

65

65. スペアリブ太郎。

  • 2017年03月25日 12:11
  • ID:Qr9dyFnF0 #

実は私の妹、髄液とられたことあります。痛かったらしい。

66

66. 匿名処理班

  • 2018年06月09日 10:10
  • ID:2KU.QaL40 #

※44
とっくに北の実験材料確を放認してる癖に

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク