0_e34

 自らの命を投げ打ってでも、誰かを救おうとする人がいる。それはまさに危機に瀕している状況の時である。人はそんな時、思いもよらぬパワーと勇気を発揮するようだ。ここでは自らの命を投げうって、他の誰かを救おうとした人々と1匹の犬の10のストーリーである。
スポンサードリンク



ジョン・ロバート・フォックス(アメリカ)

1_e45

 米国陸軍中尉のジョン・ロバート・フォックスは、第二次世界大戦の最中、イタリアのソンモコロニアの町で、ドイツ軍の前進を阻むための砲兵射撃を行っていたところ、巨大なドイツ軍の脅威が迫りつつあった。フォックスは自分が盾になり、最後の砲撃をするよう命令した。味方が体制を立て直した時、フォックスの遺体は、およそ100人のドイツ人部隊の遺体のそばで見つかった。29歳だった。


ヴィンセント・コールマン(カナダ)

2_e44

 カナダのノヴァスコシア州ハリファックス港で、爆薬を積んだフランス船モンブラン号が他国船と衝突して爆発、炎上し、激しい爆風で現場は大混乱となった。爆発のあった桟橋付近の駅にいた、列車の運行管理者のヴィンセント・コールマン(45)は、現場に留まって近くを運行する列車に停止するよう警告した。これにより停車した列車の乗客らは難を逃れたが、体を張って列車を止めたコールマンは、二次爆発により命を落とした。


アーランド・ウィリアムズ(アメリカ)



 1982年1月13日、吹雪のさなか、エアフロリダ90がワシントンDCの凍った湖に墜落し、6人の乗客以外は全員亡くなった。20分後、生存者を救助するためにヘリが到着した。ひとりの男性を救助した後、ヘリはアーノルド・ウィリアムズに向かって救命浮輪を投げた。だが、彼はすぐにそばの乗客にそれを譲った。

3_e38

 ヘリが三度目に戻ってきた時も、ウィリアムズは同じことをした。そして四度目も・・・最後にヘリがやって来た時、ウィリアムズの姿はとうとう見えなくなった、彼は見ず知らずの他人を救う為、最後の力を振り絞り、そこで息絶えていったのだ。


ロシアの科学者たち

4_e35

 ドイツ軍によるレニングラードの包囲戦で、おびただしい数のロシア人が餓死した。食べられるものがそばにあった者はわずか12人。彼らはパブロフスクの種子銀行の科学者たちだったが、彼らもまた飢えで衰弱し、持ち場で死んでいった。ピーナッツの専門家アレクサンダー・ストチュキンも、自分や仲間たちの命を救えるはずの大量の食物をそのまま残して、自分の仕事場で死んだ。ロシアの未来の世代が確実に食べられるようにと、餓死する方を選んだのだ。


リチャード・レスコラ(アメリカ)

5_e34

 911の攻撃の時、リチャード・レスコラは大勢の人を避難させるのに尽力した。モルガンスタンレー社の警備部門の重役として、会社の入っているビルの安全を強く願っていた彼は、年に二度、社員の避難訓練を実施していた。隣のタワーが攻撃された時、彼は行動に移り、死ぬ直前まで冷静に人々を避難誘導していた。レスコラの行動は、2500人以上の人の命を救ったと考えられている。


ローレンス・オーツ(イギリス)

6_e32

 イギリスのロバート・スコット率いる南極探検隊の一員だったオーツは、1910年、テラ・ノヴァ号に乗り込み南極点を目指した。オーツは過酷な任務によりひどい凍傷を負っていた。思うように歩けず、このままでは進行に支障をきたしてしまうと思い、自分を置いていくよう頼んだが、聞き入れてもらえなかった。そしてあの伝説となった最後の言葉を発した。

「ちょっと外にでてくるよ、しばらくの間ね。」

 彼はブーツ履かず、安全なテントを後にして氷点下40度の世界へ消えていった。二度と戻ってくることはなかった。1912年3月16日、彼の誕生日の前日の出来事だった。残念なことに、目標まであと数マイルというところで仲間たちも寒さに倒れ、オーツの犠牲は報われることはなかった。


ライアン・アーノルド(アメリカ)

7_e29

 兄弟の絆というものは時として強く、お互いを守ろうと思う強い気持ちは、理屈では説明のつかないものがある。ライアン・アーノルドは、兄のチャドに肝臓移植が必要になった時、どうしても助けたいと思った。すぐに自分の肝臓が使えるかどうか調べ、ドナーとして適合することがわかると、移植を進めた。しかし、すべての手術に危険はつきものだ。ライアンは移植中に命を落とした。彼の究極の犠牲のおかげで、兄は確実に生きられることになったのだ。

 この映像は手術直前に撮影されたもの



タケシ・ミウラとミキ・エンドウ(日本)

8_e28

 2011年、大地震による大津波が、日本に甚大な被害をもたらした。南三陸町の職員である遠藤未希さん、三浦たけしさんは、大きな津波が起こった時、最後まで災害対策室に残り、町の人々に避難を呼び掛け続けた。ふたりの最後の言葉が町の人々を救ったのだ。


4人の司祭(アメリカ)

9_e21

 1943年2月、中尉のジョージ・フォックス、アレクサンダー・グーデ、ジョン・ワシントン、クラーク・ポーリングは、軍隊輸送船ドーチェスター号に乗っていた。彼らはそれぞれ宗派の違う牧師、司祭たちだった。船が敵の潜水艦の魚雷に攻撃された時、4人はすぐに協力して救命胴衣を乗員に渡し、誘導し始めた。救命胴衣がなくなってしまうと、自分たちのものを渡した。船が沈み始めた時、4人は腕を組んで歌を歌い始めた。彼らは神のもとへと仲良く旅立っていった。


名もない犬

10_e24

 犬は自己犠牲という言葉を知らない。尽くすという行為がどんなものかも知らない。本能で感じ取り、すぐさま行動しているだけである。かけがえのないものとずっと共に暮らしていけるように。

 死んでしまいたいと思っていたあるひとりのカザフスタン人の男が、酒を飲んで線路に横たわった。彼の飼い犬はそこが危険な場所であることを知っていた。全力で押したり、引いたりして、酔いつぶれている飼い主を線路から安全な場所へ移動させようとした。だが悲しいことに、この犬は列車に轢かれて亡くなってしまった。

via:listverse 原文翻訳:konohazuku

▼あわせて読みたい
2012年、人のやさしさに触れた18の瞬間


自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち(アメリカ)


優しい心を持った13の動物たちのハートフルーストーリー(動画あり)


カラパイア無料メールマガジン購読方法


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. あたい

  • 2013年01月29日 20:37
  • ID:m4hIOV6h0 #

まさにヒーロー

2

2. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 20:47
  • ID:lSkAMKNL0 #

無粋かと思われるが、結局仲間達も死んだのにオーツの自己犠牲は一体誰が伝承したのか

3

3. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:00
  • ID:nuUK0Flm0 #

犬の飼い主どーなったのよ

4

4. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:22
  • ID:24S1Ggnh0 #

最後、正に忠犬だな。

5

5. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:29
  • ID:7qYecPjJ0 #

皆、本当に怖かっただろうに。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:31
  • ID:aulSaW7R0 #

あかん泣いてまう
年取ったら涙腺が・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:40
  • ID:vmRyOe4z0 #

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!

8

8. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:44
  • ID:HzsJcs9s0 #

どんな人生を送ったら自分の命よりも人を優先する人間になるのだろうか
こんな人達が亡くなってしまうってのは悲しい話

9

9. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 21:57
  • ID:OLJtTw5r0 #

自己犠牲心が発動する時、まるで不死身のような気分になる。
「助けたい」という意思が生存本能を凌駕するって凄い事だよ。
生物共通の最終奥義だと思う。

10

10. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 22:32
  • ID:BUJkujxq0 #

イイハナシダナー(’;ω;`)

11

11. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 23:27
  • ID:fgikSDgJ0 #

チェルノブイリの事故直後に炉心直下の冷却プールの水を抜いた作業員もな。
ってかあそこに関わった人間は皆そうか。

12

12. 匿名処理班

  • 2013年01月29日 23:47
  • ID:bhxPrX0B0 #

動物が死ぬ話は人間の以上に
心が痛い

13

13. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 00:16
  • ID:anJQDNaw0 #

こういう人たちに少しでも近づけるよう日々頑張りたいな

14

14. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 00:21
  • ID:du.dYsNq0 #

MoHもらった第100連隊の人もいてもいいと思う
彼は全て日系アメリカ人の為に戦い仲間の為に死んだのだし

15

15. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 00:37
  • ID:1XLfDxLq0 #

なにもいいたくない。
ご冥福をただお祈りしたい

16

16. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 01:06
  • ID:MGUPm60b0 #

犬ぅ(´;ω;`)ブワッ

17

17. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 01:21
  • ID:2sps0wDr0 #

偏ったプロパガンダですな
アメリカ多すぎ

18

18. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 01:28
  • ID:Q9Q3h5.S0 #

わんこ。。。

19

19. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 01:37
  • ID:BhPW9vPa0 #

泣いた。
ありがとう。
人命救助できないまでも、できることからはじめます。

20

20. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 01:39
  • ID:C6R1.IM90 #

自己犠牲は究極の正義だと思う

21

21. 匿名処理班分隊

  • 2013年01月30日 02:50
  • ID:8O9dIR3d0 #

犬が不憫すぎる(T_T)

22

22. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 02:57
  • ID:kK.g8LEU0 #

>無粋かと思われるが、結局仲間達も死んだのにオーツの自己犠牲は一体誰が伝承したのか
隊長だったスコットの日記から
馬が倒れ人力で荷を運ぶ絶望的状況下での話

23

23. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 02:58
  • ID:SCk6K5zZ0 #

俺は絶対見ず知らずに奴に、命なんかささげない
血液くらいならあげたいが、中間業者がメシ旨にするからあげる気なくなるんだよ・・・

24

24. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 05:01
  • ID:cgaFN1T.0 #

個人的には浮き輪を渡し続けた人の話が一番響くわ…。あとやっぱ津波の2人かな。あの日を共有した日本人として胸にくるものがある。ってかあの津波の時なんかは誰にも知られぬこととなった輝かしい行為なきっと沢山あったんだろうな、と思う。
どれも俺には絶対にできない。もう確信して言える。俺は究極の事故犠牲を発揮できる場面で究極の自己中精神をむき出しにしちゃうと思う。

25

25. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 09:47
  • ID:oG40.HF.0 #

事故と自然災害は仕方ないが戦争とテロはなぁ
元々誰も死ぬ必要がなかったのにとしか思えない

26

26.  

  • 2013年01月30日 09:54
  • ID:FQaXS0rK0 #

浮き輪の人はずいぶん前にテレビの衝撃映像の番組で見た。
ヘリから投げられる浮き輪を全部他の人に渡すんだよ。
最後ナレーションで「彼の姿はなかった」ってなった時、なんでだよー!と泣いてしまった。
アーランド・ウィリアムズさんって言うのか、彼のことは一生覚えておくよ。

27

27. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 10:18
  • ID:W0Xa3bcA0 #

>犬は自己犠牲という言葉を知らない。尽くすという行為がどんなものかも知らない。本能で感じ取り、すぐさま行動しているだけである。かけがえのないものとずっと共に暮らしていけるように
たまに生きてる意味わかんなくなるんだけど、愛犬だけは裏切れないなあ。。。そうすると何か人生のつらいことがものすごく些末なことに思えてくる。こいつのためにならもうちょい頑張ってもいいなって。

28

28. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 10:23
  • ID:1UVXWTIB0 #

体を使って列車やバスを止めた鬼塚道男さんや長野政雄さんのことを知り、忘れないようにするだけで本当にちいさなことだけど何かができるのだと思う。
自己中の私にできることはそれくらいかもしれない。
けど、尊い魂を持つ人にこうした話を伝えることができるのかもとおもう・・・

29

29. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 11:17
  • ID:EwTNnJTy0 #

※24に腹が立つが、英雄なら危機的状況でも、この※24に浮き輪を渡すのだろう

30

30. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 12:00
  • ID:AneeJGWx0 #

讃えられるべき人々ばかりだけど、こういう話聞くと、ただただ悲しくなる。

31

31. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 12:20
  • ID:V.Grr2aj0 #

人間、その時になってみないとわからないもんだ。

32

32. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 12:50
  • ID:Ohb5OFst0 #

>「ちょっと外にでてくるよ、しばらくの間ね。」
そこは引き留めろよw

33

33. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 12:56
  • ID:iw4.loRL0 #

結局死人にくちなしなんだよなー。
感動的に伝えるのも、教訓として心を打たれるのも、生きてる人間にしかできない。

34

34. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 13:26
  • ID:e9WQ6efQ0 #

犬で泣いてしまったわ
美談ですませたらダメなケースもいくつかあるね
ちゃんと教訓が生かされていることを願います

35

35. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 14:05
  • ID:TDHwuD7s0 #

>32
そうだね、その時になって初めてその人間の真価が現れるんだと思う
ひょっとすると24も

36

36. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 16:07
  • ID:r.zW.PLi0 #

前途有望な若者が命をなげうって他者を助ける
なんて理不尽なんだって思うけど、
そういう人たちのおかげで今の世界があるのだろう

37

37. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 18:15
  • ID:eUYlZZnL0 #

日本人は自己犠牲的、献身的な民族だと思う。3.11で実感した、、、

38

38. 名無し

  • 2013年01月30日 21:59
  • ID:tjtGLuU30 #

※29
どこに腹が立つの……?

39

39. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 22:32
  • ID:C0ySzspj0 #

アメリカの映画なんかで一人のヒーローが地球を救った、みたいな設定で話が作られてるけど、それって特別な一人じゃなく誰でもなり得るんだって改めて思った。
日本人の二人も、その日の地震発生までは普通の人だったと思うけど、それが仕事への責任感と人を助けたいという使命感が二人を動かしたんだと思う。
この人達は不幸にして亡くなったけど、ここまでじゃなくても誰でも自分以外の誰かを助けようとは思ってるだろうし、体が動く人は多いはず。

40

40. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 22:58
  • ID:FQj9Qora0 #

こういう状況に陥ったら俺多分友人だろうと見捨てちゃうわ・・・

41

41. 匿名処理班

  • 2013年01月30日 23:56
  • ID:E5P1K6l90 #

泥酔した飼い主を線路上から引っ張り出す事に成功したけど、片足を失った犬の話を前きいたわ。

42

42. 空缶

  • 2013年01月31日 00:11
  • ID:1vygE8Wi0 #

餓死しながらピーナツを守るような、
その場の勢い的な後押しもなく、いつ終わるとも知れない苦行でしかない行為を
利他的だからという理由だけで成し遂げる意志や理念の強さには
心から頭が下がる思いだ。

43

43. 匿名処理班

  • 2013年01月31日 10:32
  • ID:B9KC6R5j0 #

最後の犬、列車が見えた時は怖かったんだろうな...。
それでも逃げなかったってすごい勇気だな...。

44

44. 匿名処理班

  • 2013年01月31日 10:51
  • ID:egBy0MYe0 #

元はあっちの記事だしアメリカが多いよなー
でも、311のときだってと思ったら載ってたから
逆に驚いた。
ただ、311はニュースになってない人が
もっと大勢いるんじゃないかな。
どうしてもそういう気持ちになる。

45

45. 匿名処理班

  • 2013年01月31日 16:56
  • ID:FMcyYSh30 #

もう俺なら悔いが無い位成功も失敗もしてきたら、自己犠牲出来る。

46

46. 匿名処理班

  • 2013年01月31日 17:37
  • ID:AHojrYhx0 #

塩狩峠が無いな。
犬の話では、盲人を自分の体で押して突っ込んでくる自動車から守り、自分は轢かれてしまった盲導犬の話を思い出した。

47

47. 匿名処理班

  • 2013年01月31日 23:23
  • ID:7PEOaV7v0 #

※47
条件を鑑みて可能であるということと実際にそれが行えるのは違う
上に出ているのはとっさの時にそれが出来た方々だ

48

48. 匿名処理班

  • 2013年02月01日 03:22
  • ID:1dNGpzmO0 #

人間生きていればいつかヒーローになれるチャンスが回ってくるかもしれない
だがそのチャンスを自分の身を投げ打ってでも掴める人はどれぐらいいるだろうか・・・

49

49. 匿名処理班

  • 2013年02月01日 03:50
  • ID:FqS.4YPN0 #

なんと言う愛。
なんと言う美。

50

50. 匿名処理班

  • 2013年02月01日 15:50
  • ID:oQII8R4p0 #

金も名誉もある程度手に入れた
でも最近思うのは人の尊厳とは正に
こうゆう人達の下にあるということ
自分の為だけに生きている人は
どこまでいっても浅はかだ

51

51.

  • 2013年02月01日 20:14
  • ID:17QP.HAa0 #

杉浦ちうねみたいのもある意味これだよね。メディアに取り上げられないだけで世界中でこんなのあるんでしょ。

52

52. 匿名処理班

  • 2013年02月01日 23:43
  • ID:nOHWK9WT0 #

マイケル・モンスーアを押す
敵が投げた手榴弾をとっさに体で多い仲間を爆破から守るなんてそうそう出来ねーよ
考えた結果とかじゃなくとっさの行動
この勇気は凄まじいよ

53

53. 匿名処理班

  • 2013年02月02日 00:21
  • ID:hnaRFG.h0 #

俺もその場にいたらそうするだろう
そして思うんだ
「今の俺ってめっちゃかっこよくね?」

54

54. 匿名処理班

  • 2013年02月02日 00:57
  • ID:tgMe.k.w0 #

マキシミリアノ・コルベが居ない事が信じられない\(^o^)/

55

55. 匿名処理班 事務員

  • 2013年02月03日 15:40
  • ID:MNpovuIK0 #

超感動(/_;)
でも、同じシチュエーションだったら
>>55さんと同じこと思ってると思うwww

56

56. 匿名処理班

  • 2013年02月03日 19:59
  • ID:2VPS1G0j0 #

福島第一原発の現場で作業に当たった人達(そして今も当たっているであろう人達)も忘れちゃいけない。

57

57. 匿名処理班

  • 2013年02月04日 16:59
  • ID:2dw2sdKa0 #

>58
逆にメルトダウンして間もなく真っ先にこの件から撤退しようとした東電幹部はがちくそ

58

58. 匿名処理班

  • 2013年02月04日 21:24
  • ID:93DOw1kA0 #

遠藤未希さんだけで無く、危機が迫る中で彼女に代わり無線についた
三浦毅さんも取り上げていただいたことに感謝します。
彼らの行為は尊いからこそ、美談で終わらせてはならないものです。

59

59. 匿名処理班

  • 2013年02月07日 04:18
  • ID:tdQyaUVx0 #

誇り高きワールドヒーローズ、感服です

60

60. 匿名処理班

  • 2013年02月09日 06:56
  • ID:6kb50X3Q0 #

新大久保駅の転落事故も

61

61. 匿名処理班

  • 2013年02月10日 15:46
  • ID:SpOosAn90 #

ひさしぶりに 人間に会った気がする

62

62. 匿名処理班

  • 2013年08月04日 20:48
  • ID:i1f4FZi70 #

アーランド・ウィリアムズ氏は中学の道徳の教科書で知った。
でもこれ、レスキューの人は、ウィリアムズさんを先に助けようとしたわけだよね。
素人判断で他人に譲らずにレスキューが判断した順に救助したら
この人も助かった可能性は無いんだろうか?

63

63. 匿名処理班

  • 2013年10月27日 11:52
  • ID:Z9isgJdE0 #

昔いたなあ、確か駅のホームから線路上に落ちた人を助けて自分は轢かれて死んだ韓国人留学生の話

64

64. ☆諒

  • 2013年12月26日 00:13
  • ID:odIKQaDH0 #

1954年の洞爺丸沈没事故の時、多くの乗客に救命具を渡して装着させ自らは救命具を纏わずに犠牲になった二人の米国人宣教師が居たことも忘れてはいけないね。

65

65. 匿名処理班

  • 2013年12月26日 08:53
  • ID:eo.fdQ770 #

自分が情けね、情けねぇよ

66

66. 匿名処理班

  • 2013年12月26日 22:07
  • ID:xzAGeNPI0 #

真冬の川に落ちた場合の生存率は男性のほうが低いから、レスキュー的には男性から救助なんだよなー。一番最初に救助したのも男性で、レスキュー隊はわかってやってたわけで
緊急時は女子供の避難が優先って言われてるけど時と場合によりけりだわな
後に事故現場の橋の名前が「アーランド・ウィリアムスJr.祈念橋」に改名された

67

67. 匿名処理班

  • 2014年03月22日 23:39
  • ID:s6U.IAZV0 #

それでも漢は女子供を優先させるだろう

68

68. 匿名処理班

  • 2014年05月01日 01:32
  • ID:RV4Gy6jR0 #

天災だと諦めるが人災だと結構「英雄的に」行動してきたな
人の悪意は心底憎んでるからな

69

69. 匿名処理班

  • 2014年05月11日 16:37
  • ID:oOqOb62q0 #

わんわんお…(´;ω;`)

70

70. 匿名処理班

  • 2014年06月03日 18:52
  • ID:VmSenSg10 #

かっけーーーーーーー゚(゚´Д`゚)゚

71

71. 匿名処理班

  • 2014年08月02日 14:57
  • ID:VYkCI.jZ0 #

アンチヒーローでは、韓国セヴォル号の船長&アナウンス船乗務員
自分一人の命を守るため、2百人近くを犠牲にした。

72

72. 匿名処理班

  • 2014年09月30日 02:30
  • ID:DXaV2UV80 #

調べたら発見されてた.>アーランド・ウィリアムスさん
情報間違っててすみませんでした

73

73. 匿名処理班

  • 2015年09月01日 14:08
  • ID:7Cx2Ai6X0 #

村上春樹のエッセイでアーランドウィリアムズさんのことが書かれていたので来ました
東日本大震災の件も書かれていたか、よかった

74

74. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 17:48
  • ID:cvdI49Kw0 #

※38
この記事中には若者より年配の人の方が多いようだけど?年齢なんて関係ないでしょ

75

75. 匿名処理班

  • 2017年03月17日 05:05
  • ID:6XqAlbsp0 #

※2皆が亡くなったのが発見された時に日記帳が荷物にあったのでは?書いとくでしょ普通そんな重大なこと、、 てか精神力すごいな、、 誰かを守るにはまず自分の身を守ることとSPかなにかのドラマで言ってたけど、こういう犠牲になるやつって死ななくても、、って思ってしまう、、どうにかならなかったかね、と あと戦争での英雄は敵にとっての悪人になるので、戦争は嫌だと思いました(ファッキン)
(日本人の方の遠藤みきってこっぱみじんの恋の主人公と同じだ、)

76

76. 匿名処理班

  • 2018年06月05日 03:59
  • ID:A0fDFZ8.0 #

日頃のニュースの中にも、そういう知らなかった逸話があるのよな・・・
ただネット上の言葉に踊らされて、クソ文句を垂れ流すだけにはなりたくないものよ

77

77. 匿名処理班

  • 2018年06月12日 16:34
  • ID:BWLun7ak0 #

※2
発見されたスコットの日記ですね。

78

78. 匿名処理班

  • 2018年09月11日 18:23
  • ID:nhISZ.SF0 #

※62
助かったほかの乗客によると、
彼は座席のケーブル類が体に絡まり、身動きが取れなかったらしいので、
順番を譲っていたというよりは、最初から自分を助かる計算に入れていなかったの
かもしれない。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク