cover_e31

 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患を持つ「アルビノ」はごく少数ながら一定確率の割合で生まれてくる。人間を含む様々な動物にみられるが、オットセイの場合、その確率は10万分の1というから、かなり珍しい。

 このほど、キタオットセイやトドなの繁殖地として知られるロシアのオホーツク海に浮かぶチュレーニー島(海豹島)で、アルビノとみられるオレンジ色のオットセイの赤ちゃんが発見された。

 まわりはみんな黒っぽい色をしているのに、この子だけはオレンジ色をしており、かなり目立っている。『The Siberian Times』などが伝えている。
スポンサードリンク


Seal

10万分の1の確率で生まれたアルビノのオットセイの赤ちゃん


 オホーツク海に浮かぶチュレーニー島で、珍しいアルビノのオットセイの赤ちゃんが、海洋哺乳類生物学者ウラジミール・ブルカノフ氏により発見された。

 この赤ちゃんは、先月に誕生したようで、生後1か月も経っていないということだが、その外観は周りの仲間と比べると非常に著しく、オレンジがかった毛色をしており、青い目とピンクの足ヒレを持っていた。

 専門家によると、アルビノのオットセイの赤ちゃんが誕生する可能性は、10万分の1という非常にレアな確率だそうだ。

1_e4

 実は2011年にもロシアには、ナファーニャという名のアルビノのオットセイがいたが、コロニーで仲間に拒否されてしまったため、人間により保護されたという。


 今回のこの赤ちゃんも、周りと異なる外観により仲間から拒否される可能性もあるということで、生物学者ら専門家からは心配の声があがっている。

 ブルカノフ氏は、The Siberian Timesのインタビューでこのように話している。

私が発見したこのオットセイの赤ちゃんは、母親から十分に乳を与えられているのか、とても元気そうで活発でした。

今のところは、仲間から完全に追放されてはいないようです。しかし、他のオットセイたちはこのアルビノの赤ちゃんにあまり関心を持たず、どこか遠ざけているような感じも見受けられました。

追いかけられたり噛まれたりと攻撃されているということはないようですが、通常の仲間への対応とはやや異なるという感じがありました。


専門家により経過観察が行われる予定


 ブルカノフ氏は、何年もオットセイなどの海洋生物を観察してきた知識とその経験から、おそらくこのアルビノのオットセイの赤ちゃんは遺伝的特性のため視力が弱く、成熟期に達することができるかどうかもままならず、また生き延びたとしても繁殖力を持つ可能性は少ないだろうと指摘している。

 しかし、インスタグラムのアカウントで、ブルカノフ氏はカムチャツカ半島の東のベーリング海にあるロシア連邦領のベーリング島に生息しているアルビノのオットセイの写真をシェア。


 このオットセイは、成熟期を迎えることができた初のケースということだが、今回発見されたチュレーニー島の赤ちゃんオットセイに希望をもたらしてくれるような投稿となっている。

 なお、専門家らは今後もオットセイの赤ちゃんの経過観察を続けていく予定で、アルビノの赤ちゃんが無事にコロニーに受け入れられて成長していけばそれで良しだが、万が一拒絶された場合は、救出し保護する計画をしているという。

 その場合は、ナファーニャの時と同様、ロシア南部ソチにあるイルカ水族館に引き取られることになるということだ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
青い目に赤茶色の毛、「うちの子じゃない」と母親に捨てられたオットセイの赤ちゃん


続編:ぼっちだったアルビノのオットセイ、水族館で人気者に(動画)


家族全員がアルビノとして生まれたインドの10人家族、ギネス記録へ(+動画)


ルビーのような瞳を持つアルビノのフクロウ


真っ白モフモフ、アルビノアライグマのワクワク木登り


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 13:43
  • ID:75QRRvzW0 #

だいぶ目立つから遠ざけられるのは分からんでもない
捕食者に狙われやすそう

2

2. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 14:09
  • ID:VxX0g4BU0 #

エビフライ!

3

3. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 16:53
  • ID:Z.FctVyM0 #

目が赤い様にも見えなくも無いが、アルビノって血液調べんと実は違うとか有りそうに見えるんだが…
茶色のアルビノってどの程度居るんだろ?

4

4. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 17:43
  • ID:iQTJJQr60 #

ふと思ったのだが
ヤマネコってキジトラ猫のような毛色のが多いけど
突然変異で茶トラのヤマネコが生まれることもあるんだろうか

5

5. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 18:35
  • ID:.UBANlz60 #

猫が紛れてるみたいだ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 18:58
  • ID:89Mebs3.0 #

※3
リューシズム(白変種)というのもあるらしいからね

7

7. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 20:30
  • ID:lzGxeAl50 #

※3
茶色は、単なる汚れなのかもよ。

羊なんかも、ドス茶色い毛を洗ったらフワフワの純白に
みたいな記事が少し前のカラパイアにあったし。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 22:57
  • ID:4LV1B0Rt0 #

元気でいて欲しい

9

9. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 00:07
  • ID:81lTQftL0 #

>>2
なんかに似てると思ってた

10

10. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 02:04
  • ID:lMHG6Nmg0 #

前同じような子供がいたけど
この子はまだ元気そうだし
目も見えてそうだね
このまま元気に育ってくれればいいのかな

11

11. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 06:59
  • ID:srVoWxGk0 #

※1
オットセイの捕食者…。
サメ、シャチ、人間
かな。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 10:54
  • ID:5UtF3xzB0 #

うーん、コロニーからの拒絶が自然の摂理なら仕方がないと思う。それにアルビノだから人間の目に止まって保護してもらえる訳だし。
可哀想なのが見た目は普通なのに別の理由で拒絶されてるオットセイだよなあ。もちろん目に止まれば保護してもらえるかもしれないけど。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク