イタリアのマフィアがコロナ禍を利用
イタリアのマフィアがコロナ禍を利用/iStock

 2020年5月18日、ローマの金融警察が令状を手に、ローマ・ティブルティーナ駅側にあるシチリア系レストランのガサ入れを行った。その店はマフィアによって不正に買収されていた疑いが持たれていた。

 店内には容疑者と目される人物がおり、カウンターの裏からは、他にもマフィアが買収したチェーン店が2店あることを裏付ける書類が見つかった。

 3店の取得金額は84万ユーロ(約1億円)で、契約が結ばれたのは1月前のこと。ちょうどイタリアがコロナ禍で都市封鎖を実施しており、大勢の事業主が資金繰りに苦しんでいた時期だ。
 
 店を買収したマフィアは、ナポリに拠点を置く「カモッラ」で、イタリア4大マフィアに数えられる犯罪組織だ。

 コロナウイルスのせいで、イタリアは苦境に陥った。不況になり、失業者や貧困が激増。マフィアにとって、そうした状況を作り出した都市封鎖は大きなビジネスチャンスであった。
スポンサードリンク

勢いを取り戻すイタリアのマフィア


 カラブリア州の「ンドランゲタ」、シチリアの「コーサ・ノストラ」、カンパニア州の「カモッラ」、プッリャ州の「サクラ・コロナ・ウニータ」――これらがイタリア4大マフィアと呼ばれている。

 中でも今、一番勢いがあるのが「ンドランゲタ」だ。組織はファミリーのみに厳格に限られており、警察の介入を許さない。世界各国にも進出しており、ヨーロッパへのコカイン密輸の8割に関与しているとされる。
 
 また一時期は弱体化していたコーサ・ノストラやカモッラにも復活の兆しがある。

 彼らは飲食店などを安く買い叩いては、それを通じてマネーロンダリングを行う。先日などは、コロナ対策として給付された補助金が、彼らが所有する企業を通じてマフィアに流れ込んでいたことまで明らかになっている。


ITALIAN MAFIA

ンドランゲタの国際密売ネットワーク


 コカインはマフィアの重要な資金源となっているが、そのためにンドランゲタは南米やヨーロッパ北部の拠点(ロッテルダムやアントワープなど)にいるブローカーを利用している。

 こうすることで、麻薬ルートを安定させるだけなく、南米の麻薬カルテルをはじめとする世界各地の犯罪組織との関係まで深めている。

 たとえばンドランゲタは、コロンビアの麻薬密売組織クラン・デル・ゴルフォと手を結び、コカイン数ヶ月分のストックを確保。現在の状況でもいつでも出荷することができる。

 組織犯罪汚職摘発報告会(OCCRP/Organized Crime and Corruption Reporting Project)によると、ヨーロッパをコロナ禍が襲ったとき、こうした国際的密売ネットワークから資金が提供され、世界のコカイン産業は一般企業よりもずっとうまく対応することができたという。

 リスクの大きい密輸ルートは、別のものに変更された。アントワープ、ロッテルダム、ジョイア・タウロといった拠点の一部は、大きなイタリア人コミュニティがあるスペインに一時的に移されている。
 
 一旦ここにコカインを保管した上で、青果や大豆粉のような見た目が似ている積荷と一緒にヨーロッパ各地に輸送されるのだ。


The Mafia's Secret Bunkers (Mafia Documentary) | Real Stories |


自分のシマでコロナ感染を防いだンドランゲタ


 世界中に拠点を持つンドランゲタだが、そのルーツはイタリア南部のカラブリア州サン・ルーカにある。ここは彼らの法秩序によって治められている地域だ。

 ヨーロッパ全土にコロナ感染症が広まると、各地からサン・ルーカ出身者(当然、ンドランゲタの構成員もいる)が帰郷し、自主的に隔離を行った。

 サン・ルーカには警察の捜査に備えて地下室が作られている家が多く、彼らはここに閉じこもってウイルスの拡散を防いだのだ。

 おかげでサン・ルーカをはじめとする近隣の村々では、コロナ感染者が1人も出ていない。そのメッセージは、「我々に政府はいらない。自らの力で対処する」だ。


コロナ禍で困窮する住民をマフィアが援助


 過去数十年にわたる取り締まりのために、勢力を縮小していたマフィアだが、コロナ禍によって彼らは再びかつての勢力圏を取り戻し始めている。

 たとえばシチリアの州都パレルモの一部では、国の支援が行き渡らず困窮する家庭をマフィアが助けている。

 食べ物がない家庭には食糧を配り、失業者には仕事が与えられる(多くは不法行為)。都市封鎖下にある地域の最貧地区ZENでは、コーサ・ノストラのボスの兄弟が食事を配っているところが発見されている。

 また金に困った者には貸し与えられた。その狙いは法外な金利で暴利を貪ることなどではなく、事業を倒産に追い込むことだ。こうすればマフィアは、叩いても埃の出ない店を引き継ぐことができる。
 
 6月初め、パレルモ警察によって、コーサ・ノストラが所有する賭博場が摘発された。当時、都市封鎖を受けてスポーツイベントやギャンブルの類は禁止されていたが、逮捕された構成員は賭博場2店を現金で買収していた。

 警察によれば、マフィアはコロナ禍を利用して勢力を伸ばしており、こうしたケースは氷山の一角であると述べている。

iStock-837345268
iStock

企業型マフィアへの変貌


 コーサ・ノストラもまた企業型マフィアに変貌を遂げつつある。

 たとえば、廃棄物の処理は昔からマフィアが噛んでいた業界だ。彼らは地元の政治家に賄賂を贈ったり、選挙での応援を約束したりして、その見返りに実入りのいい仕事を回してもらっていた。

 実際、つい先日、ミラノ近郊の町で、ンドランゲタが運営する棄物ルートに関与したとして、議員が逮捕されている。最近の狙いは、コロナ禍で大量に出る医療廃棄物であるという。


12 arrests in big hit against ‘Ndrangheta mafia in Italy


イタリア国外でも暗躍


 だが、マフィアがもっとも利益をあげるのは、元々勢力圏内にある南部ではなく、イタリア北部や海外の豊かな地域だ。エセックス大学の犯罪学者アンナ・セルジ氏によると、彼らはドイツ、フランス、ベルギー、オランダなどでも飲食店を買収しているという。

 またイギリスでは、マフィアの姿が目立つようなことはないが、マネーロンダリングなどに金融セクターが利用されている。たとえば、ンドランゲタは、不正に稼いだ数百万ユーロもの金を債券としてまとめて、シティ・オブ・ロンドンの投資銀行を通じて売却していたことが発覚した

 そうした行為の背後にいるのは、法の抜け穴をつき、本来の所有者や金融取引を隠すやり方を教える会計士や弁護士たちだ。

マフィア
Pixabay

国際手配でマフィアを追い詰める警察


 歴史的に、ヨーロッパ諸国は、イタリア国外で活動するマフィアをそれほど警戒してこなかった。しかし、今の状況はそうした流れを変えつつあるようだ。

 ここ数週間、欧州刑事警察機構(ユーロポール)の取り締まりによって、ンドランゲタ構成員12名、コーサ・ノストラ構成員46名が逮捕された。容疑は、麻薬取引、銃刀法違反、恐喝、収賄などだ。

 また国際刑事警察機構(インターポール)も、ンドランゲタを追い詰めるべく、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど11か国と連携した共同作戦を実施しているところだ。

追記(2020/07/20)本文を一部修正して再送します。
References:vice/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
これがイタリアの巨大マフィア組織が使用していた暗号文の解読コードだ。


悪名高き世界10の危険なギャング


収益額から見る、世界最大の暴力犯罪組織トップ5


世界の様々なギャングが執り行う身の毛もよだつ14の儀式


稼業として冷酷に任務をこなす。世界に実在した名だたる殺し屋たちに関する事実(後編)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5351 points
猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

2020年10月16日
9944316338
2位
4351 points
消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

2020年10月15日
3443982223
3位
3592 points
犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

2020年10月17日
82350109
4位
2584 points
12歳で核融合炉を作った少年がギネス世界記録に認定(米テネシー州)

12歳で核融合炉を作った少年がギネス世界記録に認定(米テネシー州)

2020年10月13日
3612145474
5位
1964 points
病気で動けなくなった愛犬をワゴンに乗せ、毎日散歩に連れていく男性(カナダ)

病気で動けなくなった愛犬をワゴンに乗せ、毎日散歩に連れていく男性(カナダ)

2020年10月14日
841854224
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 20:43
  • ID:xLsr4Tmw0 #

ンドランゲタ
「しりとりのルールも破壊してやるぜ…」

2

2. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 21:09
  • ID:Gu1V3W9r0 #

立場の弱い人、苦境に立たされている人。
そういう人が増えた時こそ国の出番なのに。
マフィアの方が手の差し伸べ方が巧妙かつ効果的っていう。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 21:34
  • ID:leLgd.Oz0 #

マフィアを擁護する気は毛頭無いが
根本的に裏社会が作られる理由は現状の社会構造では救済出来ない人達の互助組織として形成される事が多い
裏社会が勢力を伸ばすって状態は政府側の統治状態が上手く機能してない状態の現れでもある

4

4.

  • 2020年07月20日 22:14
  • ID:icecvd0A0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 22:27
  • ID:zDezTXU.0 #

イタリア、マフィア

とくれば、「公社」

6

6. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 23:30
  • ID:ebO134360 #

ウチの近所の商店街も最近並ぶ店が少し怪しいんだよね…
古い店の跡地にタピオカとか妙に安っぽい建物で流行り物とかの出店が増えてさ
繁盛してた店の直ぐ近くに似た名前の店名とソックリのロゴで同じ業種の店が現れたと思ったら暫くして元の店が閉店しちゃったり…
店主も若くて普通に賑わってたのに何か有ったのかな〜って
密かに反社が蔓延ってたりしそうで怖いわ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 23:46
  • ID:6.BaWf4H0 #

政府の弱体化と秩序の乱れや貧困がくると、あとは謎の宗教団体がのさばるね

8

8. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 00:32
  • ID:awYVcAW60 #

※2
元は弱い立場の人々の自助組織、互助組織だからね
政府に頼れないような事態には強いんだと思う

9

9. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 00:49
  • ID:ZiWElIwO0 #

ンドランゲタ
語源がタゲンランドの逆読みとか…
流石に違うか…w

10

10. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 04:09
  • ID:wBs23Aup0 #

もし裏社会が表社会に公認されたら
どんな世界になるのかな〜

11

11. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 06:08
  • ID:.kCJEb.Y0 #

日本でもヤーさんが同じ手口を使うよね。
あれももともとは、はみ出し者の自助組織dsったしね。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 06:09
  • ID:42rc4Ujy0 #

何年かしてコロナが過去の出来事になったら映画のテーマになるのかな。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 07:22
  • ID:WL8k6Niw0 #

初めの動画のマフィアはジンガロ(ジプシー)系に見える。
趣味も顔もあっち系。
日本の反社が実は外国人が多いように、イタリアマフィアも所々外国勢力に乗っ取られているとイタリアの友人から聞いたことがあるけど、それっぽい。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 07:26
  • ID:TPE6srkS0 #

>>2
元々貴族や大名といわれた人達も、こういった自警団の成れの果てだからねえ
国家は大勢が納得できるよう法律で制御されているが、取りこぼしが出てくる以上、ヤクザの類は無くならんわな
阪神大震災でも山口組が支援してたし
漫画だが、ウシジマくんも東日本大震災で活動してたな

15

15. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 07:30
  • ID:TPE6srkS0 #

コーザノストラ、カモッラといった目だった連中は弱体化したが、抜けた穴は消えずに別ので埋まるんやな
ブラジルのとかが第一次(麻薬栽培)ないし第二次(密造銃)産業なら、イタリアマフィアは第三次産業かな

16

16. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 07:44
  • ID:w2cEJyVB0 #

ドン・コロナオーネ登場

17

17. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 16:36
  • ID:TgDjhGaE0 #

※14
ヤクザやマフィアは善意で動いてる訳じゃないんだよ
善意の陰に必ず下心があるのが反社会組織
銀行が融資してくれないからサラ金から借りるってレベルじゃないんだよね

18

18. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 18:41
  • ID:w2cEJyVB0 #

サムネのマフィアのイメージ古過ぎw

19

19. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 19:02
  • ID:TPE6srkS0 #

>>17
政治家や銀行が善意だけで動いているとおっしゃる?
善意の有無は貴族云々の時点で関係ないでしょう
マフィアの提供するサービスを政府が代替できず、必要とする人達がいる限り、いなくならないって事

20

20. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 20:48
  • ID:ZFB.lsA50 #

>>14
ウシジマくんは、漫画
現実と空想の区別くらいはつけようよ

漫画出していいのなら、ニセコイは、ヤクザの息子とギャングの娘が結婚して、ヤクザの息子は、組を継いで組長になりしかも反社会的団体なのに公務員にもなって街を裏と表の両面から「支援」してるそうじゃないか

21

21. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 22:42
  • ID:Mb6CGnGq0 #

※17
むしろまずサラ金から借りるしかない状態を作り出しておいて
銀行は貸してくれないんだろ?んん?と貸し付けるのが商売だものなあ
弱者の味方じゃないんだよね
弱者を作っておいて味方面して貸しを作るのが手口なだけで

22

22. 匿名処理班

  • 2020年07月22日 07:52
  • ID:F7Yk.X.W0 #

>>20
例え話に突っ込むならもっとうまくやろうよ
フィクションは作られた時代の鏡
反社が被災者に手を貸すことは知られているからこそ、リアリティを増す描写として描かれたわけだ
ウシジマくんが無償で金をばら撒いてたら、読者が納得したと思う?
そしてあのシーンでウシジマくんのやってきたことを帳消しにできたと思う?

ニセコイは読者がつっこみ入れるギャグとして描いてるとこだろ

23

23. 匿名処理班

  • 2020年07月22日 13:57
  • ID:Vl7QHBoO0 #

※5
ボス、ヴァイオリンケースを持った少女がドアの前に・・・

24

24.

  • 2020年07月22日 18:38
  • ID:7kkiXEQo0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク