古代エジプトのミイラ
古代エジプトの小さなミイラ image by:Maidstone Museum

 2100年前の作られたとされる古代エジプトの小さなミイラは、ミイラを納めてある棺に鳥(鷹)の絵が描かれており、大きさ的にも、その中身は大切にされていた鷹のミイラだと信じられていた。

 ところが数年前、CTスキャンをかけてようやく真実が明らかとなる。そのミイラはタカではなく、死産した人間の胎児であることがわかったのだ。
スポンサードリンク

長年鷹だと信じられた小さなミイラ


 この小さなミイラは、1925年、英ケント州のメイドストン博物館に寄贈されたもので、古代エジプト、プトレマイオス朝時代のタカのミイラEA493として記録されていた。

 ケースには鷹の頭部が金箔で施されていて、書かれている象形文字は、タカの頭を持つ古代エジプトの天空の神ホルスを示していた。

 古代エジプトでは、ワニや猫、ハヤブサ、スカラベまで、動物をミイラにするのはごく一般的なことだった。だから、このミイラは特別に珍しいものというわけではなかった。

 CTスキャンで調べるまでもなかったが、博物館は、2016年に人間のミイラをスキャンにかけていたので、ついでに動物のものも調べてみようと考えた。

 その結果、このミイラが胸の前で腕を組んでいるのがわかり、鷹ではないということは明らかとなった。しかし解像度が悪かったため、詳細はよくわからず、博物館の専門家たちは、猿のミイラではないかと考えた。

2_e



 その後、カナダ、オンタリオ州ロンドンにある、ウェスタンオンタリオ大学の人類学者、アンドリュー・ネルソン氏ら、学術チームが高解像度のマイクロCTスキャンを行い、分析した。

 その結果、ミイラは人間で、22〜28週の男の子の胎児のものであることがわかった。脊椎にかなりの異常が見られ、頭蓋や脳が正常に発達するのを妨げる珍しい先天性欠損症だったようだ。

「高解像度スキャンから、この胎児は無脳症だったことがわかります。おそらく死産だったか、出産のときに死んだのでしょう」ネルソン氏は語った。

「頭蓋の上の部分は形成されていないし、椎骨の椎弓も閉じていません。耳小骨は頭の後ろにありました」

 手足の指は正常だったが、頭蓋がかなり変形していたため、実際には脳はなかったと思われる。口蓋裂もあったようだ。

1_e
image by:Maidstone Museum UK/Nikon Metrology UK

ミイラの正体は胎児だった


 このミイラは、8体しか知られていない胎児のミイラのひとつで、無脳症として見つかった2番目の例だ。最初に記録にあるのは、およそ200年前の1826年のことで、このEA493が発見されるまでは、他には見つかっていない。

 胎児がミイラとして保存されることは珍しいため、家族にとって彼は特別な存在だったのかもしれない。

子どもを亡くすということ、さらには、正常ではなく、非常に奇異に見える子どもが産まれることは、家族にとって悲劇だったでしょう。

こうした子どもをミイラ化する家族の行動はとても珍しいものです。古代エジプトでは、死んだ胎児は壺に納めて、家の床下などに埋めたりしました。

ミイラにされた例は、6〜8体ほどしかありません。このミイラは非常に特別だったと思われます(アンドリュー・ネルソン氏)

 この胎児の例から、母親の食事に、神経管を形成するのに重要な役割を果たす葉酸やビタミンが足りなかったのではないかと研究者は考えている。こうした栄養素の摂取は、無脳症のリスク低下と関係している。


'Bird mummy' mystery - solved

 しかし、新たな疑問もわく。

 そもそもなぜ、この胎児は鷹が描かれた棺に納められたのか? 一緒に埋葬された副葬品があれば、手がかりになる可能性はあるが、残念ながら、このミイラがどこで発掘されたのかはわかっていない。

 ネルソン氏は、2018年5月21日から25日にスペインのテネリフェで開催された、ミイラ研究の世界会議でこの研究結果を発表した。

References:mediarelations / Western University/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
古代ピラミッドの墓の中から数十体の猫のミイラが発見される。他にもスカラベなど珍しいミイラが続々と


2100年前に作られたデスマスクの謎。その中身は羊の頭蓋骨だった(ロシア)


2600年前のエジプト殺人事件、謎の死を遂げた女性のミイラ分析で真相が明らかに


これが3000年前のミイラの声だ!(エジプト)※要音声


ペルー・ナスカで発見された3本指のミイラ、DNA解析の結果、ヒトの新種である可能性が浮上

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年07月02日 22:44
  • ID:j7lA1t.F0 #

たとえ特異な見た目だったとしても、親にとっては大切な我が子だったんだな。

2

2.

  • 2020年07月02日 23:22
  • ID:4UrPQe3u0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年07月02日 23:40
  • ID:19iIfN6.0 #

>そもそもなぜ、この胎児は鷹が描かれた棺に納められたのか?
鳥が魂を天界に運ぶ的な思想がこの頃のエジプトにもあったのかな

4

4. 匿名処理班

  • 2020年07月02日 23:53
  • ID:7vshsqX60 #

無脳症児。ブラックジャックで見たけど、カエルみたいな姿なんだよな。しかも兎唇。

もしかして濃い血族婚を繰り返した為という事も考えられる。せめてこの哀れな子が、来世では幸せな生涯を送れますように。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 00:14
  • ID:lDr4Z5VD0 #

単純に鷹の雛みたいな顔をしていたんじゃないかな
大切な子供だからネガティブな発想は無しにして
鷹の子が間違って生まれたとか、次はちゃんと鷹に生まれなさいという願いがあったとか

6

6. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 00:36
  • ID:8FLAtMqs0 #

長年待望の初子だったのかもとか色々想像をかき立てられるな…

特になんで鷹ミイラフォーマットだったのか妄想しがいがあるよね。

ミイラ化=最大限礼を尽くすの前提だと、
a)当時の倫理観(or法…ミイラって公共事業だよね?)上胎児は人間とはみなされなかったので、位の高い動物と同格の様式でミイラにした

b)胎児というより奇形の為人間とみなされなかったので以下同文

あたりかななんて思ったり。ミイラ化した理由も親or遺族に大切に思われてた以外に、祟りかなんかの顕現扱いされて「奉りますからもう来ないで」的なのだったかも…いやちょっと日本的過ぎか?

7

7. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 00:47
  • ID:qfoXutNc0 #

異形の赤子だったから、動物の化身と思われたのかもねえ
愛情より宗教的な理由でミイラにされた気がする

8

8. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 00:52
  • ID:DjtZVyNU0 #

>非常に奇異に見える子どもが産まれることは、家族にとって悲劇だったでしょう

死産の未熟児をミイラにするケースは稀、
という8例の中の1つがこれだということは、
「家族にとって」思い入れのある特別な子というより
インドあたりで奇形児が生まれると
神様の化身だと有難がって見物客が列をなしたり
神輿に担いで町内を練り歩いたりする感じで、
何らかの神聖視がされ祀られた可能性もあるんじゃ…?

9

9.

  • 2020年07月03日 03:57
  • ID:iNZa5Uqj0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 09:38
  • ID:Wcl.2B..0 #

無脳症ってブラックジャックのあの一コマ思い出すなぁ

ググったら成長し続けて言葉も話すし運動もするという
無脳症の赤ちゃんの写真と記事見つけて すげーな ってなった

11

11. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 11:29
  • ID:SM2SBKeX0 #

2100年前の悲しみにくれる親の情景が思い浮かぶ

12

12. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 11:59
  • ID:zNXug7rW0 #

しっ鷹ぶりが招いた新たなる事実

13

13. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 12:31
  • ID:NYxVtYLj0 #

ミイラ鳥がミイラに

14

14. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 13:27
  • ID:bWJC8Klh0 #

捜神記は中国の古典ですが、「人が○○を産んだ」という記録が複数あります(凶兆だったはず)
奇形児は動物が生まれた扱いだったのでは
エジプトの神は動物の姿が多いので、奇跡だと思われたのだと思います
生きられませんが…

15

15. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 14:20
  • ID:WaDuTZ8k0 #

王家はホルスと一体化して語られることが多い。
もともとラーと同一神であり、死と再生の象徴でもある。
ホルスはリビアやシリアでは主要神であり、エジプトは時期によっては彼らに支配されていた。墓室にはほぼホルスが描かれている。
要するにこの子供は王家の子だったのだろう。

そして、古代世界では奇形児を崇拝する風習がある。
インドもそうだし、日本の蛭子もそう。
ヨルダンにある世界最古の偶像は双頭の奇形児の姿だ。
このようなミイラは多分、かつては数多く存在していたが、
薬など食用にされて失われてしまったのだろう。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 15:07
  • ID:V9h.CgsV0 #

そういえばツタンカーメンの墓でも胎児のミイラが見つかっているんだっけ。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 16:15
  • ID:xhUf.DqW0 #

そんなことより
ピラミッドの建設方法を解明してほしいです

18

18.

  • 2020年07月03日 17:45
  • ID:WZ82hF8H0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 18:46
  • ID:bWJC8Klh0 #

>>16
あれは流産した子供のミイラだったような
一人は奇形だったと思いますが、王の子供カテゴリで埋葬されたと思います

20

20. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 22:02
  • ID:B3Vz5fmr0 #

鳥は死の象徴だからかと思ったが違うのか

21

21. 匿名処理班

  • 2020年07月03日 22:56
  • ID:XrP3UHJg0 #

※5
エジプトの来世観は輪廻ではなく地下での今生と変わらぬ永遠の暮らしだから

なんだろホルスの使いとでもみなされたのかな?ホルスのもとにお返ししようって感じ?

22

22. 匿名処理班

  • 2020年07月04日 09:07
  • ID:5pcaWF7M0 #

>>16
妻のアンケセナーメンが現代の中学生位の年齢でできた子供達だったので、流れてしまったみたい。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年07月04日 09:41
  • ID:WEFPfLZ50 #

>>4
あなたかもしれないね

24

24. 匿名処理班

  • 2020年07月05日 07:12
  • ID:Gb02yN0J0 #

トリアタマ

25

25. 匿名処理班

  • 2020年07月06日 18:59
  • ID:9yuaoLJn0 #

まだ埋まっているミイラも見つけられると良いです。

想像だけど、見つかったミイラは検査後丁寧に埋葬されると思うので、その子も埋めて埋葬して欲しいです。
違ってたらすいません(スライディング土下座ァ)

26

26. おふざけマン

  • 2020年07月06日 19:15
  • ID:9yuaoLJn0 #

24>トリアタマってなにー?とりさんー?鶏ならサンチキー。


おふざけは置いといて /(・~・)/おふざけ トリアタマって悪い意味じゃなかった?

27

27. 匿名処理班

  • 2020年07月06日 23:47
  • ID:ZxdtsPRw0 #

エジプトの獣人は神格化されてるし、インドも奇形は神の子とされるし、こうやって早すぎる死の定めをみんなで受け入れるためでもあるのかもね

28

28. 匿名処理班

  • 2020年07月19日 02:10
  • ID:jJnDj8kL0 #

>>4
すぐこういう適当な事言う奴居るけど、
そもそも人間の遺伝子プール(多様性)が過去に社会的に淘汰されすぎて減少しまくってる事、近親婚は上層支配層で過去にかなりされていた事、無脳症は記事に有るように神経形成用の栄養やジカウイルス等の感染が原因になると何度言ったら理解するんだ

29

29. 匿名処理班

  • 2020年07月28日 13:58
  • ID:AaRlhv1t0 #

>>21
多分そうじゃないかと
今と昔では倫理観ずいぶん違うから

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク