grand-canal-918699_640_e

 先日、カラパイアでも「ベネチアの運河にイルカや白鳥が戻って来た」というニュースをお伝えした。これはツイッターで拡散され話題となっていたものだが、実はこれがフェイクだったことが明かされた。

 専門家によると、世界がパンデミックという危機的状況にあるからこそ、こうした“幸せな”フェイク情報が容易に多くの人々を信じさせたと説いている。
スポンサードリンク

ベネチアの運河にイルカや白鳥はいない


 世界的に新型コロナウイルス感染の危機が伝えられる中、SNSではいくつかの明るいニュースが拡散した。

 人気の観光地だったイタリアは今や閑散としているが、中国と共に汚染レベルが改善されたという朗報が伝えられた。ここまでは事実だ。

 だが、このニュースに相まってベネチアの運河でイルカや白鳥が泳いでいるというツイートが投稿されたが、その映像や画像はベネチアのものではないという。


 『National Geographic』などが伝えるところによると、これらの画像や動画を検証した専門家らは、イルカはベネチアから500マイル(約800km)も離れた地中海に浮かぶサルデーニャ島で撮影されたものであることを明かしたという。

 サルデーニャ島ではイルカをテーマにしたボートツアーを観光客に提供していることから、イルカがサルデーニャ島にいることは間違いないが、ベネチアの運河に現れたわけではないのだそうだ。

 ベネチアの水がクリアになったことをTwitterでシェアした人物は、「イルカが(ベネチアに)姿を現した」とツイートしており、メディアをはじめ多くのユーザーが「ベネチアの運河にイルカが出現」と信じてしまった。

 また、白鳥の写真をTwitterでシェアしたインドのニューデリー在住のアフジャさんは、新型コロナウイルスがイタリアに蔓延する前に白鳥が既にブラーノ島でのみ常連だったことを知らず、SNSでいくつかの写真を見てそれらをツイートしたと話している。

追記(2020/03/24):ただし、ブラーノ島はベネチア潟にある島で、コムーネ(県の下の単位)としては、ベネチアとなるため、都市にあるベネチア運河と勘違いが生じてもいたしかたのないところはある)


こんな時期だからこそ、喜びをもたらす何かを共有したくてツイートしました。自分の投稿がこれほど拡散するとは思っていなかったし、誰を傷つけるつもりも問題を引き起こすつもりもありませんでした。

Twitterに編集オプションがあればよかったのにと今回ほど思ったことはありません。

ただ、ベネチアの運河の水の透明度が増したのは、ボートの運航が減少したからであって、イタリアの汚染が改善されたということが要は一番重要なことなんだと言いたかったのです。

このツイートには前例のない「いいね」やリツイートを受け取りました。あくまでも個人的記録なので削除もしたくないし、その予定もありません。


運河の水が透明度を増したのは事実


 ベネチアの運河は、ボートの運航が減少したために水の透明度が増したのは事実だ。しかし、イルカや白鳥は真実ではない情報である。

 今回のような偽情報が拡散される理由について、専門家らはこのように述べている。

フェイク投稿をする人は、いいねやリツイート数が数千人に達するのを見る幸福感の過剰摂取を欲しています。ユーザーらを良い気分にさせ、投稿主の自尊心を一時的に高めているのです。

現在、新型コロナウイルスによるパンデミックや経済の崩壊、突然の孤立に陥っているため、気分が良くなるものが求められています。

1人1人が孤独に陥っていると、特に多くの希望を与える投稿は、より一層魅力的に感じてしまいます。

この危機の状況で、動物や自然が繁栄する可能性があるという考えは、私たち人間に意味と目的を与える手助けとなります。つまり、人間がどういう状況になろうとも、自然はそれに屈しないほど強力であるということを私たちはどこかで願っているからなのです。

venice-918691_640_e


前向きな情報の投稿は必要。だが正しい情報を心掛けよう


 Pew Research Centerの調査によると、アメリカ人の約半数は新型コロナウイルス関連の偽情報やフェイクニュースに騙されたと答えているという。

 ベネチアの運河のイルカや白鳥に関する“幸せな”フェイクニュースは、健康関連のフェイクニュースと比較するとそれほど問題ではないかもしれないが、世界中が危機的状況に瀕している時に、このような誤った形で希望を広めることは、やはり正しいとは言えないようだ。

 心理学の専門家らは、このように説いている。

このような幸せなニュースが結局フェイクだったと知ることで、人々は「やはり現実には良いニュースなどないのだ」と思い、不安や不信感を更に募らせることになります。

SNSの希望的な投稿は、自宅で過ごすのを余儀なくされている人々がスクリーンを介して相互に接続するため、今後数週間から数か月の間は精神を維持する上で重要な役割を果たす可能性があります。

人々に前向きなものを共有するようにしてください。でもそれは、劇的である必要はありません。真実であることが何より重要です。

male-2013929_640_e
KristopherK/pixabay

ベネチアの次は中国でのフェイク投稿が拡散


 心理学専門家によると、注目を浴びたい人は危機的状況であっても嘘をつくという。結果、Twitterなどで複数の写真を埋め込み、起こっていないことを主張し、何万人もの人を騙してしまうのだ。

 ベネチアのイルカに次いで、Twitterでは中国雲南省の農村で民家の醸造酒を飲んで泥酔した複数の象が、茶畑で爆睡するというツイートが画像とともにシェアされ、拡散した。


 中国とイタリアは、新型コロナウイルスによる大きな被害を受けた国だけあって、野生生物の勝利宣言のような投稿は多くのユーザーらの注目を浴びたが、結局これもフェイクだった。

 この中国の象のツイートについては、画像がどこから来たものなのかは定かではないが最近のものではないという。中国のニュースメディアはこのツイートをフェイクと報じている。

 人がストレスを感じている時、動物のポジティブな映像がいかに魅力的であり安らぎを求める場所になるかということは、これらのツイートの拡散から見ても明らかだ。

 だが、専門家の言うように、今この時期だからこそSNS情報には更なる警戒が必要と言えるだろう。

References:mashableなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
新型コロナウイルスで活動が制限されたイタリア、ベネチア運河でイルカの姿が発見される


新型コロナウイルスの影響で休館となった水族館で、ペンギンがお客さんに。悠々と魚の水槽を見学中(アメリカ)


恐怖心の感染力は新型コロナウイルスよりも強力。不安が人から人へと急速に広がる理由


コロナ疲れしている人の為の、今見るべき10の良い科学ニュース


外出が制限されてる?お家で堪能できるアニマルキングダム、世界で配信されている7つの動物ライブ放送


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 18:38
  • ID:4ueD1kA80 #

ちょいちょいAIかと疑うわ

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 18:39
  • ID:5oKTFcdj0 #

最低

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 18:48
  • ID:eRaPADxv0 #

フォロワーほぼ0でも2万rtとか稀にあるし、どんな呟きでもバズる可能性はあるから良いニュースでも悪いニュースでもデマ流すのは良く無いわ。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 18:49
  • ID:MIKiR8RF0 #

ソースはツイッターとかいうソースは2ch的なもの

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 18:54
  • ID:4SC4SMcz0 #

イルカって聞いてへーそうなんかーくらいに思ってたし
フェイクでしたって聞いてもへーせやったんかーくらいのリアクションしかとれなくない?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:03
  • ID:Cxf4ao4u0 #

いい話?でもフェイクは止めた方がいいと思うな
特にこういう時は

7

7. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:09
  • ID:Ph29HVHY0 #

>こんな時期だからこそ、喜びをもたらす何かを共有したくてツイートしました。
>誰を傷つけるつもりも問題を引き起こすつもりもありませんでした。
>このツイートには前例のない「いいね」やリツイートを受け取りました。あくまでも個人的記録なので削除もしたくないし、その予定もありません。

大臣の偽ツイート然り、情報の鵜呑みは危険だという好例
kaveri氏のツイートを見るとこの手の人間はホント珍しくないなと
自覚の有無は別として問題があった場合でも平気で居直る
そして社名を出したTVや新聞も同じ様なミスをする
正しい情報を選り分けられる目を個人で持つ時代なのだと思う

8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:22
  • ID:3NqH5b540 #

ヴェネツィアにイルカはいない。いいね?

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:25
  • ID:4ueD1kA80 #

うそつきは泥棒のはじまり

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:25
  • ID:G0zqy..u0 #

まだ猫の親子とかのほうが良かったな
後味悪すぎる

11

11.

  • 2020年03月23日 19:40
  • ID:wbQ4moDI0 #
12

12.

  • 2020年03月23日 19:42
  • ID:.O7sk35y0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:47
  • ID:7gMSVWrM0 #

このニュースみたとき、警戒心が強いイルカがわざわざ来るかな?好奇心の方が強いから来るのか?
んー。ま、行ったことないから知らんがな。

イルカに興味はあるが、イタリアの環境にはあまり興味がない。どっちでもいい自分。←グレタに怒られちゃうね。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 19:56
  • ID:rOXXFM5L0 #

銭形「ばかもーん!そいつがルパンだ!」

15

15. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 20:10
  • ID:6FQpp.f00 #

カーボンカルトな連中には経済活動の停止で自然がマッハで回復はお気持ち的に最高だろうなと

16

16. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 20:15
  • ID:rk4kJ41e0 #

何でもかんでも疑ってたら話にならんし進まんし、そうなったらそうなったで信じる大切さがどーたらあーたら反吐たれるんだろ。

調子に乗りすぎ。

17

17.

  • 2020年03月23日 20:28
  • ID:A8hJmGQv0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 20:48
  • ID:6ZKgh0uR0 #

「運河の水が透明度を増したのは事実」と言っても、新型コロナウイルスで舟の航行が少なくなって浮遊物が沈殿しただけだそうだ。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 20:52
  • ID:WUFN7mzT0 #

この人の承認欲求は満たされたけど
その喜びを共有することは誰一人出来ないだろうね

20

20. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 20:54
  • ID:7QNP4yJc0 #

  /⌒ヽ
  ∩ ^ω^) な ん だ
  |  ⊂ノ
  | __⊃
  し′

  /⌒ヽ
 (^ω^ ∩ う そ か
  (⊃  |
 ⊂__ |
    `J

   /⌒ヽ
  (   ) おっおっ
  /  _つ おっ
 (_(_⌒)′
  ∪(ノ

21

21.

  • 2020年03月23日 20:57
  • ID:XuKktOQy0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 22:08
  • ID:ooI7kso90 #

なんか傷つくね。
これは良くないよ。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 22:11
  • ID:.irysPvz0 #

この機会にヴェネチアの運河の底のドロドロを撤去して、綺麗な水を取り戻す作業をして欲しいなあ。

そしたら本当に、イルカも来るかも知れない。

イルカと一緒に運河を渡るとかいいじゃんねぇ。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 23:39
  • ID:TpcclBFJ0 #

あらま。
まーロシアでコロナが発生してプーチンが外出禁止令出して町に800匹の虎とライオンを放ったってデマがロシアのネットで話題になってるらしいけど正直それくらいのわかりやすいデマなら笑えるんだけどねー。イルカの件は…うん。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 00:23
  • ID:yMqDqVb70 #

いやいや、大半の人がベネツィアの川事情なんかよく知らんですもの。本当だって思っちゃうよ。
日本でいくら「忍者や侍はもういない」って公言してても、まだいるって信じてる外国人いるでしょ?一緒だよ。
因みに龍如に出てくるような任侠893ももういない。
戦後間もないころは愚連隊を潰すためにいたらしいけど、今は893の皮を被った暴力団しかいない。
もっと言うと純日本人の幹部はごくわずか・・
こんな事実言っても信じない人がいるのと同じくらいわからん嘘なんだよ。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 05:58
  • ID:3VQyaKts0 #

アドリア海(その先は本来湿地)っていう狭い行き止まりに好んで向かう訳無いものねぇ
エサが無いだろうに
アレ、ほぼ河だよ、アドリア海って。しかもあの狭いトコから
船が引っ切り無しに往来する訳だから、海洋生物にとっちゃ生き難いトコでしょうな

27

27. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 06:03
  • ID:3VQyaKts0 #

そもそもヴェネツィア周辺の湿地帯は、「運河」と「堤防」で進入路が狭められてる
更にはその隙間の水路には今現在進行形で
ヴェネの水没を防止するための大規模な「水門」が建造されてるからものすごく騒がしい
一辺数十メートル単位のクソバカデカい巨大建造物を運んで沈めてんのよ片っ端から
(コインパーキングのタイヤ止めのヤツ)
そんな所をイルカなんて通る訳が無い

28

28. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 07:13
  • ID:OGvhJ8Kr0 #

>>5
そう、イルカならね。

なんかもっと人々に影響を与えるようなデマだったら不味いから、気をつけていこうって話なんだよ。新聞が一面でフェイクニュースを垂れ流しても、謝罪はせず訂正だけちっさく載せるだけ、みたいなのがあるわけだし。

29

29. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 09:23
  • ID:rn7ndOiq0 #

自虐的な人たちは信じたいんだよ
人間は悪!人間がいなくなったら世界は綺麗になる!って

30

30.

  • 2020年03月24日 09:28
  • ID:UzvTiCiT0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 09:49
  • ID:e3J.Ywwd0 #

フェイクかよぉ!
騙された…というか人に話してしまった
こうやってデマは拡散されていくんだね…

32

32. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 11:50
  • ID:2pjhi3Cz0 #

>>24
コロナ対策を理由に改憲してプーチンの四選を可能にした、のがフェイクでなくて本物らしいので、正直あのあたりは何がなんだか分からない。北朝鮮のニュースも。

33

33. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 13:15
  • ID:C3cKiRyX0 #

>>23
うん。まだヴェネチアに対するロマンを捨てたくない。例え甘っちょろいと言われようと。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 13:34
  • ID:iLYh2eGI0 #

>>5
イタリア人やないとそら分からんでしょ

35

35. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 13:45
  • ID:Ueclo7zM0 #

だまされた!
が、その時ちょっとだけ幸せだったから私は許す

36

36. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 14:39
  • ID:Tpm3uakp0 #

>>25
だから嘘をネットに事実として流しても良いとはならないだろ

37

37. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 17:27
  • ID:d.5efeb30 #

フェイクでも、その時ちょっと幸福感を味わったから、それで充分。

38

38. 匿名処理班

  • 2020年03月24日 20:23
  • ID:JmmcaTbm0 #

真実か否かより、「面白ければいい」に傾倒しがち。

39

39.

  • 2020年03月25日 00:50
  • ID:YkY0NdDF0 #
40

40.

  • 2020年03月25日 22:09
  • ID:NYsPeGp00 #
41

41. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 12:26
  • ID:YF8KRhI60 #

楽園のままにして起きたかったな…

42

42. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 07:12
  • ID:hh.J9bMQ0 #

各国のWebcam見に行ったら見事に全然人がいない。
ベガスも車通りはあるものの外に出てる人の姿がほぼ無い、いつもは夜中でも人は沢山いたのに。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク