iStock-93477930_e
vsepr/iStock
 
 「スティンギング・ウォーター」という謎の現象がある。

 穏やかな海で泳いでいると不意にクラゲに刺されたかのようなヒリヒリとした感覚に襲われる。だが周囲を見渡してもそれらしい生物はいない。まるで水に刺されたかのようだ――。

 この何もいないはずなのに、クラゲ刺されたかのような痛みを感じる恐ろしいミステリーがついに解明されたようだ。

 アメリカ海洋調査研究所の研究グループが『Nature Communications Biology』(2月13日付)に掲載した研究によれば、海の中には毒入りの手榴弾をばらまき獲物を捕食するクラゲが存在するのである。
スポンサードリンク

上下逆さまで海底に潜むサカサクラゲの仲間


その手榴弾で武装したクラゲは「サカサクラゲ」や「カシオペア」と呼ばれる種の仲間(学名 Cassiopea xamachana)だ。

 大西洋西部の暖かい地域、カリブ海、メキシコ湾などに生息するクラゲで、礁湖やマングローブのような浅く隠れ場所が多いところに生息している。

 ユニークなのはその姿だ。不思議なことに上下逆さまになって、水中のゴミなどで身を隠し、海底でじっとしているのだ。

 しかも普通のクラゲと違って触手がないために、どのようにして獲物を捕食しているのかも長年の謎であった。

iStock-495690168_e
LauraDin/iStock

毒入り手榴弾を散布して獲物をせん滅


 その奇妙かつユーモラスな見た目ほど甘い相手ではないようだ。サカサクラゲは逆さまの状態で頭上(足元?)へ向けて大量の小球を放出するのだ。これを「カシオソーム(cassiosome)」という。

 カシオソームは粘液に包まれた中空の小球で、髪の毛のようなフィラメントと刺胞で覆われている。フィラメントはカシオソームが浮遊しやすくするためのもので、刺胞は当然ながら触れたものに毒を送り込むためのものだ。

 人間に触れれば、人によって痒みや火傷のような感覚を覚えることもあるだろうが、命に別状はない。

 しかし小さな生き物ならばあっという間に無力化されてしまう。粘液はクラゲにも付着しているので、あとはそれを手繰り寄せて美味しく頂くだけだ。

カシオソームで大量のアルテミア(エビに似た生物)をせん滅する様子


Brine Shrimp Succumbing to Balls of Stinging Cells From Jellyfish


 つまりサカサクラゲは毒入りの手榴弾をちょうど漁業の投網のように放出し、動くことなく獲物や捕食者を制圧することができるということだ。

 「泳げないクラゲのまったく新しい刺す戦略です。この戦略によって、相手に触れることなく刺すことができます」と、研究グループの1人、米テキサス大学のアン・マリー・クロンペン氏は話す。

なお、カシオソームはさらに4種のクラゲで確認されたそうだ。ということは、他にもまだまだこの危険な毒入り手榴弾で武装した仲間が見つかるかもしれないわけだ。

References:smithsonianmagなど/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
海の中に打ち上げられた大輪の花火!?花火のような深海クラゲの美しい映像


生きたクラゲに推進システムを搭載、高速遊泳可能なサイボーグ・クラゲが誕生(米研究)


どっこい生きてる?クラゲの中に閉じ込められた魚。そのままクラゲを乗りこなす


エイリアンの卵が孵化した感がすごい!ニュージーランドの海岸に打ち上げられたライオンタテガミクラゲ


地球上最強レベルの猛毒を持つ殺人クラゲ「キロネックス」



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 09:09
  • ID:YnoRLKnh0 #

サカサクラゲは水族館に良く居るし、観察してたらすぐ分かりそうなのに最近まで分からなかったのは何だか不思議だ
海の中でチクッというかビリッとして、でもクラゲや原因が見当たらないときの怖さがあったけど、原因の一端が分かって良かったw

2

2.

  • 2020年02月17日 09:10
  • ID:1O.IhLJ20 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 09:24
  • ID:HpKmsNfr0 #

手榴弾というより機雷だね

4

4. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 09:29
  • ID:1piOXu.f0 #

自然界にも底引き網みたいな根こそぎ系の漁をする個体がいるとはなあ…

5

5. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 09:31
  • ID:oVB.qsb60 #

手榴弾と言うよりも機雷に近そう
とはいえ、クラゲでこの発想はなかったわぁ…

6

6. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:01
  • ID:B9sqWzfV0 #

???「俺に触れるとケガするぜ。俺に近寄ると火傷するぜ」

昭和のニヒルなアウトローの台詞だけだと思っていたら、クラゲもそうだったとは・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:14
  • ID:9FQp2Cz90 #

水中だし機雷かな?

8

8. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:29
  • ID:i47SZYD60 #

ほお・・・殲滅ですか其れは重々、実にいい戦法だ

♪〜With a tow, row, row, row, row, row,
To the Jellyfish Grenadiers.〜♪

9

9. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:43
  • ID:HqDe1lOq0 #

温泉宿の分際でそんな高度な戦術を…

10

10. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:51
  • ID:OV8mu8kX0 #

機雷じゃん

11

11. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 10:59
  • ID:dQPq2p130 #

サカサクラゲ数年間飼育してたけど、一緒に他の生き物入れると
その生き物が弱ると聞いてたからこれのせいなんだろうな
ただ毒はあまりに微弱過ぎて人が触れるとクラゲの方が大ダメージ食らうレベルだった

12

12. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 12:08
  • ID:e7rNakNL0 #

昔クラゲに刺されたことあるけどめっちゃいったいのよね

13

13. ナパチャット

  • 2020年02月17日 12:16
  • ID:aMw8rP5I0 #

進化論ってホント怖いよな

14

14. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 12:41
  • ID:.RJYWjdE0 #

犯人はお前か!
刺される場所があそこだったら人間でもやばいぞ。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 19:31
  • ID:MVoYUd1T0 #

クラゲって不思議。
脳が無いのにかなり活発に動くし。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 19:42
  • ID:GbMQ4QrI0 #

クラスター爆弾クラゲ

17

17. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 19:51
  • ID:jb8G.CxY0 #

もう海に入りません

18

18. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 20:16
  • ID:GbMQ4QrI0 #

※3
いや〜ん、嫌い!

19

19. 匿名処理班

  • 2020年02月17日 22:22
  • ID:lQ0oGqmB0 #

パープルヘイズ的なものを想像してしまいました

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク