iStock-535348417_e
roibu/iStock

 自分の血液をお金をもらって採血させる行為は「売血」と呼ばれており、日本でも1960年代半ばまで行われていたそうだが、アメリカでは現在も「売血」で生計を立てている人々がいるそうだ。
 
 そしてその数は1999年〜2016年の間で3倍も増加し、ヒトの血液を原料として製造される血漿製剤の輸出は、今やとうもろこしや大豆以上の輸出量を占め、皮肉にもアメリカ経済を支えている。

 しかし、この血漿製剤産業急成長の背後には、アメリカの貧困社会に暮らす人々の悲しい現状がある。
スポンサードリンク

急成長を続けているアメリカの血漿製剤産業


 アメリカは、献血のために人々がお金を受け取ることが認可されている唯一の先進国であり、その血液の大部分は海外に輸出されている。

 世界最大の血漿収集センターCSLの報告によると、世界中の血漿製剤の約70%はアメリカ人のもので、その60%が他国に輸出されているという。

 献血ビジネスの急増で、今やアメリカにとって貧しい人々の血は主要な輸出品となり、総輸出の2%を占めるまでになっているのが現状だ。

blood-donation-2603649_640_e
Big_Heart/pixabay

 しかもこの血漿製剤産業の成長は、更に拡大すると予測されている。

 血漿蛋白治療協会(以下PPTA)の最新データによると、アメリカで収集された血漿の量は、2014年には過去最高を記録。ビジネスニュース、分析、株式市場データを提供するアメリカの金融情報ウェブサイト『MarketWatch』でも、この産業ビジネスは2024年までには440億ドル(約4兆8100億円)に達する見込みと伝えている。

 しかし一方で、1999年以降の「売血」が3倍増加となった背景には、アメリカの貧困層の人々に対する現金の「略奪的」約束があったからだと主張する評論家もいる。


献血は、1日2ドル生活を強いられる貧困者の生命線


 PPTAの報告によると、1999年〜2016年でアメリカの売血ビジネスは3倍になった。しかし、これはアメリカ人が慈善活動を行ったからではない。

 多数の医薬品治療のベースとしても重宝され、免疫障害や呼吸器疾患の治療などに不可欠とされる血漿製剤。この産業繁栄と輸出ビジネスの背後には、アメリカで不安定な生活を抱えている貧困層の人々らが存在する。

 アメリカでは、適度に健康で体重が50kg以上であれば、献血センターはドナーに代金を支払い、血漿を集めることが認可されている。そしてそのドナーは、アメリカでは主に貧困層がターゲットとなっているのだ。

 障碍者、仕事はあっても貧しく生活に困窮している人たち、ホームレス、シングルペアレント、苦学生らにとって、この売血ビジネスは最も信頼できる収入源であり、生計を立てることができる生命線となっている。

dollars-426026_640_e
Brett_Hondow/pixabay

 Mint Pressによると、ドナーは週2回の献血が可能で、採血ごとに平均30ドル(約3300円)〜50ドル(約5500円)の収入を得ることができる。

採血センターは、特に富裕層の健康問題がない人々をターゲットにしているわけじゃない。いつでもどこでも、週100ドル(約11000円)を必死に集めようとしている貧しい人々のエンドレスな供給源となっているんだ。

 こう語るのは、ペンシルベニア州ピッツバーグで約1年半売血を続けたアンドリュー・ワトキンスさんだ。

 また、ワシントンD.C.に住む常連ドナーの1人は、次のように話している。

献血センターは、私たちのような貧困層の人々が30ドルの売血をしないと、次に50ドル得られないことを知っているんです。私たちが必死に生活していくために売血をし続けていくことをビジネスに利用しているだけです。

血漿製剤は、価値があるもののようですから、ドナーにとって悪循環になってもこのようなシステムになることを今更驚きもしませんけど。

iStock-991395348_e
PredragImages/iStock

売血を続けるドナーにふりかかる悪循環


 貧困層のアメリカ人たちは、週に2回のペースで1年に104回献血をして、なんとか生活できる収入を得ることができる。

 しかし売血し続けた70%のドナーが、倦怠感、脱水症状、無気力、認知機能障害など、少なくとも1つの副作用および健康上の合併症を抱えていることが調査では判明している。

 何度も献血をするドナーの血液は、血中のたんぱく質が減少し、感染症や肝臓・腎臓障害のリスクが高くなる。結局、多くの常連ドナーがほぼ永久的な健康障害を抱え、境界線貧血を患うことになる。

 これらは、「重度」とはみなされないまでも、ドナーにとっては完全な悪循環だ。

senior-4561704_640_e
Frantisek_Krejci/pixabay

 金銭的に困窮している人々が売血した結果、体調不良となり仕事が満足にできない状態になると、生活苦に陥る。そしてお金に困ると、売血をするという繰り返しだからだ。

 そうなると血漿製剤産業にとって、ますます貧困層の人々が格好のターゲットになるというわけだ。

 ウィスコンシン州に住むレイチェルさんも、売血した1人だ。

私は2回献血をして、1回は脱水症状になり、もう1回は貧血になりました。貧しいので、あまり栄養のある食べ物が食べられず、貧血になっても鉄分豊富な食事ができません。

献血センターは、リピーターや誰かを紹介した時にはボーナスまでくれるのです。1週間分の家賃や請求書代、薬代など、1回の献血分で貰える30ドルというお金はとうしても必要ですが、結局、献血し続けることが叶わなくなりました。

“squeezing blood from stones”(無い袖は振れない)ということわざがありますが、このビジネスはまさに借金を返したくても返す余裕のない貧困層の人々が陥るCatch22(どうもがいても解決策が見つからないジレンマ状態)なのです。



 今後も、ますます成長を続けていくとされているアメリカの血漿製剤産業ビジネスだが、背景にある事情を知れば、それはある意味、晩期資本主義アメリカの完全なるディストピアの具現化と言えるのかもしれない。

※追記(2019/12/24)
コメント欄にて、日本に入って来ている海外産血液製剤に関する情報をいただいた。日本では現在、全血の輸入は認められておらず分画製剤のみで、貧困層が多い地域には採血センターを設置しないそうで、ドナー管理は静脈認証を行っておりガードも固いという。

また、海外産血液製剤でも血球と分ける成分献血のみで行い、加熱やフィルター等、何度もウィルスの除去不活化工程を実施するので、全プロダクトでウィルス感染はもう何十年も起こっていないそうだ。

日本でかつて問題になった分画製剤による薬害事件は、日本のメーカーが海外の安い血液を原料として輸入し加工して作った時代の話で、その時代の危険性を利権の為隠していたことで、後々社会問題となったそうだ。要は悪いのは原料ではなく、加工する側の技術とモラルだという。

なので現在、日本で海外血製剤を投与する場合でも、危険性は少ないという。

References:Mint Pressなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ブラックマーケット裏事情。高値売買される15の人間や動物の生体パーツ


献血に訪れた人々の長蛇の列は6時間。米国史上最悪のラスベガス銃撃事件直後、献血を希望する人々(アメリカ)


ロシアで献血をするともらえるもの


間違った血液型を輸血されるとどうなってしまうのか?


2035年、ついに人工血液による輸血が可能となる(英研究)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
14726 points
負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

2020年9月17日
50114159660
2位
6658 points
ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

2020年9月15日
3位
5867 points
心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

2020年9月18日
3225521519
4位
3040 points
3万年前のホラアナグマのミイラが永久凍土から完璧な状態で発見される(ロシア)

3万年前のホラアナグマのミイラが永久凍土から完璧な状態で発見される(ロシア)

2020年9月17日
1662848224
5位
2680 points
飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

2020年9月16日
2372419222
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:40
  • ID:ZfsyqC.90 #

これ金欲しさに採血間隔詐称して
やり過ぎでぶっ倒れて死んで社会問題とかなるんだろうな
あと特定人種の血は嫌だ、みたいな差別

2

2. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:44
  • ID:pH2EzT1f0 #

日本🇯🇵も昔は献血するとお金もらえたんだってね

3

3. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:45
  • ID:6GGTfVQa0 #

日本も戦後とかかなりあったらしいけど
(小説で読んだことあるだけ)
世界一の強国の国民がこれか
富める国とは何なのか痛々しい
そして日本も他人事じゃなくなってる
このままだと世界各国から羨まれてる国民皆保険制度は崩壊する
高い規律と道徳観念を保持したまま、どうやって生き延びていくんだろうね
日本人は

4

4. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:48
  • ID:pH2EzT1f0 #

明らかに健康でも衛生的でもない人が
お金目当てに献血しに来るから
日本ではお金あげるのやめたんだってね

5

5. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:52
  • ID:WxcMxkxR0 #

今のアメリカのディストピア感を表してるみたいな話だけど、アメリカの売血の問題は今に始まった事じゃないからね。アメリカが裕福なときも貧乏な時もずっと問題。
AIDSが急激に広まったのも、これが凄く関与してたり。
売血はどこの国でも問題山積なのよね
日本もやってたけど「黄色い血」(イエローモンキー的な話じゃなく)と言われてたり、ライシャワー事件が起こって廃止されたし。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:57
  • ID:36fUraI70 #

まぁ昔は日本でも売血は普通にしたけどな。
ただいろいろと問題があって、病気持ちだったり、その金が酒やヒロポンに変わって、また売血の繰り返しで、買った血そのものもヤバい血が多くて、最近ほど検査もできなかったから、輸血したら病気になる笑えな時代もあったからなぁ。
それで結局今の献血制度にしたのはいいけど、今度は誰も献血してくれないか、血液検査を兼ねてしていると言う本末転倒な話なってるけどな。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:58
  • ID:2cXPEHjq0 #

ググってみると1982年には世界の血漿総量の
3分の1以上を日本が一国で消費しているようだ
で起きたのが薬害エイズ事件
血漿が必要とはいえ、半分以上も日本で使われると
間接的には日本も売血に手を貸しているのと同じ
少しもやもやする

8

8. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 20:59
  • ID:SuiR9BHy0 #

ライシャワー駐日大使が暴漢に襲われて輸血したときに、売血迄利用した結果肝炎になって生涯悩まされたと聞く。昔と今では比べ物にならないだろうけど、売血と聞くと安全性に不安を抱く。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:11
  • ID:qKudQ2wV0 #

1日2ドルの生活日本だと無理だな

10

10. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:22
  • ID:2kQEGnyQ0 #

中国にも血を売って生計をたてている人が大勢いる
しかも村単位で献血針を使いまわして大勢のエイズ患者が発覚する事もしばしばある

11

11. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:26
  • ID:beJ7Acox0 #

ライシャワー「売血はいかんでしょ」

12

12. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:35
  • ID:6.McH8Ou0 #

そのうち1個体で複数ある臓器なら合法的に売買可能になるかもね。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:43
  • ID:uXEwJC7n0 #

血液検査でわずかな血を抜かれただけでも貧血起こす俺には絶対無理

14

14. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:47
  • ID:9PNxXZ5a0 #

何か、所々が決定的に間違ってるよなアメリカって

15

15. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 21:55
  • ID:TjwK7f4X0 #

月4万程度と考えれば結構いい副収入だなとか思っちゃった

16

16.

  • 2019年12月21日 21:56
  • ID:SCBfDSWh0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:04
  • ID:CPdfMWx40 #

週2で血を抜いてたらぶっ倒れちゃうよ。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:08
  • ID:byHz4pX.0 #

日本でも数十年前は同じ状況だったんだよな・・・
そしてその状況を改善するために導入されたのが献血制度だった
そう考えると今では街中で献血を呼びかける光景は当たり前だけど凄いことなんだな

19

19. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:14
  • ID:YWF8gv3q0 #

これに関しては人の善意に頼る日本のやり方の方が正しい気がする。
つーかアメリカって医療関係の制度はどれもこれもぶっ壊れじゃねーか。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:18
  • ID:1hWIUOyd0 #

そのうち幽霊族が血を売りにきちゃうよ

21

21. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:32
  • ID:6IyC8g6.0 #

月に2回でも多いと思う。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 22:50
  • ID:6o.VtYnw0 #

出血大売り出しってそういう…💉(ーー;)💧

23

23.

  • 2019年12月21日 23:46
  • ID:3eX4CUAf0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 23:59
  • ID:BBN7cxuV0 #

高血圧予防とダイエットになってお金ももらえるって素敵やん ?

25

25. 匿名処理班

  • 2019年12月21日 23:59
  • ID:FKGuP3dQ0 #

日本も昔は結構あったよね
ワイも何回か売ったよ

髪の毛とかも売れたな、なんに使うのかは聞かなかったが。。。

今考えると怖いよな

ちな68歳のヤングマン

26

26.

  • 2019年12月22日 00:01
  • ID:uibUEray0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 02:13
  • ID:7ezD.APf0 #

鬼太郎の親父が生前にお金稼いでた方法じゃん

28

28. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 02:36
  • ID:jFGFczmh0 #

自分の血を飲むより、売ったほうが高いのか
血を売った金で血を買えば、永久機関じゃん

29

29. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 03:15
  • ID:zlVv.I4M0 #

日本の献血は善意の無料提供ということになっているが、
我々のその善意は一体誰の懐を潤す利権になっているのだろう。

30

30. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 06:43
  • ID:Mbf9ySL.0 #

※28
すぐに回らなくなるだろうね。
永久機関の実験としては正しいかもしれん。

31

31.

  • 2019年12月22日 07:31
  • ID:cEjqePtT0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 07:36
  • ID:N0YjsJU70 #

今の日本じゃ献血のハードル上がったから血液そのものも、提供者の安全性も確保されてるね
でも50kg以上の体重じゃないと400ml献血出来ないとか結構ハードル高く感じる

33

33. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 08:12
  • ID:FXFcHsG30 #

マジの吸血鬼話だった((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

34

34.

  • 2019年12月22日 09:08
  • ID:T.lp0.gI0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 09:27
  • ID:.iYTNNP30 #

この安く買い叩かれた血液が民間に渡って巨額な治療費に繋がると思うと
血液ブローカーは笑いが止まらないだろうね
アメリカの医療費問題はほんま闇が深い

36

36. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:01
  • ID:XgzocbAK0 #

※7
売血は悪なのか?
売血で患者が救われることと、提供者の質の問題と貧困層が己の生活のためにやることは別問題だろ。
その貧困にしても仮に金を渡さなくなって困るのはいったい誰だろうね。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:27
  • ID:tOCPWzrM0 #

だが禁止すれば収入を失った貧困層はどうなる
犯罪に走ったりしたらそれこそ負の連鎖は止まらない

38

38. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:41
  • ID:hSzGJlq.0 #

まっ!!、血売りの少女

39

39. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:41
  • ID:UsWyl8ic0 #

この前、免許更新した時に献血したけど、血圧だけじゃなく血液の比重も厳密に決められてて自分の前に受付した女性は献血できなかったな。

40

40. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:44
  • ID:hSzGJlq.0 #

※22
血税

41

41. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:55
  • ID:WcUP5xzu0 #

※37
血を売って生活する人も採った血で助かる人も減る
現場と離れた場所から目先の綺麗事でバッシングするのは意味がない
食肉の家畜がかわいそう、と通じるものがある

42

42. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 10:59
  • ID:5SPfH4Yb0 #

2ヶ月に1回、1週間くらい大学構内に献血ルームが来て、有料で献血できればいいと思うけどなー。
身分は学生証でチェック。
成分献血は2500円、400ccは5000円みたいな。

私は地方国立に通う貧乏学生で満喫がわりに近くの献血に行ってた。
交通費かからない、お金も貰えるっていうなら大学生バンバン献血するんじゃないかなー

43

43. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 11:58
  • ID:M92OdGsI0 #

※25
ウイッグやエクステンション用の髪の毛を買い取る業者がこないだテレビに出てたなー。
昔はなんだろうね、コーラの材料ではないと思うが(コーラ 髪の毛 材料で検索)

44

44. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 12:38
  • ID:zRF2cM1.0 #

逆に献血で得られるお金を寄付にまわす仕組みのほうが人がくるんじゃないかな。
タダで数千円募金できるのは結構魅力的だと思う。

45

45. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 13:02
  • ID:Tn0F0ww70 #

※3
昭和30年代が舞台の五木寛之氏の「青春の門」ですね
大学生になった主人公やその友人が売血してるの話がでてくる

46

46. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 13:21
  • ID:Ps7L9A6c0 #

制度が悪いだけで手段としてはアリだと思うけどな
一定時間拘束して血を無料で集めるよりかはよっぽど人来てくれるだろ
それでギリギリ生活ができるレベルみたいな回数と金額にするからそうなってしまう

47

47. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 15:11
  • ID:o0plSwjB0 #

病気や怪我で手術して輸血のありがたみを知った人が献血出来ないってのもなあ

48

48.

  • 2019年12月22日 15:25
  • ID:bMH0Xt.b0 #
49

49. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 16:22
  • ID:SN8j5g640 #

※18
20年以上前でもそんな制度無かったですよ?
献血ルームで飲み食い出来て、図書券、タオルくれる程度。
都会の話ですか?

50

50. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 18:14
  • ID:KneaSkSi0 #

現代の吸血鬼だな。
売血の値段が安いというのが問題のような気もする。
血を搾取しているわけだ。

51

51. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 18:42
  • ID:gMXCIRkf0 #

学生時代に一回だけやったことある
別にボランティア精神でやったわけじゃないけどなんとなくでやってみた
今はわざわざ行ってまでやろうとは思わない
もっと身近でできればやってもいいけど

52

52. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 18:43
  • ID:PKE1UDBT0 #

※39
人の役に立つキミは偉いな。オレもきっと駄目な血液の持ち主。
かつてのキース・ムーン並みにアルコール検出されそう。

誕生日ケーキのローソクに息を吹きかけたら...なアル中。

53

53. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 18:53
  • ID:1PMGUE2T0 #

日本は100円だけでも欲しい

54

54. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 19:30
  • ID:1kMMgGwi0 #

※18
確か25年から20年前くらいは、図書券かQUOカード、500円のやつがもらえた。
20年位前に、金券はよろしくない、ということになり、アイス、レトルトカレー、ハンドタオルなどの物を記念にくれるというように変わった。

55

55. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 20:06
  • ID:HKz6Qwd60 #

※17
全血献血だったらね。

血漿のみの成分献血だと、赤血球は戻すから
全血抜きっきりで貧血する「黄色い血」のような
明らかな問題は直ちには起きない。
だから週2でもいけるんだろう。

もっとも、記事にあるように、日常的に繰り返せば
長期的には健康問題が出てくるんだろうけど。
ちなみに、日本では、血漿の成分献血は
2週間以上間隔を空けることになっている。
(最多でも月2ペース)

56

56. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 20:14
  • ID:HKz6Qwd60 #

※49
手元の道具で、「黄色い血」「ライシャワー事件」
などをググるべし。

ちなみに、売血制度から預血制度を経て
献血制度への転換は、昭和49年(1974年)なので45年前。
ただし、血漿のみの有償採取は、一部の民間製薬会社で
平成2年(1990年)まで行われていた。

57

57. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 20:43
  • ID:HKz6Qwd60 #

※47
肝炎やエイズにしても、当初は認識されていなかった(orあまり問題視されていなかった)血液感染の病気が、数年後〜数十年後に大問題に発展するケースも今まで繰り返されてきたからなぁ…。

自分は、アトピー持ちで日常的に肌に生傷あるけど、若い頃は特には見咎められず普通に献血できていた。それが、狂牛病(というかクロイツフェルト・ヤコブ病)問題で海外渡航歴などの条件が厳しくなった頃から、生傷もかなりマメに見つけて弾くようになり、献血できなくなった。
未知の血液感染の疾患について、輸血歴のある人は、例えば3人分の血液を体に入れていれば、一人の血で4人分(通常の4倍)のリスクを有することになる。
生傷からくる皮膚常在の雑菌程度でも、命に関わる傷病人には問題になるくらいだから、やっぱり輸血人数分 倍々ゲームで感染リスクが増えていく輸血経験者の血は、回避しておくのが無難という判断になるのだろう。

とはいえ、これから少子高齢化でますます献血は足りなくなっていくだろうし、血液不足で助かる命が助からないリスクと、輸血経験者から献血を集める感染率増加リスクと比べて、前者の天秤の傾きの方が大きくなれば、将来 条件が緩和されていくことがあるかも知れないけど。

58

58. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 20:44
  • ID:KVeAncSJ0 #

※6
献血ゆるキャラのけんけつちゃんは何でも語尾に「っ血!」をつけてくれるファンキーなキャラだからみんな献血に行こうぜ

59

59. 匿名処理班

  • 2019年12月22日 20:48
  • ID:tclwAFib0 #

アメリカってすごい国だと思うけど正直尊敬できる国ではないと常々思う

60

60. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 00:23
  • ID:tpwyKFsH0 #

※57
カミソリ負けや指の絆創膏も目ざとく見つけられて「本日はご苦労さまでした」とお断りされますね。海外渡航歴や既往歴の質問項目も年を追うごとに増えている気がします。最低年に2回は足を運ぶようにはしていますが、数回止められました。

そう考えると、血液はナマモノなので、取り扱いは慎重にならざるを得ず、それだけでも金銭取引の材料にはすべきではないと思います。

61

61. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 01:08
  • ID:Uf4BluU00 #

>>6
そもそも自分の血を売るほど経済的に追い込まれてる奴等の健康状態やモラルなんてお察し

62

62. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 02:39
  • ID:0hqTUh470 #

※2
星新一の某短編であったよな、そのEP(苦笑

63

63. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 06:13
  • ID:NaqRkNV00 #

血液検査の結果をネットでも知ることができるようになったから便利だよね
あと数年前にくらべて貰える粗品がしょっぱくなったのは残念だわ

64

64.

  • 2019年12月23日 08:19
  • ID:GvGi3Fc20 #
65

65.

  • 2019年12月23日 09:06
  • ID:KMbZR4Vc0 #
66

66. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 12:57
  • ID:M1r3fpi30 #

医療保険の加入を義務化したことも影響してそう。
日本と違って、企業の保険加入だから費用が凄いとか・・・

67

67. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 13:32
  • ID:J.4EOQev0 #

アメリカの貧富格差は日本以上に酷いな 資本主義の行き着く結果なのだろうかこれが 

68

68. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 14:46
  • ID:FCg10.670 #

でも人工血液が実用化したらこの稼ぎ方もできなくなるワケで

69

69. 匿名処理班

  • 2019年12月23日 19:21
  • ID:weA3cb3C0 #

※68
ちょっとお粉密輸しない?って声掛けが増えるわけで

70

70.

  • 2019年12月23日 21:47
  • ID:ezj2vYZU0 #
71

71.

  • 2019年12月24日 09:35
  • ID:lsQ6edzJ0 #
72

72. 匿名処理班

  • 2019年12月24日 18:41
  • ID:iL.T8ZAB0 #

「事故や手術で大出血した場合、人工血液でどうにかなる時代」はそろそろ近いかもしれないが、
「じーちゃんばーちゃんが使ってる血液製剤(血漿献血から作る)の代わりに、人工血漿製剤を使える時代」は来そうもないので、高齢化が世界的に進む現在、この稼ぎ方はあと半世紀は安泰だな!

人工血漿製剤が出来る前に、国や文明や高度医療がうっかり亡ぶかもしれないが

73

73. 匿名処理班

  • 2019年12月24日 23:09
  • ID:LRV.z69L0 #

専門家です。
たまたま通りかかりましたが、あまりにも誤解を招く記事なのでコメントします。
日本に入って来ている海外産血液製剤の話です。
(日本では全血の輸入は認められて無いので分画製剤の話になります)
1.そもそもこういう貧困層が多い地域には採血センターを設置しません。
2.ドナー管理は献血カードなんてチャチなもので無く、静脈認証です。かなりガードは固いと思います。
3.そもそも、海外は血球と分ける成分献血のみで行い、加熱やフィルター等、何度もウィルスの除去不活化工程を実施。全プロダクトでウィルス感染はもう何十年も起こっていない。

そして日本が昔、分画製剤で薬害を引き起こした時は、日本のメーカーが、海外の安い血液を原料として輸入し、加工して作った時代の話です。
その時代の危険性を帝京の阿部が利権の為隠していたのが後々大問題になりました。
要は悪いのは原料ではなく、加工する側の技術とモラルです。
ググれば出てきます。

こんな中途半端な記事で知識持った人がいざ、海外血製剤を投与される際、ICで揉めるのが嫌なので書きました。

参考にして頂ければ幸いです。

74

74. 匿名処理班

  • 2019年12月25日 11:19
  • ID:tt.UzHjk0 #

>>73
有り難うな

75

75.

  • 2019年12月26日 02:47
  • ID:UyeAI9M.0 #
76

76. 匿名処理班

  • 2019年12月29日 22:42
  • ID:BRzT7Uv60 #

>>27
正確には母ちゃんの方な

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク