skull-and-crossbones-77950_640_e
Image by Peter Dargatz from Pixabay

 1238年、モンゴル軍がロシアのヤロスラヴリの町を襲撃、大虐殺が行われた。

 占領中、おびただしい数の住民たちが残虐な方法で殺された。今、DNA分析によって、犠牲となった3世代に渡る家族の悲劇が垣間見えてきた。
スポンサードリンク

虐殺後、共同墓地に打ち捨てられたおびただしい数の遺体


 虐殺の後、遺体はまとまった単位で共同墓地にうち捨てられた。身元がわかるようなものはなにも出てこないが、モスクワ物理工科大学の研究者たちが、ひとつの墓から発見された3遺体のDNA分析を行った。3人は女性ふたりと若い男性で、母と娘、そしてその孫息子という近親者であることがわかった。

 3人のうち年長の女性は、少なくとも55歳、娘は30〜40歳、孫息子は未成年だった。この家族の遺体が出てきた墓は、ヤロスラヴリにある9つの墓地のうちのひとつで、全部合わせると300体以上の遺体が葬られていたという。

1_e2
Image by INSTITUTE OF ARCHAEOLOGY, RUSSIAN ACADEMY OF SCIENCES

 人類学者によるこれまでの骨の調査でも、3人は血縁ではないかと思われていた。頭蓋骨の特徴が似ていて、骨格から脊椎披裂、つまり未発達の脊髄をもつ遺伝性先天異常であることがわかっていた。

 この3人の家族は、ヤロスラヴリの中心にある城郭内の住居穴で発見され、ここには全部で15人が埋められていた。

 町が占領されていた間、この敷地の多くが焼き払われたが、わずかに残った建物や人工物から、ここはかつては裕福な屋敷であることがうかがえたという。

 殺された家族が裕福だったことは、遺体の歯からもわかる。ほかの地域の住民よりも、ここの遺体の歯はかなり虫歯が進行していて、この家族がハチミツや砂糖を含む食事を習慣的に食べていたこと、つまり身分が高い家系であったことがわかる。

 さらに、近くに葬られていた4番目の遺体も母方の血縁者である可能性が指摘されている。

0_e0
虐殺の後が残る頭蓋骨
 Image by INSTITUTE OF ARCHAEOLOGY, RUSSIAN ACADEMY OF SCIENCES

モンゴル軍によるヤロスラヴリの大虐殺


 2005年から2006年にかけて行われたヤロスラヴリの発掘作業で、1238年2月に大虐殺があったことがはっきりした。

 しかし、遺体についていた蛆虫(クロバエ)の種類や成長ステージは、成虫が遺体に卵を産みつけたのは暖かい季節であることを示していた。このことから、遺体は数ヶ月、野外に放置されて腐敗が進んでから埋められた可能性があることがわかった。

 「この人たちは殺されて、かなり長い間、雪の中に放置されていました」ヤロスラヴリ発掘現場のチーフで、ロシア科学アカデミー考古学研究所副所長のアーシャ・エンゴヴァトヴァは言う。

 「4月か5月、ハエが繁殖のために遺体に卵を産みつけ始め、5月末か6月始めに、遺体は彼らがかつて生活していた場所に埋められたのでしょう」

 13世紀始めにロシアに攻め込み、ヤロスラヴリを破壊したモンゴル軍は、チンギスハンの孫息子で、キプチャクハーン国を築いたバトゥハーンが率いていた。

 「キプチャクハーン国は平和的にロシアに領土を得たと主張する研究者もいますが、ヤロスラヴリから出てきた陰惨な証拠は、そうではないことを示しています」

 ヤロスラヴリの住民が残忍に殺された証拠は、おびただしい数の遺体にはっきり見られる。骨には穴があき、折られ、燃やされている。

3_e0
Image by INSTITUTE OF ARCHAEOLOGY, RUSSIAN ACADEMY OF SCIENCES

 モンゴルの侵略者たちがヤロスラヴリで虐殺を行い、ロシアのこの町は徹底的に破壊された。まさに血の海で溺れた町なのだ。ここの住民の悲惨な運命はのちに伝説として伝えられるようになっていった。

 「バトゥハーンの征服は、ほかの残酷な破壊の歴史がかすむほどのロシア最大の悲劇でした。ロシアの民間伝承に組み込まれた数少ない出来事のひとつであるのは、偶然ではないのです」

References:13th-Century Death Pit Reveals Murdered Family in the 'City Drowned in Blood' | Live Science/ written by konohazuku / edited by parumo
追記:(2019/9/28)本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
皮膚を剥ぎ取り晒し首にしてゴミ箱へ。頭蓋骨から判明したインカ帝国の恐怖政治(チリ)


木箱に封じ込められし狼男?ファンタジー設定な頭蓋骨を農夫が発見して騒ぎに(マケドニア共和国)


太陽の光に囲まれた頭蓋骨がモチーフ。メキシコ・テオティワカンのピラミッドから発見された「死のディスク」


ペルーで発見された長く変形した頭蓋骨は「人工頭蓋変形」ではなく先天的な遺伝子異常によるもの。最新のDNA検査結果が発表される。


クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 20:51
  • ID:N8Jsja0k0 #

人の命なんてなんとも思わない時代だったんだろうな。
外国人の命なら尚更のこと。

2

2. みあきち

  • 2019年09月27日 21:17
  • ID:aBGJrq.j0 #

モンゴルの人は嫌がるだろうが、チンギスハン(もといジンギスカン)は、世界最大級の虐殺者の一人なんだよなぁ…

この記事は本人でなく孫のバトゥハーンとやらだが、「平和的にロシアに領土を得たとする研究者」の存在は、ナチのホロコーストの否定論を広めようとする歴史修正主義とかそういうのを、改めて実感した

3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 21:17
  • ID:nJkvMHQt0 #

こんなモンゴル人から「あいつらマジ半端ねぇ」と言われていた鎌倉武士って・・・

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 21:21
  • ID:mLu0QYEX0 #

世界のどこでも同じような惨劇がひたすら繰り返されてきた
それがずっと続いてきたのが人類の歴史

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 21:30
  • ID:xS0r2gvJ0 #

中世の生きるか死ぬかの大陸で

狩猟、騎馬民族ならどこもこんな感じだったろうな

6

6.

  • 2019年09月27日 21:35
  • ID:OmrtuXaY0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 21:51
  • ID:oygUUKiw0 #

ロシア最大の悲劇の演出家なら割と近代にいた気がするが…

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 22:05
  • ID:T6.93OzK0 #

ロシアがアジアに冷酷な理由

9

9. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 22:10
  • ID:zyLFk8eR0 #

平和的に領土を得たとか、むしろバトゥに失礼な件
ジョチ・ウルスをキプチャクハン国ていうのは、日本と欧米の一部だけだっけ?

10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 22:14
  • ID:NUmfCfGq0 #

>>3
対馬や鷹島ではかなりの残虐行為があったって話らしいしな
本土攻められてたら大変なことになってたと思う

11

11.

  • 2019年09月27日 22:21
  • ID:ITHEh0fC0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 22:22
  • ID:zyLFk8eR0 #

>>2
バトゥは例のチンギスの子じゃない疑惑があった長男ジョチの息子

13

13.

  • 2019年09月27日 23:11
  • ID:2qkxxK690 #
14

14.

  • 2019年09月27日 23:14
  • ID:3AhwwhhY0 #
15

15.

  • 2019年09月27日 23:22
  • ID:9lORjno70 #
16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 23:28
  • ID:ibiwWtxv0 #

富豪どころか高官レベルじゃないのか?
この時代に砂糖って相当高価だぞ

17

17.

  • 2019年09月28日 00:36
  • ID:bFZjKzVh0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 00:41
  • ID:g9sa8B8r0 #

>>2
最大級上位は、全てコミュニストだぞ
スターリン、毛沢東、ポル・ポト

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 00:42
  • ID:g9sa8B8r0 #

>>7
前世紀に居たよね

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 00:43
  • ID:g9sa8B8r0 #

>>8
ロシアは、モンゴル帝国から徴税任務を任されていたので、その名残りじゃない

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 00:44
  • ID:g9sa8B8r0 #

>>2
そのナチスよりも多く虐殺してるのがソビエト連邦なんだよな

22

22. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 00:46
  • ID:g9sa8B8r0 #

>>9
ヘェ〜じゃあ、ロシア研究なのに欧米なんて広い地域で言われてることを言ってるんだ

23

23.

  • 2019年09月28日 01:37
  • ID:7DEqJ6rr0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 01:44
  • ID:jquJo4c50 #

奴隷を意味するスレイブは、スラブ人のスラブが語源とも聞いたな。
かなりの長期間に渡って異民族の侵略と支配を受けたスラブ人は、病的とも言える防衛心理が働くようになったとも聞く。
あの伝統的な拡大政策は防衛線、つまり国境線を外へ外へと拡げようとする心理からきているとかなんとか。

25

25.

  • 2019年09月28日 06:29
  • ID:yjJ0sTk60 #
26

26. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 08:08
  • ID:D3B.tPzS0 #

鷹島で鎌倉武士がモンゴル兵掃討したけど激戦だったらしい
首徐、血浦、胴代、死浦等の地名に残ってる

27

27. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 08:13
  • ID:BxTiBdXW0 #

>>2
でもいちいちロシア人は、モンゴルにチンギスハンを崇めるのはやめろ、とか言わないよね。
歴史を学ぶと、人の歴史は基本戦争の歴史だしなあ。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 09:30
  • ID:9QV463bj0 #

まぁ、大虐殺が実際にあればこういう痕跡が出てくるもんよな
30万人とか死体も無い話がなかったっけかね

29

29. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 10:04
  • ID:BkHHDjET0 #

この当時のモンゴル軍ってヒャッハー!をどこでもやってるイメージだったが、「そうじゃない」って主張する人もいるのか。
意外だったな。

30

30. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 10:49
  • ID:pp1ZfjO40 #

偉人と言われる人の多くが殺人を命令した人ですね。
本人が殺人を行っていなくても残した思想、
宗教で大規模な戦争が起きたり…。
学者さんは平和的かなと思ったら、
植民地から奪った富や、戦争に役立ちそうだから
研究資金が出てたり…。
戦争と奴隷が大好きな人類史でしたが、
少しずつ良くなっていると信じたい。

31

31. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 13:41
  • ID:ov8jxKKH0 #

>>30
現代でもアフリカやアラブではこの時代のレベルの道徳心で生きてる人達がいる。そしてそういう人達はどんどん人口が増えていて、現代的な良識を持った先進国の人々は少子化により数百年後には滅亡してるかもしれない。

そうなったら道徳も中世レベルまで退行する事は大いにあると思うよ。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 15:41
  • ID:ch4zL71.0 #

ロシア映画の『フューリアス』の舞台だっけ

33

33. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 16:14
  • ID:O2hZWRHr0 #

当時の国名はロシアなのかしら?

34

34. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:03
  • ID:BxTiBdXW0 #

>>3
朝鮮が「倭とか言う国マジでシメといた方がいいすよ!」ってモンゴル唆したんすけどね。

35

35. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 23:16
  • ID:LfdnJpAj0 #

※3
倭寇は本国モンゴル軍じゃないよ。得意な平地での戦闘もできないし
モンゴルはインドネシアやベトナムでも敗退してるし、島(国)は有利

36

36. 安房守

  • 2019年09月28日 23:24
  • ID:y.te8pc.0 #

※33キエフ大公国がギリギリこの虐殺後まで存在。しかも両大公国も今のロシアと比べ物にならない位小国。それから50年くらいたって今のロシアの元ともいえるモスクワ大公国が。1700年代になってやっと欧州列強の一員に。それまではチンギスハーンの子孫の大国に脅かされる存在。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 23:40
  • ID:FjEbCIzC0 #

※34
よくわからないけどそもそも日本に攻めてきたのは
モンゴル人ではなくて南宋の捕虜とかじゃなかったっけ?

38

38. 安房守

  • 2019年09月28日 23:59
  • ID:y.te8pc.0 #

※5中世とか近世とか時代のくくりは、日本や中国大陸や欧州ではできるが、モンゴルにははたしてできるかと言うと出来ないと言わざる負えない。

欧州にとってモンゴル襲来は、当初イスラムの進攻にストップさせる好機と思われたが、いざ蓋を開ければ、襲撃された街々は焼き払われ、廃墟と言う情報に震え上がる。欧州側は兵力数で勝ち目もなく、用兵においても騎士は騎士と一騎打ち的でな戦いではなく、雲霞のように襲い掛かり情け容赦なく首をはねる。装備面では欧州側に分がありそうに見えたが、全身鉄の板で覆われているため鈍い。年がら年中馬に乗っている民族と、身分の象徴としての馬術ではかないっこない。

モンゴルの進攻にストップをかけたのは、森林が多く騎馬に向かない地形に、中東や中国のように略奪品が望めない。

だが欧州はこの危機の後。今度はオスマントルコに脅かされる・・・。

モンゴルの襲来の後大元帝国成立後。現在も残る料理の原型が伝わる。それはタルタルステーキ。一説には馬の鞍に潰した馬の肉塊を置き尻の重みに、移動時の鞍と馬の背による摩擦。馬から出る汗で熟れたものを食した。ある程度精錬されたものが、スカンジナヴィア半島やポーランド・ドイツに伝わり(ただし生)18~20世紀ごろドイツ移民によってアメリカに伝わり、その頃からハンブルクステーキはハンバーグとなり、生食は過熱料理に。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 00:11
  • ID:M9Mgg.Je0 #

モンゴル帝国が征服したロシアや中東あたりは男性の染色体にモンゴル系がかなり混ざってるらしいね……
日本も神風が吹いてなかったら……

40

40. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 02:02
  • ID:RJw8PpHV0 #

>>39
ちなみにイギリス人やアメリカ人にもチンギス・ハーンのDNAが見つかる(カラパイアの記事にもなってたね)
単純な話だとチンギス・ハーンには、占領地や友好の証として友好国から側室のような立場の女性が3000人程度がいて、正式に認められている子供以外にも多数の子供がいたと考えられている。
また、チンギス・ハーンの子孫は、その後モンゴル帝国が分裂しても地域の有力者として他国との友好を結ぶため婚姻関係を結んだ結果、ヨーロッパの王室にもチンギス・ハーンのDNAが流れ込むことになると言った事例が報告されてたね。
そりゃあ有力者と血縁関係になればいろいろ有利だからね

41

41. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 02:21
  • ID:gBYUMGFE0 #

遺骨のDNA分析から性別年齢や血縁関係、先天性疾病など、随分詳しくわかるものだ。
今、日本人のシベリア抑留者の遺骨収集で取り違えが問題になってるみたいだけど、これだけわかるなら政府はしっかり対応すべきだと思う。抑留自体が当時でも国際法に反する行為だったとしても、現地の人のお骨を掘り返して持ってきてしまったのならとにかく一刻も早くきちんと戻して、謝罪や礼儀も通さないといけない。
過去への謝罪や補償と言うと色々なにかと便乗商法に苦しめられたトラウマもあると思うけど、科学的な手法で明快になったケースはそれ等と一線を画さないといけないと思うよ。プーチンだって、こういう事は大事にすると思う。勝手な想像だけど

42

42.

  • 2019年09月29日 08:46
  • ID:w.mA7Jcb0 #
43

43. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 09:57
  • ID:VNPOHHaE0 #

ロシアだから話半分だろ
モスクワ側がキエフ側の都市を焼き払うとか
キプチャク、クリミア、ポーランドとかロシアに侵入して焼き払いとかいつの時代もやってるし
ソ連時代でも毒ガスで反乱軍を虐殺してるし

44

44. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 12:32
  • ID:TxMmtQtT0 #

お互い自分のことを棚に上げて他人のことを言い合うのが歴史の研究(善かれ悪しかれ)

45

45. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 14:07
  • ID:D1So6tVp0 #

※10
対馬をあえて見殺しにする事で敵の行動パターンを研究したと聞いた

46

46. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 14:11
  • ID:5grPNBrT0 #

>>22
あー、欧米という言葉を便利に使いすぎたな。スマン
ロシアは確かに欧米じゃない
海外の一部と言えばよかったね、というか調べ直したら「主に日本で使われてる」感じだった
そもそも歴史用語としてはキプチャクハン国だとロシア史観解釈での呼び名に近いから、
日本でも本来の歴史用語たるジョチ・ウルスに移行しつつあるんだそうな

47

47. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 14:12
  • ID:D1So6tVp0 #

※35
大人数の軽装短弓騎兵で押すヒットアンドアウェイが勝利のセオリーだが
それが通じない人材や地形ではけっこう負けてる

48

48. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 14:27
  • ID:D1So6tVp0 #

※31
アフリカ 中東 イギリス 二枚舌でググりなされ
差別も紛争も当事者が長い年月をかけて問題解決へ向かってたのを
イギリスが民族の分断と憎悪は植民地支配に便利だという理由で
わざと蒸し返した

49

49. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 14:33
  • ID:D1So6tVp0 #

※41
ゆうても諸外国寄せ集めの捕虜たちの無縁墓地だから
墓の場所が把握できるだけまだマシってレベル
たぶん荒野の土饅頭で大地に還った仏さんのほうが多い

50

50. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 15:01
  • ID:D1So6tVp0 #

※37
指揮官クラスがモンゴル人でその他は征服国からの徴兵
高麗はモンゴルと婚姻関係で結ばれたんでいちおう同盟国
投降した捕虜の身なりだけで誰が南宋人か分かるくらい扱いが酷かったんで
処刑兵と帰還兵の選別はラクだった模様

51

51. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 15:25
  • ID:D1So6tVp0 #

※39
モンゴル騎兵は海上戦と森林山岳地帯のゲリラ戦法が弱点で
日本侵攻には消極的だった
神風はあくまで全艦ロストの決定打だが始める前から負けは見えてた
それをゴリ押しした(略

52

52. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 16:22
  • ID:gBYUMGFE0 #

>>49
そうなのか。
知りあいの爺さん(故人)がシベリア帰還兵だったんだ。凄く優しかったんだけど、時々呆けたみたいに遠くを見てることがあって怖くて親に聞いたら抑留されてたと知った。
過酷な労働条件だったことはその時調べて知ってたつもりだったのだけど、墓もなかったほどだとしたら、少しあの顔がわかる気もする。この機会にもっと調べてみる。教えてくれてありがとう。
日本人でないことがわかるならどこの国の人たちだったのか公表して欲しい気もするけど、まだ遺族も存命だろうし、遺族以外には難しいのかもしれないな。

53

53. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 23:15
  • ID:D1So6tVp0 #

※52
スターリンにラーゲリ送りにされた強制労働者たちだよ
ドイツ兵捕虜や満州で捕縛されたアジア人、東欧ソ連全域の思想犯たちだから
文字通りユーラシア全域。
残酷だけど身元の判明と帰還は無理だと思う

54

54. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 23:19
  • ID:qdUZKKYV0 #

みんな詳しいな
元寇についてもっと調べてみようかな

55

55. 匿名処理班

  • 2019年10月01日 13:44
  • ID:LPe3F9Zu0 #

タタールの軛か

56

56. 匿名処理班

  • 2019年10月03日 02:24
  • ID:ICi1uJld0 #

>>3
昔は鎌倉側はなす術なくて神風頼りみたいに言われてたけど、研究進んで鎌倉側もいろいろ相手研究して手を打ってたのがわかって来たんだよね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク