cat1
image credit:Sinogene

 愛するペットが亡くなったり何らかの事情で失われてしまったとき、その悲しみからペットロス症候群を患ってしまうことがある。

 眠れない、食欲がない、情緒が安定しない・・・など精神的にも身体的にもさまざまな症状があらわれて苦しい日々が続くのだ。

 中国に住む黄さんも、愛猫だったブリティッシュショートヘアのガーリックちゃんが2歳半で亡くなったとき悲嘆にくれた。

 どうしようもないほど酷く辛くしんどく、こうなったらあの手しかない!と決心した。クローン技術でガーリックちゃんを蘇らせてもらおう、と。
スポンサードリンク

1年間の試行錯誤を経て誕生した「ガーリックちゃんver2.0」


 中国のシノジーン(Sinogene)社は、40匹の犬のクローンを作り上げてきた実績がある、ペットのクローン作成を専門とする企業だ(関連記事)。

 それなりの経験を経てきた同社であっても、黄さんが依頼してきた猫のクローン作成はちょっとした難題だった。というのも猫には他の動物にはない問題があったからだ。

 施振声博士は

猫の生殖・生理学的特性はほとんどの動物とは違う。猫は自然排卵しない、数少ない排卵誘発性の動物なのだ。繁殖サイクルが特殊なためクローン作成は難しく、作業も厄介。だから今回のクローン猫の成功は世界的にも珍しいものである

と語る。

cat2
クローン技術により誕生したガーリックちゃんver2.0(左)生前のガーリックちゃん(右)
image credit:Sinogene

 1年間の試行錯誤の末、ついに胚を代理母に移植することに成功。66日の妊娠を経た2019年7月21日、自然分娩によってガーリックちゃんver2.0が誕生した。

 ごらんの通り、キリッとした目力の強さが印象的な可愛いニャンコだ。その遺伝子のすべては、今は亡きオリジナル・ガーリックちゃんがもとになっている。

 1ヵ月ほどガーリックちゃんver2.0の様子が観察されたがこれまでのところ健康状態は良好で、自然の交配で生まれた子猫となんら変わるところはないそうだ。

cat3
ニャンだよ! と言わんばかりの目力が自慢のガーリックちゃんver2.0
image credit:Sinogene

絶滅危惧種のクローンを作って保全に役立てる動きも


 クローニングにかかった費用は25万元だそうで日本円にすれば380万円ほどとなり結構いいお値段だが、黄さんは

それだけの価値はある。これからもこの子をガーリックと呼び続ける。私の中では、この子の命はずっと続いているのだから
とコメントしている。

 中国では昨年の時点で2200万人が猫を飼っており、その数は4000万匹に達していたらしい。

 それだけの人数がいれば、愛する猫を蘇らせるために大金を払おうという人がほんの一部だけだったとしても、シノジーン社としては十分利益を上げられる。

cat4
出産のためのお腹を貸してくれた代理母猫とガーリックちゃんver2.0。親子であっても遺伝子のつながりはない
image credit:Sinogene

 中国では昨年、霊長類では初となる2匹のマカク(オナガザル科マカク属のサル)のクローン作成に成功。

 また韓国でもクローニング研究機関のスアム生命工学研究院が、犬のクローニングをワンクールおよそ1000万円で請け負っている。

 さらに現生の動物だけでなく、絶滅したマンモスや、シベリアで発見された4万年前の子ウマを現代に蘇らせようという試みもある。

 シノジーン社によれば、失われた命を蘇らせる以外にも絶滅危惧種のクローンを作り保全に役立てるといった応用もできるという。

 同社では、近いうちにウマや伝書鳩のクローニングを実施する予定とのことだ。

References:Sinogene / Iflscienceなど / written by hiroching / edited by usagi
あわせて読みたい
最愛の猫を失った飼い主、高額を支払いクローン猫を蘇らせる。性格も寝る場所も一緒だったと大喜び(アメリカ)


1滴の血液からクローンマウスを作り出すことに成功(理化学研究所)


その数なんと49匹!世界で最もクローン化された世界最小のチワワ犬


世界初、剥製と冷凍保存マウスを利用して絶滅したニホンオオカミ復活に挑戦(神戸・理研)


ネアンデルタール人のクローンベイビーを生んでくれる女性を募集中(米ハーバード大)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7389 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1387222227
2位
6266 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
5位
3916 points
不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

2020年11月20日
773816320
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 20:37
  • ID:MHh1TQfL0 #

気持ちはわかるな
私はクローンとうちの子がイコールという意識がないけど
ある人の場合はやりたいと思っても不思議はない
うちの子に逢えるものならまた会いたいもの

2

2. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 20:39
  • ID:ZJa2NxTf0 #

模様はクローン技術の内に入らないのかな?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 20:50
  • ID:tvZAdY8r0 #

中国のクローン技術は目覚ましいものがあることは分かるけど、倫理的な問題でバッシングされそう
今後もどこの国も倫理観が邪魔して出来ないことを中国ならやってくれそうという期待もある
そこからまた新しい技術や知識が応用されて病気とは無縁の未来が本当にくるかもしれないね

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 20:54
  • ID:G9EluDCY0 #

中華はクローン技術めちゃくちゃ進んでるからな
犬なんかベンチャー企業のビジネスとして成立してるし
民間以外にも警察犬や芸能犬みたいな特殊技能の量産に使われてる

正直死ねばスペアって考え方は気に入らんがな
母体にも注射してホルモンバランス弄るらしいし

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 20:55
  • ID:aHNDhF4n0 #

絶対こっそり人間もやるやろ…

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:08
  • ID:GBu.tN0M0 #

>>5
タイトル忘れたけどそんな映画あったな
住民全員が
誰かの内臓スペア用クローンという悲しい設定
そのうち実現してしまいそうで恐ろしい

7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:09
  • ID:MbBEg5g60 #

そんなことするより、保護センターからもらってやってくれよ・・・

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:09
  • ID:tTbuSpyA0 #

クローン猫のタンゴ

9

9.

  • 2019年09月14日 21:13
  • ID:Eu89.M1g0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:18
  • ID:wz.PtkaC0 #

どうしようもないほど酷く辛くしんどいなら、後を追えば良いのに

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:19
  • ID:QwOlDwcJ0 #

法輪功の人々を使って既にヤッてそう。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:21
  • ID:J3wUIQ.W0 #

相棒のクローンベビーの話は
右京にも止めようがなくて最後は
「天罰」で食いとめるという刑事ドラマ初の
「神様のパワーで阻止」というマジキチ展開。
プリキュアとドラえもんを放送する
テレ朝だからこそできた荒技。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:22
  • ID:totq19NI0 #

キンペーのクローン作りそう

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:22
  • ID:JihqRXMI0 #

クローンでもいいからもう一度会いたい、という気持ちはわからないでもない。けどクローンの子を同じ名前で呼ぶのはいやだな。
亡くなった子と、クローンの子は、それぞれ、かけがえのない存在だと思うもの。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:22
  • ID:QwOlDwcJ0 #

そこまでして猫を愛する人を待っている子は沢山いる。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:25
  • ID:hodntJSo0 #

クローンていうほど似てない
別の猫じゃん

17

17. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:27
  • ID:MweDbs9F0 #

代理母にゃんこの達観した顔よ…

18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:37
  • ID:QmIUiqaE0 #

排卵誘発性の動物聞いて
びっくりでも納得
ネコの気まぐれな
感じそのままって感じ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 21:38
  • ID:FCZSHYjl0 #

ガーリックちゃんという名前がかわいい

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 22:07
  • ID:5BZ6ckfu0 #

※6
わたしを離さないでだったっけ?
臓器ごとに部分のクローンは作るだろうなー

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 22:10
  • ID:btUeIHUb0 #

人間なら代理母ということを説明されて引き受けるだろうけど
勝手に代理母にさせられる猫になんといっていいかわからない気持ちになる

22

22. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 22:10
  • ID:9oFnizWo0 #

うさんくさい

耳の形の違いと
模様の違いはどう説明するんだ?

中国の発表は経済にしろ科学にしろ真に受けてはいけない

23

23. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 23:25
  • ID:WUarVx1H0 #

同じ遺伝子を持っていたとしても、この猫は元の猫とは違うよ…。こういうクローンでペットロスを埋めようとするのはどうかと思うよ。辛いのは分かるけどさ

24

24. 匿名処理班

  • 2019年09月14日 23:56
  • ID:7UXDDEAF0 #

>>2
猫の模様は親からの遺伝だけでなく、前の世代の影響を受けることもあるのでクローンでも模様が変わることがあるらしいです
以前とある番組でいってました

25

25. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 00:04
  • ID:f8X8.IeP0 #

犬猫や馬が可能なら、もう人間のクローンも可能なのは間違いないね
恐らく生きてるうちにニュースで見ることになりそう。もちろん中国企業がやるだろう

26

26.

  • 2019年09月15日 00:59
  • ID:Q2e.zhgz0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 04:27
  • ID:YNXcuNwY0 #

>>22
模様の似てる子を連れて来ただけなんじゃね❓
って思うよね中国だから

28

28. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 04:36
  • ID:6ZcJxx0c0 #

>>23
ペットの死を受け入れられないからって
同じモノを作るのは
物凄い幼稚で身勝手な気がするよね…
ペットを代わりのきく存在にしてはいけないと思う

29

29. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 04:54
  • ID:S8JJln0B0 #

輝夜姫ってアニメ化しないのかね名作なのに
BANANA FISHみたいに時代設定多少ずらしてもいいから見てみたい

30

30. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 05:40
  • ID:M4Kuuqdm0 #

>>22
クローン技術とはそんなものだ。映画とかで出てくるような元の人間とか動物の模様まで完全にコピー出来るわけじゃない。

前にアメリカだかイギリスだかで猫のクローンが作られたがその猫は元の猫の性格も模様も違ったらしい。
果たしてクローンは本当にクローンと言えるのだろうか…

31

31. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 05:56
  • ID:yrubLmU.0 #

クローンでも別の猫
ぽっかり空いた猫型の穴にぴったり入る猫はもうどこにもいないのだ
その子はその子として愛してあげよう

32

32. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 07:59
  • ID:yymUM.8Z0 #

アメリカで世界初のクローン猫を作った会社があるけど、クローン猫はなぜかオリジナルと毛の模様が違う事例が相次いでクレーム三昧で倒産したで。写真の子もあごの模様違うし色んな意味でやめたほうがいい。猫様は人智の及ばない神秘なのだから

33

33. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 10:24
  • ID:C6YEj.gh0 #

>1年間の試行錯誤を経て
失敗作とか出てそうで怖いな。

34

34. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 10:43
  • ID:6VyBTYiV0 #

>>6
アイランドかな

35

35. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 11:41
  • ID:xp9Av9Tz0 #

※29
輝夜姫は途中からグダグダだ

36

36. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 12:24
  • ID:shuOEEOU0 #

サムネのにゃんこ
模様が現場猫みたい
このままヨシ!と進んだオチやいかに

37

37. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 13:20
  • ID:35nZQrRH0 #

※10
後追っても会えないだろ

38

38. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 14:24
  • ID:VfSv5u3x0 #

そんなお金があるなら、普通に似た子を保護した方がいいのに。
人間もそうだけど、猫も犬も、例え同じ遺伝子だって、育った環境、経験・記憶などが性格に影響すると思う。遺伝子が同じでもまったく違う個体だと思う。

39

39. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 18:59
  • ID:XTIlAGKy0 #

クローンっていわば生まれたタイミングの違う双子の片割れだし

40

40. 匿名処理班

  • 2019年09月15日 21:45
  • ID:VUqW.6d.0 #

garlic chang(*´ω`*)

41

41. 匿名処理班

  • 2019年09月17日 14:53
  • ID:x0q69Bnm0 #

クローニングした時点の飼い主の年齢で
クローンちゃんはじめましてになるから
オリジナルちゃんとは別の猫生になると思うの

42

42. 匿名処理班

  • 2019年09月24日 01:37
  • ID:oLuIlmcx0 #

あんな、命の大切さ、一度きりの猫生だからこそ、精一杯世話したり愛したりできるわけで
とりかえしのついちゃいけない自然の摂理なんだよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク