iStock-810515312_e

 12月に入りクリスマス商戦は真っ盛り。プレゼントの準備をする時期だ。

 子どもたちへプレゼントをくれるのはサンタクロースが定番だが、そればかりが世界の伝統という訳ではない。

 オランダではサンタクロースの起源ともいわれる聖ニコライが、ロシアでは寒波じいさん(ジェド・マロース)が訪ねてきたりもする。

 しかし、サンタをはじめとするこうした存在は、無条件にプレゼントをくれるわけではない。一年間いい子にしていなかった場合には、プレゼントの代わりに石炭や小枝を置いていったりもする。この小枝は、悪さをした罰としてお尻を叩くためのものなのだそうだ。

 そして、アイスランドには「悪い子をひと呑みにしてしまう」存在がいるという。その名も「ユール・キャット」。「ユール」とはクリスマスの時季をさす言葉なので、「クリスマスの猫」という意味になる。
スポンサードリンク

クリスマスプレゼントにはあたたかい服


 アイスランドでは、クリスマスに家族で贈りあうプレゼントは、セーターやマフラー、手袋といった「身体をあたたかく保ってくれるもの」が定番だ。

 北半球の高緯度地帯にあるこの国では、この時季、身体をあたためるものは必需品である、というのも理由のひとつだろう。だがそれだけではない。

 クリスマス・イブに、新しいあたたかい衣服を身につけていないと、ユール・キャットにひと呑みにされてしまうのだ。

cat-eyes_pixabay


19世紀から伝わる伝承


 この伝承は、記録に残っている限りでは、19世紀頃からのものであるらしい。当初は、牧畜農場で労働者を働かせるために用いられたとの説もある。

 すなわち、羊毛の刈り取りと加工の工程にしっかり従事すれば、農場主から新しい衣服がもらえる。怠けていれば衣服はもらえず、ユール・キャットに食べられるというわけだ。

 この話は子どもたちにも教えられ、悪い子はユール・キャットに食べられちゃうよ!ということになったらしい。

 また、アイスランドの伝承にはグリラという巨人の女が登場する。グリラは親のいうことを聞かない子どもを攫い、料理して食べてしまうのだ。ユール・キャットは、グリラの飼い猫なのである。

0_e5
image credit:imgur

ユール・キャットの歌


 では、アイスランドの作家・詩人であるヨハネス・ウル・コルトゥムが描き出したユール・キャットを見ていくことにしよう。

ユール・キャットを知ってるだろう
その猫は滅茶苦茶でかかった
誰も知らない、そいつがどこから来て
それからどこへ行ったのかを

でっかく開いたそいつの目は
ふたつともギラギラ光っていたさ
本当に勇気のあるやつだけが
その瞳を覗くことができたのさ

そいつのヒゲは刺のように鋭く
そいつの背中は高くそびえた
毛むくじゃらの足に生えたツメは
見るだに怖ろしいものだった

やつは尻尾を波打たせると
飛び跳ね、ひっかき、シューッといった
時には山の中の谷間で
時には海岸に沿って

C1qmgol_e
image credit:imgur

飢えた悪い猫はうろつきまわった
ユールの凍える雪の中を
家の中では
そいつの名前を聞いてみな震え上がった

あわれな「ニャー」を聞いた人には
すぐに不幸が起こった
みんな知っていた、やつは人を狩った
ネズミを気にかける代わりに

やつが選んだのはかわいそうな人
新しい服が手に入らなかった人
ユールに――骨折って働き
何も持たずに生きていた

やつは一息に取り上げた
ユールのごちそうを全て
そして自分で食っちまった
それができたときには

wheels_pixabay

それだから女たちは
紡ぎ車の前に座って
色とりどりの糸を紡いだ
コートや靴下をこしらえるため

それはやつに
小さな子どもたちを捕まえさせないため
子どもたちには新しい着物を
大人が毎年与えるのだ

ユールの前夜に光がさして
猫がおぼろに現れても
子どもたちは明るく誇らしげに立っていた
新しい着物に身を包み

新しいエプロンをもらった子
新しい靴をもらった子
足りなかった何かをもらった子
――それで全て

black-cat-2987308_640_e

新しい服をもらった子は
やつには捕まえられなかった
やつはひどい声を上げて
けれどそのまま去っていった

やつがまだいるのかは知らないが
来てみたところで骨折り損だ
次のときにも誰もがみんな
新しい着物を持っているなら

君たちはいま考えているだろう
どこで助けが必要か、って
おそらく子どもの何人かは
何ももらえずにいることだろう

そんな子どもを捜してごらん
光のささない世界に暮らしている子たちを
そうすればいい日になるだろう
そして素晴らしいユールに!


Bjork - Jolakotturinn - Hvit Er Borg Og Bar - Icelandic Christmas Cat - (1987) - [HD]

References: i iz cat / Wikipedia など / written by K.Y.K. / edited by parumo
あわせて読みたい
西洋に伝わるブラック・サンタ伝説。子どもたちを良い子にさせるために生み出された8つの恐ろしい逸話を持つ悪夢のキャラクター


本当に怖い、暗黒のサンタクロース、「クランプス」が描かれたクリスマスカード


クリスマスが楽しいのは良い子だけ。悪い子はクランプスが罰を与えにやってくる。ドイツ伝統の行事「クランプス」


キンキンに冷えてヒゲ凍るサンタ。世界で最も寒い居住区、オイミャコン村の青いサンタクロース「チスハーン」(ロシア)


普通のサンタクロースじゃいやん!という人のためのクトゥルフなクリスマス


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:32
  • ID:F13BzcKE0 #

>「ニャー」を聞いた人には
ニャーのせいで恐さが半減するw

2

2. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:37
  • ID:YYZkAZ8h0 #

可愛い猫ちゃんならぜひ来てください!
とか思ってた自分がバカでした。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:40
  • ID:WdD9XpNB0 #

ウチの猫はユールキャットだったのか‥

時期問わず寝てる俺の胸の上でチャンス伺ってます

4

4. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:43
  • ID:xDmupnDa0 #

悪いごはいニャーが!

5

5. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:44
  • ID:zaauKti.0 #

怖くて悪い猫なのに鳴き声は「ニャー」なんだなw

6

6. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:44
  • ID:6MrJovfE0 #

不浄猫か

7

7. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:51
  • ID:wBBEGNmH0 #

ユール・キャットって初めて知った
字面だけだと寒いときにモフモフしに来てくれる猫を期待してしまうけど
黒いサンタに近いのね

8

8. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 20:51
  • ID:v3mnwpqp0 #

クリスマスに物欲にまみれた連中を成敗するにゃ(=^・^=)

9

9. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 21:05
  • ID:NMSDnljg0 #

ユールキャットは人を喰らい、ユールゴートは人に燃やされる。ですか

10

10. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 21:32
  • ID:cwKBWN1N0 #

>>6
新しい服を貰えないほどの悪い子、生きる力のない家庭の子供を排除するという意味では確かに新世界よりの不浄猫らしくもあるな

11

11. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 21:36
  • ID:DhCRdv6C0 #

なにか温かい唄

12

12.

  • 2018年12月09日 21:45
  • ID:myf.kWlE0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 21:54
  • ID:emDrPP020 #

お国が違えばクリスマスも違う、それぞれの年末の過ごし方があって面白いね。私はクリスマスよりお正月の雰囲気のほうが好き。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 22:02
  • ID:V22ssm0r0 #

詩がカッコいい

15

15. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 22:05
  • ID:0xNS2QL00 #

いい子にはサンタさんが来るけど、悪い子にはナマハゲみたいなサンタが来る国もあったな。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 22:53
  • ID:N2hHFGVa0 #

詩を見てると「何も貰えず寒さとユールキャットに怯えて震える子供達に、暖かい服と気持ちをあげよう!」みたいな慈善の歌っぽく聞こえて面白い。
子供一人丸呑みにする猫ってむちゃくちゃでかいけど。

17

17. 匿名処理班

  • 2018年12月09日 23:10
  • ID:o.DZIL1U0 #

全然違うけど何故か地球ネコを思い出してしまった。デカイから?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 00:05
  • ID:L8zYCd570 #

ユールの日・・・ネコ・・・
もしかして:神話案件

19

19. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 00:30
  • ID:apTLGGtv0 #

クリスマスプレゼントにはあたたかい猫

20

20. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 00:59
  • ID:XhgrlIuQ0 #

某ガチャピンさんも、元来は悪い子を取って食う
怪獣だったね。

21

21. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 01:09
  • ID:yzW5YntG0 #

Yuleってケルト信仰の冬のお祭りだよね
ハロウィンにしてもユールキャットにしてもケルト信仰は怖い系が多いのね

22

22. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 04:32
  • ID:AHvjytfR0 #

※20
某ムックさんも、ザ モップスで良い歌 唄ってた。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 08:27
  • ID:k.n.zRsA0 #

ユールというがゆるキャラではないな

24

24. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 11:36
  • ID:GVkYkC0r0 #

※21
ドイツの『クネヒト・ループレヒト(ブラックサンタ)』もその名残なのかな。

25

25. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 11:54
  • ID:OkwdQiDd0 #

西洋にもナマハゲみたいなのが居るんだね。

26

26. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 12:10
  • ID:Wd8cgx3P0 #

ニャマハゲですね

27

27. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 13:03
  • ID:Hv.d2lq.0 #

ヤゴヤゴヤーゴの子守うた〜

聴けば いつでも眠くなるー

ふわぁ〜と眠りが忍び寄るー

ねんねんヤーゴよ ヤゴねむり〜

28

28. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 13:12
  • ID:s1wENLcz0 #

そんな猫、モフモフして毛布にくるんでちゅーるの刑よ!

29

29. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 15:31
  • ID:bEvfueKp0 #

ニンゲン助かるとネコさんが救われない。
ネコさんが救われると人間が喰われる。
どこまでも救いがない歌や…。

というわけで、ヤバい飼い主からネコさん救う里親募集!

30

30. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 17:04
  • ID:z.xIMJS30 #

ユールキャトは怖いけど、
寒波じいさんも怖そうだな。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年12月10日 18:34
  • ID:sl99f5No0 #

おのれNNNめ、こんな恐ろしい刺客を向けて来るとは・・・。可愛すぎて倒されへんやん。ただただ美味しく頂かれるだけやん。

32

32. 匿名処理班

  • 2018年12月12日 00:26
  • ID:2tNHECNC0 #

大きな、ゆる猫

はい、好物です(*´ω`*)

33

33. 匿名処理班

  • 2018年12月12日 13:32
  • ID:.l5TrHkh0 #

ナマハゲ猫…衝撃…。
妙にツボに入る…。

それにしてもビョークの歌良いですね。
アイスランド人である彼女の民族的ルーツを感じて凄く良い。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク