00_e0

 お尻からほのかな光を放つホタル。日本では5月から6月にかけて孵化するゲンジボタルが親しまれているが、ホタルの種類は意外と多く、世界にはおよそ2,000種が生息していると言われており、日本国内でも約40種いるそうだ。

 街灯のまったくない自然豊かな場所で、ホタルがチロチロと光を放ちながら飛んでいる姿を見るとノスタルジーにも似た甘く切ない気分に浸れる。

 ニューヨーク在住の写真家、ピート・マウニー氏はチボリという静かな田舎町でホタルを撮影し続けている。そこは彼の生まれ育った場所で、改めて今そのすばらしさを実感し、写真を撮り続けているという。
スポンサードリンク

0_e7

1_e7

 ホタルはお尻を発光させることによって、仲間とコミュニケーションをとっていると言われている。仲間の居場所を確認したり、オスとメスが愛し合う時の合図としても使用されているようだ。

 その光り方は種類によっても性別によっても違うという。

2_e7

3_e8

4_e6

5_e4

6_e4

 ピート・マウニー氏の他の素晴らしい風景写真はインスタグラムで見ることができる。

 空を光でペイントする美しいホタルの動画

Enchanting Fireflies Paint the Sky | Short Film Showcase

 私は田舎で育ったので、子ども時代、田んぼで捕ったホタルを虫かごに入れ、部屋にそのホタルを放ち、電気を消してホタルたちが光る様をぼーっと眺めるのが好きだった。
 
 今思うと部屋に放ったホタルたちはその後どうなったのだろう?その辺の記憶がまったくないのだが、美しい思い出として脳内補正されているのかもしれない。

 ホタルの寿命は成虫で約2週間前後だそうだ。にもかかわらず家の中に引きずり込まれ強制労働をさせてしまい、本当に気の毒な事をした。小さい子どもの時とは言え、一応きちんと謝っておこう。ホタルさんたちごめんなさい。

 もう二度としませんから思う存分その生を謳歌してください。またどこかで出会えることを楽しみにしています。

 そういやここ数十年、ホタルみてないなー。
 
 6月はホタル祭りが全国各地で開催されているのでどこかに行ってみよう。
あわせて読みたい
ピンク色の小さなボディーから、強烈な光を放つ昆虫テクニカルパレード「カリフォルニアツチボタル」


美しくそして切ない、夜の湖を青白く照らす夜光虫たちの「生物発光」神秘の世界


ハワイの深海に生息する小粒だけどピリリと光る限りなく透明に近い発光生物たち


なんと!体がキラっと怪しく光る、「発光ゴキブリ」が発見される(南アメリカ)


ホタルの光より確実。暗闇でも文字が識別できるくらい明るい新種の発光ヤスデ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年05月16日 23:07
  • ID:Sct5kEwM0 #

近所にも蛍の研究所あったけど、産廃屋が土地を買い占め
すべてのホタルを血祭りにして蛍の里を絶滅に追い込んだ
それに比べたら管理人さんのやったことなんておちゃめな
いたずらにしか感じないよ

2

2. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 02:55
  • ID:Ptb4emFH0 #

アメリカってホタルがうようよいる。驚いた。
でもアメリカ人てホタルに風情感じないんだよ。ハエとかと同じ扱い。
日本じゃなかなか見られないってのに。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 05:54
  • ID:tDPYf6N40 #

小さい頃は近所の神社の境内に数匹ホタルいたもんだけど今は全くいないなぁ
んにしても、こんな光景生で見たら人生の価値観変わりそうや

4

4. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 06:57
  • ID:Q6rADtHC0 #

引越しした先はそんな見ないけど
以前の賃貸の周囲は多かった
家の中にまで隙あらばと入ってくるんだよね、これ

5

5. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 07:02
  • ID:L16oVH470 #

こんなに虫がいたら何か嫌だな

6

6. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 08:02
  • ID:TVzQ7AMp0 #

日本の蛍はトンボみたいに幼生が川に住むけど、アメリカの蛍は芝生があればどこにでもいるイメージ

7

7. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 10:37
  • ID:MJxXaFd.0 #

綺麗は綺麗だけど真っ暗闇で見たい
絶対に本体のほうは見えない明るさで光だけを見たい

8

8. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 11:45
  • ID:N.QPYt2l0 #

※6むしろアメリカは芝を敷かれた敷地内に川があるイメージ。ここ20年くらいでホタルの光がロマンチックだと描写するアメリカ小説が増えた気もする。もとからアメリカの人もホタルはロマンチックと思ってたけどみんなの賛同が得られなかったのか、アジア圏からホタルの良いイメージが輸入されたのか。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 12:05
  • ID:N9Ppy5sN0 #

ホタルの光は幻想的で見ていると不思議な気持ちになるなあ
オスの光は同期するのでハザード点けたままクルマ止めてるとウインカーに同期したりするらしい

10

10. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 12:44
  • ID:A5Rf.82p0 #

※2
もうすぐ梅雨でホタルの季節ですね。

日本は田んぼに農薬撒いて、カワニナがいなくなったためにホタルもいなくなったとのこと。清流にいるイメージだけど、年寄連中に聞くと、結構汚い川でもいたから、上流に田んぼがないところに生き残ったんじゃないかと。

昔米国に住んでいた時にチリリ〜って虫が鳴いていたけど、 bug の noise がうるさいわねと言っていたから、そういう感覚なのだと思います。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 20:04
  • ID:f5lycAS30 #

※2
イカに蛍でも写真通りの量だと風情云々言ってられないかもなw
日本のは程好いチラホラで良かったわ

12

12. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 21:57
  • ID:O.J.V6H40 #

生まれてこのかた本物の蛍一回も見たことないの;;

13

13. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 22:29
  • ID:XbEFu5Jy0 #

※12
蛍の里で観光地になっている所が全国にあるよ
ただし結構な田舎が多いので交通のアクセスは大変かも
本物の蛍の光はとても幻想的で美しいので是非見てほしいな

14

14. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 22:31
  • ID:DRg771Zz0 #

デジカメでホタル撮るの難しいのに!
コイツはすごい!

15

15. 匿名処理班

  • 2018年05月17日 22:45
  • ID:pjduB5sc0 #

「蛍、なんですぐ死んでしまうん?」
一晩放置するとすぐ死んでしまうのよね。
捕まえないのが一番いい。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年05月18日 02:23
  • ID:dhpyHAgL0 #

父の田舎、京都丹波の戦後まで地図には載らなかった土地で、小さいころ沢山のホタルを見た。
茅葺の家は高台にあって、下は田んぼ一面。ド田舎なので電気の明かりがほとんどなく、蛍の光が水を張った田んぼに反射してめっちゃキレイだったな。
蛍捕まえようとしたら、じぃじに「蛍はすぐ死ぬさかい、捕まえたらあかん。ぱっと光ってぱっと散るんや。」と言われたな。

17

17. 匿名処理班

  • 2018年05月18日 12:42
  • ID:fFs.A3N80 #

※12
私もなんですよ。
いい大人なんですが・・・。

話かわって、これを見てディズニーの
「プリンセスと魔法のキス」に出てくるシーンを
思いだした人って他にもいるかなあ。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年05月21日 22:24
  • ID:OqiL39ma0 #

満天の星空にホタルの光とかなんてロマンチック・・・
自分が住んでる町にもホタル見られる名所あるけど
一度も行ったことがない
機会があったら行ってみたいな

19

19. 匿名処理班

  • 2018年05月22日 12:47
  • ID:vGGoQ76k0 #

家から徒歩1分でホタル見れる件

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク