00_e

 マルコス・ロドリゲス・パントーヤは7歳の時から12年間、スペイン、コルドバの山間部で狼とともに生きてきた。

 19歳の時、治安警察隊に発見され文明社会に帰還することになった。しかし現在72歳になった彼は人間との暮らしにそれほど馴染めなかったようだ。

 彼が今までの人生で一番幸福だったのは、オオカミたちと暮らした時期で、現在の人間としての暮らしに失望しているという。
スポンサードリンク


El reencuentro de un hombre con sus hermanos, los lobos de la Sierra Morena

親に捨てられ、共に暮らした羊飼いの老人に先立たれ独りぼっちに


 1946年、コルドバ、アニョーラで生まれたパントーヤは3歳の時に母親を亡くし、それから間もなくして父親が別の女性と結婚した時に捨てられた。

 まだ子どもだった彼は山に連れて行かれ、年老いた羊飼いに身売りされる。パントーヤは羊飼いの後を継ぎ、300頭の羊の面倒を見るようになった。

 老人から火の起こし方や道具の使い方を学びながら暮らすが、彼がまだ8歳にも満たない1954年、羊飼いは亡くなり、独り取り残されることになった。

2_e7


その後狼たちと暮らすように


 パントーヤが野生の狼と暮らすようになった経緯ははっきりしない。しかし12年後に治安警察隊が彼を発見した時、パントーヤは人語の代わりに動物のような唸り声を発するようになっていた。

 彼は文明に連れ戻されるが、人間との暮らしに馴染むことはなかった。ある時などは、狼たちの許に帰ろうとさえした。しかし以前とは変わってしまい、狼たちに兄弟として受け入れられることはなかった。

 「すぐそこにいるのは分かる。息遣いも聞こえる。それで鳥肌が立つ…でも姿は見せちゃくれない」と最近パントーヤはエルパイース紙で語っている。

 「狼がいて、呼びかけるとちゃんと返してくれるんだ。でも近寄ってはこなかった。私から人間の臭いがして、コロンもつけていたせいだな」

8_e1


一番幸せな記憶は狼たちと暮らしたこと


 パントーヤは彼の最後の幸せな記憶は狼たちとの暮らしでのことだったと話す。そこにいたメス狼は彼の人生で初めて母親としての愛情を示してくれた。また子狼たちも彼を兄弟として受け入れてくれた。

 彼に自然の中で生きる方法を教え、食べられる木の実やキノコあるいは毒入りのものを示してくれた。彼はコウモリや蛇が潜む洞窟の中で眠り、大地を裸足のまま全力で駆け回った頃を覚えている。

6_e4

 「走れないのは雪で痛くなってしまう時だけだ。足には大きなタコができて、岩を蹴るのなんてボールを蹴るようなものだった」


人間としての暮らしに失望


 そんな幸せな時間は53年前に終わり、それからは失意の人生となった。彼は人間に騙されたり虐待されたりしたこと、介護や建設の仕事で上司に利用されたことを語る。サッカーや政治について詳しくないことを人から馬鹿にされることもあるという。

 今、パントーヤはガリシア州オウレンセのランテという村で暮らしている。年金では暖房を買うことができず、今年の冬は特に難儀したという。幸いにも「アミーガス・ダス・アルボレス」という団体が寄付を募り、次の冬に向けた暖房器具を購入してくれた。

7_e3

 人との暮らしに失望を禁じ得ない彼であるが、少なくとも隣人の何人かは仲間として受け入れてくれたことが嬉しいと語る。

 また子供たちとおしゃべりしながら、動物の素晴らしさや環境を守ることの大切さを話すことが好きだという。

 アミーガス・ダス・アルボレスは時折彼を学校に招き、生徒たちに話をしてもらっている。パントーヤが一番落ち着ける人間は子供なのだ。

5_e6


 パントーヤは動物に育てられた人間というほとんど前例のない稀有な事例である。これまで人類学や本の題材として度々研究対象とされてきた。


"Los animales eran mi familia, mis amigos, todo" BBC MUNDO

References:elpais/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
オオカミ少年、犬少女。人間社会から隔離された環境で育った世界10人の野生児たち


動物と同じ環境で育った13人の子供たちのリアルな物語とそれをイメージした写真「野生児たち(Feral Children)」


オオカミは人類の最良の友となりえる。タイリクオオカミに関する22の興味深い事実


より強い人間になるためにオオカミから学べる12の特性


悲しいから鳴く?オオカミの遠吠えの意味

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 20:38
  • ID:kxMpy08G0 #

幸せは人それぞれですね

2

2. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 20:38
  • ID:45gBsHyK0 #

狼の愛情深い行動が彼にとって人生の華だったんだろうな
人間の世界は欲にまみれ、人を騙すこと、利用する事に汲々としているから

3

3. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 20:46
  • ID:O0qK2ziS0 #

動物に育てられた人間ってほとんどが早死になのにこの人随分長生きしてんだな〜

4

4. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 20:51
  • ID:uyDIPxsE0 #

暖房なきゃ厳しいなら狼のもとに帰るのは厳しそうやな

5

5. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:06
  • ID:JPCVZ8cj0 #

長生きしてちょ

6

6. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:07
  • ID:aMRHtb690 #

数奇な人生ですね・・・。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:09
  • ID:x79GF4Cc0 #

人間社会に馴染めないと言いつつコロンはつけるんだな

8

8. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:13
  • ID:WI6U0Jec0 #

これがもののけ姫か・・・

9

9. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:17
  • ID:lL2ZhBaT0 #

狼少年ケンも爺様になったものだな

10

10. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:21
  • ID:6gNyocM00 #

動物に育てられた後に人間界に戻った人で
ここまで高齢まで生きた人を初めて知った。
生まれてすぐじゃ無かったからかな。
穏やかにくらしてほしいなぁ。

11

11.

  • 2018年04月09日 21:37
  • ID:.Te1OYZ40 #
12

12. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 21:40
  • ID:q9lGDS840 #

後妻が来たからって子供を売るって…
怖ろしい感覚だな

13

13.

  • 2018年04月09日 21:41
  • ID:.Te1OYZ40 #
14

14. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:01
  • ID:mnBRwp370 #

納得してしまう自分がいる

15

15. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:04
  • ID:cYPKLeyh0 #

カラパイア好みって感じ。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:06
  • ID:lTP0Wr9n0 #

こういうの見るたびに思うんだけど、人間の中に戻っていくことの難しさってあると思うし、人間社会に来たことで貧乏で生活に不便さが出てしまうなら
そのまま狼と暮らさせてやればよかったじゃん?
なんでこういう偽善するんだろ

17

17. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:09
  • ID:bs1NHn8q0 #

人との暮らしに失望を禁じ得ないのに
なぜ山に帰らない?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:23
  • ID:rRSA2w180 #

スペインの経済状態と社会福祉の劣悪ぶりが想像できる話でもあった。経済面から見ず知らずの老人と若者がシェアハウスしているのがよくあるそうだね。

19

19. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:29
  • ID:7ZT.uMY50 #

※3
そういった話は本当に幼児期から育てられたケースばかり耳にするから、免疫系の問題が生じるんだと思う
この人は7歳まで人間の元で暮らした

20

20. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:37
  • ID:YzUfLn.80 #

肉食動物の狼が食べられる木の実やキノコの種類を知ってるもんなんだろうか‥?

21

21. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:37
  • ID:EyFuncNm0 #

※16
「その時はそれが最善と思ったから」ってことじゃないかな。…って、今朝、迷子になりそうなおばあさんにおせっかい焼いたから、半ば自己弁護で言ってみる。

22

22. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:41
  • ID:t3kwBHQO0 #

狼は、嘘つかないからな

23

23. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:46
  • ID:ua2muF.g0 #

何度も戻ろうとしたがもう狼達は受け入れてくれなかった、かぁ…
ショックだっただろうなぁと思うよ
家族を失ったようなもんだし。

一生懸命人間社会に慣れようとしたのに
悲しいなぁ

24

24. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 22:59
  • ID:h9kR5j.g0 #

物心もつかないうちに人間社会と離れ動物に育てられた子供達の例と違って、この人はある程度育ってから狼と暮らし若いうちに「保護」されたからね。幼い頃の人間社会での記憶と狼との生活の記憶、言語で思考できる限りついて回る自分が人間という自覚、冷たい世間に傷付きつつ優しい人との出会いはやはり嬉しい、などと(推測するしかないけど)葛藤と逡巡の53年間だと思うよ。

25

25. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:09
  • ID:3XHQuU1V0 #

※17
戻ろうとしたけどもう受け入れてもらえなかったって書いてあるじゃん
冬の寒さは暖め合う仲間がいないと無理だと思うし

26

26. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:14
  • ID:RylWjiDA0 #

家族の絆を教えてくれたのが狼だけで、
人間社会では悪意しか見出だせなかったのも悲しい話ですなあ。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:19
  • ID:OGqahlVC0 #

この人にとっては、狼と生きていく人生が幸せだったのかもしれんなぁ。
それもまたよろし。

28

28. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:20
  • ID:XnuOZL.50 #

7歳までに二足歩行・言語(思考)・火起こし等、ヒト特有の性質が身についたのが長生きにつながったのかな
小学校低学年で海外に引っ越した くらいの言語レベルだけど、別の言語で上書きされないから残るのか、唸り声で上書きされていくのか、どんな感じなんだろうなぁ

29

29. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:36
  • ID:M5Ssa2RX0 #

アマラとカマラは捏造だったってホント❓
知的障害のある子供を「狼に育てられた」って
言って見世物にしただけだったとか…

30

30. 匿名処理班

  • 2018年04月09日 23:47
  • ID:zbES3UfL0 #

オオカミの言葉。訳せるのかな

31

31. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 00:54
  • ID:2hyO9.2M0 #

そりゃあ一番多感な時期をほぼ山で野生的な生活してたら
いまさら文明社会に交わるとか相当難しいんじゃないか

こちらが二十歳前のときいきなり山で暮らせって言われも無理なのと一緒で

32

32. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 01:09
  • ID:lBPNHNAw0 #

わかるわー
俺も、会社の飲み会や、付き合いは一切断って、さっさと帰って犬と遊ぶ。
寝るときも犬と一緒。
ゴルフ行くよりも、犬とキャンプする。

33

33. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 01:55
  • ID:eWmHjckV0 #

 彼の言葉が事実なら、狼(犬猫も?)は生きる術を、自らの経験だけでなく、知識を共有する事で伝承しているんですね。
 こんなに狼が賢いとは思いませんでしたし、動物は私が考えていたより、遥かに知能が高いのかも知れませんね。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 04:04
  • ID:npTlvQ3o0 #

この写真の狼はなんなんだ?
出てきてはくれないんじゃなかったのか?

でもすごいのは認める、草食動物も肉食べるんだから、肉食動物がきのこや木の実を食べるのもありだよな。

35

35. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 04:27
  • ID:vLjy63m80 #

結局、人間世界で生きるのも、その世界で生きている人間が当たり前と思ってるだけだもんな。強制はやっぱいかん

36

36. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 07:11
  • ID:JJQXOU9I0 #

ブラックジャックにありそうな話だ

37

37. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 08:15
  • ID:rfsUowcM0 #

救う()だけ救ってあとはポイってか

38

38. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 08:32
  • ID:DuOrxH6.0 #

7歳まで人間として育ったなら人間社会にすんなり復帰できそうな気がするんだが

39

39. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 08:41
  • ID:4.fZ7YfI0 #

動物には言語がない分、ダイレクトな感情表現が出来るんだろうなあ。子供も同じように、感情のいきもの。野生の中で感情で生きる、そういう生き方が本当は人間にとっても幸せなんだと思う。管理される社会は窮屈だよね。

40

40. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 08:47
  • ID:X4SvpIb40 #

人間の社会は、生きるってこと以外の装飾が多すぎるんだよ。

生きる、家族と仲間を愛する、大好きな人を見出して新たな家族を作る。
これだけシンプルで大事なこと以外はほぼ必要ないってこった。

41

41. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 09:43
  • ID:TjDwe1UA0 #

>>20
オオカミは雑食だから毒さえなければ木の実だろうがキノコだろうが何でも食べる

42

42. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 10:26
  • ID:TUsnqqvb0 #

ヒトの何倍も嗅覚に優れる生き物の前にコロンつけて出ていったらあかんがなw

43

43.

  • 2018年04月10日 10:45
  • ID:4wcttfIR0 #
44

44. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 11:14
  • ID:lzclGkdx0 #

※38
生物としての本能と社会性や文化を人間自身が正しく認識できてないと思うことはあるね。
このお爺さんが感じた失望感はそこかもしれない。

45

45. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 12:20
  • ID:x6iVB5Hy0 #

何か現在、普通に暮らしてそうな感じがするけどな
もっと悲惨な生活と思ったわ
スペインだから良く見えるのか?

46

46. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 12:30
  • ID:4DKYTsRS0 #

動物のメスがたまに発揮する、「なんか可愛いから世話するわ」っていういい加減さがこういう事態に繋がるのかなと思ったわ。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 12:41
  • ID:0.wwRNsB0 #

でもあのまま狼たちといたらこの年までは生きられなかったろうね
人間は狼よりフィジカルで劣る上に年を取ると体力も免疫力も落ちるし
どっちが彼にとって幸せだったのかはわからないけど

狼たちにとって彼はお荷物だったかもしれないし、人間は人間と暮らした方が良いって思ったのかもしれない
怪我をしたり親のいない野生動物を保護してまた野生に返す人間とこの狼たちがやった事は同じだよね

48

48. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 12:51
  • ID:ie9cYC3e0 #

この人に限らず、子供の頃が一番幸せだったという人は多いだろう。
その頃に特殊な経験をしただけで決して特異なことではないと思うが。

49

49. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 13:14
  • ID:UE9HmFfg0 #

※4
狼団子を作ればよろし。

50

50. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 13:57
  • ID:iqhqhBLl0 #

何故コロンをつけてるのか?と疑問の人居るけど、ちゃーーーんと読んでる?
虐待とは肉体的精神的なもの。これらには嫌がらせも含まれる。政治やサッカー()を知らない事を馬鹿にする人間や悪意を持って近づく人間がダイレクトにかつ手軽にこの人を傷付ける方法の一つに「ニオイに関する陰口や暴言」。
まーこの米欄にもいるんだろうけど、臭い人も訳あって臭かったりするのに自分のご機嫌優先で臭いだのとすれ違いざまに吐き捨てたり群れてイキがってるもんだからワザと臭いと騒いだりする人間もいるでしょうねぇ。

この人の場合は事情が知られている職場や環境なんかじゃ「獣臭い」だの「生臭い」だの臭ってもないのに陰口叩かれたりされたんだろうね。
想像に難くないけど疑問に思ってる人は日頃の無意識な行いを見直してみては?

51

51. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 14:14
  • ID:M31tweoJ0 #

8〜20才を狼と共に過ごした、っていう事例もレアケースだわな
赤子の時に狼に育てらて……って事例は聞くけど、8才で狼に受け入れられて生活した、ってのが奇跡的と言うか……

52

52. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 14:41
  • ID:KN5eb78S0 #

沢で水を飲み生肉を食べていたってことかな?本当だとしたら寄生虫に感染している可能性が特大だよね?全部虫下しやなんかで治ったの?すごい気になる.........

53

53. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 17:41
  • ID:fZhWJNW10 #

※49
大自然で生きてきたなら、その辺は多少なりとも免疫がつくんじゃないのか?

54

54.

  • 2018年04月10日 19:30
  • ID:MSya6w820 #
55

55. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 19:51
  • ID:wrb9nbhk0 #

幸せってなんなんやろな

56

56. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 20:40
  • ID:s.TTT01Q0 #

※22
嘘つきの代名詞のひとつが「狼少年」というのは何の皮肉なのか

57

57. 匿名処理班

  • 2018年04月10日 22:27
  • ID:ZhtVBlBF0 #

切ないなあ。もう元には戻れない、というのが胸にグッとくる。ずっと心のどこかに孤独を抱えながら過ごされてきたんだろうか。

58

58. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 00:27
  • ID:SnsOSiHc0 #

野生に生きる者として言わせてもらうとコロンはだめだ。
他の臭いの強い香水に関わらず、自然界に存在しない臭いをつけている相手には警戒する。
たとえそれが見知った相手や家族であってもだ。
臭いを落としてからもう一度会いに行くといい。
できれば、家や街に帰らずひと月ほど、山や森で過ごしてそれから会いに行くのがいい。
そうすれば警戒心を最大限和らげることができる。
さらに言うと一度家族になったものの臭いを狼が忘れることは無い。
世代交代していればわからないかもしれないが。

59

59. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 02:17
  • ID:cFeKfULD0 #

コロンとか関係ないよ。多分。
大人になると仲間に入れてもらえない。
しかも見た目がヒトだし。

60

60. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 03:33
  • ID:x5JJYQ4P0 #

もう人間社会でやってけると思ったから突き放してくれてんだよ。

61

61. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 11:15
  • ID:QVjsKTla0 #

ロムルス

62

62. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 12:54
  • ID:fOdmkQxG0 #

※38
学生時代のほぼ全期間をオオカミ語でオオカミとしての教育を受けてるんだから
母国語忘れた帰国子女よりもハードモードだと思う

63

63. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 15:30
  • ID:ruycUHt70 #

人間としての暮らしに失望してるらしいけど、もうコロンのくだりが人間生活をそれなりに謳歌してるように感じてしまう…。

コロン付けてる理由を語ってる人いるけど、全くの想像じゃないのか…その可能性がないとは決して言わないけど想像力を羽ばたかせてるだけじゃね?
「翻訳前の原文や動画の方でパントーヤさん自身がそう語ってる」みたいな注釈もないし。

64

64. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 17:11
  • ID:wRLTEzsQ0 #

人間とか狼とか関係なく、この人に必要なのは愛情では?
狼からは愛情が与えられたから幸せに感じた。
人間の誰かが寄り添ってくれれば、また違ってくると思う

65

65. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 19:12
  • ID:4qHjkyUp0 #

人間の世界が必ずしも最上位ではないことを、この人は教えてくれる
動物が下位でもない
全ての人がユートピアに感じる世界は、無いんだよね

66

66. 匿名処理班

  • 2018年04月11日 19:16
  • ID:4qHjkyUp0 #

※3
医学分野では、先天性の知的障害から早死にしたみたいな論調になってる
知的障害だから捨てられた、だから動物に育てられた
因果関係が逆よ

67

67. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 00:31
  • ID:a3.b2waQ0 #

※56
それは目立ちたいが為に、狼が来たと騒いだ(嘘をついた)少年の話だ。
狼が嘘をついたわけじゃないぞ。

68

68. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 03:50
  • ID:18YgaF5b0 #

そういや1980年代にオオカミに育てられた人間の子供というのが一時話題になった記憶がある。この人はそれの続報なのかな?
また、猫に限らずあらゆる哺乳類は人間と通じることができるんだな。種が違うだけで分かり合うことも可能ということだな。

69

69. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 15:58
  • ID:685r8UeL0 #

※63
生活に困窮してるのにオシャレでコロンつけてるとは思えないがね。少しは自分の身になって考えてみよう。それが想像力ってもんだろ。

70

70. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 16:07
  • ID:iDqhHtB40 #

おやおやっ?
写真の中で腕にドイツ国旗のワッペンが付いている人物はまったく別人ですよ。
懐かしの(?)ヴェルナー・フロイント氏です。 

最近はあまり活躍を聞かないけれど、少なくとも90年代にはけっこう知られたオオカミ飼育・研究者でした。(ちなみに元ドイツ連邦(西独)国防軍落下傘部隊隊員だそうです。)

フロイントさんの主著 DER WOLFSMENSCH (邦訳のタイトルは『オオカミと生きる』)

71

71. 匿名処理班

  • 2018年04月12日 17:38
  • ID:NAbedWLY0 #

内容とは少しずれますが、共感した部分があります。
それはこの人が落ち着けるのは、子供たちと一緒にいるとき。。。みたいなことが書かれてましたが、その部分にいたく共感しました。
自分は成人してから、大分たって初めて海外に住むようになりました。家族の仕事の関係です。
大人になってからの初の海外生活。。気が休まることが少ないです。自信もなくなります。
そんななか、3ー6さいくらいの子供たちは、言葉も私と同じくらいしかしゃべれないし、人種が違っても気にせず、気軽に話しかけて来るんです。
何か、不器用な感じも、言葉が幼い点も、親近感を感じるので、一緒にいて緊張しにくいのは、子供たちだけです。あと、犬とか。。 なので、このおじさんに、一部共感した次第です。


72

72. 匿名処理班

  • 2018年04月13日 10:05
  • ID:cCKyDYJl0 #

こんな特殊な経験が有ってもお金に困るのか

73

73. 匿名処理班

  • 2018年04月13日 12:24
  • ID:.eZuTscY0 #

人間に育てられた人間、人間としての生活に失望している

74

74. 匿名処理班

  • 2018年04月14日 04:18
  • ID:W6MVQv4Q0 #

※7
普通に人間に飼いならされたペットもシャンプーや洗剤程度の人工香料でいやな顔したりするよ

75

75. 匿名処理班

  • 2018年04月14日 14:42
  • ID:QAAOhig30 #

人間の数万倍鼻がいいんだから、野生動物にコロンは辛いだろうな。
つけ過ぎのおっさんおばさんなんか、同じ人間でも頭痛さえ覚えるし。

76

76. 匿名処理班

  • 2018年04月14日 22:37
  • ID:uIDats.h0 #

愛情って大事。誰に貰ったか、どんなふうに愛されていたか。

77

77.

  • 2018年04月15日 23:31
  • ID:UEXKLJVl0 #
78

78.

  • 2018年04月17日 16:48
  • ID:UsaqUsr80 #
79

79. 匿名処理班

  • 2018年04月18日 15:44
  • ID:zcmDET0w0 #

※48
十分特異。普通なら餌になっているでしょう。

80

80. 匿名処理班

  • 2018年04月18日 15:49
  • ID:xJc2EYTz0 #

※63
コロンに反応しているけれど、体臭が比較的強い民族は、当たり前のようにコロンはつける。安いものをじゃぶじゃぶと。
この人も、人間社会に溶け込むためにそうしているだけでしょう。それがいつしか習慣になっただけ。

81

81. 匿名処理班

  • 2018年04月18日 15:52
  • ID:xJc2EYTz0 #

良かれと思ってオオカミの集団から引き離した。確かにそうだろう。
でも、自分で式を決めるための安楽死(幇助も含む)にしろ、こういう例にしろ、そろそろその「良かれと思って」を考え直す時期だと思う(遅すぎるけれど)。

82

82. 匿名処理班

  • 2018年04月19日 22:07
  • ID:16KvewVI0 #

※50
つーか、ラテン系の人は体臭強いからコロンはエチケット扱いだよ
我々が毎日風呂に入ったり歯を磨くようなもんだよ

83

83. 匿名処理班

  • 2018年04月22日 06:14
  • ID:18GWntck0 #

7才まで羊飼いに育てられたってことは、火を起こすなどある程度サバイバルスキルがあったんじゃないかな?
オオカミ達的には「手がかかる代わりに唯一無二の技能を持つ存在」として受け入れられ、必要とされていたのかも。

84

84. 匿名処理班

  • 2018年04月22日 17:14
  • ID:gn1kURnH0 #

知性と悪性は表裏一体だな
本能に忠実な動物のほうが愛を知ってる

85

85. 匿名処理班

  • 2018年04月22日 17:21
  • ID:Fgo.Dtxy0 #

動物は会話の中で嘘ついたりしないもんな
敵を欺いたり馬鹿にすることは度々あるが

86

86. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 20:43
  • ID:OsDXQdPg0 #

※8
いや、もののけ彦だろう・・・

87

87. 匿名処理班

  • 2018年10月08日 02:12
  • ID:6nMZpSsT0 #

あらら、狼と戯れている男の写真は別人でしたのね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク