top

 建物が完成するまでの様子など、時間が経つにつれものが出来上がっていく映像はいつみてもワクワクするものだが、アメリカのワシントン州にて長期にわたって記録した都市のタイムラプス映像が話題になっている。

 その映像はシアトル市の中心にある高さ184mの塔に設置した360度のパノラマカメラで、都市全体を10分ごとに撮影、2015年1月から2017年12月までの画像をつないだものだ。

 わずか3年でも高速道路ができ、開発が進んでいくシアトル。その合間に大きなビルがどんどん建っていく様子はタケノコがあちこちにニョキニョキ生えるみたいで面白いぞ。
スポンサードリンク

Seattle 3 Year Time-lapse Video from the Space Needle

3年にわたる都市の変遷


 これはシアトル市のスペースニードルという塔に設置した高解像度のウエブカメラの画像をつないだもので、2015年の1月からおよそ3年にわたる都市の変遷が手に取るようにわかるようになっている。

1
image credit:youtube

2
image credit:youtube

 ただ見るだけでも楽しいので、シアトル在住の人にとってはかなり見ごたえのある映像だろう。

3
image credit:youtube

4
image credit:youtube

 撮影とタイムラプス編集を行ったリカルド・マーティン・ブラッラによると、後半の約2年間は1日に2つのフルパノラマカメラを使用したそうだ。

静止画だとわかりにくいが、いつの間にか高いビルが生えてたりする
1111
image credit:youtube

1112
image credit:youtube

 編集では、風の影響などによりブレがあった画像を見やすく並べ、天候や照明による変化を除去し、つないだ映像を滑らかにする作業を行ったそうだ。

特に開発が顕著だった場所のGIF画像
Timelapse777
image credit:youtube

 なお、こうした記録は今のところあと50年は続ける予定で、シアトルのさらなる成長が記録されるという。
 
 日本でも高所につけた定点カメラの映像がニュースで流れたりするけど、その静止画でタイムラプスにしたのとか見てみたくなっちゃうな。

References:boingboing / sploidなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
建物の爆破解体作業を総まとめ!崩落ちる建物の様子を1本にまとめた動画総集編


君は見たことがあるか?カニが洗浄され剥き身にされる現場を。てことでカニ加工工場見学だよ〜ん


畏怖と畏敬が交差する。オーストラリアで発生した嵐雲とそれを照らし出す雷のタイムラプス映像


たったひとりでコツコツと。丸太小屋ができるまでのタイムラプス映像


世の中はこんなにも変化していた。世界がどれだけ変わったのかが分かる世界的イベントの比較写真


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 16:37
  • ID:MCjd6eIF0 #

当たり前な話なんだけど土台を作ってから外観を建築してるんだね。動画から教訓的な何かを感じたよ。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 17:21
  • ID:W3Cyyt6z0 #

こういうの大好き

3

3. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 18:17
  • ID:X8HlS9uT0 #

第3新東京市の様に地下からビルがせり上がってくる動画かと思った
さすがにそりゃ無いか

4

4. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 18:25
  • ID:zP0k.8vS0 #

「ウチも負けてられへんでえ〜」という叫びが聞こえてきそう

5

5. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 18:48
  • ID:wZnGR9RC0 #

ワイの村 3年ぐらいではまるで変わらない説

6

6. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 19:12
  • ID:ouRW4Ew30 #

シムシティやCities: Skylinesで見た光景だ……

7

7. 匿名処理班

  • 2018年03月18日 23:54
  • ID:sRmD1MVD0 #

※5
ウチの町は人口減少してるのに何故かマンションが次々建つ不思議

8

8. 匿名処理班

  • 2018年03月19日 14:11
  • ID:69qGJq7T0 #

Cities: Skylinesまたやりたくなってきた

9

9. 匿名処理班

  • 2018年03月19日 15:13
  • ID:k8mZnkIv0 #

シアトル在住
今でも道路工事+ドンネル工事が続いているので街並みはどんどん変わっていっている
中心街は昔のままだけど、周辺都市の変貌ぶりが初めてこちらに来た80年初頭と比べると
まったく変わってしまった。
あの当時は交通渋滞もなかったし、アマゾンもマイクロソフトもなかったから人口も大した町じゃなかった。ボーイングがあって、水産、木材目当ての日本の会社の支社がたくさん存在していたけど、今は支社レベルはほぼ壊滅。駐在員数名というところばかりになった。日本の商社も変わったわ

10

10. 匿名処理班

  • 2018年03月19日 15:27
  • ID:5z9ZtD8A0 #

何だこの既視感は??

SimCityでしたw

11

11. 匿名処理班

  • 2018年03月19日 17:52
  • ID:m.fbLkY50 #

車とか人は画像処理して消してるのかな?

12

12. 匿名処理班

  • 2018年03月19日 22:26
  • ID:sL1H30dE0 #

※11
1枚の画像を撮る際に、NDという通す光の量を減らすフィルタの
物凄く濃い/暗い奴を使います。(ND400とかND1000とか。
カメラのレンズに濃いサングラスを着ける様な感じだと思って下さい)
通る光の量が少ないのでシャッター速度が物凄く遅くなります。
露光時間が物凄く長くなる、という言い方も出来ます。
そうすると、その長い露光時間の中では動いている物体は
その姿を画像に残すだけの十分な光を発しない事になります。
(実際は光を発してる訳では無く反射してるだけですが、
画面の中を動いて通過する様な物は時間的にわずかな
反射しかカメラに届かせないので、濃いNDフィルタを殆ど通過しません)
結果として、動いてない物すなわち建物等だけが写真に写ります。
画像処理を使わなくとも、例えば東京都心とかで
真っ昼間なのに無人の光景とかを簡単に撮れるんですよ。
この動画はそうやって撮った画像を繋いで
動画にしてるのだと思います。
(前述の様に、画像処理より簡単なので)

13

13. 匿名処理班

  • 2018年03月20日 21:14
  • ID:paaCu.8O0 #

なんか絵を描く様子にも似てるな
骨組みができて外面が整って、最後に色が付く

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク