poster2_e

 アメリカ・テキサス大学オースチン校の人文科学図書館・博物館、ハリーランサムセンターがあるプロジェクトを進めているようだ。

 所蔵する1920年代から1970年代にかけての映画ポスターコレクション1万点以上をデジタル化しよう!という映画ファンにとっては超気になる内容である。

 これまでのところ4000枚のポスターがデジタル化されており、さらにそのうちの500枚はサイトから無料ダウンロードが可能となっている。

 残りのポスターも今年末から2019年初めまでにデジタル化される予定だそうで、そんなのすごくボリューミーじゃないか。
スポンサードリンク

レトロな映画ポスターをデジタル化計画


 このプロジェクトは司書のローレン・ウォーカーさんと写真家のピート・スミスさん、そしてジャッキー・マンさんが昨年より取り組んでいるもの。

 ハリーランサムセンターが所蔵するコレクション全体を簡単に検索できるようにすることで、それらをもとにした研究の機会を増やそうという試みだ。

poster13_e

多種多様なデザインがズラリと勢揃い!


 それではどんな映画ポスターがあるのかそのほんの一部を見てみよう。

1. 野獣狩り カウボーイ・スタイル(原題:Cowboy in Africa / 1967年) ※アメリカでのタイトルは「Africa-Texas Style!」
poster3_e

2. 荒野の七人・真昼の決闘(原題:The Magnificent Seven Ride! / 1972年)
poster4_e

3. The Black Six(1974年)
poster5_e

4. Terror at Midnight(1956年)
poster6_e

5. Black Angels(1970年)
poster7_e

6. The Festival Girls(1961年)
poster8_e

7. ウエスト・サイド物語(原題:West Side Story / 1961年)
poster9_e

8. スパルタ総攻撃(原題:The 300 Spartans / 1962年)
poster10_e

9. The She Beast(1965年)、The Embalmer(1965年)の二本立て
poster11_e

10. 蜘蛛の巣(原題:The Cobweb / 1955年)
poster12_e


 「ウエスト・サイド物語」みたいなシンプルデザインから「野獣狩り カウボーイ・スタイル」みたいな野生動物リアル系デザインまで、ひと口に映画ポスターといってもホントにいろいろだね。

 そのうちお気に入りの映画ポスターが追加されるかもだし映画好きのお友だちは今後も要チェックなのだ。

 ダウンロードはこちらから!
poster1_e


via:Ransom center magazine / HRCなど / translated by usagi / edited by parumo
あわせて読みたい
過去10年で最高にクールな映画ポスター20選(アメリカ人ブロガー選出)


ボイジャー打ち上げ40周年記念で、NASAがダウンロードフリーのポスターを公開


これは新鮮!映画ポスターからタイトル文字を外してみた


レトロ懐かしい。日本のビンテージ映画ポスター(1926-1989)


犬好きコラ職人がんばる。有名な映画ポスターに自分の愛犬を仕込んでみた。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 19:15
  • ID:dUJoO6on0 #

素晴らしい、9枚ほどダウンロードしてしまった。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 19:20
  • ID:oV0rLCU20 #

スパルタ総攻撃、300に改良され見たことあるけど
最後まで飽きない内容だった。
でもその次回作って記憶だとスカであり、思い出すのも
苦労する作品だった気もする

3

3. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 19:24
  • ID:H3qCMkfO0 #

今のラノベの表紙なんかどれも同じに見えて、オジさんには見分けがつかないよ。
確かに技術が上がって、何もかも奇麗になってきたけど、そういうことではないんだなと思う。カラオケマシンの点数バトル見てても、精確さも大事だけど、人を感動させるってこととはあまり関係ないような気がしてる。この時代のポスターって、なんかキャラ立ってていいよね、(むしろ、ポスターから内容はよく解らないくらいだけど)…なんていうか期待値がはんぱねぇ!こんなこと言ってるからオジさんといわれるのか…だよなぁ〜

4

4. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 19:52
  • ID:xBGSg9us0 #

これは素晴らしい!
映画史の資料としても貴重だし
デザイン的にも見てて飽きない

5

5. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 20:38
  • ID:m1zUXs500 #

映画が、庶民の娯楽だった時代には、テレビを点ければ毎日何処かのチャンネルで映画が視れた
その当時、映画関連書籍も多く洋画・邦画ポスターを纏めた本もあったのにな

6

6. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 21:58
  • ID:.lrtgpzS0 #

Rocky Horror Picture Show、まだにゃいのう(泣)。
フランク”n”フルター博士を、
お部屋にお迎えしとうございます。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年02月04日 23:13
  • ID:2mQPp1lJ0 #

映画に限らず昔のいろんなポスターとかって素敵だよね!

それをダシに利用して今の物を叩いたりしないあなたはもっと素敵!

8

8. 匿名処理班

  • 2018年02月05日 03:26
  • ID:sRhU4RzU0 #

荒野の七人のリーバンクリーフかっけぇ〜〜!
ブロンソンなんかちょっと違うw

9

9. 匿名処理班

  • 2018年02月05日 15:00
  • ID:MXZ4A1Z90 #

俳優の写真使ったのよりイラストの方が味があっていいなあ

10

10. 匿名処理班

  • 2018年02月06日 12:45
  • ID:DPJ.zEw30 #

野口久光とか、昔の手描きポスターの味って例えようがないよね。
今の美しくブラッシュアップされたポスターもいいんだけど、昔のほうが制約の中にとどまらず作り手が好きにやってていい。
(今だとこの俳優を全面に、とかあれこれあるからね)

11

11. 匿名処理班

  • 2018年02月06日 16:23
  • ID:VN0LFwdZ0 #

※8
>ブロンソンなんかちょっと違うw

違うも何も、「2. 荒野の七人・真昼の決闘」はシリーズ4作目。
1作目で殉職したブロンソンは元々出演していない。


お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク