no title

 深海から山頂まで、人は地上のあらゆる場所に到達しつつある。そしてその矛先は地下へと向けられている。噂の地底人とかいるかもしれないわけだし。

 アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)では、この度「サブTチャレンジ(Subterranean Challenge)」というイベントを発表した。

 これは世界各地から参加者を募り、地下世界の移動・マッピング・調査を可能にするシステムの開発を競わせるコンテストである。

 「サブTチャレンジ」の目的は従来想像不能だった地下での作戦における状況認識能力を向上させることだ。
スポンサードリンク


DARPA Subterranean Challenge


参加者たちは、危険に満ちた未知の地下世界を移動するという難問に挑む


 「兵士や緊急要員が地下環境において直面する大きな制限の1つは、状況認識の欠如です。我々は足の下にあるものをよく知りません。DARPAサブTチャレンジの目的は従来想像不能だった地下での作戦における状況認識能力を向上させること」とDARPA戦術技術局のプログラムマネージャー、ティモシー・チャン氏は声明を出している。

 参加者たちは、危険に満ちた未知の地下世界を移動するという難問に挑むことになる。


優勝賞金は200万ドル(約2億2000万円)


 競技には2部門ある。1つはシステム部門。こちらは物理コースを用いて、ハードウェアに基づいた解決法を開発せねばならない。

 もう1つはバーチャル部門。シミュレーションコースを用いて、ソフトウェア開発を競い合う。

 2021年を予定する決勝戦では、人工トンネル網、自治体の地下輸送システム、地下天然洞窟網という3つの環境における移動技術を競う。優勝賞金は200万ドル(約2億2000万円)。申し込みの締め切りは2018年1月18日である。事前登録が必要だそうで詳細はこちらから。

0_e3

 「ロボット工学、生体システム、自律システムの開発は臨界点を迎えている。今やそうしたシステムも思い描けるようになりました」

 「洞窟やトンネルを回避したりせず、代理機器を用いて、そこをマッピングし、利用可能性を評価することが可能になりました。サブTチャレンジでは、科学界・工学界あるいは一般から人材を招き、その創造性と解決能力でもって新技術の開発や到達不能だった場所を到達可能な場所にするコンセプトの発案に手を貸してもらいます」とと戦術技術局のフレッド・ケネディ局長はコメントしている。

 もしかしたら近い将来、地底での未知との発見とかあるのかもしれないと思うと、ワクワクするな。

References:.darpa.mil / scientificamerican / mysteriousuniverse/ translated by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
巨大な銃で地球の奥深くに穴を開け地熱を取り出す計画が進行中(アメリカ)


目の付け所がSFめいている。DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)が遂行する9の変わり種プロジェクト


地球の内側に鉄のジェット噴流が検出される


地球の地下1,000キロメートルに大量の水分を発見。干上がった場合、生命が絶滅する恐れがある(英米研究)


米国防総省(DARPA)が資金援助している9つの革新的プロジェクト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 16:56
  • ID:kkBc69XJ0 #

画期的なアイディアとかだったら、企業と提携するか特許取ったほうが圧倒的に儲かるな

2

2. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 17:12
  • ID:e4c.jroz0 #

自動運転の技術が発達したのもここのコンテストからだっけ?
やっぱアメリカは金あるなぁ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 17:56
  • ID:F..AwyTx0 #

今度のシグマフォースシリーズの舞台は地下世界になるのか

4

4. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 18:12
  • ID:noP0PDh.0 #

何か地下に行かなければならない理由があるのかな、それはもしかして地底、、

5

5. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 18:14
  • ID:N6xlMhDQ0 #

言うのが遅いわ期日すぐじゃねぇか

6

6. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 18:21
  • ID:dMFzFtpA0 #

ok!《コロニー落とし》しようぜ、面倒くさい地下抗なんぞこれで一発だ

7

7. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 18:48
  • ID:Y6aUsGUs0 #

映画プロメテウスの玉っころドローンでやった洞窟スキャンと移動指示みたいな未来は見たいけど、在野の3Dスキャナ&自立性装置&地図構築の研究を引き寄せて権利に噛んでってわりには賞金安すぎないのだろうか。2億で開発して2000万をとるとか倍額以上かけて足が出ようがダーパに食い込みたいトコむけなのかな

8

8. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 18:53
  • ID:KCb2MmrO0 #

賞金の桁が2つ足りない

9

9. 匿名の霜班

  • 2018年01月16日 19:22
  • ID:t.tgH5fm0 #

DARPAってなんか名前がカッコイイよね

10

10. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 19:43
  • ID:EFKKmqic0 #

将来的には地底人との戦争が始まるんですね。(胸熱)

11

11. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 19:48
  • ID:bSRXuLS20 #

※1
だよね・・・以前のコカコーラの検証もそうだけど、その技術で手に入るであろう利益に対して懸賞金が少なすぎるわ。

12

12. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 19:58
  • ID:eCDtfG3c0 #

コンテストと言う名の人材発掘計画かな?

13

13. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 20:04
  • ID:KMMFYN220 #

キテレツなら潜地球で2億ゲット

14

14.

  • 2018年01月16日 20:17
  • ID:yoJ.YUit0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 20:35
  • ID:9WBpuP0z0 #

※10
じゃあプランBで行こう。プランBは何だ?

16

16. 匿名処理班

  • 2018年01月16日 21:05
  • ID:FDzpo8TY0 #

サンダーバードに出て来たドリルのやつ応募しようかな?笑

17

17. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 00:12
  • ID:cN4kxOtj0 #

賞金が安すぎる

18

18. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 00:46
  • ID:YLyZE2Jo0 #

僕らが見ているインターネッツもDARPAの研究の産物だぞ
たしか、きっかけは、核戦争が起きても機能する分散型ネットワーク…

カラパイア見てほんわかできる平和な時代で良かった…

19

19. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 00:49
  • ID:NkCecitr0 #

応募は、宇宙人でもOKでスカ?

20

20. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 01:26
  • ID:mTim6EFm0 #

ルンバで十分やろ

21

21. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 10:55
  • ID:ura.z.BU0 #

天然ガスの採掘が地盤の陥没の原因になってる事は明白だし
地下を掘りまくって大地震が来たら対処できるのか疑問だな w

22

22. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 11:11
  • ID:0kxhyksA0 #

ドレミファソラティ・ドの出番かと思ったら違かった

23

23. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 12:06
  • ID:VbsmMWXP0 #

※18
「DARPA インターネット 誤解」でぐぐってみよう。

24

24. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 14:46
  • ID:MuKdXjt00 #

この金額だと昔ながらの動物や虫に紐付けて放つ方法に落ち着きそう

25

25. 匿名処理班

  • 2018年01月17日 15:03
  • ID:.RjXlPV.0 #

映画「ザ・コア」に出てくるアレみたいなやつ?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク