0_e19

 ロシア、モンゴルの国境近く、東シベリアに位置するトゥヴァ共和国、エニセイ川河畔のに埋葬されていた匈奴の女性の遺体が発掘された。

 ここはアラ・テイ墓地と呼ばれる古代の共同墓地で、遺体は2200年前のものと推測されている。興味深かったのは女性の遺体と一緒に埋葬されていた、宝石がちりばめられた魅力的な石炭製のベルトバックルである。
スポンサードリンク

美しく装飾された石炭製のベルトバックル


 アラ・テイ墓地に埋葬されていた女性たちは石炭でできた、準貴石のサンゴや紅玉髄、トルコ石、翡翠などで美しく飾られた、長さ20センチの大きなベルトを身に着けて、死後の世界へ旅立ったようだ。

 また、両肩にも火炎のような模様のある青銅の飾りをつけていた。

4_e12
image credit: Marina Kilunovskaya

5_e9
image credit: Marina Kilunovskaya

 バックルには、ドラゴン、ヒョウ、ピューマ、馬、ヤク、ヘビなどの動物たちが芸術的に描かれている。

 スキタイ様式の彫刻が見られるバックルもあった。片側に、2匹のヤギと彼らを貫く矢、もう片側にはスキタイ様式で描かれた馬がわかる。

3_e15
image credit:Marina Kilunovskaya

7_e8
image credit: Marina Kilunovskaya

匈奴の女性戦士たち


 発掘を取り仕切ったロシア科学アカデミー物質文化史のマリーナ・キルノフスカヤ博士は、「明らかに、モンゴルかザバイカル地方からやってきた裕福な人たちでしょう。彼女たちはこうした貴石を見つけて興味をもち、それを装飾として使ったのです」と語る。

 また、発掘された遺体はほとんどが女性だった点も興味深い。

 匈奴(きょうど)は、古代中国を起源とする遊牧民族の集合体を指し、紀元前3世紀から紀元1世紀後半まで東アジアの大草原に暮らしていた。

 「匈奴というと、大きな戦士で侵略者というイメージですが、実際には女性戦士が多かったようです。現在の中国の国境から北へ進出してきたのです」

 この女性戦士たちが身につけていた石炭装飾ベルトは、もちろん普段使いはしないが、結婚式や葬式のような特別な場合のためのものと思われる。

9_e5
image credit: Marina Kilunovskaya

11_e5
image credit: Marina Kilunovskaya

 このような石炭バックルは非常に珍しく、世界に10個しか現存していないという。

 ほかにも、青銅製で六辺形の飾り板のような形をしたバックル、青銅でタカラガイの貝殻を模したもの、シンプルな透かし細工の指輪、中国の武術コイン、青銅の鏡やその破片も発見された。

 ほとんどは、紀元前2〜1世紀の前漢王朝時代の鏡ですが、もっと前の時代の中国の鏡の破片も見つかっている。

14_e0
前漢王朝時代の鏡 image credit: Marina Kilunovskaya


 男性用の副葬品は、ベルトの鉄のバックル、靴のバックル、ナイフ、鉄の指輪、フックなどがあった。また、中央に仕切りのあるふたつに分けられた小さな平たい容器も発見された。墓のすぐ上にあったことから、ランプのようなものではないかと推測されている。

15_e0
image credit: Marina Kilunovskaya

 この一帯には、スキタイ時代から中世の間(紀元前2世紀から12〜13世紀)のたくさんの埋葬地があるが、洪水による破壊が懸念されている。

 急峻な川岸にたくさんの頭蓋骨や緑色の骨があったそうだが、その理由は、青銅の遺品が一緒に埋められていたからだろうとのこと。ここでの作業は夏の間だけしかできず、さらなる調査は来年に持ち越される。

via:ancient-origins / wowscience / siberiantimes/ translated by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
屈強なヴァイキングの戦士、しかも高位軍のリーダー。実は女性だったことがDNA調査で判明(スウェーデン)


呪いをもたらしたと言われている盗まれた10の遺物


歴史的発見となった隠された財宝ベスト7


知ってた?あの美しい古代の櫛は頭のシラミを取り除くために作られていた


世にも神秘的な世界10の遺物・聖遺物

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:04
  • ID:VFQSPdkO0 #

けっこう格好良いな

2

2. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:17
  • ID:33DJW4kT0 #

古代の戦士……クウガやな。

3

3. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:23
  • ID:1ecN9cAZ0 #

凄まじき戦士やったんやろなあ

4

4. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:37
  • ID:F3fjhz.e0 #

青銅鏡が出てるのが面白い・・・司祭の可能性もあるのかな?

5

5. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:41
  • ID:CX8GUrRG0 #

まるでバックルの宝石箱や〜

6

6.

  • 2017年10月23日 09:47
  • ID:21gl5FoE0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 09:51
  • ID:KoNBEIwd0 #

究極の闇をもたらす者も今頃復活してるんだろなあ…

8

8. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 10:03
  • ID:LWGPX.Dv0 #

デルトラクエストVS仮面ライダークウガ

9

9. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 10:05
  • ID:u83j6XZ40 #

キングストーンかな?

10

10. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 10:17
  • ID:T2BsaTHh0 #

楊端和

11

11. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 10:55
  • ID:7ENWJVuo0 #

ヤギと馬の彫刻が見事だね。

12

12. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:05
  • ID:YpD5fifz0 #

石のついてる写真とついてない写真があるのはなぜ?

13

13. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:07
  • ID:PnnF0VVq0 #

楊端和様かな(時代が違う)

14

14. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:12
  • ID:TgBwa3hD0 #

宝石を全部嵌めると封印が解けるアレだろ

15

15. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:24
  • ID:BQ8G8TaG0 #

いまごろグロンギが

16

16. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:30
  • ID:4E70JNyW0 #

遊牧民は普通に女性が馬に乗って狩りもする
そういう伝統がずっと続いてるんだろうなあ

17

17.

  • 2017年10月23日 11:42
  • ID:IWdPK.AJ0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:48
  • ID:zMKBsDkk0 #

※10 ※13
全く同じことを考えた。楊端和や羌瘣のように勇猛果敢な女戦士がユーラシア大陸を駆け巡っていた時代が本当にあったなんて!

19

19. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 11:55
  • ID:zMKBsDkk0 #

※13
いや、始皇帝(贏政)は紀元前259年生まれで紀元前210年に亡くなってるから、大雑把に言うとキングダムの時代(贏政の若い頃)とそんなに時代は違わないよ。

20

20. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:01
  • ID:gVpRLtMS0 #

古代人への敬意が無いな
墓を暴いたらあかん

21

21. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:12
  • ID:2qHFCzTT0 #

もともと遊牧騎馬民族は男女平等だからな。草原での生活がものすごい大変だから、モンゴル帝国の皇帝ですら乳搾りや毛狩りをやったって記録が残ってるくらい。遊牧騎馬民の生活は2000年ほど全く変わってないと言われてるから、匈奴も同じようなもんだろう。

22

22. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:17
  • ID:FLg4Q9Dy0 #

ゲゲルが行われるぞ…

23

23. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:36
  • ID:gCh4btu50 #

龍狼伝でちょろっと出てきたけどごついおっさんばっかだったぞ
女の主将は居たけどさぁ、バックル付けてたかな?

24

24. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:36
  • ID:ZyeTFGfl0 #

三國無双エンパも戦国無双エンパみたいに
女性一般武将が出るのかな

25

25. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:43
  • ID:RkhgdiMX0 #

やるよ!

26

26. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 12:58
  • ID:AoCxnog10 #

むしろ山の民のアクセサリー感あるな。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 13:25
  • ID:kChpvNLv0 #

ボセバ・デスドン・クウガ!?

28

28. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 13:46
  • ID:kyUQvceV0 #

生活様式なんかは中国の歴史家が書き残しているけど石炭のバックルか、、初めて知った、骨なんかから人種とか判らないかな?

29

29. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 13:46
  • ID:.Vttk74o0 #

でもそんなこわーい女戦士がきれいな宝石身に着けてお洒落して喜ぶのならやっぱ女の子なんやなーって思ってしまうわ。

30

30. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 13:53
  • ID:.W5.zjsg0 #

仮面ライダークウガみたい

31

31. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 14:11
  • ID:us1Mmvxl0 #

ワンダーウーマン!

32

32. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 14:21
  • ID:5q4p31f90 #

グロンギ復活じゃないよね(笑)

33

33. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 14:32
  • ID:55LIrzZM0 #

ベルトのバックルは重要だよ
ベルト無いとズボン下がってパンツ丸出しだよ

34

34. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 14:47
  • ID:6DGw2wOB0 #

郷土にて発掘されたのか

35

35. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:05
  • ID:PMZ93XrX0 #

>匈奴
読めない…

36

36. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:17
  • ID:q0r1DUzi0 #

学術的興味はあるけど、やるせないものがあるね
尊敬され埋葬されたのに暴かれて持ち出されて

静かに眠らせてあげたいものだ

37

37. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:25
  • ID:4dl1BCOM0 #

レッドソニアかな

38

38. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:38
  • ID:X.EKD5GJ0 #

※4 祀ってた可能性も否定できないけど、どっちかというと権力ある女性としての象徴的道具って事じゃないかな。普通に使っていたのでは。

※35 匈奴(きょうど、拼音: Xiōngnú)

39

39. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:46
  • ID:00ElCSSn0 #

※28
石炭は結構昔から宝飾品扱いされてるよ。燃料になったのは産業革命以降の話。

木炭ほどは柔らかすぎず、ダイヤモンドほどは固くない。非常に削りやすいのに意外とテカテカと綺麗に黒光る。

かなり昔からインクの材料になったし、ヨーロッパでは石炭を使ったネックレスやイヤリングなども見つかってるよ。

40

40. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:53
  • ID:00ElCSSn0 #

※35
漢字の機能を最大限使いなさい。
匈 = どうみても”胸”の右側の字「キョウ」
奴 = 中国では東夷・西戎・南蛮・北荻といって外の敵を悪く呼ぶ。「奴」は糞ザコみたいな意味。「ド」

つまり、”きょうど”と読む。

41

41.

  • 2017年10月23日 15:55
  • ID:g7O4GKUq0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 15:55
  • ID:6I9Mnw8C0 #

女戦士が実在したという事を知ってwktk

43

43. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 16:16
  • ID:Q8FkkYR60 #

バックルよりもあのIFRAOって書いてあるサイズ感と色彩を目安にするあのカードが超欲しいんだけど…スゲェ便利じゃんこれ。

44

44. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 16:25
  • ID:HhhddmJo0 #

※35
日本読みなら「きょうど」だよ。

45

45. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 17:03
  • ID:B0RMbVz.0 #

アマゾン族が本当に実在していたということの裏づけにもなりそうだな

46

46.

  • 2017年10月23日 18:19
  • ID:XN5qvaYz0 #
47

47. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 19:55
  • ID:b3jIaKR80 #

※12
表と裏

48

48. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 20:02
  • ID:2NfLwnVl0 #

小学校の石炭バケツが冬の朝日で煌めいてたの思い出した

49

49. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 20:11
  • ID:BQ8G8TaG0 #

一条さん!オレ!やりますよ!

50

50. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 20:28
  • ID:Jpm5UOzR0 #

ピューマ…?

???

51

51. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 20:33
  • ID:Ecabj.e50 #

動物の絵がめっちゃうまい…

52

52. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 20:40
  • ID:0PiDF86d0 #

なんか、「仮面ライダークウガみたいだな」って思ったら、やっぱりクウガネタがいくつも投稿されていた。

けど、まじめな話、このベルトのバックルをおなかのあたりにあてた瞬間に、体に埋没して「古代の戦士」に変身してしまう雰囲気が、半端ない。

そして、バックルに彫刻されている各動物の能力を持つ形態に、フォームチェンジすると。

53

53. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 21:42
  • ID:zszygzwe0 #

技術や知識が有るか無いかで美的感覚はさほどかわってないのかもね

54

54. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 22:24
  • ID:Adh0UXLe0 #

ここではリントの言葉で話せ

55

55. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 23:02
  • ID:BCquVXLL0 #

発見者や研究者が誇らしげに副葬品を展示してるのを見るたびに思う。
頼むから最終的には持ち主(遺体)本人に返してあげて欲しい。
それは彼、彼女たちの物だから。

56

56. 匿名処理班

  • 2017年10月23日 23:31
  • ID:rslDpDxg0 #

シャラポアみたいな戦士がいっぱいいたのかな?

57

57. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 00:50
  • ID:5aj1ddVk0 #

自分の墓にアニメフィギュアとかエロ同人入れて
2000年後に墓掘られると想像したらゾッとしる

58

58. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 03:21
  • ID:TO6Lm.Ow0 #

ビキニアーマーじゃないのか

59

59. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 09:50
  • ID:XZ9FOKX40 #

タイムふろしきはよ!

60

60.

  • 2017年10月24日 10:29
  • ID:MIBXQhbQ0 #
61

61. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 12:32
  • ID:dYkutoWR0 #

盗掘がきっかけで発見される遺跡が多いのは事実だから仕方が無い。
そもそも遺跡や墓は人間が人間の為に造った物だから、所有者がいないなら壊そうが保存しようが構わない。

62

62. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 12:34
  • ID:EAZ7xwzi0 #

デルトラクエスト

63

63.

  • 2017年10月24日 13:11
  • ID:ddbsW3jB0 #
64

64. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 13:21
  • ID:ddbsW3jB0 #

※57
それはそれで「貴重で重要な文化資料」として扱われるだろね。
時代を代弁する高尚な美術作品として博物館・美術館に恭しく展示されるのな。
で、専門学者や学芸員に詳細に解説されちゃうのだ。

65

65. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 14:47
  • ID:icNHaDSA0 #

キングダムは創作やけど
歴史を見たら女戦士は結構いるし
中国でも女の将軍や軍を指揮して軍人式の葬式で弔われた王女だったかな もいるしな
どんな時代にも少数だろうが
女戦士はいるんやなぁ

66

66.

  • 2017年10月24日 18:24
  • ID:1Q6UVjA.0 #
67

67.

  • 2017年10月24日 20:02
  • ID:feByOFca0 #
68

68. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 20:10
  • ID:B0Qc.xrT0 #

※57
大丈夫。性的な石像やら出土されるのは今でもあることだ。
それは大抵宗教儀式のためって説明されているから
信心深い人か祭司の墓場ととして後世伝えられるだろう。

69

69. 匿名処理班

  • 2017年10月24日 23:19
  • ID:.dkjmS5t0 #

宝飾品を身に着けるのは遊牧民の典型なんだってね。
移動するから全財産は小さくて高価なもの。それを身に着けて移動する。
移動しない農耕民は土地と家屋敷が財産だから宝飾品には興味をもたない。
日本の王侯貴族は宝石を持ってない。
(勾玉は100%農耕民じゃなかった時代の名残かも)

70

70.

  • 2017年10月24日 23:21
  • ID:qZJyBJVi0 #
71

71. 匿名処理班

  • 2017年10月25日 06:44
  • ID:qR3qFqZs0 #

記事の文末を読んでみると、「緑色の骨」に関する記述があるけど、一応「副葬品の青銅か色移り」とかいう説明が書いてあるけど、ひょっとすると、その骨は好戦的な古代の種族のものかもしれない。

そして、来年あたり彼らがよみがえり、今回の記事のバックルが新たな女戦士の体と一体化して、「伝説がよみがえる」と。

72

72. 匿名処理班

  • 2017年10月25日 13:00
  • ID:K.4Q891D0 #

丁寧な清掃・カラーコード・メジャー使い分けなど
その一枚の写真を記録するためのテクニックにプロ意識を感じる

73

73. 匿名処理班

  • 2017年10月25日 21:40
  • ID:4LUPHZXi0 #

※39
>石炭は結構昔から宝飾品扱いされてるよ。燃料になったのは産業革命以降の話。

一応指摘すると唐代にはコークスが既に使用されている
宋代の中国の都市の発展には石炭という燃料革命が欠かせない
庶民に行き渡るほど普及していた、渡宋僧が、庶民が玻璃の壺に石炭を入れてランプとしていたのを描写していたりする

74

74. 匿名処理班

  • 2017年10月26日 04:52
  • ID:SJRG6uXC0 #

いやー神話のアマゾネスも本当にいたかもしれんね。昔ドイツのテレビでアマゾネスは実在したんじゃないか?っていう歴史ドキュメンタリーやってたんだけど結構面白かったよ。結局確実に実在したって事までは証明できなかったけど中々面白かった。

75

75. 匿名処理班

  • 2017年10月27日 05:40
  • ID:bOZ3mmAN0 #

バックルに描かれた動物のフォームにチェンジとかするんだろうな

76

76. 匿名処理班

  • 2017年10月27日 13:51
  • ID:lymF765v0 #

発掘された遺骨が心なしか恥ずかしがってるように見えるw

77

77. 匿名処理班

  • 2017年10月27日 13:52
  • ID:jnmwqLsw0 #

狗奴=匈奴=フン(フンヌ)説を推していきたい

78

78. 匿名処理班

  • 2017年10月27日 17:34
  • ID:98wRNwxq0 #

アシタカの乗るやつか

79

79. 匿名処理班

  • 2017年10月28日 19:34
  • ID:.vfvrujZ0 #

男の死亡率が高いとか、相当過酷な環境だったんだろうな

80

80. 匿名処理班

  • 2017年10月28日 20:57
  • ID:VFOpD1dr0 #

ヒストリエの主人公のカーちゃん

81

81.

  • 2017年10月28日 21:18
  • ID:zTgebv4S0 #
82

82. 匿名処理班

  • 2017年10月29日 00:35
  • ID:6dCtLObh0 #

中央アジアの遊牧民は文明を残さないから外国の記録や物品でその実像を予想するしかない。
研究者たちの、僅かな手掛かりを積み重ねる気の遠くなる作業には敬意を表する。
匈奴の実像は分かっていないとか歴史の謎とかいった文言を目にすることがない日がいつか来ればと思う。

83

83. 匿名処理班

  • 2017年10月29日 21:46
  • ID:6.3VD8.J0 #

なんかもうかっこいいイメージしか浮かばない

84

84. 匿名処理班

  • 2017年10月29日 21:55
  • ID:tC5TaGPQ0 #

案の定グロンギが湧いてて草

85

85.

  • 2017年10月30日 12:46
  • ID:amBp8S6F0 #
86

86. 匿名処理班

  • 2017年11月02日 20:18
  • ID:sTmLaBqr0 #

※82
騎馬民族でもモンゴル系は基本”鳥葬”で墓を作らないんだよね。一方の同じ騎馬民族のアーリア系は墓を作るから割と残ってるんだけど、それでもやはり遊牧騎馬民は墓がほとんど見つかってない。トルコ(チュルク)系もかなりの金持ち民族で過去には大帝国を作ってたけどほとんど文明が残ってない。

87

87. 匿名処理班

  • 2017年11月19日 00:51
  • ID:MgV6e7Q80 #

※10
夢を壊すようで悪いが
史実だと
男。

88

88. 匿名処理班

  • 2017年11月19日 01:06
  • ID:MgV6e7Q80 #

※74
アマゾネスは騎馬民族サウロマタイの支族で実在したよ。
もちろん女戦士しか居ない訳では無いけど、
敵戦士を一人屠らないと成人・婚姻出来ない
とかなかなかキツイところだけども
黒海周辺、ウクライナ辺りを策源地にしていて
イレク川とかで墳墓もかなり見つかっているよ

…もしかしてアマゾネス族の女戦士vs匈奴の女戦士なんていう
胸熱展開があったかもしれない。

89

89. 匿名処理班

  • 2017年11月21日 17:23
  • ID:ozgWQGlV0 #

聖なる泉枯れ果ててそう

90

90. 匿名処理班

  • 2017年11月23日 23:55
  • ID:HumHleA90 #

※39
黒玉(ジェット)の事か
ヴィクトリア女王がつけてたな

91

91. 匿名処理班

  • 2017年12月24日 17:11
  • ID:2wHGU.eA0 #

※23
君は日本人が古代中国にタイムスリップし、司馬仲達が朝廷から曹操を追い払い、黄忠が曹操に仕え、献帝が虎と闘技場で戦う、カンフー主軸系ぶっ飛び架空戦記漫画に一体なんの史実を見たんだ。

92

92. 匿名処理班

  • 2017年12月24日 17:15
  • ID:2wHGU.eA0 #

※16
※21
某歴史系ブログでも数年前トルコ系遊牧国家の女性騎士や女性官僚の話があったね。

93

93. 匿名処理班

  • 2019年09月13日 16:05
  • ID:GDBAqCSP0 #

すずり?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク