tope

 アメリカのペンシルバニア州のあるご家庭にて、最もなついてる家族が出かけると落ち込む犬の不安を緩和すると同時に、愛犬の悲しむ姿に心を痛めていた一家をも救った猫がいる。

 その猫の名はピートといい、動物保護団体に身を寄せていたメインクーンのミックスだ。

 飼い主の不在にふさぎ込む高齢のゴールデンレトリーバーに寄り添い、落ち込み続ける彼女の心を引き上げたピートは、年齢差どころか種族の違いにもとらわれない寛大でポジティブな子猫だったのだ。
スポンサードリンク

大好きな飼い主が出かけるたびに不安でふさぎこむ犬のルーシー


 ジョー・ゲッツとリンジー夫妻の家には3歳と6歳の子どもと、もうすぐ10歳になるゴールデンレトリーバーのルーシーと9歳の猫ベイリーが暮らしていた。

 彼らは幸せな一家だったが、愛犬に関する深刻な悩みを抱えていた。夫のジョーに最もなついているルーシーが、彼の出張のたびに泣き崩れ、ひどくふさぎ込んでしまうのだ。

 ジョーは仕事の関係上出張がとても多い。ジョーのスーツケースが消えるなり鳴き始め、一日中ベッドにこもり、お風呂場に行くのも嫌がるほどだった。

1_e
image credit:Lindsey Getz

 そうこうするうちにルーシーの分離不安病はさらに悪化し、とうとう獣医が抗うつ薬を勧めるほどになっていた。しかしルーシーはすでに甲状腺の薬を飲んでいたため、夫妻はそれ以上の薬を与えるのは気が進まなかった。

ルーシーを安心させるために様々な方法を試みるもすべて失敗


 
 薬でなくてもルーシーが安心する方法を探そう。そう思ったリンジーは、さまざまな方法を試した。テレビ電話でジョーの顔を見せたり、ベッドで寝たきりになるルーシーを動かそうとしてジョーの匂いがする服を使ってみたりもした。しかしまったく効果はなかった。

 この状況はリンジーの心も疲弊させた。ジョーの出張がいけないのだ、と思うようになってきたリンジーは、ルーシーと一緒にいることがどんどん辛くなってきていた。

 そんな時、動物好きな子どもたちがもう一匹のペットを増やしてほしいと言い出したのだ。

運命の出会い!子猫がルーシーの心に効く最良の処方箋に

 
 そこで彼らは猫を飼うことにした。ペンシルバニア州のシェルターで目に留まったのは、ピートという子猫だった。

 「ピートは無邪気で明るくて人懐っこく、おっとりしてる猫です」という紹介コメントを読んだ一家は、この子ならすぐに家の環境にも慣れてくれるかもしれないとの期待を胸にピートを家族として迎え入れることとなった。

2_e
image credit:Lindsey Getz

 こうしてある日の午前にゲッツ一家にやって来たピートだが、最初は犬とにぎやかな子どもたちに面食らって固まり、しばらく隠れていた。

 だがまもなく生来のおっとりとした性格が表れ、子どもたちとすっかり仲良くなった。だがそれだけではない。その日の夜には老犬のルーシーと一緒にソファに寝るほどの関係を築いてしまったのだ。

4_e
image credit:Lindsey Getz

3_e
image credit:Lindsey Getz

おばあさん犬と子猫。いまでは離れられない間柄に


 それは一家も目を疑うほどの出来事だった。子猫のピートが犬に馴染みがあったのかどうかは不明だ。だが、おばあちゃん犬と物おじしない子猫は今や離れられない間柄となった。互いに寄り添ってくつろぎ、毛づくろいをして一緒に遊ぶ。ルーシーにはピートという最高の仲間ができたのだ。

5_e
image credit:Lindsey Getz

6_e
image credit:Lindsey Getz

7_e
image credit:Lindsey Getz

 さらにピートのすごいところは、ルーシーの分離不安症を少しずつ治していることだ。最近のルーシーはジョーのスーツケースが消えると泣きはするものの、気分の落ち込みはずっと軽くなってきている。

8_e
image credit:Lindsey Getz

9_e
image credit:Lindsey Getz

 ゲッツ一家にとって、もはやピート無しの暮らしはありえないという。彼らはピートが家に来てくれたことを心から嬉しく思っている。彼の天性の前向きで穏やかな性格がルーシーの犬生を変え、一家を明るくしてくれたのだ。

via:thedodo・translated D/ edited by parumo
▼あわせて読みたい
犬の留守番は4時間が限界。孤独に耐えられない犬は飼い主の居ない間に問題行動を起こす。その対処法とは?


大親友を亡くして失意の日々を送っていた犬。彼に再び生きる力を与えたのは1羽のアヒルの存在だった(アメリカ)


気分が憂鬱?犬のグルタさんに元気を分けてもらおう!病気と闘いながらも明るく生きる、タイの元野良犬。


いつもそうしていたように。最愛の飼い主が進学で引っ越した後も今まで通り彼女がバスから降りてくるのを待ち続ける犬(アメリカ)


例えほんのひとときでも。離れ離れになるのが寂しいペットと飼い主の悲しみの瞬間


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 11:50
  • ID:p.izC1Jy0 #

療養施設とかであるアニマルセラピーてやつだね
この場合は患者もアニマルだったけど

2

2. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 11:54
  • ID:Xa45xyKz0 #

ほっこりした

3

3. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 11:56
  • ID:ztw.K8yg0 #

アニマルセラピーはアニマルにも効果があるのね

4

4. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 12:02
  • ID:GJPKimQ30 #

ベイリー「おっ、出張か?カリカリと水とトイレ準備したら静かに出てけよ、オレは二度寝するから。それから帰ってきた時、ただいまのキスだのハグでオレを起こすな!」

5

5. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 12:06
  • ID:R43zgdxi0 #

美しい

6

6. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 12:10
  • ID:9dK0aQs30 #

ベイリーは?

7

7. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 12:13
  • ID:l3qhzPf.0 #

イイハナシダナー

8

8. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 12:21
  • ID:7ruEKqGW0 #

ルーシーの心をゲッツー

9

9. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 13:08
  • ID:lg2Rnzwf0 #

相性が合ったんだね
よかった よかった

10

10. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 13:23
  • ID:COAG0nhj0 #

最後の画像、ずっと見ていたい

11

11. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 13:51
  • ID:MqDyPdNh0 #

肉球が肉球をペロペロとか…

俺ぁもうだめだぁ萌え尽きた

12

12. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 14:29
  • ID:5nR6wAeu0 #

アメリカ英語のバスルームはトイレの意味で使うから、
ルーシーは犬用のトイレさえ行かなかったってことかなあと思いました。

13

13. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 16:18
  • ID:IB5aCMGX0 #

なんだろう、猫とか犬に限らず偶にこういう子がいるよね。
傷ついた存在を放っておけず、傍に寄り添ってその傷を懸命に癒そうとする子が。
勿論誰しもそういう子ばっかりじゃないんだろうけど、一つ確かなのはピートはこの老犬だけでなく、僕の少し荒んだ気持ちまでも優しく解してくれたと言う事だ。
ありがとうピートとパルモさん。

14

14. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 16:33
  • ID:y.gpugLS0 #

大切な友達が増えたからだね
よかったなあ

15

15. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 16:45
  • ID:wuL.ZB8.0 #

アニマルセラピーは有効だけど、いずれ亡くなる時や介護する時が必ず来るから飼うときは慎重にね。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 16:50
  • ID:UHfxf9dE0 #

記事タイトル、「飼い主に」では?

17

17. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 16:52
  • ID:GBytFy8f0 #

動物も心の病気になるってしらなかった。
彼らが心穏やかな日々を過ごせますように!

18

18. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 17:05
  • ID:QXrwUJCE0 #

ピートの無邪気さに感化されたのもあると思うけど、自分より小さく愛すべき存在が出来てルーシーの心がずっと強くなれたのかも。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 18:56
  • ID:3hBbQUT80 #

ベイリーさんの空気感

20

20. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 21:13
  • ID:OmHc1Gj00 #

すてきだなあ
写真のなんと美しいことよ

21

21. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 22:05
  • ID:DiDqww.T0 #

ベイリーさん…。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 22:14
  • ID:kjOkEyP20 #

ルーシー「あ、泣いてる場合じゃないワン。子供(猫)の面倒みなくちゃ」

23

23. 匿名処理班

  • 2016年12月23日 22:53
  • ID:4oqXZ0fx0 #

たまたまいい結果になっただけ
自分以外の若いペットが飼われると心労で死ぬケースも多い

24

24. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 00:02
  • ID:8FAlT9Hm0 #

最後、、ステキ。。優しい世界。

25

25. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 01:20
  • ID:Lz3Fcavz0 #

風呂は元々嫌いで、パパさんがいる時だけ言うこと聞いてたんだと思うぞ

26

26. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 01:21
  • ID:6k2qC8yr0 #

うちのワンコも分離不安症半端なかったな、、猫とは仲良くは無かったけど、分離不安症は収まったからよかったのかな

27

27. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 04:21
  • ID:Xbixjel.0 #

そしてご主人様は猫になったとさ

28

28. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 06:57
  • ID:5sWItTeg0 #

うーん、いい話なんだけど出張の多い仕事に就いてるんならそもそもペット飼うのは控えたほうがいいんじゃないかとも思った
他の家族がいたとしても、全員にはなつかないケースだってあるんだし

29

29. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 09:23
  • ID:4NNuRQ280 #

「孫の面倒みなきゃ、もぅ、わたしもしっかりしないとねぇ・・・」(孫めんこい///

30

30. 匿名処理班

  • 2016年12月24日 13:03
  • ID:q2c6rapQ0 #

セラピーキャット、ゲッツだぜ!

31

31. 匿名処理班

  • 2016年12月25日 16:42
  • ID:mH7EI0fz0 #

※16
飼い主に「恋」をしすぎて
じゃなくて、
飼い主が「恋しい」すぎて
ですよ。

32

32. 匿名処理班

  • 2016年12月25日 18:57
  • ID:jF9E4bN90 #

若くてかわいい男の子、でハッスルしたマダム
と変換しました
やっぱあれか、若い男のほうがいいんか

33

33. 匿名処理班

  • 2016年12月25日 19:47
  • ID:KGgHJd7H0 #

ルーシー良かったね

34

34. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 00:07
  • ID:FX5uRp240 #

ピートだって?流石だ、ジンジャーエールおごらないと

35

35. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 10:15
  • ID:a.S5aJIk0 #

「仕合せ」ってこういうことかね。

36

36. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 12:41
  • ID:WPXFhSK60 #

※28
年取って何故か分離不安になったり、最も懐く相手が変わることもあるから
そんなこといってたらペット自体飼えないよ

37

37. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:36
  • ID:MsR0EeG.0 #

これ美談っぽい話になってるけど
パパ以外の家族立場ないし、せつないね

38

38. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 08:54
  • ID:5e5sCZIu0 #

ルーシーの母性本能をくすぐる存在なのだろうね
本能を刺激してあげることは心療にとても効果的

39

39. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 09:14
  • ID:jZNmfbe.0 #

アニマルのためのアニマルセラピー( ´ ▽ ` )

40

40. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 01:59
  • ID:9cc2Judq0 #

この世に「無邪気」ほど貴重なものが有るか

41

41. 匿名処理班

  • 2016年12月29日 10:43
  • ID:lytV5YEU0 #

ベイリーさんの立場がないな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク