0_e1

 ホアキン・ アルチバルド・グスマンは、悪名高き元メキシコの麻薬王だ。彼は殺人容疑などで1993年に逮捕され、刑務所に収監されていたが、2001年1月に清掃作業車を使い脱獄に成功。

 以後、地下に潜伏しながら「シナロア・カルテル」という犯罪組織を仕切り、その勢力を拡大させていった。「チビのグスマン」という通り名を持つ彼は、ライバルだったガルフ・カルテル所属のオシエル・ガルデナスが逮捕された後、2003年にメキシコの麻薬王の座に上り詰め、2014年2月に逮捕されるまでその地位を維持していた。


 
 
スポンサードリンク

 アメリカ財務省は彼を「世界で最も有力な麻薬密売人」とみなし、500万ドル(5億1600万円)の懸賞金を懸け指名手配してた。

16_e0

 2014年2月22日現地時間午前6時ごろ、メキシコとアメリカ捜査当局の合同作戦により、メキシコ、シナロア州のリゾート地マサトランのホテルで身柄を拘束された。グスマンの所有する家の家宅捜索が行われたのだが、なんと浴槽の下から地下につながる秘密のトンネルが発見されたのだ。

1_e4
グスマンは複数の家を所有しており、その中の一つにシナロア州クリアカン市の排水設備につながる地下トンネルが設けてあった。これはその地下トンネルと排水路を結ぶスチール製のドア。

2_e3
クリアカンの排水路に繋がる地下トンネル内部の様子。

3_e3
このスチール製の梯子の先は、グスマンの家の浴室にある取り外し可能なバスタブの下に位置している。

4_e2
トンネルの中からバスタブの下を見上げたときの眺め。

5_e2
トンネル内、梯子の全体像。

6_e1
地下トンネルからクリアカン市の排水路に

7_e1
最初の写真にあったドア。逆に排水路側から見たところ。

9_e0
地下トンネルにつながる排水路の様子。クリアカン市近郊。

10_e0
排水設備の一部。

11_e0
トンネルにつながるバスタブを持ち上げるメキシコ海兵隊員。

12_e0
グスマンの家の地下トンネルを通過した後、排水設備の中で銃を構えポーズをとるメキシコ海兵隊員。

13_e0
地下トンネル通過後、排水設備内に立つ海兵隊員

14_e0
グスマンの家の寝室

15_e0
グスマンの家の外の様子

 グスマン容疑者の逮捕は、メキシコ最大の麻薬密売組織「シナロア・カルテル)」に対する大きな打撃となる。太平洋沿岸に広がるこの組織は、米国や欧州、アジアへ麻薬を密輸している。

PGR muestra tunel de 'El Chapo' Guzman

via:buzzfeed・原文翻訳:R

▼あわせて読みたい
野外フリーマーケット会場のよう、メキシコの麻薬カルテルから押収された大量の銃器


まるで装甲車、メキシコの麻薬カルテルがカスタマイズした銃撃戦を意識したモンスター車両


黄金の武器に最強の猛獣、政府に押収されたメキシコ麻薬王のものすごい資産


世界を震撼させたコロンビアの麻薬王「パブロ・エスコバル」が所有していた島々に残る廃墟


コロンビアの危険地帯、麻薬王”パブロ・エスコバル”の生まれ故郷にあるスラム街「バリオ・トリステ」を訪ねて




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7462 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1437290227
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4490 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
704390525
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 20:35
  • ID:qboARRME0 #

かっこいい…地下通路ってなんか血が騒ぐ

2

2. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 21:04
  • ID:ujZXJ2NJ0 #

メキシコの麻薬王って言うからどんな怖い顔かと思ったら・・・
そりゃパルモにグスタンとかカワイイ呼び方されちゃうわ

3

3. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 21:34
  • ID:b.SchHJh0 #

追われて、命も狙われて、落ち着かない生活だろうに
よ〜やるわ

4

4. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 21:41
  • ID:yQT7yhGo0 #

工事に携わった人たちは口封じに殺されたりしたのだろうか

5

5. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 21:51
  • ID:qACi4YQ00 #

今の情勢で麻薬カルテル相手にメキシコ海兵なんてするのは真の正義漢やね
純粋に尊敬しますわ
良い意味で螺子一つ位外れた正義の味方

6

6. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 22:07
  • ID:FvGqayjS0 #

いつか撲滅できるのかなー…
メヒコカルテルの半減期はいつなんでしょうねー…

7

7. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 22:33
  • ID:vnnxCiky0 #

批判はあるだろうが、日本には死刑制度があってよかったと思う。
悪人が改心する確率なんて限りなく低いよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 23:00
  • ID:uOHEuk3S0 #

めっちゃ犬好きで虫も殺せない顔してるのに

9

9. 匿名処理班

  • 2014年03月08日 23:57
  • ID:uQonuti30 #

その5億が次の麻薬王の懐にいくわけね

10

10. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 01:45
  • ID:sry.ZtxF0 #

昔「600万ドルの男」というTVドラマがあったが
100万ドルの差で大違いだな

11

11. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 05:08
  • ID:yaRKEFy20 #

こんな顔してるけど優に千人ぐらいは直接命令下して殺してるだろうなぁ。年間一万人以上麻薬戦争で死んでるわけだから。

12

12. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 05:44
  • ID:syvacfAj0 #

麻薬で快感物質でまくって若くして死ぬという人生
愛する人との別れや裏切り、自分の衰えを経験しつつ年老いる人生

13

13. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 08:22
  • ID:sDEKQWeR0 #

水張ったらばれないだろうな

14

14. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 09:27
  • ID:VUmG8fKQ0 #

スカーフェイスとサヴェージズ思い出した。あと悪の法則。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 09:58
  • ID:sfdmFDhH0 #

サティアン思い出した。

16

16. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 12:19
  • ID:56cS37E20 #

トラフィックを見よう

17

17. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 12:21
  • ID:2Yc9Kyyv0 #

※4
だからこういった連中は建設ぎょ・・・っと誰か来たようだ。

18

18. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 15:30
  • ID:n.95TLdW0 #

メキシコはもう根っこからダメになっちゃってるから
麻薬王逮捕したところであんまり意味なさそうだけどな・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 15:39
  • ID:UozJXC3V0 #

ビン・ラディンは外堀がそこそこ強固だったが、
コイツは室内からの脱出路まで考えているとは用意周到だな・・。

20

20. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 18:16
  • ID:ypPU6CIM0 #

DIYができるとこう云うこともできるのか、いいな

21

21. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 18:22
  • ID:KTozAm4Y0 #

アメリカに繋がっている地下トンネルって何本有るんだろうね?

22

22. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 18:28
  • ID:b7m3Ybl50 #

メデジン・カルテル全盛期のコロンビアなんかは、報復が怖くて(当然買収もされて)
政府や警察・軍も手が出せず、逆に手を出そうとする政治家・将官を妨害したけど、
メキシコの現状はどうなのかな・・・

23

23. 匿名処理班

  • 2014年03月09日 22:08
  • ID:wgyDaIvy0 #

中国古来の地政学でメキシコを見ると悪い部分が簡単に見抜けるとなって悪い人間はそこまで長く居ないと言う意味になる
だから本来富裕国としてあったときの悪者がじょじょに力を失ってついにこんな姿になってしまっていると言ったほうがいいだろう
だからそれを本に正義感が強く出ると言う。しかし腐敗すると必ず壊される。
今の悪者は前期の体制側 正義漢の仲間に悪者が入り、それが前代を打ちのめしそしてそれも打ちのめされる      こういう歴史をたどる。こういう国では良くなったときは闊歩し、悪くなるまえに直に逃げるべきである。だれも悪者をよく見るので、実際に居る悪者より遥かに悪く見える。何所の国にも悪者は居て、強い国ほど強く居る。それが気がつきやすいのかにくいのかは地政学による。メキシコは何処に国にでも居るような人間達が更に追い詰められているからむしろ悪性を見抜きやすい。マイナス掛けるマイナスはプラスに繋がる。ニホンの自衛隊がメキシコ軍化するほど追い詰められればメキシコより悪い。

24

24. 匿名処理班

  • 2014年03月13日 19:38
  • ID:7QdXYGHu0 #

バイオチックですね。

25

25. 匿名処理班

  • 2015年07月16日 22:01
  • ID:di1J1Kb.0 #

また脱獄したね。パルモさん記事待ってるよー

26

26. 匿名処理班

  • 2016年12月14日 14:09
  • ID:XJwblCG90 #

※25
もう捕まったよ
2016年1月8日、故郷であるメキシコ中西部シナロア州で通報を受けて駆けつけた当局との銃撃戦の末、グスマンの身柄が確保される。この銃撃戦で密売組織のメンバーとみられる5人が射殺される。グスマン自身はこの現場からは車で逃れたが、その後すぐに捕まった。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク