0_e3
image by:Steven Kuiter

 ユーカリの葉っぱを食べるのはコアラだけではない。オーストラリアに生息するフクロムササビのような有袋類も、同じくユーカリを食べて生きている。

 フクロムササビは、これまで単一の種に分類されていたが、FNA配列を使った遺伝子構造を調べた結果、実際には3種いることが判明したため、新種の有袋類2種が発見されたという位置づけになった。
スポンサードリンク

空飛ぶ有袋類フクロムササビ


 東海岸の森林のほか、北部のクイーンズランド州から南部のビクトリア州まで、オーストラリアの幅広い地域に生息する「フクロムササビ」は、コアラやカンガルーと同じ有袋類でありながら空を飛ぶことができる。

 鳥のように大空へ羽ばたくわけではないが、最大100メートルも滑空して木から木へと飛び移ることができるのだから、空飛ぶ有袋類の名に恥じることない立派な飛行能力だ。

 これまでフクロムササビ属に属する動物は公式には1種しかいないとされていた。

 しかしオーストラリアの各地に生息しており、それぞれの地域によって外見に若干の違いがある(亜種として扱われていた)ことから、じつは複数の種がいるのではないかという意見は以前からあった。

 そしてこのほど、そのことがDNAからも証明されたとのことだ。

1_e0
Petauroides volans image by:Steven Kuiter

DNAの検査から3種いることが判明


 『Scientific Reports』(11月6日付)に掲載された研究では、オーストラリア各地に生息するフクロムササビ50匹以上から採取した組織サンプルを「多様性アレイ技術(DArT)」という遺伝子型判定ツールで解析。

 その結果、これまでの予想が正しいことが確認された。フクロムササビは単一の種ではなく、じつは3種いたのだ。

 従来フクロムササビ属に区分されたのは「Petauroides volans」のみだったが、「操作的分類単位(OTU)」なる遺伝子上の標識によるならば、その亜種とされた2つの仲間は独立した種であるらしいことが判明。

 それぞれ「Petauroides armillatus」(オーストラリア中部に生息)と「Petauroides minor」(北部)と命名され、P. volansは主に南部に生息するフクロムササビの1種ということになった。

2_e0
ーストラリア北部に生息するP. minor(左上)、中部のP. armillatus(左下)、南部のP. volans(右)。遺伝子解析によってフクロムササビは3種であることが確認された
image by:Denise McGregor

危機に直面しているオーストラリアの野生生物


 新たな種が確認されたことは明るいニュースだが、それは同時に困難をも予想させるものだ。

 ただでさえフクロムササビは以前から絶滅が危惧されてきた。しかし3種が確認されたことで個体数が細分化され、さらに数が少ない種を守らなければならなくなったのだ。

 特に今年、オーストラリアでは過去になかったほどの大規模な森林火災が発生し、フクロムササビをはじめとする多種多様な野生生物の住処が失われてしまった。

 適切な管理や保全政策は正しい知識があってこそ可能になる。こうした危機に瀕した動物たちを救うためにも、さまざまな種の遺伝的な構造を知ることが大切なのだそうだ。

References:https://www.anu.edu/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
オーストラリアの森林火災で何が起きているのか?消火や動物救助活動に奔走する人々の様子とともに振り返る


オーストラリアのウォンバット、過去の山火事で行き場をなくした動物たちに巣穴を貸してあげていた!?


絶望が希望へ変わる瞬間。森林火災で行方不明となった犬の救出・再会物語(オーストラリア)


裏切らない筋肉を持つオーストラリアの消防士が一肌脱いだ。2021年度版消防士カレンダーが販売開始


オフィスの天井から落ちてきたのは野生のポッサム!PCの後ろに座り込んでいた(オーストラリア)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5874 points
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

2020年11月26日
2位
4365 points
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

2020年11月25日
3位
3641 points
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

2020年11月27日
4位
3535 points
余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

2020年11月28日
633441328
5位
2464 points
バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

2020年11月24日
4901898670
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 14:38
  • ID:qC2ap1H10 #

フクロムササビがなかまになりたそうにこちらをみている!
なかまにしますか?
➡️はい
はい

2

2. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 14:40
  • ID:4C.Ub6eH0 #

モフモフだぁ〜

3

3. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 15:12
  • ID:.FyIcuTx0 #

違う種のフクロムササビ同士でハイブリッドは産まれるだろうか?

だとしたら、全体としてのフクロムササビの存続は出来るが、固有種は絶滅という事になるし……う〜む💧

4

4. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 16:15
  • ID:IXKe7r8n0 #

よく見ると違いはあるんだけど同じ種の個体差と言われても違和感無いな
珍獣ではあるから貴重なんだろうけど

5

5. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 16:17
  • ID:ybJtTTts0 #

白い方のムササビちゃんのシッポがすごく長いね
森林火災は最悪だけどこうした希少な生物は守り通して欲しいな

6

6. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 16:33
  • ID:fac6HUDj0 #

耳の大きさや形状、被毛の色や模様、更には体型や大きさも全然違うじゃん
こんなもん今まで同一種だって分類してた方に問題があるわ
これほどの差異があれば、遺伝子による系統分類が発達していなかった頃でも普通は別種認定する
明らかに動物学者の怠慢

7

7. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 17:24
  • ID:GMZXRcyA0 #

あれ尻尾?
すげ〜長いね、モフリたい。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 17:31
  • ID:xrCaD6iw0 #

良いしっぽだ

9

9. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 18:22
  • ID:vXL7bdzq0 #

しっぽ長ーい!

10

10. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 19:55
  • ID:uJ5.182i0 #

日本のムササビも固有種で、ときどきオチビちゃんが保護され、
一般家庭で育てられて自然に返される。ほんとにかわいいよ。
みんな絶滅しませんように。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 20:17
  • ID:.wTr.s2F0 #

その長いしっぽで ふぉっしょふぉっしょと
ビンタされたい

12

12. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 21:05
  • ID:.wTr.s2F0 #

美味しいものたくさんあげたくなる

13

13. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 21:44
  • ID:e7MAQEWS0 #

*6
単純に見た目だけでは決められないことが多いんですよ。
見た目だけの短絡的な類別だと、極端な話、「白人」と「黒人」は別種か、なんてことにもなる。

「白いモンキチョウ」なんてのも日本にいっぱいいるんやで。

ちなみにモンキチョウの白色型はメスだけ。オスは黄色型のみ。で、黄色型のメスと同じように白色型のメスとも交尾して子供が残せる。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年11月18日 11:08
  • ID:rdOZv0n.0 #

※6
見た目で種を分けると思うのは素人の浅知恵だよ。
DNAを調べられるようになる前でも、1種の新種を記載するためにどれだけの時間と労力が必要だったことか・・・。
あれめっちゃ大変なんだぞ。
DNAを調べられるようになった今はかつての仕事にプラスして遺伝的系統についても記載するようになったから、仕事が増えただけなんだけどねw。

同所的、もしくは連続的に生息域が重なっているときは、それらが「交雑していない」ことを示さない限り同種として扱われる。
やっかいなことに、「交雑している」証拠なら1件みつけるだけでいいのに、「していない」ということは十分な信頼性をもって示すことが非常にむつかしい。
今はDNAを調べることで、それらの個体群が交雑しているかどうか調べられるようになったから、別種だと「証明」できるようになったのだ。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年11月19日 06:41
  • ID:Mauk0g6g0 #

ファービーじゃん

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク