ディズニーのクリスマス向けショートフィルムに滝泣
ディズニーのクリスマス向けショートフィルムに滝泣:Disney Parks/youtube

 来月はもう12月。あっという間に2020年が終わりを迎える時期に近付いた。12月といえばクリスマス。今年はコロナの影響で、家族や友人たちと集まっての賑やかなパーティーも自粛傾向にあるが、この時期海外では有名企業がリリースするクリスマス用のCMが注目を集める。

 今年は、ディズニーが先だってクリスマス用ショートフィルムを公開。心揺さぶるストーリーと音楽が、視聴者に感動を与えた。
スポンサードリンク


Celebrate 40 Years of Disney and Make-A-Wish With New Short Film

ディズニーがクリスマス向けの心震えるショートフィルムを公開


 11月9日、ディズニーは少し早めのクリスマス用ショートフィルムを公開した。

 物語は、ディズニーの長い歴史を伺わせる1940年に遡る。1人の幼い少女がクリスマスプレゼントにと父親からもらったミッキーマウスのぬいぐるみは、時を経て、愛する家族に受け継がれてゆく。

1_e16
image credit:Disney Parks/youtube

 どれだけ時代が変わり人々が成長しても、特にクリスマスなどの特別な行事の中では、愛する家族の伝統は世代を超えて生涯の思い出を作り、家族の絆をより強く結びつける。

 動画の中では、ミッキーのぬいぐるみが祖母と孫の絆を確認できる大切な役割を果たしており、祖母から贈られたミッキーを、孫娘はクリスマスが来るたびに箱から出し、思い出と愛情を共有してきた。

 しかし、時間の経過とともにそうした大切な家族の“伝統行事”が薄れ始めてゆく。孫娘は成長するにつれて、スターランタンを祖母と作ることにも興味を示さなくなり、やがてミッキーの耳は古くなってちぎれてしまう。

 クリスマスイブの日には友達と出かけることに夢中で、祖母の思いに心を寄せることもなくなってしまった孫娘。そんな彼女の成長を、複雑な気持ちで見守る祖母。

2_e11
image credit:Disney Parks/youtube

 だが、孫娘は気付く。帰宅して祖母の姿がないことに。そして、過去を振り返って、2人で共有して来た大切なものが失われつつあることに。

 孫娘は、耳が破れたミッキーを手にし、あるサプライズを思いつくー

 感動のエンディングは、動画を閲覧して頂くとして、この作品はイギリス在住でジャマイカと中国の血を引く19歳のシンガー、グリフ(Griff)が歌う『Love Is A Compass』の感動的ヴォーカルと相まって、心震える1本に仕上がっている。


慈善団体と提携したキャンペーンのために制作


 From our family to yours(私たちの家族からあなたの家族へ)というキャプションが付けられ、世代を超えて大切なものを家族で共有する絆を伝えているこのショートフィルムは、ディズニーが40年にわたりパートナーシップを結んでいる慈善団体『Make-A-Wish』のキャンペーンの一環として制作された。

 今回のキャンペーンでは、映画の中に登場する「限定版ヴィンテージミッキー」のぬいぐるみがオンラインのディズニーストアで購入でき、それらの利益は全て同慈善団体へと寄付されるという。

 また、ディズニー側はファンにSNSを介して、過去と現在に経験したクリスマスの思い出をシェアするよう呼びかけ、特別な思い出がシェアされるごとに同団体へ1ドルずつ、最大10万ドル(約1054万円)を寄付することを約束した。


 このキャンペーンは、12月31日まで継続される予定であり、Make-A-Wish Internationalの社長兼CEO(最高経営責任者)は、「ディズニーとの40年間のパートナーシップは、すでに世界中の子供たちに多くの願いを叶えるのに役立っています。このクリスマスキャンペーンに参加できることをとても嬉しく思います」と述べている。

 なお、ショートフィルムを閲覧した人からは「美しくて心が温まった」「涙出た」「このCMよりいいCMを作るのは大変だろうな」「今年はいろいろ辛い時期だけに、こうした家族の絆を描いた作品はタイムリーだね」「ディズニー、感動をありがとう」といった声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
第二次世界大戦前にこのクオリティ!ディズニーのカラーアニメーション映画約80年の歴史


じんわりきてうるっとくる。少年とペンギンのクリスマス物語


ドキっとする悲しさ。母親を亡くした猫の家族のショートフィルム「Trois Petits Chats」


引きこもり少年の元にやってきたのは片足のない子犬だった。ショートフィルム「The Present」


キツネさんキター!今年も更に感動。待望のジョン・ルイス、クリスマスCMがついにリリース!


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5874 points
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

2020年11月26日
2位
4365 points
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

2020年11月25日
3位
3641 points
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

2020年11月27日
4位
3535 points
余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

2020年11月28日
633441328
5位
2464 points
バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

バッテリー不要。乗る人の体重をアシスト機能に変換する世界初の自転車が登場

2020年11月24日
4901898670
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 19:37
  • ID:8IAw6zv80 #

みのもんたも優しい貌するやん…あれちゃうん?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 19:48
  • ID:zbZxfjHh0 #

滝泣女子代表、パルモ氏

3

3. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 19:58
  • ID:c4tR92kL0 #

頭でかすぎてキモい。
ディズニーも墜ちたなぁ。

4

4.

  • 2020年11月14日 21:14
  • ID:nv5O6TDJ0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 21:20
  • ID:VM3Gt1HJ0 #

ディズニーこんな目が大きかった?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 21:50
  • ID:CDPhMNvO0 #

CGアニメってこの等身バランスや
顔の造形で決まりになっちゃったのかな?
ディズニーもワーナーもどこやねん系の
アニメもCGは全部こんな感じだね。
あの表現、こういうシーンは一切やらないって
割り切ってるのかな。なんか演技の幅が
狭そうなデフォルメになっちゃったな。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 22:01
  • ID:An4R0ycC0 #

※3.低年齢層も対象に入れると、等身短めの方が取っつきやすいのかも知れんですね。

アニメだったらそんなに気にならないけど、3Dの変に立体感ある映像だと確かに気味悪いかも。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年11月14日 22:55
  • ID:sCJLvwMf0 #

私はモアナやらシュガーラッシュやらで見慣れたせいか、頭身にも特に違和感なく見られたのでめっちゃ泣けたけどな〜、
日本のアニメやイラストも頭身デフォルメされたもの多いし、慣れじゃないですかね。
おばあちゃん無事でよかった

9

9.

  • 2020年11月14日 23:30
  • ID:hCXHdqke0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 00:07
  • ID:yllLFKLn0 #

ディズニーは泣かせてくることも結構あるよね。その系列で行くとリメンバーミーって映画おすすめだよ。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 02:51
  • ID:fk8SFVKa0 #

ベタな展開ではあるけど、いいね
これからのちょっと浮き足立つ様なキラキラした季節が好きなんだ
ぼっちでも楽しみ方は沢山あるしw
でも今年はなぁ、、、

12

12. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 03:04
  • ID:iLRXLKnC0 #

>>6
子供が腕を振ってその場ではしゃぐモーションがアナ雪そっくり。。
顔にはシワが刻まれるのに、眼球がガラスのように綺麗なままなのが怖い。

13

13.

  • 2020年11月15日 04:43
  • ID:c5wQHbZw0 #
14

14.

  • 2020年11月15日 09:09
  • ID:X6qMw5.O0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 09:15
  • ID:0jpnnVP10 #

デフォルメしてあるのに細部がリアルでキモいんだよなぁ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 10:33
  • ID:VLTvp9b00 #

またディズニーがクサいアニメを・・・と思いながら見た。やられた❤️泣きました。素敵。

17

17.

  • 2020年11月15日 11:34
  • ID:SqoVZWXY0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 13:20
  • ID:Uofve1th0 #

みのもんただと思うと
どうしても感情移入が出来ない

19

19.

  • 2020年11月15日 14:38
  • ID:vOYNQ8e.0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 18:09
  • ID:BAddnrfI0 #

1940年
おばあちゃんの原風景は台湾か、あるいは大陸のどこかの租界か
でも、あの頃のミッキーって今とはずいぶん違ってたはず… まあいいか

21

21.

  • 2020年11月15日 22:35
  • ID:yhYlRV8R0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 22:56
  • ID:NkBzwvln0 #

家族がいないものにはつらい映像だなぁ…

23

23. 匿名処理班

  • 2020年11月15日 23:30
  • ID:..pML8wc0 #

良いストーリーだと思うんだけど…
ウォルト初期の白雪姫やシンデレラに見られるような、本当の人物ように生き生きとした描き方は、完全に失われたんだな。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年11月17日 07:48
  • ID:Grszs6u90 #

滝泣?歳をとったから涙腺は崩壊しやすいのに
詰め込み過ぎの上お約束の展開なのであまり響かないな

文化的な相違があるのでどうしてもディズニーCG映画の人物は
不自然等身なのに中途半端にリアルを混ぜ込んで愛らしくないキャラに
ビスクドール、マリオネットなどの人形と通じる不気味さを感じる
色々違和感が先立って気になってしまう

25

25. 匿名処理班

  • 2020年11月18日 06:29
  • ID:6qBEYJXC0 #

ごめん、サムネの段階で受付なくて、先にススメなかった。きっといいお話しなんだろうな。クスン。

26

26. 匿名処理班

  • 2020年11月20日 04:05
  • ID:hWoEERiK0 #

>>24
CGでもいいから、せめてFFやバイオハザードみたいな人物の等身バランスでやってくれ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク