muskrat4_640

 釣り人が釣り糸を垂れているとき、その先の釣り針にかかってほしいモノはほぼ魚、魚介類! つまり、水の中の生き物を期待していると思って間違いないよね多分。

 だからもしこんなモノがヒットしちゃったら、誰だってビックリするしかないと思うんだ。こんなモノっていうのは、毛の生えたあったかいあの生き物のことなんだけど……。
 
スポンサードリンク


Fisherman Pulls Muskrat From Under Ice

 ここはアメリカのウィスコンシン州ニューロンドンにある凍てついた沼。北ミシガン大学の学生ニコラス・ジェイムズ・ヨールさんが、分厚く張った氷に穴を開けて釣り糸を垂れていたところ、グイッと確かな手応えが!

muskrat1_640

 今回のお目当てのノーザンパイクか!とワクテカしながら、ニコラスさんが釣り糸を引き上げてみたところ…。

muskrat2_640

 なんと水から上がってきたのは、魚とは似ても似つかぬ毛玉動物だった!
muskrat3_640

 ネズミの仲間のマスクラットさんです。こんにちは。
muskrat5_640

 マスクラットは北米〜ユーラシア大陸の北部に広く分布している生き物で、日本でも毛皮用に飼育されていたものが逃げ出して、首都圏で生息しているらしい。

 実はこのマスクラット、水中に落っこって困っていたとか、釣り針に引っかかっちゃったとか、そういうおマヌケな状況にあったわけではない。もともと水中で暮らす生き物で、厚く張った氷の下でも元気に生きているんだそうだ。

 氷の下を自由自在に泳ぎ回るマスクラット。

cRAzY Ice Fishing Muskrat!

 しかしこんな冷たい氷の下で、凍えちゃったりしないのだろうか? マスクラットはもともと北米原産で、寒いのには慣れているらしいんだけど、やっぱり氷の下を泳いでいるのを見ると目を疑ってしまうよね。

 今回の映像を最初に見たときは、沼に落ちたマスクラットが助けを求めて来たのかと思っていたので、穴の中に自ら飛び込んでいったときにはちょっぴり唖然としてしまったことを白状しておこう。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
あわせて読みたい
蛇か?リスだ!沼に落ちたシマリスを助けた釣り人たち


ちょ、1分も経たずにコレですか!ピラニアさんのいる界隈では、おちおち釣りもできない件について


いやソレ、最初から無理があったと思うよ。カメを一飲みにしようとしたナマズの失敗


ほんわか流れるやさしい時間。友だちになってしまった釣り人さんとカルガモたち


食べ過ぎちっち!消化できないほど大きな魚を食べて窒息寸前の魚とったどー!



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 21:41
    • ID:90VlAISA0 #

    小さいビーバーみたい

    2

    2. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 21:47
    • ID:FGZN.4VA0 #

    MUSKRATのMUSKって香水とかのあのムスクの事?

    3

    3. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 21:54
    • ID:F3AJZ7m80 #

    何この可愛いの

    4

    4. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:24
    • ID:oHOOwLD70 #

    北限に住むビーバー...........では
    ダメなの?
    ダメかぁ

    5

    5. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:35
    • ID:E2gj.aZg0 #

    マスクラット「よう人間!俺たちの年なんでよろしく!」

    6

    6. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:39
    • ID:anI.STAu0 #

    鯨みたいに何時間も息が持つのかな?

    7

    7. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:47
    • ID:rwSS9Hue0 #

    浅い川で鯉を食パン浮かべて釣ってたら
    シラサギのでかいのが来てパクっと食った
    瞬間に飛び立って、空に向かって竿がしなった
    人生で唯一の経験。クチバシの堅いところに
    かかったのか、針ごとキレイに外れて糸がふわっと
    空から落ちてきた異世界フィッシング体験。

    8

    8. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:58
    • ID:tlhF7C3y0 #

    こんな小さな体で凍てつく沼の中もへっちゃらとかすごい!

    9

    9. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 22:58
    • ID:iDbk9xcC0 #

    体が小さいから、稀に氷の下に溜っている空気を吸って生きているのかねぇ?でも氷の下には湖から出たメタンガスとか、火山性のガスとかが溜まっている例も有るから、危険でもあると思う。一旦息を吸うと20〜30分は息継ぎしなくても平気…とかの進化の方向性かな?面白い生き物だと思う。あと何百万年か経つと小型のイルカみたいに進化するかも?

    10

    10. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 23:25
    • ID:h.ZqskN.0 #

    仕掛けはリリースできたのか?

    11

    11. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 23:36
    • ID:PnfydlfW0 #

    釣りの時の餌取りは遠慮したいけどこれはかわいいですね。ちなみに海でも毛の生えた生き物が釣れることがあります。その名はウミケムシ...閲覧注意のガチクリーチャーです...

    12

    12. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 23:42
    • ID:.93u3iLX0 #

    何で平気なんだ…
    そこらのネズミよりは脂肪厚そうだけど哺乳類なら冬眠してそうな環境だぞ
    物凄い量食べて体温維持してるとかなのかな

    13

    13. 匿名処理班

    • 2020年01月02日 23:55
    • ID:jy1VMOFx0 #

    ヌートリアにも似ているな
    水棲のネズミ目は顔も似通ってくるのかな?

    14

    14. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 00:10
    • ID:bI2gYjbn0 #

    余程旨そうなもので釣りをしてたのかな?

    15

    15. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 00:21
    • ID:P5HSFg3A0 #

    釣った子が「ウォッ!」って言って一瞬固まるのがリアルでいいね。

    16

    16. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 01:02
    • ID:RhCWPWEs0 #

    子年ですね
    おめでとうございます

    17

    17. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 01:23
    • ID:Q6Y373Hu0 #

    動きが早くて捕まえにくそうだし針を外すのが難しそうだな
    無理に糸を引っ張ったら怪我させそうだし
    自然と外れる事を期待して糸を切った方がいいのかしら

    18

    18. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 01:43
    • ID:Mb.D71tZ0 #

    ※5
    アメリカン「……や、そないゆわれても…ここアメリカやさかいなあ…(困惑)」

    19

    19. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 02:00
    • ID:7K0lQxX90 #

    以前のマスクラットはいつだっけと思ったら2016年12月の記事でした
    その時の子(こ)はロシアの子(ね)だったのね
    しっぽがモロねずみなのでうわって思ってしまうのだけど
    マスクラットは妙にかわいい

    20

    20. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 03:16
    • ID:Ls1bbXcp0 #

    何これスゲー!って思ったらヌートリアか
    こいつらがこんなポテンシャル高いとは思わなんだ

    21

    21. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 03:45
    • ID:VsdfGiMr0 #

    ルアーに見えるけど、釣った魚に食いついていたように見える。

    22

    22. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 04:01
    • ID:fqUo0PeZ0 #

    発泡スチロール製かまくらに藁を敷き詰めた
    「防寒住宅」にご馳走を仕掛けて
    「あれ❓ここ寒くなくね❓濡れなくね❓」って
    堕落させたい

    23

    23. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 07:54
    • ID:.AoKSyTM0 #

    人間ならオーメン状態で死亡だな

    24

    24. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 08:09
    • ID:dP4NlqEo0 #

    魚にはないフレンドリー感

    25

    25. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 08:23
    • ID:8eF029DZ0 #

    >>11
    海中生物を飼育していると個体が偶然混入して、水槽内で大繁殖することがある。
    Wikipedia
    ふぉーう

    26

    26. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 09:16
    • ID:3UUZVZ6e0 #

    2つ目の動画、小枝をくわえて来たのは巣作りの場所探しかしら。
    水中で耐えられるから良い毛皮なのでしょうね。

    27

    27. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 10:43
    • ID:.Obkvm7K0 #

    ※25 大成長もある。オニイソメや、オニイソメとかオニイソメなどの。。。(泣)

    28

    28. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 12:38
    • ID:bUWdP7IV0 #

    どうやって呼吸してるんだ?

    29

    29. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 13:10
    • ID:44xClSkX0 #

    何十倍も大きい毛皮と脂肪を蓄えた動物が冬眠だの凍死だのしてるのに
    なんでそんなちっこい身体で氷水を元気に泳ぎ回れるんだ?

    30

    30. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 17:24
    • ID:MQfJdAWW0 #

    「きゃっ!」

    31

    31. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 19:09
    • ID:FK8afBIt0 #

    >>2
    そうだよ

    32

    32. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 19:56
    • ID:nB8qfhNf0 #

    ノーザンパイクを検索して「ヒェッ」ってなった。

    33

    33. 匿名処理班

    • 2020年01月03日 20:41
    • ID:ilZlhHAc0 #

    ベルクマンの法則に真っ向から逆らった生き物だな
    こんなに脂肪が薄いんじゃすぐに体温を失うし、それを補うにはたくさんの食料が必要になる
    ちょっと信じがたい生き物だね

    34

    34. 匿名処理班

    • 2020年01月04日 03:51
    • ID:bH4q.WKD0 #

    ※33
    マスクラット談:寒中(チュウ)水泳が好きなもので…、

    35

    35. 匿名処理班

    • 2020年01月04日 13:16
    • ID:HtYfDS7g0 #

    ウミケムシかと思った

    36

    36. 匿名処理班

    • 2020年01月04日 20:22
    • ID:F6XeG83O0 #

    ※13 ※20
    気になって調べちゃった。ヌートリアはいろいろ似てるけど、
    体はマスクラットの倍。マスクラットは江戸川水系に生息し、
    被害は少ない。近い将来絶滅?との説もある。
    ヌートリアは各地におり、農業被害あり。見分けはヌートリア
    の前歯がオレンジ、マスクラットは白。(そこまで見えんがな)

    37

    37. 匿名処理班

    • 2020年01月04日 20:31
    • ID:F6XeG83O0 #

    追加→ ヌートリアは中国では食用(酢豚風など)に養殖、
    南米原産なので、氷の張る場所では生息不可。 

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク