tendersmokey0_e
image credit:Instagram

 かつてマランダーで紹介した保護猫たち、煙突の中から救い出された子猫「スモーキー」と、同じ日に高速道路10号線で保護された子猫「テン」を覚えているだろうか。



 ラッキーなことに彼らは煙突のあったお宅の姪っ子、メラニーさんに引き取られて、今も幸せに暮らしている。今日は彼らのその後のハッピーライフにズームインしてみたよ!

 
スポンサードリンク

1. 上がスモーキー、下の子がテンだ

2. メラニーさんのおうちに来た次の日、すでにくつろぎまくっている子猫たち

3. もうすでに親友となった2匹

4. 3ヶ月後。見違えるように元気に大きくなった

5. ボクらもうすっかりここんちの子

6. イケメンユニットに育ってきた

7. 雨の日はアンニュイ

8. まさに運命が導いた2匹の出会いだったね

9. あれから1年、ボクたちしあわせに暮らしてるよ!(右側にスモーキーもいるよ)

10. そして最新の写真がこちら。

 大きくなって、ハンサムボーイに育った2匹。あの日Hope For Pawsとの出会いがなかったら、こんなしあわせな日々はなかったかもしれないんだ。

11. 命の恩人、Hope For Pawsのロレッタさんたちと再会した2匹

12. これは去年の6月、メラニーさんのおうちに着いた時の2匹の様子

 これからもどうか元気に、ハッピーに仲良く暮らしてほしい。マランダーでもずっと見守っていきたいと思っているよ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
あわせて読みたい
Hope For Paws〜高速道路の真ん中に子猫が!命がけの救出作戦が実行された


Hope For Paws〜レーザーワイヤーにしっぽが絡まり宙づりになった猫を救え!(出血注意)


Hope For Paws〜何が何でも我が子を守る!生まれたばかりの子猫とその母猫の救出劇


路地裏に置かれたダンボールの中から11匹の猫が!無事に保護され一安心


「おい、なんでこんなところに猫がいるんだ?」NYの市議会議員が高速道路で子猫をレスキュー


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2019年11月05日 22:08
    • ID:d3tInoYU0 #

    悪そうなボウズたちだ、いい子になんかならなくていいんだぞ、なるべく永いあいだ悪い子でいろよ。

    2

    2. 匿名処理班

    • 2019年11月13日 00:16
    • ID:99KwSged0 #

    猫って もらわれていった先ですぐ天下取っちゃうよね

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク