d1
image credit: youtube

 メキシコ・メキシコシティの南にあるソチミルコ島は「人形島(The Island of the Dolls)」として知られており、薄気味悪い人形に出会える観光名所となっている。

 訪れた観光客の誰もがゾクゾクッと寒くなるという珍スポット中の珍スポットだが、アメリカ・ジョージア州アトランタ郊外にも似たようなテイストの不穏なハイキングコースがあるようだ。

 その名も「ドールズ・ヘッド・トレイル」といい、約2.4kmに渡って不気味な人形の頭部が並んでいて通りかかる者の姿を虚ろな目でじっと追っているように見えるのだという。
スポンサードリンク


CREEPY Doll's Head Trail Caught on Camera

公園に不法投棄されたゴミを利用したアートな共同プロジェクト


 「ドールズ・ヘッド・トレイル」はコンスティテューション公園内に位置する。不気味なハイキングコースが誕生する以前の19世紀、この一帯は巨大なレンガ工場だった。

 それが約50年前に閉鎖され、再び自然が復活。深い泥の穴に雨水がたまり、それがやがて大きくなってつながりコンスティテューション湖ができたのだとか。

 アトランタの中心街からわずか数マイルの場所だが、この自然の聖域は野生の鳥たちの棲み処となり、シカのような大型の生き物も生息している。

d2
image credit: youtube

 しかしこの公園が有名なのはそうした豊かな自然だけが理由ではない。ホラー感満載の「ドールズ・ヘッド・トレイル」があるからだ。

 約2.4kmに渡るこのハイキングコースは、地元の大工であるジョエル・スラートンさんのアイデアで始まったものなのだそうだ。

 スラートンさんは公園内をハイキングしているときに回収したゴミを使って、芸術的なディスプレイを作り始めた。

 それが次第に常連のハイカーたちとの共同プロジェクトになっていき、今日ではみんなで作った公共アートだと考えられるようになった。

 公園内で見つけたゴミを利用すれば、誰でもこのアート制作に参加できるのだという。

d3
image credit: youtube

自然と人間が生み出す奇怪なアートの融合に全世界が恐怖する!?


 スラートンさんは自身のアイデアについて、

公園内をハイキングしていると人形、自転車、車、工具などいろんな物が見つかる。こうした物をディスプレイしたのが始まりだ。

最初は数少ない常連のハイカーたちが歩いていて出くわすある種のジョークとして始めたんだ。地元の清掃活動などで無傷の人形が見つかることもあったよ。

こうした活動や長年の不法投棄のおかげで、アートの"材料"のほとんどは確保できたというわけだ。今や一般市民による、公共アートなんだ

と語る。

d4
image credit: youtube

 不法投棄されたものを有効活用しているとはいえ、たくさんの人形の頭部がディスプレイされているのはどうも不気味な雰囲気だ。

 だが、すぐそこが街中であることを知っていれば、そんな恐怖もまあ許容範囲なのかもしれない。

d5
image credit: youtube

 アメリカ中、いや世界中の大多数の人が、ここは世界で最も不気味なハイキングコースのひとつだと考えるだろう。

 それでも自然と人が作った奇怪なアートの融合は、ホラーファンやアドレナリンジャンキーでなくとも惹きつけられる不思議な魅力があることは間違いない。

References:Oddity central YouTubeなど / written by konohazuku / edited by usagi
あわせて読みたい
閲覧注意!見ると吐き気、頭痛がするといういわくつきの呪われた人形「ペギー」の動画


見ただけで呪われそう。亡き者の魂の器と化した8つ人形とそのサイドストーリー


実在する呪われた人形、アナベルにまつわる本気で怖いサイドストーリー


呪われた人形アナベルの再来か?現在もペルーに存在する勝手に動いて超常現象を引き起こす人形


電池を抜いても勝手に動くし勝手にしゃべる。クリティカルホラーな人形が発見されるってほんとかよ!


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月09日 22:43
  • ID:gSCFzEaM0 #

やめなよー
アートとかいってキャッキャしてるうちに
本当にナニかを呼び寄せちゃうよー(>_<)

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月09日 22:59
  • ID:NHvoKUg40 #

日本には
藁人形の森とかあったらいいかも

3

3.

  • 2019年10月10日 00:00
  • ID:.kU3tkXZ0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 01:40
  • ID:jBnVUv6l0 #

こう言うのは明らかな作為があるからなぁ。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 10:43
  • ID:lz373FOt0 #

テーマパークみたいなもんか

6

6. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 12:21
  • ID:GbRO.un30 #

アリスインナイトメア思い出す……こわい

7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 12:29
  • ID:eo9yKIrE0 #

ただしプラスチックゴミてめーはダメだ

8

8. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 17:25
  • ID:TpZjCZxv0 #

最初に歩いてきた人形が一番怖かった。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年10月10日 19:25
  • ID:pY0SM9.30 #

猿の惑星のワンシーンを連想した

10

10. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 11:35
  • ID:F0vJe3WY0 #

近所の水田はマネキンの頭だけをカカシにしてる 古くなって黒ずんだり毛が抜けたりでホラーだよ 数えてないけど20頭くらいあるかな

11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 23:23
  • ID:wrG5OpTK0 #

大量生産のホラー人形をみてなにをかんじろというのか
わざわざ首をもがれてディスプレイされる人形が可哀想
はっきり言えば悪趣味
仏像とか大切にされた人形が供養される場所とかなら畏敬の念の感じるけどめちゃくちゃやらせだろ
なんていうか人形への愛が感じられないので所詮その程度

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク