rabbit1
image credit:Facebook

 広島県の大久野島(おおくのしま)は数多くのウサギが生息するウサウサパラダイスとして知られているが(関連記事)、どうやらアメリカにもウサギ島が誕生したようだ。

 アメリカ・ミネソタ州ニューポートに位置する「ピースバニー・アイランド(Peacebunny Island)」は、なんとまだ10代の少年だというカレブ・スミスさんによる夢のウサギ島だ。

 絶滅危惧種のウサギや保護ウサギにとっての特別な場所とのことで、いつでも誰でも気軽に訪れられる観光地というわけではなさそうだが、それにしてもウサギ好きには気になるスポットなのである。
スポンサードリンク

ウサギたちの特別な場所として誕生した「ピースバニー・アイランド」



Peacebunny Island (2018)

 「ピースバニー・アイランド」は、スミスさんが所有する約8.9ヘクタールの小さな島だ。

 住み心地を確かめてみようとスミスさんは昨夏、島をリースしてハウスボートで暮らしてみたらしい。そして2018年10月、投資家の協力を得て購入に踏み切った。

"Tator Tot" a dwarf Hotot came out to play on boys day at the island, now that all the ladies are back at the Peacebunny Cottage for the winter

Peacebunny Islandさんの投稿 2018年10月16日火曜日


 スミスさんがこの計画を思い付いたのは数年前、絶滅の危機に瀕しているアメリカン・ブルー種のウサギとの養子縁組が決まったことがきっかけだったという。

 アンゴラウサギや絶滅危惧種のウサギの繁殖地として、そして保護ウサギたちの特別な場所として機能すればとの願いが込められているようだ。

"Magnolia" from Peacebunny Island

Peacebunny Islandさんの投稿 2018年9月26日水曜日


ウサギとの触れ合い方や環境問題について学びたい青少年の拠点


 ウサギたちは常にこの島にいるわけではなく、同じくミネソタ州サベージにある農場「ピースバニー・コテージ(Peacebunny Cottage)」で生活する。

 そして、天気のいい日や気候のいいシーズンには「ピースバニー・アイランド」に移動してのびのびと遊ぶのだ。

Big hugs on our last weekend with rabbits on the island this summer....

Peacebunny Islandさんの投稿 2018年9月26日水曜日


 島が一番賑わうのは毎夏の予定で、ウサギとの触れ合い方や環境問題について学びたい青少年の拠点となる。

 例えば2019年夏は、シースカウト(国際的なスカウト運動のひとつ)のグループや作品作りをするアーティスト、ウサギの保護活動などを行う非営利団体・STEM Bunniesが訪れるらしい。

Love it when the bunnies come running to me when I get off the boat! Say hi to "Daisy Peacebunny"

Peacebunny Islandさんの投稿 2018年7月18日水曜日


島を巡るトレッキングツアーなどアクティビティも用意


 ちなみに、スミスさんが飼育しているアンゴラウサギは年4回ヘアカットを受けるそうだ。その毛は環境に配慮した繊維会社に送られ、高級糸として販売されるのだとか。

 なお「ピースバニー・アイランド」は私有地のため、島を訪問したい場合は事前に問い合わせが必要だ。

 島を巡るトレッキングツアーなどアクティビティも用意されているようなので、ウサギまみれになりつつ満喫できたりするのかもしれないね。


Peacebunny Island: Rabbit sunbathing on boat dock
References:Peace bunny island / Facebook / written by usagi / edited by parumo
あわせて読みたい
動物解剖学士が作った、剥製動物たちのパラダイス遊園地


青い空の下、子犬たちが自分のそばでうっとろりん。これがわんわんパラダイスか


夏のワンワンパラダイス!たくさんの犬たちが跳んだり跳ねたり泳いだりのプールパーティー開催中


大好きな動物たちと触れ合える、なれ合える。一度は行きたい世界20の魅惑のアニマルパラダイス


たくさんのペンギンたちと飛んだり跳ねたり泳いだりできるビーチ(南アフリカ、ボルダーズビーチ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 18:59
  • ID:p2..aYfK0 #

まだ十代なのに、島を所有してる彼は何者?

2

2. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 19:21
  • ID:09kl167u0 #

愛玩動物の
ネコはネコちゃん
イヌはワンちゃん
何故、ウサギはウサギさんなんだ

3

3. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 19:27
  • ID:6z1PL8cH0 #

なんとまぁ、行動力のある子だね

4

4.

  • 2019年03月09日 19:44
  • ID:pVxHFiSO0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 19:54
  • ID:JewAEnGZ0 #

※2
うさちゃん。または、うさぴょん(ゴホゴホ

6

6. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 19:54
  • ID:EmIMGikq0 #

※2
ウサちゃん

7

7.

  • 2019年03月09日 20:03
  • ID:E2.2fTS40 #
8

8. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 22:35
  • ID:RdAtDZbc0 #

最初の動画、少年達のアクティビティの合間合間にサブリミの様に挟まれるウサ画像…
つーか行動力あってスゲー

9

9. 匿名処理班

  • 2019年03月09日 23:13
  • ID:FE2BbVUX0 #

スミスさんがまた優しそうな人だね
ウサギの天国だ!

10

10. 匿名処理班

  • 2019年03月10日 09:23
  • ID:lkk9lpiu0 #

そこの島にあった生態系(特別な生態系は無いかもしれないけど)を変える行為をして環境問題に取り組むってのも本末転倒みたいな気がする。いや、悪い事ではないんだけどね・・・。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年03月10日 10:20
  • ID:rUhpILSR0 #

荷物に紛れて捕食者となる生き物が持ち込まれたりして全滅しそう
というか航空写真見る感じ、そんなに陸と離れてないっぽいのでウサギが生息してる島とわかったら陸から泳いで来ちゃいそう

12

12. 匿名処理班

  • 2019年03月10日 10:50
  • ID:DwHH.4MC0 #

※10
8.9ヘクタールなんてちっぽけな島、しかも私有地だから問題ないんだと思うよ。島の所有者は元々アンゴラウサギを殺さずに毛を収集する畜産業で成功してる人だから農業・畜産免許/許可を得ていると思う。畜産区域なら生態系なんて元々考えられてない。自然保護区域じゃないしね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク