penguin-1_e

 極寒の地域で小さな体をフル稼働で子育てをするペンギンたち。人間だって迷子になっちゃうように、時としてヒナが親とはぐれてしまうこともあるようだ。

 ニュージーランド、クライストチャーチに住むビリーは生後2か月のブルーペンギンのヒナだ。どうやら母親とはぐれてしまったようで、辺りをうろうろしている姿を目撃された。
 
スポンサードリンク

penguin-1 (1)
image credit:Facebook

 ビリーを目撃したのはジェフ・メイン・スミスさんという男性だ。ジェフさんが今回感動したのは人間の優しい行動に関してである。

 ジェフさんはバイクに乗って海辺を走っていたところ、ビリーの姿を目撃したという。ちいさなビリーはあっという間に人に囲まれ始めた。

 スミスさんが家に戻りカメラを手に取りビリーのいたところに戻ると、そこにはこんな看板が立てられていた。

こんにちは。僕はビリーです。ママを待っています。獣医さんも僕がここにいることを知っています。なのでご心配なく放っておいてください。あとどうか犬たちを僕から遠ざけてください。読んでくれてありがとう 赤ちゃんブルーペンギンのビリーより。

penguin-2 (1)
image credit:Facebook

 おそらく砂浜を散歩しに来た犬たちがビリーを追い回したりしたのだろう。でもビリーは、母親が来るであろうこの場所を離れるわけにはいかないのだ。心優しい人間が立てた看板を目にし、ジェフさんは野生の生き物との適切なふれあいの距離を学ぶこととなった。

 その後、ビリーは獣医たちによって引き取られていった。母親はもう戻らないであろうこと、ビリーはもう十分に独り立ちできる月齢であったからだ。とはいえずっと砂浜にいたこともあり衰弱が著しいビリーは獣医たちによりケアを受けている。
penguin-3 (1)
image credit:Facebook

 ブルーペンギンがずっと砂浜に立ち続けることはめったにないそうだ。ブルーペンギンたちは日中は巣穴の中や海に入って過ごすことが多いという。おそらくビリーは、ずっと待ってでも母親に一目会いたかったのだろう。この近海のどこかにきっと母親はいる。元気になって再会を果たせるといいね。

References: Cheez Burger/Facebook/など / written by kokarimushi
※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。
あわせて読みたい
お前の話なんか知らーん!飼育員の説明中にせっせと靴紐をほどくペンギン


なかなか素早い動きじゃないか。子供たちとシンクロして遊ぶペンギン


南極でオペラを歌ってみた。こうなった(ヘッドホン推奨)


コウテイとか関係ないし。コウテイペンギンの雛を容赦なく追い回すアデリーペンギン


くちばしでそっとキャッチ。オウサマペンギンのシャボン玉あそび



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2019年02月09日 21:34
  • ID:EXg5tY0n0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 21:35
  • ID:EXg5tY0n0 #

簡単な英語で書いてあって誰でも読めるのが良いね!

ビリーの未来に幸あれ!

3

3.

  • 2019年02月09日 21:42
  • ID:.dud1yIx0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 21:43
  • ID:CP7oVPhI0 #

距離感わかってるって大事さー

5

5. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 21:51
  • ID:FLlYDWYK0 #

ビリーは可愛いのだけれど、母ペンギン待ちは寂しいね。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 21:51
  • ID:XRH6yM7o0 #

そおっか〜ママ来ないのはそゆ事か、ビリー頑張って生きるんだぞ!

7

7. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 21:52
  • ID:lnKJtkAy0 #

管理人さんが反映させるコメント選んでる割に※3のようなのを通すのは
それに対する反応を狙ったコメント稼ぎなのかな?それともよく読んで意味を理解してなかったとか?
むしろ私のこのコメントの方が検閲されるのかな

8

8. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 22:12
  • ID:RQ.9WLSI0 #

ブルーペンギン知らなかった。綺麗な紺色だなあ

9

9. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 22:14
  • ID:.7T8gLzk0 #

お母さんにどうしてももう一度会いたくてずっと待ってた
ちっちゃいビリー。切ない。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 22:45
  • ID:UXgOfCL60 #

保護され流までの間に外敵に襲われなくてよかった

11

11. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 23:15
  • ID:RDupr8nf0 #

なんか切ない…… ; ;

12

12. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 23:45
  • ID:.PfUpnxo0 #

ビリー君よかったねぇ
おかあさんに会えるよう祈っておく。
そして、優しい人間がいて本当によかった。
全ての人類がこうであればいいな。本当に。
そうしたら今の変な世の中もよくなっていくと思う。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年02月09日 23:49
  • ID:5dAFBBno0 #

※7
コメント※3無くなってるので読めません

14

14. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 00:31
  • ID:NAjXUwB60 #

いつかの赤ちゃんイルカみたいに、人間達にまわし抱っことかされなくて、ほんとうによかった…
観光客とかがいない地域なのかな
地元民にせよ観光客にせよ、人類はどこでも、迷子の動物にはこういう適切な対応ができる存在でありたいね

15

15.

  • 2019年02月10日 00:39
  • ID:Om.52OGk0 #
16

16.

  • 2019年02月10日 00:52
  • ID:JVBY4AH60 #
17

17.

  • 2019年02月10日 00:55
  • ID:JVBY4AH60 #
18

18. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 00:55
  • ID:IqpFfbrk0 #

※13
※7の指摘を受けて消したのではという因果関係を考えましょう

19

19. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 01:16
  • ID:B00E9Dnr0 #

ママンに育てられる動物に必要なのは食べ物だけじゃないんだよね
暖かい皮膚に包まれることも大事なんだよ
この子が大事に抱きしめられて育てられていることを祈るよ

20

20.

  • 2019年02月10日 01:21
  • ID:JVBY4AH60 #
21

21. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 03:28
  • ID:DEEr0HdI0 #

D.O.C. はDepartment of Conservation(自然保護省)でしょうね。ニュージーランドはそういうのがあるんだね。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 03:35
  • ID:lDfZ4sTh0 #

ペンギンで一番小さい種類の子だね。
たしかフェアリーペンギンとかコビトペンギンとかとも呼ばれる。
1羽で心細かったろうなあ。元気になって海へ還れるといいね。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 05:55
  • ID:5m2BDxvL0 #

ビリーのその後も知りたいな、野生に帰れるのか、動物園や水族館に引き渡されるのか、とかが気になる。野生の生き物を保護するのは、当人からすれば誘拐される様なものだし、人間の価値観(人懐こい・かわいい等)だけで保護や駆除の判断をされてしまうのはかわいそう。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 07:09
  • ID:M5vO.yMF0 #

ビリーに幸あれ

25

25. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 08:26
  • ID:e6WIyboU0 #

カラパイアめっちゃ好きなんやけど、結構な頻度で微妙に悲しい記事が出てくるな。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 10:05
  • ID:Q8tl3sWJ0 #

>ビリーはもう十分に独り立ちできる月齢であった

洋の東西を問わず、生みの親と生き別れになる昔話って
(捨てられたにせよ、不慮の事情で離れ離れになったにせよ)、
紆余曲折を経て、出世(男)or幸せな結婚(女)に収まっても
意外と両親とは結局それっきりってパターンが少なくない。

実際、そういう子は結構いたんだろうな。
そして、多くのケースではそのまま不幸に行き倒れても、
ごく一部でいい育て親や奉公先に拾われ、本人に能力があれば
現場からの叩き上げで成り上がった人もいたんだろう。
子供を失った親にとっても、そういう物語のように
もしかして何処かで幸せになってくれていたら…と
思えることが心の救いだったのかも。

27

27. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 10:30
  • ID:Q8tl3sWJ0 #

ところで、

>極寒の地域で小さな体をフル稼働で子育てをするペンギンたち。

ペンギン=南極 のイメージが強いけど、
べつに「南半球」が生息域なだけで、種類によっては
南米の赤道近くまで出てくるものも居たりする。
(なお、北半球の本来のペンギン(オオウミガラス)は
大航海時代以降の乱獲で19世紀半ばに絶滅。)

ブルーペンギン(コビトペンギン)は、
ニュージーランドやオーストラリア南部の
回帰線より南あたりで、北緯でいうと日本ぐらいに相当する
温帯の沿岸の草むらを繁殖地にしている。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 13:11
  • ID:8lMinyc40 #

15日間のリハビリ後に新居に放たれたようです
その後の記事をざっと読んだ内容を感想込みで

チューブで流す魚スムージーからまるごとの小魚食べられるようになって発見時の550グラムから1000グラムに体重増加

リハビリセンターに来た時は攻撃的でおこな習性のブルーペンギンらしからぬフレンドリーさだったのでこれは見た目よりも弱っていたしるし(はらへり?)

元気になったからもう仲良くしてくれない。噛みつく。こんだけ人に攻撃的なら野生のペンギンとしてやってけるはず。生存確率は高いだろう

出身はノースオタゴ(ペンギンパレードやコロニー観察で有名なオマルーがある地域で、発見地とは南に海上280キロほどの距離)ではなかろうか。長いこと泳いで(流されて?)きたのだろう。食えていなかった。発見時の体重は健康な雛の半分

発見地から東に4キロほど離れたとあるコロニーの巣穴にNZ自然保護局(DOC)によって入れられた。番号の表札がある小さな岩穴。ここのコロニーに留まるのか南を目指すことになるのかは彼女(ビリー)次第、とのこと

Endangered baby blue penguin spotted on Christchurch beach(Stuff.co.nz)
発見時の記事。段ボール看板とちいさなビリーの動画あり。愛らしい。

Billie the penguin bounces back to health thanks to fish smoothie and anchovies(Stuff.co.nz)
野生に放つ記事。コロニーの巣穴に入れる動画あり。え?そんな険しい場所で海と行き来すんの?って思う崖下の波打ち岩場にある。ビリーは恐竜の目。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 15:49
  • ID:9g4Nf.KG0 #

※25
動物の世界は人間の社会に負けず劣らずシビアだって教えてくれてるんだと思う

30

30. 匿名処理班

  • 2019年02月10日 22:30
  • ID:iPqG9qkg0 #

>>28
詳細ありがとう!
「元気になったからもう仲良くしてくれない」でフフッとなった。
元気になってよかったね。

31

31. 匿名処理班

  • 2019年02月11日 08:01
  • ID:m8BKhuF.0 #

※28
>彼女(ビリー)
ビリーちゃん女性だったのか

32

32. 匿名処理班

  • 2019年02月17日 01:44
  • ID:pjbohUjt0 #

綺麗な話のようにまとめてるけど
こうやって自然に介入するのには寛容なんだよな

33

33. 匿名処理班

  • 2019年02月18日 16:51
  • ID:8RDkiuMN0 #

母親は犬に食べられたみたいで可哀想
早く母親に会えるといいなあ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク