00_e0

 歴史は巡る。そして未来へとつながっていく。人類が残した文化の痕跡を研究し、それを記録し続けることではじめてわかる事実もある。

 現在も様々な考古学的研究が進められているが、2018年にニュースになると期待される考古学的発見だ。ここで近年までの進展と今年の展望について確認しておこう。
スポンサードリンク

1. ギリシャの戦士の墓


01
image credit:University of Cincinnati, Pylos Excavations

 ギリシャで剣で斬られて絶命した戦士の墓が発見された。戦士と一緒に少なくとも4人の遺体が埋葬されており、また金・銀の指輪、柄が象牙でできた剣、金で装飾された短剣などの埋葬品も見つかっている。

 このニュースがあまり表沙汰になっていないのは、墓が発見された地域で盗掘が横行しているためだ。情報が一般に公開されるのは、墓の調査が終わり、現場の管理体制が整ってからのことになる。

2018年には管理体制も万端となり、情報公開に踏み切られることが期待される。それまでは具体的な写真や場所などもお預けのままだ。


2. 13番目の死海文書の洞窟?


3
image credit:The Israel Museum, Jerusalem

 2017年、イスラエル、クムラン付近で新たなる死海文書洞窟が発見された。洞窟は1950年代か60年代に盗掘を受けたが、最近の調査によって巻物が発見。ここはクムラン付近で12番目に発見された死海文書を貯蔵していた洞窟である。他の11ヶ所の洞窟は40年代から50年代に発見された。

 12番目の洞窟が発見されたことは世界中で大々的に報道されたが、どうやらそれで終わりにはならなさそうだ。

 洞窟を発見した調査チームは、死海文書の発見が期待されるまた別の洞窟の調査も進めている。この調査はイスラエル考古学庁が実施する大型プロジェクトの一環として行われているものだ。

 ジュデアン砂漠では過去数年盗掘者の逮捕案件が発生しており、イスラエル考古学庁は一帯の考古学的発見が見込まれる全洞窟の特定・調査を急いでいる。そうした盗掘者たちが巻物らしきものを所持していたこともあった。
 
 すでに死海文書が隠されていると推測される洞窟が発見されていることを考えると、2018年に13番目の洞窟発見の報が伝えられても不思議ではないだろう。


3. サウジアラビアで先史時代の遺構を発見


3
image credit:APAAME_20171027_DLK-0298

 2017年8月、サウジアラビアで46ヶ所の先史時代の遺構が発見され、中には100万年以上も前のものもあると報じられた。

 この発見をした古砂漠プロジェクト(Palaeodeserts Project)の研究グループは、サウジアラビアの人類史・環境史の解明を目的としている。

 10月、別の調査チームがサウジアラビアで彼らが「ゲート」と呼ぶ謎めいた長方形構造を400個発見した。すぐさま低空からの航空写真撮影と地上調査が実施され、現在6,000枚の航空写真と膨大なデータが解析されている最中だ。

 2017年11月、第一回サウジ考古学会議が開催され、サウジアラビア国内で行われている研究調査の成果が発表された。2018年にも先史時代やより最近の時代に関連する遺構が新たに発見されると期待される。


4. エジプト、王家の谷


4]_e

 近年、精力的な研究が進められている王家の谷であるが、2018年も新しい発見が待っているだろう。

 2017年7月、付近に第18王朝のファラオ「アイ」(紀元前1327〜1323年)の王墓があると推定される区画が特定されたと報じられた。

 4本の基礎の発見のほか、レーダーからは墓の存在を示すサインが確認されている。王家の墓の西部で発掘調査を行う別の考古学チームもいる。

 さらにスイス、バーゼル大学のチームも分析を行っている。彼らが研究対象とするのは、王家の谷の「KV 40」という、2014年に多数のミイラが発見された場所である。

 また未確認であるが、新しい墓の発見につながるかもしれない現地調査が王家の谷で実施されているという情報もある。

 こうした状況を鑑みると、2018年に王家の墓から驚きのニュースが伝えられる可能性は濃厚と言えるだろう。


10_e3

 盗掘への対策が強化される


 2018年、専門家は世界的に問題となっている盗掘への対策に取り組んでいるだろう。そうした対策には例えば、盗掘のために掘られた危険なトンネルに進入し、その被害を評価するロボット、密輸された遺物を嗅ぎ分ける探査犬、販売されている品が盗品であるか見分けるソフトウェアといった技術がある。

 盗掘の被害が特に深刻なのは、戦争あるいは政治経済的苦境にある国々だ。盗掘者は警備員を射殺することもあるし、子供が微々たる額のために狭いトンネルに入り込み、命を落とすといったこともある。

References:livescience/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
歴史を塗り替えた10の考古学的発見


まるでホラーのような10の考古学的発見


考古学ミステリー、謎めいた10の隠し文書


発見できたら巨万の富が!世界10の失われた秘宝


歴史に大きな影響を与えた10の古文書

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 20:38
  • ID:C8qFVn7W0 #

エジプト関連の新情報は、ワクワクが止まらない。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 20:44
  • ID:Rye7KiVR0 #

日本人ってのは、祖先が全て縄文人と思ってるなら間違いだからね。
むしろ縄文人の遺伝子は少ないんだよね。
つまり、現在の日本人の遠い祖先は、海を渡って日本に入って来たんだけど、その時、縄文人を追いやり、北はアイヌ、南を琉球。縄文の遺伝子が北と南に追いやられた訳よ。
つまり。何が言いたいのか?というと。

遠い国の自分とは無関係の話しの様でもあるが、もしかすると現在の日本人と深い繋がりが有ることかもしれないと言うこと。
弥生人はどの時代に日本に入ってきたのか?とかね。
ひいひいひいひいひい・・・じいちゃんは。実は!?なんて可能性も有るかもしれんと思うと、少しは興味あるっしょ?

ヒッタイトとかね。古代から日本には数回、人種と文明が入って来たわけよ。
鉄を扱う技術。自分のルーツを探ると大半の人の祖先は移民になるかもよ。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 21:17
  • ID:NzvjaBBe0 #

ピラミッドの謎の空間の向こう側の真実早よ

4

4. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 22:14
  • ID:AxZKhPIa0 #

マチュピチュの扉はどうなったのん

5

5. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 22:17
  • ID:u8AMVOd90 #

※2
どこかで縄文の血が入っている可能性すら飛ばすんですか?

6

6. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 22:42
  • ID:Rye7KiVR0 #

正確にはまざってんのさー。
でも全てではないけどね。菊の紋とか何処からとかね。どの文明かとか。
集団的な移民があった訳よ。
その移民があった年代に何が有ったのか?とか調べりゃ色々と繋がりそうだ。
エジプトの捕虜から逃れたとか、エジプトの捕虜になる前は、シュメール?とか。
まぁ、海外の古代文明ってのも、案外、日本人のルーツだったりするという話し。
そんだけの事。
オカルト方向でいうなら、ネアンデルタール人がとなるが、そんだけじゃない訳で。ここは絶対に言えない。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 22:57
  • ID:gs5TF0xV0 #

※2
家の先祖はペルシャ系との噂があったね。

8

8.

  • 2018年02月09日 23:22
  • ID:DYcFxC.M0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 23:35
  • ID:.9VQBlzl0 #

サウジアラビアの地上絵は眉唾の与太話かと思ってたけど、グーグルマップでも見えるのね。でも100万年前はないだろ…

10

10. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 23:47
  • ID:Rye7KiVR0 #

あり得る話しだね。
シルクロードも移民のルートでもあるしさ。そのシルクロードってのは、何処から何処まで?ときて、アジアでも内乱があり逃れた国もあったりとね。
人類の歴史は深いよ。2000年位の尺度でしか歴史の勉強は一般的にはしないけど。それだと日本人は元々この大陸から湧いて来たことになっちまう。
今のエジプト人は、元々エジプトの人なのか?とかな。
侵略あり、難民。移民。そして今現在になり、更に未来はもっとだろうね。
最後は本当に全て混ざるかもよ。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年02月09日 23:53
  • ID:WYc2dxzd0 #

裏死海文書が発見されるか・・・?

12

12. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 00:28
  • ID:0T.2aKQU0 #

※2
つか、文化の渡来云々じゃなくて、失われた十二支族とかのネタに走るなら、まず件のエジプトあたりから日本までの経路を精査して、文化の痕跡をしっかり確認して、それが確実に後をたどって日本にたどり着くところまで証明しなきゃ
このすごく地道で面倒で、労多くして実り少なしという作業をした上での論調なら耳を傾けるにあたいするけど、単純に、あっちとこっちで似た形式があった、あっちの言葉でこっちの言葉が解読できる、っていうすごく浅いところで終始するから、眉唾扱いされるんだよね

あと、縄文系と渡来系がある程度交雑して弥生系になったという可能性が高いわけで、大抵の現代日本人の遠祖を遡れば、縄文系とどこかでつながりがあってもおかしくないんだけどね

13

13. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 04:22
  • ID:7P3RkIic0 #

とりあえず、死海文書等各種外典探しはユダヤに都合が悪いから先に確保ということなんだろうなとは思う。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 10:25
  • ID:qH1.qq110 #

日本もさー、とにかく古墳掘ろうぜ。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 11:53
  • ID:AHMQ0jis0 #

盗掘とトレジャーハントの違いとは

16

16. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 17:33
  • ID:W3vABwH.0 #

13番目の死海文書には、何だか恐いことが書いてありそうだな、、

17

17. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 18:48
  • ID:ynF0kvY30 #

ゲート、という単語で先ず興奮。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 19:59
  • ID:NSDR4l.Q0 #

ユダヤとかな、どうでもよくない?
だいたい辿ったルートの説明すると、そこに拘る人絶対出んのは何故っておもうよ。
単純にだな、海外の遺跡ってのも、日本人の先祖に関わりのあるもんかもよって事。
ネアンデルタール人は頭がデカイ。ここも交配はしたんだけど、アジア人はどうなのか?アジアよりも白人の方が頭と脳の大きさのバラツ幅がデカイ。
ヨーロッパ辺りにネアンデルタール人とか有るわけ。めんどくさいけど、人類の歴史は万単位の年月を通って現在な。
日本の海底にも遺跡もあるわけ。めんどいから古代文明も、その前も、その原点も興味あれば調べりゃ良いよ。
ほんと、めんどくせーよ。俺に分かるように説明しろとか、変な所に拘る人。
誰が何処からとか、個人でちがっても、そこは別に違ってもよくね?って。
どんな歴史や出来事、ルートで日本に来て、今の日本人が出来てんのか?
単純にそんだけな。
ネアンデルタール人とか、ミッシングリンクは、あまり触れない方が良いけどな。

19

19. 匿名処理班

  • 2018年02月10日 23:58
  • ID:0T.2aKQU0 #

※18
文化の伝播における経路を全く省みない時点で、何を言っても妄言だと自分で言ってるような物ですよ

単に繋がってる? そんな当たり前の事でも、どう繋がってるか、どうやって広がっていったのか、有名無名を問わず一体どれだけの学者が実地に発掘や調査に生涯をかけたと思っているんですか
そう言う無数の研究成果を省みようともせず、単に繋がってるだけとか言い出して舌鋒を躱し、しかも相手を無知と決め込んでそれぐらい自分で調べろとか言い出し、その上自分が口火を切った事に対して、単純にそんだけ、と逃げ口上に走るのはいかがなモノかと

20

20. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 03:10
  • ID:.Ktpkjk50 #

サウジの百万年前ってマジなの?
人類史変わるレベルやんけ

21

21. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 10:20
  • ID:sNVI87Rw0 #

100万年w.... 人類がお猿さんだった頃の遺構ですか

22

22. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 10:38
  • ID:.yunkQZX0 #

※2
縄文人は弥生人と合わさったって最近の研究で分かってるよ。弥生時代の地層に縄文人の骨格した骨も見つかってるし。現代人にも縄文人の遺伝子が残っているのが分かってる。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 20:46
  • ID:mVQIOPwx0 #

うちの近所にも古墳あるけど昭和初期に盗掘されてる

24

24. 匿名処理班

  • 2018年02月22日 04:22
  • ID:IlNu6Hqa0 #

こういう記事へのコメのマイナス評価のつき方で色々と察せられることもあるよね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク