0_e3

 アメリカのホラー作家ジェイミー・デイビスが、サム・クイーンと共に取材した結果をもとに作り上げたという、米国に存在する「一度は行ってみたい心霊スポット10ヵ所」のリストが公開されていた。いったいどんな物件に何が潜んでいるのか、下準備としてチェックしてみることにしよう。

スポンサードリンク

10.ローリング・ヒルズ収容所
(ニューヨーク州、イースト・ベサニー)

1_e3

 この施設は収容所として利用された後、老人ホームとして利用され、1974年にその役目を終えた。デイビスはこの場所で自分たちの横を走り抜ける黒い影を目撃したり、電子音声現象(ノイズが声のようにも聞こえる現象)を観測したり、懐中電灯が急激に点灯を繰り返す現象に見舞われたという。



 この施設はとてもオープンで、来訪者は施設の隅々まで見て回る事を許される。それこそ元・身元不明遺体用の死体保管所にだって入れてしまうのだ。


9.ピオリア保護施設 (イリノイ州、バートンビル)

2_e4

 1896年に建設されたこの建物は、現在歴史ツアー・ホラーツアーの名所として大切に残されている。1900年初頭に書かれたと思われる記録には、医師とその助手が体験した出来事が記録されていた。その中で医師は「ある患者の葬式をとり行った際、死んだ患者が自分の葬式で涙を流している姿を何人もが目撃した」と記録している。

 

 この話は有名なホラー番組にも取り上げられ、その際に録画した映像の中でも墓場を徘徊する幽霊が確かに撮影されたそうだ。


8.オールド・サウス・ピッツバーグ病院 
(テネシー州、サウス・ピッツバーグ)

3_e3

 病院と言うよりも研究所という印象をうけるというこの病院は、医師が寝泊まりする為の宿舎も兼ね備えている。特に3階の手術室と精神病棟はゾクっとすること請け合いだそうで、ゴーストハンターの間では「誰も居ないのに声がする」事がよくあると評判だ。




7.イースタン・ステート刑務所 
(ペンシルベニア州、フィラデルフィア)

4_e2

 1829年に建設されたこの刑務所では受刑者の人道は考慮されていないに等しかった。ここに収容された受刑者の数多くは体罰を受け、独房監禁では精神に異常をきたす囚人が続出したという。

 そこで行われた体罰、そして多発する受刑者の「殺人」、「拷問」、「自殺」 に加え、「死んだ受刑者の魂はずっと自分の牢屋に閉じ込められる」という考えが当時はあった為、この刑務所が呪われているという話は瞬く間に信じられるようになった。



証言の一つとして、不気味な影が刑務所内の部屋を行ったり来たりしているところが度々目撃されているようだ。


6.ペンハースト児童養護施設
(ペンシルベニア州、スプリングシティ)

5_e1

 ペンハースト児童養護施設が心霊スポットの名所として再オープンしたのは、2013年とつい最近の事だ。度重なる児童への暴行や虐待の為、この児童養護施設は1987年に閉設したが、児童の怨念や魂が未だに施設内を彷徨い続けているようで、時には施設内を歩いていると真新しいひっかき傷をつけられたり、物を投げつけられたりするそうだ。




5.ヒル・ビュー・マナー (ペンシルベニア州、ニューカッスル)

6_e0

 1926年に開設され、精神疾患、貧困層、親族の居ない老人等の為に作られた介護施設だったものの、度重なる不審死に加え12件にも及ぶ自殺が起きた経緯がある。



 この施設で有名な話の一つに霊との交信がある。PXデバイスと言う機械を介して霊との会話を試みた研究チームは、霊が自らの死因が「毒殺」である事を何とか説明しようとしているのが分かったそうだ。


4.プレストン・キャッスル(カリフォルニア州、イオネ)

7_e0

 1890年、プレストン・キャッスルは若い男性犯罪者の為のリハビリ・教育施設としてその門を開いた。しかし、その壁の内側では刑務官による生徒に対しての激しい拷問や精神的虐待が行われ、中には命を落したものも居たという。1923年にこの行為の全容をまとめた記録が高等裁判所に届けられたものの、高等裁判所は「この件は胸に留めておく」と言い、それ以上の行動はしなかった。



 1950年代には反発する生徒側の暴力的活動により女性刑務官の一人が悲惨な姿で発見されるという殺人事件まで起きた。この事件の犯人は捕まっておらず、1960年に施設はその門を閉じたが、自らを死に追いやった犯人を捜す彼女の霊は施設内を彷徨い続けているのかも知れない。


3.オールド・アイダホ刑務所 (アイダホ州、ボイシ)

8_e0

 オールド・アイダホ刑務所は1872年に建設された。この施設で命を引き取った者は110人にも及ぶが、その内、実際に死刑により死亡した人は10人にも満たない。その他100人近い人間の死因は心臓発作、自殺等の不審死だという。



 特にレイモンド・スノーデンとジョージ・ハミルトンという囚人が収容された部屋はホラースポットとして有名だ。スノーデンは「アイダホの切り裂きジャック」と呼ばれ、またハミルトンは釈放前日に「アイダホから離れたくない」と言い自殺を謀った経緯がある。

2.ワイオミング・フロンティア刑務所 
(ワイオミング州、ローリンズ)

9_e0

 ワイオミング・フロンティア刑務所は1901年12月に建設された。ここには、わずか14歳の若さでパイに毒薬を仕込み父親を殺害した少女が収容されていた。彼女は「なぜ父親を殺害したのか」と問われた時、「パイを作っている最中、無性に人を殺したくなった。その気持ちは抑制できなかった」と語ったという。まるで何かに突き動かされるように殺人を実行したわけである。



 合計250人の受刑者が亡くなったと言われている施設だが、実際に死刑で死亡した人数は14人だと言われている。刑務所は地下牢、独房監禁等がありホラースポットとしては抜群の怖さを醸し出している。体罰を行う部屋もあり、当時は鉄棒に巻きつけられた受刑者がゴム管で何度も叩きつけらていたそうだ。


1.オールド・チャールストン刑務所 
(サウスカロライナ州、チャールストン)

10_e0

 全米のゴーストハンターらの多くが、この施設で様々な怪現象を体験している。当時この刑務所にはアメリカ初の女性シリアル・キラー(連続殺人犯)ラヴィニア・フィッシャーが収容されており、1820年に死刑が執行された。



 しかし、死刑執行まで彼女は無罪を唱え続け、現代でも彼女が本当に犯人であったのかの議論は活発に行われている。もし彼女が本当に無実だったとしたら、彼女の恨みは計り知れないだろう。

via:listverse・原文翻訳:riki7119

▼あわせて読みたい
いわく憑き物件。幽霊に悩まされていた13の城と館


ネット上で話題を呼んだ30の心霊写真とそのサイドストーリー


米ホワイトハウスは心霊スポットのメッカだった!?ホワイトハウス内、10の心霊スポット


霊能者も嫌がる心霊スポット、「富山県の旅館・坪野鉱泉」


心霊スポット観光案内(空気が重い場所ランキング付)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. Pちゃん

  • 2014年02月15日 20:43
  • ID:9wWEhJqS0 #

変なコト言ってスマン。
8番の動画、なーんか「ちっさいヤツ」が
終始チョロチョロしてるように感じるんだけど
気のせいor飲み過ぎ?w

2

2. 匿名処理班

  • 2014年02月15日 21:24
  • ID:lvhV.VZz0 #

お化けやUMAはロマンがあっていいと思うけど、それはあくまで御話として楽しみたいんであって実際ここへ行けってのは絶対無理だわww

3

3. 匿名処理班

  • 2014年02月15日 21:31
  • ID:JoUkQgNy0 #

幽霊が出るってだけあって、スーパーナチュラルの撮影で使われそうな場所が多いな〜。

4

4. 匿名処理班

  • 2014年02月15日 21:51
  • ID:xoRZ7OO50 #

名所として商売とかたくましいな

5

5. 匿名処理班

  • 2014年02月15日 22:13
  • ID:YYV5W22u0 #

行き場のないあなた(幽霊)だから…

6

6. 匿名処理班

  • 2014年02月15日 23:44
  • ID:OwVX1QQO0 #

アメリカの場合やたら刑務所が心霊スポットになってるのはなんでなのか
日本だと病院が多くて刑務所やその跡地ってのはあんまり聞かないよね
あと日本のように森だとか沼だとかいった建物じゃないただの場所が有名心霊スポットになってる例もあがってないみたいね
国民が潜在意識的に恐怖を感じるものが違うのか、それとも別の理由によるのか
他の国の心霊スポット一覧も比較して見るとおもしろいかも

7

7. 匿名処理班

  • 2014年02月16日 00:00
  • ID:6b3CSL230 #

9のは1986年(昭和61年)にできたヤツなのにもう心霊スポット化してんのか・・・って、1896年の間違いと違う?

8

8. 匿名処理班

  • 2014年02月16日 00:04
  • ID:3Vi9wJvx0 #

マジで行きたくねえよ今回のスポットは・・・
今回は品質がマジでやばすぎる

9

9. 匿名処理班

  • 2014年02月16日 01:30
  • ID:gh9K21jr0 #

刑務所が多いな

10

10. 匿名処理班

  • 2014年02月16日 05:26
  • ID:PbWEePjD0 #

「ゴーストハンターの間では「誰も居ないのに声がする」事がよくあると評判だ。」「全米のゴーストハンターらの多くが、この施設で様々な怪現象を体験している。」のくだりで、なんか自称ゴーストハンターの中二病患者らが「今感じた」「おお、俺も俺も」とか言い合ってるところ想像して吹いた。

11

11. 匿名処理班

  • 2014年02月16日 08:07
  • ID:vAmU6k8H0 #

5で連想。
霊もいいけど、現役の施設内での虐待のほうをなんとかしないと。
『子ども虐待という第四の発達障害』(杉山登志郎 2007年)
この本、施設内虐待の告発にかなりの分量を割いてる。
DV親から救出された後、送られる施設も同じくらい悲惨。
メンタルの破壊はよけいに進行する。
人手と予算の不足からくる職員からの虐待はもちろん
壊れた子同士の虐待的絆とかきつい。
いわく日本の養護施設は昭和30年代で時間が止まってるそうです。
タイガーマスク当時より古いっつうの。

12

12. 匿名処理班

  • 2014年02月17日 01:07
  • ID:ImGrjcEE0 #

怖えぇ〜!けど行ってみてぇっっ!

13

13. 匿名処理班

  • 2014年02月17日 04:04
  • ID:0vJKrNRn0 #

デスカバリーチャンネルかなんかでやってた心霊現象調査するアメリカの番組おもしろかったな

14

14. 匿名処理班

  • 2014年02月17日 12:50
  • ID:7Qd0efAC0 #

あ〜…これは「何か」がいるね
行かない方がいいよ

15

15. 匿名処理班

  • 2014年02月21日 11:03
  • ID:HXu4Oz9m0 #

1の説明にある女性初のシリアルキラーについてですが、アイリーン・ウォーノスではないんですか?
どなたかわかる方いたら説明にある女性について教えてください。

16

16. 匿名処理班

  • 2014年02月23日 02:43
  • ID:S.iwcKot0 #

ラヴィニア・フィッシャーは19世紀前半の大量殺人者だね。夫と一緒にホテル経営と殺人をしてたみたい。夫婦ともに出身は不明だけど人生の大半をアメリカで過ごしてる。殺害目的は金品の強奪かな?
殺害方法は男性客を夕飯に誘って金持ってるか聞き出し、金持ちの場合紅茶に毒?を入れて眠らせ、夫が鋭利な物で刺殺するとかなんとか。ある日お茶嫌いの客が紅茶をこっそり棄て夫妻と色々もめたことで犯行がばれたらしい。
彼女についての情報は眉唾物ばかりだけど地元ギャングと何らかの繋がりがあったのは地元自警団の証言があるので確かみたい。投獄された後も脱獄を試みたりしたけど結局1820年2月4日絞首刑で死去。享年26~7歳。墓は1の刑務所近辺の共同墓地に今もあるみたい。
英語版wikiに書いてあったことを大雑把に要約したものだけど自分は英語が苦手なので所々間違ってる可能性が大でござる。
あとシリアルキラーは犯人の主眼があくまでも殺害行為に置かれてるというのが条件らしいので犯行動機がはっきりしていないラヴィニアはシリアルキラーであると断定は出来ないね…。英語版wikiでも大量殺人者と書いてあったし。現段階ではアイリーン・ウォーノスがアメリカ初の女性シリアルキラーで間違いないと。

17

17. 匿名処理班

  • 2014年02月24日 23:34
  • ID:ClnNE6o30 #

16さん
ご説明ありがとうございます!
自分で調べてみたんですが、調べても分からなかった理由がはっきりしてすっきりしました!
着眼点がそもそもズレていたんですね。
気をつけます!

18

18. 匿名処理班

  • 2015年06月07日 15:05
  • ID:K9ynnUXo0 #

※6
アメリカを始め、海外の刑務所って
ほんと日本では想像できないレベルの無法地帯ばっか
だからかもよ
看守と囚人の(刑死を抜いた)死亡率もハンパないし
あと、
看守が自殺・囚人に殺された…さぞ無念だろう
囚人が自殺・看守や囚人に殺された…暴力的イメージ
から、恨みとか怨念みたいな
人を害する霊的な想像がつきやすいのかも?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク