no title

 アイルランドの探検家、アーネスト・シャクルトン率いる帝国南極横断探検隊は、イギリスが20世紀中に派遣した南極探検隊のひとつで、南極大陸の初横断を目指したものの氷に阻まれ身動きが取れずに座礁した。南極横断は失敗に終わったものの、極寒の地で越冬し、約1年8ヶ月にわたる漂流から全員無事に生還することのできた、奇跡の探検隊として有名となった。

スポンサードリンク

 1914年12月5日、帝国南極横断探検隊28人の乗組員を乗せたエンデュアランス号は、サウス・ジョージア島のグリトビケンから南極大陸の海岸を目指した。南極圏の流氷に阻まれた海をなんとか切り抜け、翌年の1月12日、目的地であるルートポルド海岸のすぐ北にある未踏の地へ移動した。

3_e1

1_e3

2_e3

 その後航路を氷に阻まれ、船の進行は大きく遅れた。そしてとうとう、1月17日を最後にエンデュアランス号の前進は停止した。完全に氷で閉ざされてしまったのだ。南極大陸まであと320kmの地点だった。

 それから間もなく、海氷でまったく身動きの取れない状態となり、10ヶ月ほど氷塊に囲まれたまま漂流を続けたが、氷の圧迫でエンデュアランス号が崩壊を始めたため、船を放棄し、徒歩で、(氷山が溶けてからはボートにて)氷洋上を踏破し、約500km先のエレファント島に上陸した。

4_e2

5_e1

6_e1

7_e2

8_e2

9_e2

10_e2

 
 隊員たちはエレファント島で越冬した。氷が溶けると、シャクルトン以下6名の乗組員が僅か7メートルの救命ボートに乗り、救助を求めに旅立った。その後約1300km先のサウスジョージア島に無事到着。登山道具も満足に無い状態でさらに山脈を越えて漁業基地に到達し救助を求めた。

 約1年8ヶ月にわたる漂流にも関わらず、シャクルトンと27名の隊員全員が、1人も欠けることなく生還を果している。 シャクルトンは、当初の探検目的は果たせなかったものの絶望的な状況下において隊員の希望を失わせず、かつ、冷静な判断と決断力で奇跡ともいえる全員帰還を成功させたことで、優れたリーダーとして今でも称えられている。

11_e2

12_e1

13_e1

14_e1

15_e1

16_e1

17_e1

18_e1

19_e1

20_e1

21_e1

22_e1

23_e1

24_e1

25_e1

26_e1

27_e0

28_e0

29_e0

30_e

31_e

32_e

33_e

34_e

35_e

36_e

37_e
via:ispank


▼あわせて読みたい
生き延びる為、人は苦渋の選択をした。アンデス山脈飛行機遭難事故の奇跡の生還者


それでも人は前に進む、新たなる希望を目指して。およそ100年前に撮影された南極大陸探検カラー写真


25万人の死者が沈む悲劇のバイカル湖(ロシア)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7462 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1437290227
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4490 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
704390525
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 20:35
  • ID:ZivOVDOH0 #

犬達も無事に生還したのか気になる。

2

2. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 20:38
  • ID:rcnGrCN.0 #

主に何を食べてたんだろう

3

3. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 20:46
  • ID:hq9me4PJ0 #

そして、メガトロンを発見

4

4. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 21:05
  • ID:LjiKVMsf0 #

この犬たちは全員食べられちゃうんだよな。
隊員たちが「美味しかった」ってコメント残してる。

5

5. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 21:08
  • ID:EBmFnRxq0 #

映画化されてたら見てみたい。

6

6. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 22:23
  • ID:tK3sWQsk0 #

今何人生き残ってるの?

7

7. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 22:26
  • ID:5zFO3mGb0 #

国が金ほとんど出さなかったので超ぼろい一般の船で行ったんだっけ?

8

8. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 22:55
  • ID:WALlT1C50 #

>絶望的な状況下において隊員の希望を失わせず
素晴らしすぎ…
新聞配達員の俺は昨日満載のバイクを倒したというだけでもう前に進めないかのような絶望の淵に立ったというのに

9

9. 名無し

  • 2013年01月06日 23:50
  • ID:TWm.qz1u0 #

タローーー!!

10

10. 匿名処理班

  • 2013年01月06日 23:57
  • ID:dkOgAfMV0 #

知らない話だったけど。
すごいねこれ。

11

11. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 00:56
  • ID:P2GzV.NU0 #

一年半以上の間をよくまぁ全員無事で…
壮絶な忍耐を強いられたんだろうなとしみじみしつつも
間にチョコチョコ挟まれる動物写真に和むw

12

12. ねこ

  • 2013年01月07日 01:44
  • ID:TX0jNoCX0 #

犬はみんな無事かな?

13

13. 匿名処理はん

  • 2013年01月07日 02:07
  • ID:gT.aMMmF0 #

やはり人間の持つ可能性の力は並大抵の物ではないな

14

14. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 03:04
  • ID:XDbfbkf10 #

この話は初めて知ったけど、すごいな。
ところで、写真の可愛いペンギンたちはこの後食料になったんだろうな、きっと。

15

15. 匿名処理班炊事係

  • 2013年01月07日 09:17
  • ID:UKezzRJ70 #

わんこはご飯になったのだ…
なむなむ(´・人・`)
それにしてもよく全員生き残れたものだと感心する。

16

16. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 10:02
  • ID:dqHlP1Oo0 #

この頃の南極は…
今よりもずっとファンタスティックで未知の世界だったんでしょうな。

17

17. 特命処理飯

  • 2013年01月07日 10:07
  • ID:o0fa9FkB0 #

確か,ドナルド・サザーランドの主演で映画かTVドラマになっていたと思う。TVで放送していたのを偶然に途中から見たのでタイトルが分からない。食料が無くなり犬を食べるシーンが印象的だった。「こんなに美味いものとは・・・・」といってむさぼり喰っていた。捕鯨用の小屋がある無人島にたどり着き,暖かくなって救助されるというストーリーだったので間違い無いと思う。

18

18. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 12:10
  • ID:LXGEHkmI0 #

ペンギン食い放題か。おいしいのかな

19

19.

  • 2013年01月07日 17:16
  • ID:fwCnmi2n0 #

キャプテンクックも犬食ったしな。同乗貴族のペットだったが体調崩して淡泊不足で仕方なかったらしい。

20

20. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 20:11
  • ID:b.DN.dp70 #

なんかチェスとかしてるし意外と楽しそう

21

21. 匿名処理班

  • 2013年01月07日 20:41
  • ID:8qq56xtn0 #

そして彼らは奇妙な海百合状生物の死体を発見したのです。

22

22. 匿名処理班

  • 2013年01月08日 11:41
  • ID:J66C6sBy0 #

これってサードマン現象でも有名なやつですよね

23

23. 匿名処理班

  • 2013年01月08日 11:55
  • ID:dDLuoAio0 #

ペンギンはシチューにして食ったけど、骨ばっかりで食いでがなかった、って本で読んだ気が

24

24. 匿名処理班

  • 2013年01月09日 00:56
  • ID:BOMhoIP70 #

あんなよちよち歩きで簡単に捕まえられそうだが絶滅していないということはマズイんだろうね

25

25. 匿名処理班

  • 2013年01月09日 17:07
  • ID:ti1uGIrY0 #

「シャクルトンに消された男たち―南極横断隊の悲劇」
を読むと実はこの冒険の裏では別働隊に犠牲者が出ていた事がわかる
シャクルトンの指揮力は別働隊にまでは及ばなかった

26

26. 匿名処理班

  • 2013年01月09日 17:53
  • ID:IipfrO0g0 #

この人が探検に使った小屋から木箱ごと氷漬けになった100年前のウイスキーとブランデーが見つかってるんだよね。

27

27. 匿名処理班

  • 2013年03月23日 23:11
  • ID:.vD94qto0 #

エンデュアランス号漂流はオススメ
主にアザラシを主食にしていたそうな

28

28. berto

  • 2015年05月30日 04:49
  • ID:ZX7Fo5wN0 #

残念ながら、犬は射殺されました。乏しい食糧を守るためです…
シャクルトンの関連本を5冊ほど読んだが、このサイトには見たことない写真が在って素晴らしい。

29

29. じょん・すみす

  • 2020年11月18日 15:26
  • ID:nnmdseiH0 #

※1
以前見たシャクルトン隊のドラマだと、犬は
かなり早い段階で隊員の胃袋に行っちゃった様子。
まぁ、欧米の南極探検隊では
普通にあった様だけど。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク