cockatoopuzzle4_640

 オウムという鳥の賢さは、既にみんなもよくご存じの通りだと思う。先日はそのオウムの一種である「キバタン」に、立体的なパズルを解いてもらうという動画をご紹介したが、みんな覚えていてくれたかな?



 あの動画の反響はなかなかのものだったようで、全世界から次なるパズルのアイディアが送られてきたそうだ。

 今回そのうちのいくつかを実際に作ってみたそうなので、ご紹介しておこうと思う。少々長い動画だけれど、お茶でも飲みながら付き合って欲しい。
スポンサードリンク


Can this Cute Cockatoo Solve the Puzzle? (All new designs!)

 前回登場した立体パズルは、木のパーツを引っこ抜くと、上部にセットしたエサが落ちてくるというものだった。キバタンのポパイ氏、及びこの時たまたまやって来たもう1羽のキバタン氏は、やすやすとこのパズルを解いてしまったわけだ。

 そこで寄せられたコメントの中には、「中味を見えにくくしたらどうだろう」「フェイクのパーツをつけてみては?」といった、撮影者さんもかなり興味をそそられるものがあった。そこでそのアイディアを採用して、いくつか実際に作ってみた。

cockatoopuzzle8_640

 中身が見えないパズルの場合も、ポパイはあっさりと中にオヤツがあると想定し、木のパーツをすぐに抜き取った。

 この時実は内部で引っかかってしまい、一度に全部出て来なかったのだが、ポパイはすぐに「パズルをゆすると残りが出て来る」ことを学習してしまった模様。

cockatoopuzzle9_640

 次にフェイクのパーツをつけたパズルは、ポパイ氏にとっては楽勝だったみたいだ。これまで出てきたパズルは、パーツを抜いて行く順番はあまり関係なかったしね。

 そこで次に登場したのは、レバーを押す順番がカギとなるパズルだ。こちらはパーツを抜くのではなく、下に押すことでオヤツが上から下へと移動する。

 試作品Aは、キバタンの鋭いくちばしで壊されてしまったため、試作品Bは強度のある素材に変更。

 最初はなかなかうまくいかず、撮影者さんに不満げな表情を見せるポパイ氏。
cockatoopuzzle3_640

 その後試行錯誤を経て完成したのがこちら。レバーの数を減らし、プラスチックの丈夫なものにしたところ、ポパイ氏はなんとなく「順番通りにレバーを押す」とエサが出てくることを理解した模様。

cockatoopuzzle7_640

 ただしこのパズル、ちゃんとレバーを押しても中でエサが引っかかっちゃってなかなか出て来ない。この辺は次回さらに改良を重ねるとして、このアクシデントのおかげで興味深いことが起こった。

 ポパイ氏は最初のレバーのところでエサが詰まるたびに、撮影者さんが直しに来るということを学習したらしい。撮影者さんがレバーをカタカタ押すと、エサが2番目のレバーのところへ落ちて行く。そこでおもむろに2番目のレバーを押せば、イライラしなくてもエサをゲットできるのだ。

 まるで撮影者さん自身がパーツの一部になったみたい? そう、ポパイ氏は撮影者さんを利用することで、めんどくさい最後のパズルをあっさり解いてしまったようだ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
「気になる!」と思ったらもう止まらない!カワセミのしっぽにちょっかいを出しまくるオウム


「ちょっとそこの人、これ頼むわ!」と、ニンゲンに蛇口をひねってもらって水を飲むオウム


ストラ〜イク!じゃなかったのか?ボーリングの結果に納得いかないオオバタン


「ねえねえ、もうちょっとちょうだいな!」オオバタンとヨウムの微妙に仲良しオヤツタイム


「なんだよその運転、警察呼ぶぞ!」いや、その前に静かにしないと本当に警察呼ばれるから!運転手に苦情を言いまくるオオバタン



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    7462 points
    洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

    洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

    2020年11月18日
    1437290227
    2位
    6315 points
    アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

    アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

    2020年11月16日
    3位
    4754 points
    地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

    地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

    2020年11月17日
    9773733638
    4位
    4531 points
    集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

    集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

    2020年11月21日
    764423527
    5位
    4243 points
    3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

    3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

    2020年11月16日
    8673329344
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2020年10月25日 21:56
    • ID:AtIdjG110 #

    試作品Aはキバタンの鋭い嘴で壊されてしまったため ←なるほど!賢いな、そっちの方が楽だもんな

    2

    2. 匿名処理班

    • 2020年10月25日 22:39
    • ID:jC4TxOIZ0 #

    キバタンの髪の黄色い部分って漬物にできそう

    3

    3. 匿名処理班

    • 2020年10月25日 23:13
    • ID:CBKW9XE10 #

    右のレバーを押すと種が出るってことは理解してそうだけど、
    その前段階で左のレバーを押す必要があることは理解してなさそうだね

    4

    4. 匿名処理班

    • 2020年10月26日 02:54
    • ID:OO.Ny6h50 #

    確かこいつ野生のキバタンだったよね
    つまりこの鳥は人間の影響や学習を受けなくてもナチュラルに賢いってことか

    5

    5. 匿名処理班

    • 2020年10月26日 07:35
    • ID:4fQJrKE80 #

    中型インコ以上の大きさの鳥になると、頭もいいし、力もあって飼うの結構大変。

    6

    6. 匿名処理班

    • 2020年10月26日 14:32
    • ID:uzVVhWGC0 #

    鳥はホント賢いよな

    7

    7. 匿名処理班

    • 2020年10月26日 17:05
    • ID:M7MZVoUU0 #

    作者の動画チャンネルのPRみたいな動画でなんだかなぁという感じ。

    8

    8. 匿名処理班

    • 2020年10月27日 21:10
    • ID:cA5uSESR0 #

    初見で解けなかったとはいえ
    解き方の実演で学習して、解けるようになるのは相当知能高い

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク