プーチン大統領、動物用コロナウイルスワクチンの開発に着手
ロシアが動物用コロナウイルスワクチンの開発 /iStock

 8月11日、ロシアのプーチン大統領は、新型コロナウイルスのための世界初となるワクチン「スプートニクV」が完成したと発表。ロシア政府はこのワクチンを認可した。

 データが不十分であり、臨床試験の最終段階に至る前に認可されたとして危険だとする声が国内外から多く上がっている中、今月末までに導入する予定で、医師などが志願ベースで接種を受けることになっている。

 そしてプーチン大統領は次なる計画を発表した。それは、動物用コロナワクチンの開発だ。猫がコロナに感染したことを受け開発が始まったそうで、現在その準備が急ピッチで進められており、今年秋には完成予定だという。 
スポンサードリンク

猫がコロナに感染したことを受け、動物用ワクチンの開発に着手


 世界初とされる人間用のコロナウイルスワクチンの安全性の是非が問われる中、ロシアは動物用のワクチンを開発していることを発表した。

 ロシアの獣医監視機関ロッセルコズナゾールは、この“画期的な”動物用ワクチンは、モスクワとシベリア西部のチュメニ地方で飼育されている猫がコロナに感染したという事例を受けて開発が始まったとし、秋に完成予定であるとしている。

iStock-1216928248
iStock

まずはミンクから。その後猫や犬などペットに


 動物用ワクチンの開発を急いでいる理由は実は他にもある。ロシアの広大な毛皮農場のミンクを保護する必要性があるからだ。

 というのも、5月にオランダの毛皮農場で、コロナに感染したミンクが人間にうつすという事例が報告されていた。また、農場で暮らしている11匹の猫うち、3匹からも新型コロナウイルスが検出されている。

 さらに7月、スペインの毛皮農場のミンクが新型コロナウイルスに感染していることが判明し、約10万頭近くが処分された。この農場ではコロナに感染した従業員らからミンクに広がったとみられており、検査の結果、飼育されているミンクの87%が新型ウイルスに感染していることが判明した。

 ロシアでも同様のことが起きないよう、まずはミンクを対象にワクチンが配布されることになり、その後、猫や犬などのペットにも利用できるよう、獣医院でも接種が可能になるという。

00
iStock

ロシアのワクチン開発の未来はいかに?


 世界では、現在20種以上の新型コロナウイルスに対するワクチンの臨床試験がおこなれている最中だ。そんな中、ロシア政府は真っ先に世界初となる人間用のコロナワクチン「スプートニク后廚鯒Р弔靴拭このワクチンはロシアのガマレヤ国立研究所が開発したものだ。

 だが実際には、その効果がどれほど有効であるかを証明する臨床試験が完了しておらず、わずか38人の健康な成人の治験ボランティアに42日間テストを行っただけで承認された。その後参加者らは、高熱や痛み、痒み、腫れなど31の副作用を引き起こしていたという。

 くわえて、ロシアの保健局長は、18歳未満および60歳以上の人には使用できないことを明らかにした。これらの年齢層で治験が行われていないからだ。

 アメリカやヨーロッパの専門家らから批判の声が上がっているのはもちろん、ロシア国内の専門家からも不安の声が出ている。

 だがプーチン大統領は「自分の娘も接種した」と太鼓判を押し、ロシア政府は「別にスプートニク垢世韻飽様蠅垢襪錣韻任呂覆ぁ廚犯刃澄∈7酲までに希望する医師を対象に接種を行う予定となっており、9月から大量生産が始まる見通しだそうだ。

References:unilad / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
プーチン、動きます。子ライオンを虐待した犯人を捜すよう当局に命令(ロシア)


猛獣使いプーチン、ペルシャヒョウの子どもをてなずける。その後記者、襲われる。


クゥ〜、科学者がまた体を張ってる。自作の新型コロナワクチンを自分の体に試す科学者たち(アメリカ)


フランスで初めてコロナに感染した猫が無事回復


一刻も早いワクチン完成のため、世界中から2万人以上の人々が新型コロナウイルスを感染させる治験に志願


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7389 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1387222227
2位
6266 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
5位
3916 points
不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

2020年11月20日
773816320
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年08月19日 09:07
  • ID:a36roRSk0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 09:46
  • ID:ZWziBS.I0 #

毛皮農場って物があるって初めて知った。そうか、あるんだなそんな物。
そりゃそうか、と思いつつすごい嫌な気持ちになった。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 09:59
  • ID:2uHGjGxW0 #

ロシアがんばってくれー

4

4. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 10:04
  • ID:qLOChOv80 #

プーさんは動物好きだからな。好感持てるわ。

5

5.

  • 2020年08月19日 10:30
  • ID:U4jhvfUV0 #
6

6.

  • 2020年08月19日 10:41
  • ID:hlj29MN30 #
7

7. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 11:57
  • ID:bsqJDsJX0 #

綱吉みたい

8

8. 匿名係

  • 2020年08月19日 12:22
  • ID:JzNIOBfg0 #

極寒のロシア、毛皮でないとダメなんか?
ウールじゃダメなんか…?

9

9. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 12:49
  • ID:1sSu38ge0 #

ロシアってほんと好き放題だなあ

10

10. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 13:09
  • ID:1C9L2IjV0 #

まあこういう動物に対してありえん非道な行動とれる人って一番危ないもんなぁ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 13:23
  • ID:Y9OdLyoE0 #

これが非道と思うか、それとも動物愛と思うか、個人の性格によって評価が分かれそうだね

12

12. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 13:31
  • ID:bhAGLKhr0 #

毛皮を好む人間って何なんだろう?
防寒具としては他にもあるでしょうに。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 13:51
  • ID:vajtuXLJ0 #

狐の毛皮農場もあったんだよ…信じられないよね。
ヒートテック10毎重ねでええやん。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 13:51
  • ID:lRxCJAYN0 #

※2
食肉用の農場があるんだから、まああるだろうね。
ロシアの寒さじゃ毛皮じゃないと厳しい場所も多いだろうし。
その嫌悪感は、肉を食べない人が食肉用の農場に抱く嫌悪感と同じだと知って欲しい。

15

15.

  • 2020年08月19日 14:16
  • ID:aQTVEwf00 #
16

16.

  • 2020年08月19日 14:41
  • ID:eI5ywJzk0 #
17

17.

  • 2020年08月19日 15:56
  • ID:vheCrJvA0 #
18

18.

  • 2020年08月19日 16:46
  • ID:hoC.43z00 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年08月19日 18:21
  • ID:yb.ps86X0 #

スプートニクをワクチンの名前にしちゃうセンスが好き

20

20.

  • 2020年08月19日 23:38
  • ID:ApM4xZCQ0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 02:41
  • ID:Q.aF0eEj0 #

プーチンさんって己の信念を貫く実行力があるよね。独裁状態だからやれるのかわからないが、中国ほど国民が規制されているわけでもないし、北朝鮮のようにどん底でもない。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 06:35
  • ID:Ic8LCG2v0 #

世界中で、もう「使いながらテスト」でいいんじゃない?
コロナ’19だけ特例ということで。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 10:10
  • ID:Xgzo9tZ.0 #

※13
化学繊維ってことは石油製品なんだろ?
地球温暖化推進派()が動物愛護って何の冗談だ。

まあ、そこまで考えているわけじゃないんだろうが

24

24. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 12:43
  • ID:FRCMuNJx0 #

昔から毛皮工場で働いて家族を養っている人もいるわけで…
他国の人間がどうこう言う話ではないね。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年08月20日 20:52
  • ID:MaB8viBZ0 #

温暖化信じている人まだいたのか…

26

26. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 08:27
  • ID:a3O3J3jS0 #

>>8
知人が冬のロシアに行った事があるけど、ダウンジャケットごときでは太刀打ち出来る寒さてなかったと言ってた。
牧場と同じでかの地では必要なんだとおも。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年08月21日 13:45
  • ID:WGmrnIy00 #

※2
毛皮をより多く取るために、原形をとどめないほど太らされた狐など、人間の所業は悪魔どころじゃないですよ。
動物にウイルスが発生したら、感染しようとしてまいと、まとめて何万匹も殺処分し、人間に発生したら、これまた動物を使って実験を繰り返してワクチンや治療薬を作る。
本当に、人類は一度滅ぶべき。真面目に思っている。

28

28.

  • 2020年08月23日 18:08
  • ID:Fgv4u6Lp0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2020年08月26日 11:34
  • ID:SOTBdIqY0 #

※2
そこでの悲惨な状況が報道されたことからファッション業界ではフェイクファー運動が広がりましたね

30

30.

  • 2020年08月28日 09:03
  • ID:q7nNDyQr0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク