no title
Martin Winkler from Pixabay

 ドイツの野生生物の写真家であり作家のアレクサンダー・メット(Alexander Mett)氏は、至近距離から鮮明なる昆虫やクモの驚くべき写真を撮影している。

 自身の作品を “ Extreme Wildlife Makrofotografie ”(エクストリーム・ワイルドライフ・マクロフォトグラフィー) と呼んでいる彼は、昆虫たちの多種多様で独特な造形をマクロレンズで見事にとらえている。

 彼のインスタグラムアカウントは、マニア羨望の虫たちの画像が満載なのだ。
スポンサードリンク

 メット氏の写真見ればわかるように、彼自身も昆虫を愛してやまない。必ず自然の中で撮影することにこだわっており、どんな場合でも被写体に害を及ぼさないことをポリシーとしている。

 とても小さな虫たちの世界。また神出鬼没なところもあるため、肉眼でその造形美を堪能することはかなわない。

 だがメット氏のような優れた写真家が美しいマクロ写真を撮影してくれることによって、その繊細さ、多様さを知ることができるのだ。

 虫を苦手とする人も多いが、すべての虫が人間に害を及ぼすわけではない。また、自然の生態系を維持していく上で大切な役割を果たしているのも事実だ。

 時にこうして安全な位置で、至近距離から虫を眺めるのも良い経験になるんじゃないかと思うんだ。虫好きならフォロー必至となるわけだけどね。 

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.
 ということで、アレクサンダー・メット氏のインスタグラムアカウント「alexandermettphotography」で、さらなる虫たちと魅惑の遭遇を果たしてみてはどうだろう。

References: Laughing Squid / Instagram など / written by どくきのこ / edited by parumo
▼あわせて読みたい
わくわく昆虫観察タイム、高画質でみるドヤっと昆虫接写画像


妖艶に光る死の露、モウセンゴケの魅力にズームイン(昆虫注意)


植物と昆虫たちのマクロ世界への旅(高画質映像)


動物たちを至近距離から接写。不用意な撮影に面白い表情を見せる


一度は顕微鏡で見てみたい、魅惑の25の有機物(閲覧注意)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5185 points
クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

2021年1月24日
2位
3312 points
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

2021年1月18日
2303048232
3位
2089 points
髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

2021年1月22日
4位
1662 points
イギリスのバードウォッチャーが2000年前のケルトコインを大量に発見。総額1億2千万円相当

イギリスのバードウォッチャーが2000年前のケルトコインを大量に発見。総額1億2千万円相当

2021年1月21日
5位
1616 points
ガールフレンドと離れ離れになり、失意のどん底にあったオス馬が3年ぶりに再会、輝きを取り戻す(アメリカ)

ガールフレンドと離れ離れになり、失意のどん底にあったオス馬が3年ぶりに再会、輝きを取り戻す(アメリカ)

2021年1月20日
1661427419
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 22:37
  • ID:Depol6qI0 #

素晴らしい…虫好きには神々しくすら見える
中に宇宙人入ってても驚かないよ

2

2. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 22:38
  • ID:lse3QYf40 #

美しい、ただその一言に尽きる

3

3. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 22:42
  • ID:jPqQS9NG0 #

キモさが見事に消えてて綺麗だわ

4

4. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 22:48
  • ID:IsgbUEYb0 #

虫って基本硬い物って気がしてるけど、こうやって見ると案外モフモフだな

5

5. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 22:57
  • ID:tf.hIk.p0 #

えがった・・・、鱗翅目おらんかった。めっちゃビビりながらスクロールしてた
クモさんかわええ

6

6. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 23:01
  • ID:FsscS.zb0 #

カッコ良すぎる……!!!

7

7. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 23:20
  • ID:r659E87n0 #

虫は得意じゃないが、
この美しさは宝石のようだね。
マクロ写真すごい。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 23:30
  • ID:ojFEfWGp0 #

蜘蛛の口の構造ってマジどうなってんのか謎
溶かした後吸ってるのはわかるけど、吸口の写真が見つからない

9

9. 匿名処理班

  • 2019年11月24日 23:40
  • ID:Vfptkpwr0 #

思えば複眼て不思議ですね

10

10. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 00:00
  • ID:c6EoRNeM0 #

至近距離だと綺麗なんですね。宝石みたいなのとか! 個人的にはキラキラな目のクモさんがカワイイ( 〃▽〃)

11

11. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 00:03
  • ID:o3XoZ5ws0 #

ハエトリグモってかわいいよね
ぶりっ子にさえ見える

12

12. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 01:30
  • ID:g21WqBml0 #

意外に見れるやん。
多分、グロいのは控えてるんちゃうんかなぁ。

13

13. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 01:50
  • ID:X05QdgiL0 #

昆虫の体表ってめっちゃ水をはじくんだな
何かに応用できそう

14

14. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 02:00
  • ID:ZDQfNdIn0 #

水玉の大きさに目が行く

15

15. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 05:55
  • ID:yiiNIf.l0 #

何でこんな風貌なんだろうと思いつつも、自然の中で生き抜く為に理に適った
造りになっているだろうな・・・と

16

16. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 06:47
  • ID:bTiP5n150 #

顔とかは可愛いんだからあと裏側さえ何とかしてくれればなー。。。。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 08:41
  • ID:4DS7Lc630 #

複眼に水滴が…まるで宝石の塊みたい!

18

18. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 09:16
  • ID:eyutPG3V0 #

水滴が多すぎる。ちょっとのってるくらいが自然で可愛いのに。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 10:19
  • ID:JHpbq86Q0 #

蜘蛛は愛嬌ある顔してるよなあ

20

20. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 11:54
  • ID:2MjCowvi0 #

>>18
実際撥水しててもこんな感じなのかもね…

21

21. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 12:35
  • ID:vHF1.KEE0 #

今日、郵便受けを開けて確認したら
中にゲジゲジがいた。
今日は暖かかったので久しぶりに出て来たのか
ゾッとしたわ。
ゲジゲジも顔はわりとスッキリした顔した虫だけど、あの全身の姿がなぁ…(寒気)

22

22. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 13:35
  • ID:TxcJU7Kk0 #

※21
まぁ、違う星から来た生物だといわれても信じられるくらい、節足動物は私らとは違う形してますからねぇ。
外骨格独特のカッコよさがありますが、気持ち悪いと感じる部分もあります。

あんまり関わりたくないなぁと思いつつも、自分に害がない範囲で共存しております、ハイ

23

23. 匿名処理班

  • 2019年11月26日 18:40
  • ID:MZ5TEQlK0 #

生命って凄いね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク