0_e
image credit:Callao Cave Archaeology Project

 我々人類の過去にまつわる秘密がまた一つ掘り起こされた。

 フィリピン、ルソン島のカヤオ洞窟で発掘された骨は、これまで知られていなかった未知のヒト族種のものであることがわかった。拡大を続けるヒトという系統樹に新しい仲間が加わったのだ。

 この小さなアジアのヒト族は、「ホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis)」と名付けられた。
スポンサードリンク

ホモ・サピエンスより古いホモ・ルゾネンシス


 ホモ・ルゾネンシス(ルソン原人)発見のきっかけとなったのは太古の足である。2007年の調査で、足の底の基礎になる「第3中足骨」という足の骨が、フィリピン、ルソン島のカヤオ洞窟で見つかったのだ。

1_e0
ホモ・ルゾネンシスの足の骨 image credit:Callao Cave Archaeology Project


 これまでに知られている中で最古のホモ・サピエンスは、パラワン島で発見されたもので、3万〜4万年前のものだ。

 しかし、2007年に発見された謎めいた足は、それよりさらに古く6万7000年前にまでさかのぼることができるという。

 そして今回、その足の骨が発見された同じ岩石層から、足骨、手骨、大腿骨および歯の一部など、さらに12点の骨が発掘された。それらは大人2名、子供1名のものだと考えられている。

2_e0
ホモ・ルゾネンシスの歯 image credit:Callao Cave Archaeology Project

既存の化石に類似しつつも異なる特徴を持つ未知の人類


 考古学者のフローラン・デトロワ氏(仏国立自然史博物館)によると、化石は見慣れた形でありながら、私たちをはじめとするヒトとは違う特徴を持っているという。

 たとえば小臼歯は、アウストラロピテクスホモ・エレクトスにある特徴を備えているが、大臼歯は、小ぶりではあるが、ホモ・サピエンスに似た形状である。

 足骨(特に趾骨)は、我々のものよりも大きく湾曲しており、木登りが上手だった可能性が窺える。

 「趾骨(足の指の骨)は、アウストラロピテクスのものとよく類似しています。これらの特徴を合わせ持つ個体を、既知の種に分類することはできません。」とデトロワ氏。


5万年以上前の小型のヒト族


 考古学者のライナー・グリューン氏(オーストラリア・グリフィス大学)がウラン・トリウム法で年代を測定したところ、骨は5万年よりも古い時代のものであることが判明した。

 ホモ・ルゾネンシスは「完全に新しいヒト族」とグリューン氏は話す。

 発見された化石は小さく、「ホビット」という愛称があるホモ・フローレシエンシスのような小型種の一種であることが示唆されている。

 残念ながら、今のところ化石からDNAは抽出できていない。つまり、ホモ・ルゾネンシスを系統樹のどこに位置付けるべきかはまだはっきりしていない。

 「先史時代とアジアの原人化石について今判明していることやホモ・ルゾネンシスの年代を総合して考えると、アジアのホモ・エレクトスの一部、それもおそらくは中国のホモ・エレクトスの子孫ではという印象がありますが、まだまだ調査が必要です。」(デトロワ氏)


New human species found in the Philippines

想像以上に複雑な人類の進化史


 その位置付けがどうあれ、後期更新世(12万6000年〜1万1700年前)の東アジアにホモ・ルゾネンシスが存在し、より古いアウストラロピテクスの特徴があるという事実は、アフリカから旅立った類人の第一波がホモ・エレクトスで、ついで4万〜5万年前にホモ・サピエンスが続いたという説をいっそう複雑なものにする。

 「ヒトの進化は想像以上に複雑です。かつて複数の人類種がすぐそばで生活していたのが普通でした。今は、対照的に私たちが唯一の現存種ですがね。」(グリューン氏)

 今後の研究では、ホモ・ルゾネンシスの系統樹における位置付け、移動の仕方、道具を使用したのかどうか、どのような姿であったのかといったことを調査する予定だそうだ。

 そのために、「もっと化石を!」とグリューン氏は話している。

 この発見は『Nature』に掲載された。

References:theconversation / npr/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
新種の人類?人類の祖先につながる新しい種 ”アウストラロピテクス・デイレメダ” が見つかる。(エチオピア)


歴史を塗り替えた10の考古学的発見


やっぱ食ってたんか。ネアンデルタール人が人喰いしていた証拠が発見される


なぜ人類は二足歩行するようになったのか?その本当の理由にズームイン!


ネアンデルタール人の歯から抗生物質・鎮痛剤・ベジタリアン食の痕跡が発見される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 10:17
  • ID:CE5.U6XC0 #

もしかして人類種って多様性を失ってて危ういのでは?

2

2.

  • 2019年04月13日 10:33
  • ID:RliJaiUm0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 10:53
  • ID:Us4IoWUx0 #

「聞いたかあ! われらが考古学者様は化石が無いのがお嫌いだーっ!!」
「掘れ掘れー!心をこめて掘るのだー!!」

4

4.

  • 2019年04月13日 11:03
  • ID:gJRPhYPz0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 11:11
  • ID:4MpnR.5j0 #

多種多様な”人”が昔にいて、今は一種か
多分、俺達より賢くて理性的な種もいたんだろうなあ
でも、闘争心が薄くて先祖にやられてしまったんだろう

こういう想像するの楽しい

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 11:21
  • ID:YR.cE54U0 #

我々ホモ・サピエンスがその他ヒト族を滅ぼしたと言うのは想像に難くない

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 11:34
  • ID:wtVcx.lN0 #

種族が違うってRPGっぽくて良いな。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 11:54
  • ID:9FbN9N.M0 #

>>6
人類はトバ事変で寒冷化して世界人口が数万人まで減少し他の種は滅んだ。我々サピエンスは服を着て助かったのさ。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 11:58
  • ID:9e.z.2m00 #

現代人からすれば数百年前の人でも小さいけど、この人類はどれくらいの大きさだったんだろう?

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:03
  • ID:qzmhVGgO0 #

※9
ホモ・フローレシエンシスは身長約1mだったので、ホビットなんてあだ名が付いた。それを引き合いに出すくらいだから、似たようなサイズなんじゃないかな

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:19
  • ID:x6KPjZHf0 #

ワイらが混じり者てのはどこまでほんとなんやろねぇ

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:20
  • ID:atGMPYKE0 #

※1
俺たちはホモ・サピエンス・モンゴロイドじゃないのか?

13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:26
  • ID:ZvLYGWk60 #

日本神話の少彦名だろこれ
あいつたしか海渡って日本に来てるし

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 14:48
  • ID:TWqpBe1D0 #

人類史はいろいろと想像をかきたてられるな。原生人類との接触はあったと思うし

ネアンデルタールみたいに今の人間より筋力だけでなく脳容量も大きかったやつが滅んでしまった(一部はホモサピと交雑)のも不思議だが、
今回みたいな小型人類だってジャングルではホモサピよりずっと有利なのにな…氷河期絡みで滅んだのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 15:04
  • ID:BMNTqj8b0 #

予想で良いので成人時の身長何センチ位か知りたかった

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 16:29
  • ID:p6.gQ5DR0 #

※8
トバ事変が7万から7万5000年くらいだから、それ以降も生きてた
ネアンデルタール人も生きてた

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 16:56
  • ID:9fTpBv1N0 #

誰も骨の形に言及していないな。。。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 17:05
  • ID:fYp2gb.f0 #

ただの小さい人じゃなくて・・・?
イマイチわかんない

19

19. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 17:29
  • ID:1VGGbODk0 #

東南アジア人が小さいのはこのあたりの原人と混血があったからじゃないか?
フローレス原人も東南アジアだし

20

20. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 18:46
  • ID:864LUzTE0 #

スンダランドにいたのかな、暖かい地方では体が小型化すると言われているし。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 19:36
  • ID:ZMcdp7sO0 #

我々は神の集団アクァッホによって造られた存在。我々は猿の遺伝子を編集して造られた有機化合物でしかない。猿からの進化はない。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 20:36
  • ID:JTiK6.MA0 #

子供の骨の可能性はないのかな

23

23. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 21:37
  • ID:CWhx13IY0 #

環境の違う地球の表面で、移動してきた先祖から分岐して子孫が定着、その後飛行機など移動手段の発達で活発なオスが世界で遺伝子をばら撒き、それが土着の子孫にまた多様性をもたらす。
仮にデザイナーベイビーみたいに人為的に好まれる能力を増強された子供ばかりの世界になったら、多様性は減少していくのでは。
食料の豊富な現代社会では太りやすい人は困るかもしれないけど、氷河期では伝説の英雄になるかもしれない。それも多様性。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 22:17
  • ID:3.pGpZC00 #

色々居たヒト系の種が、ホモサピ残して全て滅んでいるって、知能と社会性の高いサルっていうスタイルはもしかして大して有利な性質じゃなかった?
我々は補ってあまりあるくらい増殖しちゃったが…

25

25. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 00:04
  • ID:GhAskaPD0 #

まだ骨の一部しか発見されていない様だから、判らない事も多そうだが、フローレンス原人との類似性は?とか、血縁関係が有ったのかどうか?など、色々と研究を進めて欲しいと思う。それと、この種はホモサピエンス類と混血して、私達の中にも遺伝子が受け継がれている可能性は?何故なら私達の遺伝子の中には、ネアンデルタール人の遺伝子も少し含まれているのだろう?それならば、ホモサピエンス類とこの種が同化してしまった可能性も有るかもよ?

26

26. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 00:35
  • ID:Jx6xgQ8C0 #

※1
絶滅種は大繁栄していたのに忽然と姿を消すからね((((;゚Д゚))))

27

27. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 02:31
  • ID:5cSMhmtP0 #

科学常識なんて、明日には覆るかもしれないっていい例だよね。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 10:19
  • ID:4rqFHNxe0 #

本当にどこからが人類種の始まりかってことが重要だよね。
猿と人間を分けた進化の歴史の中で。

29

29. 通りすがり

  • 2019年04月14日 10:43
  • ID:scs2DxH70 #

人類は地上で生活する限りは支配者に該当すると思う
手に一切の道具を持っていなくても足元に転がってる石を集団で投げれば同じ体重しか持たない個体に対しては圧倒的に有利になる
同じ環境では共存出来ないぐらいに強欲でもあると思う
相手が環境に合わせて道具を変えれば同じような方法を見て真似るし
同じような事しか出来ない相手が天敵とボーナスキャラを兼ねている

30

30. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 19:39
  • ID:OrX5taS.0 #

GODZILLAのフツァ族みたいな大きさって解釈でいいのかな

31

31. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 19:57
  • ID:958vLONn0 #

現存するヒト種が1種だけなのは、他の種を駆逐しきったからって説はホントなのかな

32

32. 匿名処理班

  • 2019年04月15日 00:17
  • ID:jEOsW1T70 #

アマゾンか何処かの小さな民族居るよね?成人男性で140cm程度の身長の。
遺伝的に重なる部分あるか興味ある

33

33. 匿名処理班

  • 2019年04月15日 14:38
  • ID:6vF4q2np0 #

三つ目がとおるを思い出させるなぁ。

34

34. 通りすがり

  • 2019年04月16日 01:31
  • ID:R67W.UBK0 #

>>31
他の理由で滅んだグループも居ると思うけど
木登りが下手で自分と同じような早さでしか走れない猿を見たら食料に見えると思う

35

35. 匿名処理班

  • 2019年04月16日 16:09
  • ID:1ew3hrTI0 #

コロポックルかな?

36

36. 匿名処理班

  • 2019年04月29日 04:47
  • ID:WGWr0rop0 #

今いる人類はホモ・サピエンスだけど調べれば、遺伝子的にはアフリカの人類とアジアの人類は違くて、ヨーロッパからアジアの人類にはデニソワ人やネアンデルタール人の遺伝子が混じってるんじゃなかったっけ?
探せばなんとなく別人類もいそうな気もするよ。
しれっと現人類に混じってそう

37

37. 匿名処理班

  • 2019年05月01日 00:42
  • ID:vA2FF4T60 #

>>31
逆に、特にネット民はなんで
他の種は現ヒト族に吸収されていない、と断言したがるんだろうか?
DNAなんてまだ全部判ってないのに

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク